ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2010-01-03 (Sun)

[][][]奈良文化財研究所と東京大学史料編纂所、『木簡画像データベース・木簡字典』『電子くずし字字典データベース』連携検索を公開(2009-10-14

screenshot

奈良文化財研究所と東京大学史料編纂所が『木簡画像データベース・木簡字典』『電子くずし字字典データベース』連携検索を公開(2009-10-14

・『木簡画像データベース・木簡字典』『電子くずし字字典データベース』連携検索

http://r-jiten.nabunken.go.jp/

http://clioz39.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/ZClient/W34/

・「奈文研と東大史料編纂所データベース共通検索システム運用開始のお知らせ」

http://www.nabunken.go.jp/topics/index.html#nabunken_tohdai_database2

・「データベース公開に関する記者発表のご案内」

http://repository.nabunken.go.jp/modules/xoonips/detail.php?item_id=1346

・奈良文化財研究所

http://www.nabunken.go.jp/

東京大学史料編纂所

http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

これは奈良文化財研究所の木簡画像データベース・木簡字典と、東京大学史料編纂所の電子くずし字字典データベースを一括して検索するもので、任意の文字を1文字入力すると、その文字を記した古文書や木簡の該当箇所を表示する。木簡画像データベース・木簡字典の収録文字数は約2万4000件、文字種は約1500種、画像数は約3万5000点、電子くずし字字典データベースの収録文字数は約2万0000件、文字画像数は約14万8000件とのこと。

いわば、ある文字が長い歴史の中で、どのように表記されてきたかを一覧できるわけで、文字について一定の知識を有する研究者にはたいへん有用だろう。ただ、一般向けにいささか高度な印象は残る。もちろん、研究の深化のためのツールであり、その意義は尊重するのだが、たとえば、検索結果を表示する際に各時代の文字を時系列に年表とセットで表示するといった仕掛けがあれば、一般的な関心も集められるのではないだろうか。

なお、このデータベース構築には2008年度、2009年度と科学研究費補助金を受けており、それぞれ1億413万円、5733万0000円が配分されている。

・史料デジタル収集の体系化に基づく歴史オントロジー構築の研究

http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20222001

・木簡など出土文字資料釈読支援システムの高次化と綜合的研究拠点データベースの構築

http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20222002

2008-03-23 (Sun)

[][]奈良文化財研究所、「木簡ひろば」を公開(2008-03-05)

screenshot

奈良文化財研究所が木簡に関する総合情報サイト「木簡ひろば」を公開した(2008-03-05)。

・木簡ひろば

http://hiroba.nabunken.go.jp/

・「「木簡ひろば」開設のお知らせ」(奈良文化財研究所、2008-03-05)

http://www.nabunken.jp/topics/index.html#h20080305

・奈良文化財研究所

http://www.nabunken.jp/

「木簡ひろば」は全般的には木簡に関する基本的な情報を提供する啓発サイトという印象があるが、木簡文字自動認識システム「Mokkanshop」を公開していることを見逃してはいけないだろう。「Mokkanshop」は「桜」と「桔梗」の2バージョンがあり、誰でも無料でダウンロードして利用できる。利用にあたっては2ヶ月の試用期間があるが、試用期間の終了後もアンケートに回答すれば継続して利用できるようだ。

・「木簡:解読支援します 奈文研がシステム開発、ネットで公開/奈良」(毎日新聞、2008-03-05)

http://mainichi.jp/area/nara/news/20080305ddlk29040624000c.html

・「奈良文化財研究所、木簡画像データベース「木簡字典」を公開」(新着・新発見リソース、2005-02-08)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20050208/1136268994

2007-07-28 (Sat)

[][][]奈良文化財研究所、奈良文化財研究所学術情報リポジトリを公開

screenshot

奈良文化財研究所が奈良文化財研究所学術情報リポジトリを公開している(公開日不明)。使用ソフトはXooNIps。奈文研ニュース、平城宮発掘調査出土木簡概報などの研究成果が収められている。

・奈良文化財研究所学術情報リポジトリ

http://repository.nabunken.go.jp/

・奈良文化財研究所

http://www.nabunken.go.jp/

・「奈良文化財研究所学術情報リポジトリ」(Open Access Japan、2007-07-19)

http://www.openaccessjapan.com/archives/2007/07/post_96.html

2005-02-08 (Tue)

[][]奈良文化財研究所、木簡画像データベース「木簡字典」を公開

奈良文化財研究所が木簡画像データベース「木簡字典」を公開した(2005-02-08)。「木簡字典とは」にあるように、「木簡に書かれた文字画像のデータベース」。すばらしい。まずは「簡単検索」→「木簡の形や発掘場所、木簡の内容で検索する」と進んでみよう。「木簡の形」「地域で選ぶ」の項目は画像から検索する条件を指定できる。これはわかりやすい。また検索結果として表示された画像をクリックすると、拡大画像が表示される。拡大画像の下にある「赤外線画像」や「記帳」といったボタンを押すと、赤外線撮影された鮮明な文字や奈良文化財研究所のスタッフが書き取った文字の画像に切り替わる(すべての木簡画像に赤外線画像や記帳画像があるわけではない。なかなかみつからなければ、「鮑」で検索してみよう)。検索画面に限れば、このインターフェースは現時点で日本語のデジタルアーカイブとしては最高峰だろう。もちろん、機能はもとより、インターフェースにも課題はあるが、まずはこれほどのデータベースの開発・公開を果たした関係者に感謝したい。

・木簡画像データベース「木簡字典」

http://jiten.nabunken.go.jp/

・奈良文化財研究所

http://www.nabunken.go.jp/

2005-02-05 (Sat)

[][]奈良文化財研究所、飛鳥資料館のサイトを公開

奈良文化財研究所が飛鳥資料館のサイトを公開した(公開日不明)。飛鳥資料館の展示を3次元画像でみることができる。ただし、閲覧にはSurge RTEという特殊なプラグインをインストールしなくてはいけない。

・飛鳥資料館

http://www.nabunken.go.jp/asuka/

・奈良文化財研究所

http://www.nabunken.go.jp/

・Surge RTE

http://www.curlap.com/html/download/rte.html