ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-06-17 (Tue)

[][][]同志社大学同志社大学Podcastを公開(2008-04-10

screenshot

同志社大学同志社大学Podcastを公開した(2008-04-10)。

同志社大学Podcast

http://podcast.doshisha.ac.jp/

同志社大学

http://www.doshisha.ac.jp/

現時点では、

  1. 建学の精神とキリスト教
  2. 宗教学6「戦争・正義・平和」

という2つの科目を視聴できる。いずれの講義も同志社大学で正規の科目として開講されているもので、授業用のレジュメも公開されている。なお、同志社大学学生でなくても視聴は自由。Windows Media Playerでも視聴できる。

主導する小原克博さんのブログによれば、もう少し早い時期から公開されていたようだが、

・「同志社大学Podcast」(KOHARA BLOG、2008-04-02)

http://www.kohara.ac/blog/2008/04/podcast.html

プレスリリースを行ったという4月10日をここでは公開日としている。

・「同志社大学ポッドキャストプレスリリース」(KOHARA BLOG、2008-04-12)

http://www.kohara.ac/blog/2008/04/post-568.html

・「いつでも、どこでも講義、携帯プレーヤーで再生…同志社大」(読売新聞、2008-04-11)

http://osaka.yomiuri.co.jp/edu_news/20080411kk02.htm

なお、この取り組みについてはAppleによる記事が非常に詳しくまとめている。

・「Podcastによる「いつ、どこででも」受けられる授業 同志社大学 神学部」(Apple

http://www.apple.com/jp/education/profiles/doshisha/

2007-05-23 (Wed)

[][]四戸潤弥さん、アラビア語インターネット講座を公開

四戸潤弥さん(同志社大学)がアラビア語インターネット講座を公開した(2007-05-17)。現時点では38回分の講座が公開されており、日本語による解説とヨルダン人のアラビア語話者による会話が提供されている。

アラビア語インターネット講座

http://www1.doshisha.ac.jp/~jshinohe/

・四戸潤弥さん

http://www.geocities.jp/theeguu/

・「インターネットアラビア語講座」(同志社大学神学部・神学研究ニュース2007-05-17

http://shingakubu.exblog.jp/6867327/

2007-03-19 (Mon)

[][][]同志社大学同志社大学学術リポジトリを公開

同志社大学同志社大学学術リポジトリを公開した(2007-02-26)。以前「同志社大学総合情報センター、DOORS(同志社大学同志社女子大学OPAC)を高機能化」(新着・新発見リソース、2005-08-29)として紹介した2005年7月1日公開のelib(学術資料電子化公開システム)を機関リポジトリに置き換えたようだ。やはり元は別のシステムとしてつくられたものをベースにしているためだろうか、使い勝手がよくないのが気になる。たとえば、紀要論文の本文にたどりつくまでに、

  1. トップページの「コンテンツ種選択」で「研究紀要論文」をクリック
  2. 研究紀要論文のページで任意の紀要の誌名をクリック
  3. 紀要の下位書誌一覧ページで特定の巻号をクリック
  4. 紀要の書誌詳細ページで「下位書誌一覧」をクリック
  5. 紀要の下位書誌一覧ページで任意の論文名をクリック
  6. 論文の書誌詳細ページで「本文を見る」をクリック

と6クリックも要する。また、上の順番でいえば3番目の紀要の下位書誌一覧ページ以降は、同志社大学学術リポジトリトップページに戻れなくなっている。こうした構造上の不備の見直しが必要だろう。

同志社大学学術リポジトリ

http://elib.doshisha.ac.jp/

・旧elib(学術資料電子化公開システム

http://web.archive.org/web/*/http://elib.doshisha.ac.jp/

・「同志社大学総合情報センター、DOORS(同志社大学同志社女子大学OPAC)を高機能化」(新着・新発見リソース、2005-08-29)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20050829/1133112474

2006-11-29 (Wed)

[][][]同志社大学同志社大学オープンコースウェアを公開

同志社大学同志社大学オープンコースウェアを公開した(公開日不明)。日本オープンコースウェア・コンソーシアムのサイトでは、2006年11月15日公開とされているが、それ以前に公開されていたような記憶がある。いずれにせよ2006年度以降の公開だろうが、同志社大学にはぜひ公開日を明記してほしい。

さて、現時点では公開されている資料はけっして多くはないが、年度ごとに学部あたり3科目以上、大学研究科あたり1科目以上を目安に当初の3年間で100科目程度で資料を公開する予定という。一点気になるのは、2005年4月に同大の神学部が公開した同志社大学神学部オープンコースとの関係である。同志社大学神学部オープンコースでは、すでに講義の動画コンテンツを配信しているが、同志社大学オープンコースウェアとはどのような関係になっていくのだろうか。現時点では、同志社大学オープンコースウェアには同志社大学神学部オープンコースで公開されている資料は含まれていない。

同志社大学オープンコースウェア

http://opencourse.doshisha.ac.jp/

日本オープンコースウェア・コンソーシアム

http://www.jocw.jp/index_j.htm

同志社大学教育開発センター - 同志社大学オープンコースウェア

http://www.doshisha.ac.jp/academics/institute/kyouiku/duoc/

同志社大学教育開発センター

http://www.doshisha.ac.jp/academics/institute/kyouiku/

同志社大学

http://www.doshisha.ac.jp/

同志社大学神学部オープンコース

http://theology.doshisha.ac.jp/opencourse/

・「同志社大学神学部、神学部オープンコースを公開」(新着・新発見リソース

http://d.hatena.ne.jp/arg/20050519/1134803173