ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2005-08-29 (Mon)

[][][][]同志社大学総合情報センターDOORS同志社大学同志社女子大学OPAC)を高機能化

同志社大学同志社女子大学の蔵書検索(OPAC)であるDOORSから、同大の学術資料電子化公開システムに収録されている研究紀要と貴重書が検索できるようになった(2005-07-01)。たとえば、OPACの検索画面でキーワード欄に「新約聖書馬太傳」と入力して検索すると、15件目に「画像 新約聖書馬太傳 / 米国聖書会社, 1877.」という検索結果が表示される。ここをクリックして書誌情報に入り、「本文を見る」、または「URL」欄に表示されたURLクリックすると、学術資料電子化公開システムで公開されている新約聖書馬太傳の画像が表示される。この機能統合は非常に革新的といえるだろう。先日、大学図書館問題研究会の大図研オープンカレッジで「大学図書館ホームページを「再」設計しよう −OPACを中心に」と題して講演した際に述べたのだが、蔵書目録電子化、つまりOPACの公開と、貴重書の電子化、つまり電子図書館化が別個に進められた結果、利用者は同じ図書館の蔵書を検索するために、複数のデータベースを使い分けなくてはいけない事態になっている。煩雑さを避け、資料へのアクセス方法を一元化するためには、さまざまなデータベースへの入口をOPACに一本化することが欠かせない時期に来ている。同志社大学の今回の取り組みは、その優れた先例となるだろう。同志社大学には、すべての情報OPACから検索できるように、そしてアクセスできるように、引き続き取り組んでいってほしい。

・蔵書検索システムDOORS

http://doors.doshisha.ac.jp/

・elib(学術資料電子化公開システム

http://elib.doshisha.ac.jp/

・「研究紀要や貴重書がDOORSから閲覧可能に!!」(同志社大学総合情報センター

http://www.doshisha.ac.jp/gakujo/osirase/etsuran.html

同志社大学総合情報センター

http://www.doshisha.ac.jp/gakujo/

同志社女子大学図書館

http://www.dwc.doshisha.ac.jp/campus_info/library/

・大図研オープンカレッジ

http://www.daitoken.com/kenkyu/doc.html

大学図書館問題研究会

http://www.daitoken.com/