ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-01-26 (Tue)

[][]東京大学東洋文化研究所附属東洋学研情報センター、傅畩先生逝世六十周年紀念展を公開(2009-11-30)

screenshot

東京大学東洋文化研究所附属東洋学研情報センターアジアデジタル展示館で傅畩先生逝世六十周年紀念展を公開した(2009-11-30)。

・傅畩先生逝世六十周年紀念展

http://ricas.ioc.u-tokyo.ac.jp/asia_sp/asia01.html

アジアデジタル展示館

http://ricas.ioc.u-tokyo.ac.jp/adeh.html

東京大学東洋文化研究所附属東洋学研情報センター

http://ricas.ioc.u-tokyo.ac.jp/

東京大学東洋文化研究所

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/

傅畩邸1872年1949年)は、清王朝末期から中華民国の初期に活躍した政治家であり、同時に目録研究者。この記念展はゆかりのあった北京大学図書館東京大学東洋文化研究所京都大学人文科学研究所が合同で企画したが、東京大学東洋文化研究所京都大学人文科学研究所はスペース等の都合により、実物の展示を行えず、このような図版での展示になったという。

2008-11-26 (Wed)

[][]東京大学東洋文化研究所エジプト議会議事録を公開(2008-06-06)

screenshot

東京大学東洋文化研究所中東コア地域近現代史資料データベースの一つとして、エジプト議会議事録を公開している(2008-06-06)。

エジプト議会議事録(Parliamentary Records in Monarchical Egypt)

http://ricasdb2.ioc.u-tokyo.ac.jp/egypt/script/

東京大学東洋文化研究所附属東洋学研情報センター

http://ricas.ioc.u-tokyo.ac.jp/

東京大学東洋文化研究所

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/

  1. A Guide to Parliamentary Records in Monarchical Egypt
  2. The Whole Text of Parliamentary Records in Monarchical Egypt

の2部構成になっており、それぞれの内容は長澤榮治さんによる序言に詳しい。しかし、貴重な資料なのだろうが、すべて英語で書かれており、この議事録が何なのか日本語ではわからない。おそらくは専門的な資料であり、一部の専門家向けの資料としては英語の説明だけで十分なのだろうが、それでは寂しい。そして、構築と運用に一定の資金を要する学術資源としては、市民への説明責任が十分とは言えないだろう。

2007-07-08 (Sun)

[][]東京大学東洋文化研究所東洋文化研究所所蔵アラビア語写本ダイバーコレクションデータベースを公開

東京大学東洋文化研究所が運営するアジア古籍電子図書館東洋文化研究所所蔵アラビア語写本ダイバーコレクションデータベースが公開された(2007-04-16)。ドイツのイスラーム研究者であるハンス・ダイバー(Hans Daiber)さんのイスラーム関係写本のコレクションを電子化したもので、すべての写本を画像で閲覧できる。

東洋文化研究所所蔵アラビア語写本ダイバーコレクションデータベース

http://ricasdb.ioc.u-tokyo.ac.jp/daiber/db_index.html

アジア古籍電子図書館に雙紅堂文庫・ダイバーコレクションIを追加しました

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/tobunken07_04_16.html

アジア古籍電子図書館

http://imglib.ioc.u-tokyo.ac.jp/

東京大学東洋文化研究所

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/

2007-05-28 (Mon)

[][]東京大学東洋文化研究所、雙紅堂文庫全文影像資料庫(小説類)を公開

東京大学東洋文化研究所が運営するアジア古籍電子図書館で雙紅堂文庫全文影像資料庫(小説類)が公開された(2007-03-30)。雙紅堂文庫は新明解漢和辞典を編纂した長澤規矩也さんが所蔵していた中国明清代の小説や戯曲を収めている。約550部(約3000冊)の所蔵資料のうち、今回電子化されたのは小説を中心とした約190部(約1200冊)。

すばらしい資料だが、使い勝手の上で一つだけ残念な点がある。資料を開くとき別ウインドウが立ち上がるが、アドレスバーが表示されずURLがわからない。これではせっかくの資料に直接リンクしにくくなってしまう。わずかなことのようだが、資料が幅広く活用されるかどうかに関わってくるだろう。この点はぜひ見直してほしい。

・雙紅堂文庫全文影像資料庫(小説類)

http://hong.ioc.u-tokyo.ac.jp/

アジア古籍電子図書館

http://imglib.ioc.u-tokyo.ac.jp/

東京大学東洋文化研究所

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/

・「アジア古籍電子図書館に全文データベースを追加しました」(東京大学東洋文化研究所図書室、2007-03-30)

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~library/news/sokodo_tsuika.html

2006-05-01 (Mon)

[][]東京大学東洋文化研究所アジア古籍電子図書館を公開

東京大学東洋文化研究所アジア古籍電子図書館を公開した(2006-03-31)。今回は同時にアラビア語写本ダイバーコレクションデータベースとサンスクリット語写本データベースが公開されている。アジア古籍電子図書館は、これら2つの新たなデータベースと従来から公開されている漢籍善本全文影像資料庫と明代図像資料三才圖會データベースという同研究所が有するアジア古籍の全文データベースへの入口と位置づけられている。

現在のところは入口以上の機能を持たないが、今後公開されるデータベースが増えるに従い、有用性が増してくるだろう。また、各データベースの間で機能的な連携が図られることも期待したい。

なお、同様の趣旨でアジア関連の写真資料のデータベースへの入口として、アジア写真資料集成データベースが設けられている。

アジア古籍電子図書館

http://imglib.ioc.u-tokyo.ac.jp/

・「アジア古籍電子図書館」の公開について(東京大学附属図書館、2006-04-14)

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/tobunken_06_04_14.html

・アラビア語写本ダイバーコレクションデータベース

http://ricasdb.ioc.u-tokyo.ac.jp/daiber/db_index.html

・サンスクリット語写本データベース

http://utlsktms.ioc.u-tokyo.ac.jp/

・漢籍善本全文影像資料庫

http://shanben.ioc.u-tokyo.ac.jp/

・明代図像資料三才圖會データベース

http://kande0.ioc.u-tokyo.ac.jp/kande/_tewXIf_.html

アジア写真資料集成データベース

http://kande0.ioc.u-tokyo.ac.jp/ap/

東京大学東洋文化研究所

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/