ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-05-15 (Thu)

[][][]東京大学附属図書館東京大学情報基盤センター写真帖『東京帝国大学電子版を公開(2008-04-01)

screenshot

東京大学附属図書館東京大学情報基盤センター写真帖『東京帝国大学電子版を公開した(2008-04-01)。

写真帖『東京帝国大学電子

http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/shashincho/

・「写真帖『東京帝国大学電子版の公開」(東京大学附属図書館、2008-04-01)

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/fuzokuto_08_04_01-2.html

東京大学附属図書館

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/

東京大学情報基盤センター

http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/

この写真帖は、1900年明治33年)にフランスで開催されたパリ万国博覧会と、1904年明治37年)にアメリカで開催されたセントルイス万国博覧会に出品するために製作されたもので、明治33年版とその増補版である明治37年版がある。内容は当時の東京帝国大学キャンパス教授陣を収めた写真が中心。いまも残る赤門の当時の姿など、現在の風景を思い浮かべながら閲覧すると、非常に興味深いだろう。ただ非常に興味深い資料であるだけに、解説が不足している点が惜しまれる。写真1枚1枚についての解説や、明治33年版と明治37年版の比較がほしいところだ。今後の増補を期待したい。


[][][][]東京大学附属図書館東京大学情報基盤センター平賀譲 デジタルアーカイブを公開(2008-04-01)

screenshot

東京大学附属図書館東京大学情報基盤センターが「平賀譲 デジタルアーカイブ」を公開した(2008-04-01)。

平賀譲 デジタルアーカイブ

http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/

・「平賀譲 デジタルアーカイブ」の公開 (東京大学附属図書館、2008-04-01)

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/fuzokuto_08_04_01-1.html

東京大学附属図書館

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/

東京大学情報基盤センター

http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/

平賀譲(1878年〜1943年)は戦艦大和等の戦前日本の主要な艦艇の計画・建造に携わった海軍造船官で、後に海軍造船中将や第13代東京帝国大学総長(1938年1943年)を務めている。このデジタルアーカイブでは、平賀が遺した艦艇計画・建造関係の技術資料等、約4万点を収めている。資料の大部分は造船関係の技術資料だが、中には大正時代に行われた講演「列強軍艦設計ノ大勢ニ就テ」の原稿等も含まれている。

なお、デジタルアーカイブの元となった平賀文書の受け入れと整理、そして電子化の過程については、

・平賀文書の受け入れ・整理の経過

http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/explanation.html#2

に詳しい。ここで詳しく語られているが、2004年から2005年にかけては東京大学学生グループにより、

・平賀文書の整理

http://www.nakl.t.u-tokyo.ac.jp/hiraga/

としてまとめられた研究電子化が行われている。このグループ学生の氏名は、

スタッフと謝辞

http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/explanation.html#4

に掲載されている。また、実際にデジタルアーカイブの構築にあたった方々の氏名も明記されている。

・「すべての学術資源にクレジットを入れよう」(編集日誌、2006-11-29

http://d.hatena.ne.jp/arg/20061201/1164907865


[][][]東京大学附属図書館東京大学情報基盤センター東京大学総合図書館旧蔵 朝鮮王朝実録 画像データベースを公開(公開日不明)

screenshot

東京大学附属図書館東京大学情報基盤センター東京大学総合図書館旧蔵 朝鮮王朝実録 画像データベースを公開している(公開日不明)。

東京大学総合図書館旧蔵 朝鮮王朝実録 画像データベース

http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/jitsuroku/

東京大学附属図書館

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/

東京大学情報基盤センター

http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/

画像電子化されている朝鮮王朝実録は、2006年7月に東京大学から国立ソウル大学校に移管された五台山本の47冊。李氏朝鮮のうち、1475年から1582年にかけての成宗、中宗、宣祖の3代の治世が記録されている。画像Jpeg形式とiPallet形式で提供されており、iPalletの場合は詳細なレベルまで画像を拡大できる。

・「朝鮮王朝実録の返還」(編集日誌、2006-07-19

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060723/1153587989

成立当時は全794冊あったとされる朝鮮王朝実録の五台山本だが、その後の亡失により現在では東京帝国大学から東京大学総合図書館に伝わり、国立ソウル大学校に移管された47冊と、国立ソウル大学校の奎章閣韓国学研究院に伝わった27冊を残すのみという。この27冊はすでに電子化され公開されているようだ。

朝鮮王朝實録

http://e-kyujanggak.snu.ac.kr/sub_index.jsp?ID=JWS

いずれは日韓双方の電子化資料を一覧できるような仕組みが整い、現存する74冊を一望できるようになればと思う。

2008-01-07 (Mon)

[][]東京大学情報基盤センター、技術職員を募集

東京大学情報基盤センターが技術職員を募集している。

業務内容は、

  1. システム運用、維持・管理及び技術的な業務に関すること。
  2. システムの利用者相談に関すること。
  3. 利用者登録処理、負担金処理等に関すること。
  4. ネットワーク管理等の各種サーバーの維持・管理に関すること。
  5. システム開発、及びシステム障害等の調査に関すること。

応募資格は、

  1. 大学卒業程度(短期大学高等専門学校及び各種専門学校卒業も可)
  2. コンピュータプログラミングの経験を有する者。
  3. SE又はネットワークエンジニア等の経験を有する者が望ましい。

で募集人数は2名、応募締切は2008年1月15日。なお、待遇については具体的な金額は明かされていない。

東京大学情報基盤センター技術職員募集

http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/jinji/itc_Syokuin0712.html

東京大学情報基盤センター

http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/

2007-05-23 (Wed)

[][]東京大学情報基盤センター、非常勤職員を募集

東京大学情報基盤センター図書館電子化部門が非常勤職員を募集している。勤務期間は2007年9月1日から2008年9月30日まで。業務内容として学術情報リテラシー支援業務(データベース講習会の講師、Webページのメンテナンス、広報用資料作成など)が、応募資格として司書資格が挙げられている。応募締切は2007年7月31日。

東京大学情報基盤センター図書館電子化部門非常勤職員募集

http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/jinji/itc_Syokuin0705.html

2005-05-01 (Sun)

[][]東京大学情報基盤センター電子図書館部門、Academic Navi U-Tokyoを公開

東京大学情報基盤センター電子図書館部門がAcademic Navi U-Tokyoを公開した(2005-01-17)。これは東京大学サーバーで公開されている学術情報を検索できるデータベースといえ、任意のキーワードか、自動分類された学問領域ごとのカテゴリから、学術情報を検索できる。データは月一回程度更新されるという。学術情報の自動分類の仕組みは、詳細は不明だが、どの程度の精度を出せるかが、このデータベースの評価に関わってくるだろう。また、収集・分類した学術情報の並べ方が単純すぎると思われる。情報情報の間に順位をつけること、つまり重み付けの仕組みを導入することが必要だろう。特に東京大学の場合、組織規模から相当数の学術情報が収集されることが予想される。大量のデータを的確に並べることができるか、継続的な改善がどのように行われていくのか、見守りたい。

・Academic Navi U-Tokyo

http://acanavi.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/

・Academic Navi U-Tokyoの公開について

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/dl/news/acanavi050117.html

2004-09-12 (Sun)

[][]東京大学情報基盤センター、文献調査法のオンライン・チュートリアルを公開

東京大学情報基盤センターが文献調査の方法を独習できるオンライン・チュートリアルを公開した(2004-08-09)。内容は、「文献調査のお手軽ガイド」「データベース講習会 OPAC編」「データベース講習会 FELIX編」「文献調査の達人を目指せ! 電子ジャーナル 基礎編」「文献調査の達人を目指せ! 電子ジャーナル 応用編」「文献調査の達人を目指せ! 電子ジャーナル 利用上の注意編」の6編。この種の資料が学外に対しても全面的に公開されることは珍しい。同センターの公開姿勢をほめたい。

・オンライン・チュートリアル

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/dl/gacos/tutorial/

東京大学情報基盤センター

http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/