ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2009-04-10 (Fri)

[][][]統合データベースプロジェクト生命科学データベースアーカイブサービスを公開(2009-03-18

screenshot

文部科学省委託研究開発事業「統合データベースプロジェクト生命科学データベースアーカイブサービスを公開した(2009-03-18)。

生命科学データベースアーカイブサービス

http://dbarchive.lifesciencedb.jp/

統合データベースプロジェクト

http://www.lifesciencedb.jp/

ライフサイエンス統合データベースセンター

http://dbcls.rois.ac.jp/

生命科学関係データベースのうち、

  1. ゲノムポストゲノム分野の主要プロジェクト一覧
  2. BodyParts3D
  3. 施設名辞書
  4. 遺伝子名称シソーラス

の4つをダウンロードできる。これはデータ共有化の実現を目的としたもので、アーカイブサービストップページにその精神が示されている。

いくら良質なデータベースでも、説明が十分でない、利用条件が明確でない、ダウンロードできないなどの理由で十分に利用され引用される機会を逃していることがあります。

DBCLSでは、国内の生命科学プロジェクトデータの共有化を推進しています。

データを、利用条件や画一的な説明とともにダウンローダブルな形で一箇所に集積することで、データへのアクセスの増大とデータマイニング等の再利用による生命科学分野への貢献を期待しています。

ここで提供されるデータベースは各研究機関から委託を受けたもので、統合データベースプロジェクト側で各データベースメタデータを附し、共通フォーマットを適用することによって、データベースの利用増加を図るとしている。また、上に引いた「利用条件が明確でない」という問題意識から利用許諾条件も提供しており、ここではクリエイティブ・コモンズ採用されている。

非常によくスキームが練られた試みといえるだろう。生命科学の分野にとどまることなく、同様の取り組みが他の分野にも広がっていってほしい。