ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-09-14 (Sun)

[][][]2008-09-09(Tue): 長崎原爆資料館被爆資料のデータベースを公開する方針へ

screenshot

長崎原爆資料館

http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/na-bomb/museum/

が、被爆資料のデータベースを公開する方針へと転じるようだ。長崎新聞長崎市議会でのやりとりを報道している。

市は、これまで非公開だった長崎原爆資料館被爆資料のデータベースDB)を基に、インターネット上で被爆資料などを広く紹介していく考えを示した。

(中略)

市は、インターネット上で被爆資料を紹介することで、被爆の実相を広く伝え、平和学習などに役立ててもらう考え。公開時期や内容、点数は未定で、同館の多以良光善館長は、取材に対し「データベースは業務用に作られており、そのまま公開することは難しい。どういう形で紹介できるか今後検討していく」と話した。

・「被爆資料データベース一部公開へ 原爆資料館ネットで」(長崎新聞、2008-09-05)

http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20080905/05.shtml

長崎市議会

http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/gikai/

上の記事でも伝えられているように、

広島平和記念資料館

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/

では、

平和データベース

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/database/

が公開されており、被爆資料もここに収められている。様々な配慮もあって、これまで非公開だったのだろう。だが、インターネット情報がないことが、そのまま世の中に情報がないこと、引いてはその情報が伝える事実がなかったかのような印象を与えるまでになっている。早期の公開を期待したい。