ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-01-27 (Sun)

[][]日本建築学会、「建築雑誌」のサイトリニューアル

screenshot

日本建築学会が「建築雑誌」のサイトリニューアルした(2008-01-21)。

・建築雑誌

http://secure1.gakkai-web.net/gakkai/aij_zassi/

・日本建築学会

http://www.aij.or.jp/aijhomej.htm

これまでのサイトと異なり、トップページの最新号の目次を表示し、かつ記事ごとの満足度アンケートを始めている。

・建築雑誌の過去のサイト

http://web.archive.org/web/*/http://news-sv.aij.or.jp/jabs/s1/

サイトで記事ごとの満足度を測定するは、まだ珍しく、

・『建築雑誌』2008年2009年編集方針

http://news-sv.aij.or.jp/jabs/s1/sub1.htm

編集委員会委員長の五十嵐太郎さんが語っている意気込みがサイトに反映されていることがうかがえる。ただし、読者アンケートの全般的な課題ではあるが、この種のアンケートは積極的な回答者の意見しか見えてこない。あえて、サイトに来てまでアンケートに回答しない読者の評価をどのように集めるか、気になるところだ。寄せられた回答結果をバイアスの存在を前提に読み込んだり、サイトを訪れ回答する動機づけを強めるといった工夫が必要だろう。

なお、サイトの上部に

編集方針|編集委員|検索|広告募集|購入

というリンクが置かれているが、このうちの「検索」「広告募集」「購入」については、リンク先を見直したほうがよいだろう。現状では、それぞれリンククリックすると、

データベース・検索サービス

http://www.aij.or.jp/Jpn/search.htm

・建築雑誌・論文集等の広告募集

http://www.aij.or.jp/Jpn/keisai/

・出版案内

http://www.aij.or.jp/Jpn/publish/publish-menu.htm

に移動する。しかし、どのページも全体的な案内であり、「建築雑誌」個別の検索、広告募集、購入ではない。「検索」と「広告募集」のリンク先は、それぞれ

・「建築雑誌」、「作品選集」、「総合論文誌」目次

http://www.aij.or.jp/scripts/jabs/jabs.htm

・建築雑誌 広告資料

http://www.aij.or.jp/Jpn/keisai/zassi.htm

と変更し、「購入」は対応するページを個別に設けたほうが使い勝手も売り上げも上がるのではないだろうか。

・「日本建築学会、日本建築学会建築博物館デジタルアーカイブスを公開」(新着・新発見リソース、2007-07-08)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070708/1183835251

・「日本建築学会、日本建築学会図書館デジタルアーカイブスを公開」(新着・新発見リソース、2007-07-08)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070708/1183835255

2007-07-08 (Sun)

[][]日本建築学会、日本建築学会建築博物館デジタルアーカイブスを公開

日本建築学会が日本建築学会建築博物館デジタルアーカイブスを公開した(2007-04-10)。まだ大部分が構築中だが、建築史家の伊東忠太さん(1867年〜1954年)の旧蔵資料が伊東忠太資料として公開されている。現在、曾禰達蔵・中條精一郎建築事務所設計資料、山田守資料、清家清資料、宮脇檀資料が整理中・作業中といい、今後順次公開されそうだ。

・日本建築学会建築博物館デジタルアーカイブ

http://news-sv.aij.or.jp/da2/Gallery_1_agreement.htm

・「日本建築学会建築博物館デジタルアーカイブス公開について」(2007-04-10)

http://www.aij.or.jp/jpn/databox/2007/070410.htm

・日本建築学会建築博物館

http://news-sv.aij.or.jp/da2/Gallery_top.htm

・日本建築学会

http://www.aij.or.jp/aijhomej.htm


[][]日本建築学会、日本建築学会図書館デジタルアーカイブスを公開

日本建築学会が日本建築学会図書館デジタルアーカイブスを公開した(2007-03-27)。大東亜建築グラフ、建築工事仕様書、建築雑誌総目録など、1886年創立の歴史を持つ同学会の過去の遺産を電子化している。電子化は以下の3年計画

で進められている。

・日本建築学会図書館デジタルアーカイブ

http://news-sv.aij.or.jp/da1/

・「日本建築学会図書館デジタルアーカイブス公開について」(2007-03-27)

http://www.aij.or.jp/jpn/databox/2007/070327.htm

・日本建築学会図書館

http://www.aij.or.jp/jpn/tosho/

・日本建築学会

http://www.aij.or.jp/aijhomej.htm

2007-01-05 (Fri)

[][]日本建築学会、住宅におけるエネルギー消費量データベースを公開た(2006-07-04)

日本建築学会の住宅内のエネルギー消費量に関する調査研究委員会が日本全国の住宅のエネルギー消費量を測定した結果を収めた住宅におけるエネルギー消費量データベースを公開した(2006-07-04)。

・住宅におけるエネルギー消費量データベース

http://tkkankyo.eng.niigata-u.ac.jp/HP/HP/database/index.htm

・日本建築学会住宅内のエネルギー消費量に関する調査研究委員会

http://tkkankyo.eng.niigata-u.ac.jp/HP/HP/index.htm

・日本建築学会

http://www.aij.or.jp/aijhomej.htm