ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2007-11-05 (Mon)

[][]早稲田大学、「情報化推進」「学術情報基盤の充実・強化」等を担当する専任職員を募集

早稲田大学が「情報化推進」「学術情報基盤の充実・強化(図書館サービス企画・構築・提供)」等を担当する専任職員を募集している。

応募資格は、

応募締切は11月27日

早稲田大学専任職員募集

http://www.waseda.jp/personl/kisotsu_200710.html

2007-05-23 (Wed)

2006-09-03 (Sun)

[][]早稲田大学、公的研究費における不正再発防止に向けた行動計画の資料を公開

早稲田大学が「公的研究費における不正再発防止に向けた第二次行動計画の策定について」、「公的研究費における不正再発防止に向けた第一次行動計画の実施状況に関する報告」を公開した(2006-08-31)。第二次行動計画には、研究データベースの構築が盛り込まれている。

これまでに発表された対策はいずれも必要なものだと思うが、不正防止のための直接的な施策に留まっているように思える。研究に携わる個人や組織による日常的な情報発信体制の充実や不正が発覚した際の大学広報体制の充実を掲げてほしい。

・公的研究費の不正請求問題等に対する本学の対応状況について

http://www.waseda.jp/jp/news06/060629.html

早稲田大学

http://www.waseda.jp/

2006-07-15 (Sat)

[][]早稲田大学、「公的研究費の不正請求問題等に対する本学の対応状況について」を公開

早稲田大学が「公的研究費の不正請求問題等に対する本学の対応状況について」を公開した(2006-06-29)。松本和子さんの事件を受けたものだが、松本さんの名前や関係者の処分内容はすべて伏せられており、情報公開としての意味をなしていない。

・公的研究費の不正請求問題等に対する本学の対応状況について

http://www.waseda.jp/jp/news06/060629.html

早稲田大学

http://www.waseda.jp/

2005-12-27 (Tue)

[][]早稲田大学、学術機関リポジトリ「DSpace@Waseda University」を公開

早稲田大学が学術機関リポジトリ「DSpace@Waseda University」を公開した(2005-11-22)。早稲田大学研究者が作成した学術論文、学位論文、紀要論文、ワーキングペーパー、会議録等の学術情報を保存・公開している。収録しているデータ件数がまた乏しいが、今後に期待しよう。

・DSpace@Waseda University

http://dspace.wul.waseda.ac.jp/

早稲田大学

http://www.waseda.jp/