ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2009-01-15 (Thu)

[][]2009-01-12(Mon): 内田樹さんと鈴木晶さんの著作権に関する発言

screenshot screenshot

来週、大学出版部協会の電子部会で「インターネット現在未来、そして学術書の現

在と未来」と題して講演するので(非公開)、その準備をしている。この話題を扱う以上、著作権にふれないわけにはいかないだろう。そう思っていたところに、内田樹さんと鈴木晶さんが著作権について発言していることを知る。

ネット上で無料で読もうと、買って読もうと、どなたも「私の読者」である。

本は買ったが、そのまま書架に投じて読まずにいる人は「私の本の購入者」ではあるが、「私の読者」ではない。

私が用があるのは「私の読者」であって、「私の本の購入者」ではない。

著作権についての議論ではどうもそこのところが混乱しているような気がする。

もの書く人間は「購入者」に用があるのか、「読者」に用があるのか。

私は「読者」に用がある。

・「読者と書籍購入者」(内田樹研究室、2008-01-07)

http://blog.tatsuru.com/2009/01/07_1103.php

著作権についてうるさく言い立てるのは、著作をひとつのビジネスとして確立しようとしているからである。でも、もしビジネスだとしたら、本が売れないのは作者がビジネスに失敗したということであり、保護されるべきことではない。

・「12月29日(月)」(鈴木晶の優雅な生活、2008-12-29

http://www.shosbar.com/diary/2008/diary0812.html

いずれも正論であり、まったくもって賛成。この問題は執筆者だけでなく、出版社にも同様だろう。再販制が堅持されていることもあり、出版業界はすでに必要以上に保護されていると思う。この上、いったい何を望むのだろうか。かつて出版業界に身を置き、2年で見切りをつけた者としては、他に責任の所在を求めることをすべて禁止して、まずは自身を顧みるところから始めてほしいと切に願う。思考演習としてでもいい。なぜ、我々はだめなのか、ということを考えてみることはできないのだろうか。

なお、上で紹介した内田さんと鈴木さんのお二人には、本誌第103号(2001-06-26)に、

・「晶・樹のメル友交換日記インターネット大学教育/書物とインターネット

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/103.html

を再録させていただいている。

2007-01-21 (Sun)

[][][]学協会著作権ポリシーデータベース、公開(2007-01-19

実施主体が明確ではないが、学協会著作権ポリシーデータベースが公開された(2007-01-19)。日本国内の学会誌に掲載された論文著作権の取り扱い方法をまとめており、投稿した論文を査読の前後を問わず、ウェブを含めたほかの媒体転載可能か(グリーン)といった著作権の取り扱い方針がわかるようになっている。

なお、ここに収められたデータは、2005年度に国立大学図書館協会デジタルコンテンツプロジェクト実施した「著作権の取扱いに関するアンケート」に準拠している。

・学協会著作権ポリシーデータベース

http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/scpj/