ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2009-04-10 (Fri)

[][]米沢嘉博記念図書館サイトを公開(2009-03-12

screenshot

米沢嘉博記念図書館サイトを公開した(2009-03-12)。

米沢嘉博記念図書館

http://www.meiji.ac.jp/manga/

・「マンガサブカルチャー専門図書館米沢嘉博記念図書館」を開設します」(明治大学2009-03-12

http://www.meiji.ac.jp/koho/hus/html/dtl_0003930.html

・「米沢嘉博記念図書館ホームページができてたので見てみた。」(Myrmecoleon in Paradoxical Library. はてな新館、2009-03-14

http://d.hatena.ne.jp/myrmecoleon/20090314/1237047748

米沢嘉博さん(1953年2006年)は、1975年に開催された第1回コミックマーケットの創立者の一人で、1980年から2006年までコミックマーケット準備会代表を務めた人物。2006年に急逝されているが、母校である明治大学が旧蔵書・資料を譲り受けて、今夏には米沢嘉博記念図書館が設立されることになっている。

図書館自体が開設前ということもあってか、サイトの内容はまだ乏しいが、『米沢嘉博と本・明治大学コミックマーケット』といった連載企画も始まっている。

2008-09-08 (Mon)

[][][]専門図書館関係の有志、メーリングリスト専門図書館ML」を開設(2008-08-01

screenshot

専門図書館関係の有志がメーリングリスト専門図書館ML(sp-lib)」を開設した(2008-08-01)。

専門図書館ML

http://groups.yahoo.co.jp/group/sp-lib/

このメーリングリスト2007年に開催された専門図書館協議会平成19年度全国研究集会の後、1年間限定で開設されていたメーリングリストの終了を受けて有志が立ち上げたもので、茂原暢さん(実業史研究情報センター)が中心となって活動している。

なお、専門図書館MLと謳ってはいるが、専門図書館員であることが参加条件というわけではなく、広く一般に開かれている。

・茂原暢「「情報の扉の、そのまた向こう」−実業史研究情報センターの活動」(本誌第317号、2008-04-07)

http://archive.mag2.com/0000005669/20080407011324000.html

2006-04-25 (Tue)

[][]2006-04-23(Sun): 中近東文化センター図書館、三笠宮記念図書館として再スタート

東京新聞に「中東研究かなめ守った 図書館閉館のピンチ、研究者奔走」という記事。東京・三鷹にある中近東文化センターの存続が危ぶまれるなか、図書館が三笠宮記念図書館に衣替えして再スタートしたという。まずはよかった、というべきか。

・「中東研究かなめ守った 図書館閉館のピンチ、研究者奔走」(東京新聞、2006-04-21)

http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20060421/eve_____sya_____002.shtml

・中近東文化センター

http://www.meccj.or.jp/

2006-04-16 (Sun)

2006-02-11 (Sat)

[][][]銀行図書館、銀行変遷史データベースを公開

銀行図書館、銀行変遷史データベースを公開した(2006-01-25)。銀行変遷史データベースは同図書館の創設100周年の記念事業として1998年にまとめられた「本邦銀行変遷史」を電子化したもので、その後の銀行の統廃合も反映されている。当然、近年の都市銀行の合併状況も反映されており、たとえばUFJ銀行の変遷を調べると、三和銀行と東海銀行の合併により成立し、東京三菱銀行との合併によって三菱東京UFJ銀行になったことがわかる。

・銀行変遷史データベース

http://www.zenginkyo.or.jp/hensen/

・銀行図書館(東京銀行協会銀行図書館

http://www.zenginkyo.or.jp/library/

・「昔あった○○銀行、今は何銀行なの?」〜インターネットでこのような疑問にお答えできるようになりました〜(2006-01-25)

http://www.zenginkyo.or.jp/news/18/index180125.html