ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2006-08-07 (Mon)

[][]内閣官房、GISポータルサイトを公開

内閣官房に設置された測位・地理情報システム等推進会議のGISポータルサイト拡充作業チームがGISポータルサイトを公開した(2006-04-10)。GIS(Geographic Information System:地理情報システム)の基本的な解説や用語集から、活用事例の紹介、インターネットで公開されているGISサイトのリンク集まで、非常に網羅的な内容となっている。ポータルサイトと称するにふさわしいデータの質と量だろう。

・GISポータルサイト

http://www.gis.go.jp/

・測位・地理情報システム等推進会議

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/sokuitiri/

2006-05-21 (Sun)

[][]内閣官房、法令翻訳データ集(Translations of Japanese Laws and Regulations)を公開

内閣官房が法令翻訳データ集(Translations of Japanese Laws and Regulations)を公開した(2006-04-28)。これは司法制度改革の一環として進められている法令外国語訳推進のための基盤整備に関する関係省庁連絡会議の活動に関わるものらしく、現時点では標準対訳辞書、法令翻訳データなどが公開されている。

辞書や翻訳データはPDF形式だけでなく、CSV形式やテキスト形式でも公開されており、利用者の使い勝手への配慮がなされている。政府のサイトである以上、当然の配慮ではあるが、実践できている官庁が少ない現状では貴重なことだ。

さて、町村泰貴さんがブログ「Matimulog」の記事「日本政府による日本法令英訳サイト」(2006-05-16)のなかで、次のように評している。

情報公開かくあるべしという見本のようなサイトだ。

これで、オープンソースのように、日本法翻訳プロジェクトや対訳辞書の改良などが外部によって自発的になされ、内閣府のプロジェクトが採用する流れが出来れば、画期的な出来事となるだろう。

深くうなずきつつ、内閣官房に期待したい。

・法令翻訳データ集(Translations of Japanese Laws and Regulations)

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hourei/data1.html

・法令外国語訳推進のための基盤整備に関する関係省庁連絡会議

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hourei/

・日本法令英訳プロジェクト名古屋大学大学院情報科学研究科情報システム学専攻外山グループ

http://www.kl.i.is.nagoya-u.ac.jp/told/

名古屋大学大学院情報科学研究科情報システム学専攻外山グループ

http://www.kl.i.is.nagoya-u.ac.jp/

内閣官房

http://www.cas.go.jp/

町村泰貴日本政府による日本法令英訳サイト」(2006-05-16

http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2006/05/site_53b6.html

・Matimulog(町村泰貴さん)

http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/