ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2007-05-12 (Sat)

[][][]2007-05-12(Sat): 日本病院ライブラリー協会2007年度第1回研修会で講演

2007-05-11(Fri)〜2007-05-12(Sat):

第32回日本病院ライブラリー協会総会および2007年度第1回研修

(於・東京都/全米販食糧会館)

http://www.jhla.org/study/200701.html

で「病院ライブラリアンにとってのWeb2.0−そのビジョンとミッションを踏まえて」と題して講演。

・「病院ライブラリアンにとってのWeb2.0−そのビジョンとミッションを踏まえて」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/jhla(20070512).ppt

日本病院ライブラリー協会での講演補足資料

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070512/1178934529

自分自身としては、話の進め方の段取りが悪かったように思う。反省しなくては……。

会場からいただいた質問に、学協会のサイトコミュニティーとしての盛り上げ方に関するものがあった。ここで補足しておこう。正直、学会系のサイト掲示板への書き込みやブログへのコメントを盛り上げることはかなり難しいと思う。が、困難さを前提とした上で対策を考えると、

  1. 学会サイトを訪問する動機付けとなる情報の提供
  2. 気軽にコミュニティーに参加できる仕組みの提供
  3. コミュニティーを盛り上げる積極的参加者の提供

をセットで考えるといいのではないか。1点目の「学会サイトを訪問する動機付けとなる情報の提供」としては、講演で一案としてふれたソーシャルブックマークサービス活用は一つの可能性だと思う。

・hoslibのブックマークYahoo!ブックマーク

http://bookmarks.yahoo.co.jp/hoslib/

学会の性格にあった情報、特に日々追いかける必要があるニュースサイト運営者たちが主体となってブックマークしていき、最初にチェックすべきサイトの一つとして学会サイトを会員に認知してもらう。このようなサービスがあるということを会員にアピールするために、一定のタイムラグを置いてブックマークしたニュースメールマガジンで配信するといいだろう。メールマガジンに掲載するのは一週間前のニュースとし(「先週の注目ニュース」という形で)、最新のニュース学会サイトでみることができるとアピールするといいだろう。こうすることで最新ニュースに関心がある会員は、徐々に学会サイトを訪れるようになるだろう。

このようにして学会サイトへの誘導をある程度図れたところで、今度は各会員に運営委員がブックマークしたニュースに関心を持ったら、自分でもブックマークしてもらう。コメントタグもつけてもらえるとうれしいが、そこは強要しない。まず、このようにして、ブックマークの一手間だけをかけてもらうようにする。掲示板への書き込みやブログへのコメントのように文章の入力がないぶん、比較的敷居は低いだろう。

同時にすでに盛り上がっている、他の会員が積極的に参加していると思える、つまり自分が特別なことをしようとしているわけではないと思えるよう運営委員以外の熱心な会員にお願いし積極的に参加してもらう。また、ブックマークに参加してくれた会員をメールマガジンで紹介するとよいだろう。慎重ではあったほうがいいが、ブックマーク回数をランキングにして会員ごとの貢献度を紹介してもよいだろう。このような取り組みを一定期間、少なくとも半年から一年続け、その取り組みや成果を会員の多くが集まる研究会研修会で発表するセッションを設けるようにする。その際、貢献してくれた会員を表彰してもよいだろう。

こうやって一定期間が過ぎる中で学会サイトを訪問する、ブックマークに参加するという行為を習慣化できれば、ウェブでの情報発信に参加する下地は十分にできる、というよりはすでに参加が習慣となっているはずだ。このようにして、ウェブでの情報発信への参加への心理的な敷居を押し下げていけば、その先で掲示板ブログ活用が実現していくのかもしれない。現時点ではあまり確信はないのだが、取り組む意味はあると思う。

さて、自分の講演の後はリラックスして他の方々の発表を聞かせていただいた。

相澤まゆみさん(東京都済生会中央病院図書室)の基礎講座「病院図書室のレイアウト」は、病棟の建て替えに図書室がどのように対応したかという話。相当な大事業だったはずだが、それを独力でやり遂げたことに感心した。同時に常勤職員数だけでも874名(2006-04時点)を擁する東京都済生会中央病院ですら、図書室スタッフは著しく少ないことに驚かされもした。

東京都済生会中央病院図書室の紹介(施設案内ページ内)

http://www.saichu.jp/floor/facilities.html

東京都済生会中央病院

http://www.saichu.jp/

里井女恵さん(天使病院中央図書室)と澤田京子さん(岡山旭東病院図書室)が個別に行った事例報告「新しい病院図書室」は、札幌市にある天使病院と、岡山市にある岡山旭東病院での図書室の開設からその後の運営をコンパクトにまとめていた。

里井さんの報告では、ご自身が着任される前に院内ですでに行われていた議論を里井さんが丹念に追いかけた様子がうかがえた。特に既存の施設(女子休憩室)を図書室へと転用したり、院内に点在する図書類をアンケートによって把握したり、といった当事者ならではの経験が資料と共に語られ、非常にわかりやすかったことが印象的。

天使病院中央図書室

http://www.tenshi.or.jp/s120/s120.htm

天使病院

http://www.tenshi.or.jp/

澤田さんの報告は、職員図書室、患者ライブラリー情報コーナー 健康の駅と、院内にある3つの図書室を生み出し運営していくプロセスが詳しく語られ、その奮闘ぶりに感心した。今後公開予定という職員図書室と患者ライブラリーサイトが楽しみだ。

・職員図書室/患者ライブラリーの紹介(事務部企画課ページ内)

http://www.kyokuto.or.jp/www/riyou/busho/jimu/kikaku/

情報コーナー 健康の駅

http://www.kyokuto.or.jp/www/library/kenkounoeki/

岡山旭東病院

http://www.kyokuto.or.jp/

最後に

丸善

http://www.maruzen.co.jp/home/irn/

・ProQuest CSA

http://www.proquest.jp/

・Ovid Japan

http://www.ovid.jp/

・ユサコ

http://www.usaco.co.jp/

・EBSCO

http://www.ebsco.co.jp/

各社によるプロダクトレビューが行われたが、これについては別に書きたいこと、知りたいことがあるので後日記したい。

ともあれ、多くのことを学べ、新たな出会いに恵まれた2日間だった。研修会を企画・実行した勇まゆみさんら9名の教育研修委員の方々に感謝したい。

日本病院ライブラリー協会

http://www.jhla.org/


[][]日本病院ライブラリー協会での講演補足資料

2007年5月12日(土)に行われた日本病院ライブラリー協会第32回総会および2007年度第1回研修会での私の講演「病院ライブラリアンにとってのWeb2.0−そのビジョンとミッションを踏まえて」の補足資料です。

レジュメ

サイト

【参考文献】

なお、今後以下の催しへの参加を予定しています。よろしければ参加をご検討ください。

2007-05-25(Fri)〜2007-05-26(Sat):

情報知識学会第15回(2007年度)研究報告会

(於・東京都国文学研究資料館

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsik/kenkyu.html

5月25日(金)の15:50〜17:30に催されるシンポジウムWeb2.0時代の情報システム」のパネリストとして。

2007-05-31(Thu)〜2007-06-01(Fri):

平成19年専門図書館協議会総会・全国研究集会

「立ち上がれ!ライブラリアン NEXTステージへ…」

(於・東京都日本科学未来館

http://www.jsla.or.jp/1/13/13-2.html

6月1日(金)の9:30〜17:00に催される分科「図書館Web2.0」と全体会「立ち上がれ!ライブラリアン NEXTステージに向けて、専門図書館員に求められているもの」のパネリストとして。

2007-06-07(Thu)〜2007-06-08(Fri):

国立情報学研究所オープンハウス

(於・東京都学術総合センター

http://www.nii.ac.jp/openhouse/

6月8日(金)10:00〜12:00に催されるCSIワークショップ図書館目録の将来:ユーザの視点から、図書館の視点から」の講演者兼パネリストとして。

2007-05-11 (Fri)

[][][]2007-05-11(Fri): 日本病院ライブラリー協会第32回総会および2007年度第1回研修会1日目

講師としてお招きいただいた日本病院ライブラリー協会第32回総会および2007年度第1回研修会の1日目。懇親会の運営方法を中心に印象に残ったことをメモとして。

  1. 世代間バランスの均衡
    • 様々な場で思うが、図書館情報学界では、もはや世代バランスが崩れていることが常態化しているが、病院ライブラリーの世界では老いも(失礼!)若きも関係なく、各年代の方々がフェアな関係で集っているという印象を受ける。20代から30代とおぼしき世代の方々が多く、世代間のバランシングがよくできている。各館単位でみればもちろん決して楽なことではないだろうが、いかなる状況にあっても若い世代を受け入れてきた努力の成果と思える。今後は、継続して優秀な人材を引きつけ、留めるための彼女ら・彼らの待遇向上があわせて課題となるだろう。
  2. 懇親会を新たな出会いの場とする工夫
    • 立食式の懇親会はややもすると、顔見知りの人間が交流をさらに深める顔なじみの場となりがちだが、日本病院ライブラリー協会では誕生日ごとに当初の着席テーブルを決めていた。たとえば、誕生日が1日から6日の人間は最初はこのテーブルで乾杯するというように。これは非常に賢明な方法と思う。会長である直江理子さん(旭川市旭川病院)が懇親会の冒頭におっしゃっていた「懇親会を新たな出会いの場としてほしい」という願いを見事に現実化していたと思う。
  3. ビンゴの実施
    • ときとして間のびしがちな懇親会だが、途中にビンゴ大会をはさんでいたことが良かった。当たり番号が読み上げられるたびに、「リーチ!」がかかるたびに、「ビンゴ!」が出るたびに、会場の関心が一点に集中し、場の雰囲気を維持していたと思う。講師のようなゲストに当たりが来るように努めてくださった周囲の方々の心配りにも感心する。これは単にビンゴ大会を催せばよいということではなく、常日頃から会がそのような心配りや気遣いをもって催されているという証とも思える。
  4. 参加者への心配り
    • 上記と重なるが、初めて総会や研修会に参加した会員への気遣いが感じられた。特に初参加のメンバーを懇親会の席上で紹介し、一言コメントを求める方法には感心した。学会系の懇親会では初参加メンバーはどうしても所在無くなりがちだが、自己紹介挨拶を求めることで初参加のメンバー自己PRの機会を得られる。それだけでも参加した意味があるだろう。
  5. 会員の動き方
    • ベテランの会員は講師にかわりがわり講師ら、ゲストに話しかけ、場の雰囲気と講師が一体化するように務めていた。また、比較的若い会員はバーテンダーを買って出て、場の盛り上げに一役買っていた。新旧会員が「新たな出会いの場」をつくるという目的に向かって一体になっていたことに感心する。
  6. 運営委員の方々のご苦労と顕彰の仕方
    • 盛り上がった懇親会を企画した運営委員を最後に壇上で紹介したこともすばらしい。ご本人たちとしても、いささかでも報われた思いがあるだろうし、他の会員やゲストに顔を覚えられるこれ以上とない機会ではないだろか。また、運営委員は事前に会場の下見もしていたという。全国から集まる会員や会の内情には直接タッチしないゲスト講演者を迎える上で、非常に優れた配慮と思う。

以上、研究会やその後の懇親会の運営ノウハウメモとして。

とはいえ、メモではあるものの、日本病院ライブラリー協会を賞賛したいと思う。私の場合、講演させていただくのは研修会の2日目の明日ではあるものの、今日の懇親会に参加しやすい雰囲気をつくっていただいた。これだけすばらしい雰囲気を味あわせていただけば、講師としてはかつてなく身が引き締まる。二次会へのお誘いを断らせていただき、その分、明日の講演に向けて最後の見直しにあたりたいと自然に思う。そして、明日の講演では全国各地から集まった皆さまの期待に応えることに全力を尽くしたいと思う。

会長の直江さん、顧問の長谷川湧子さん、講演依頼をくださった勇まゆみさんを中心に、懇親会の席上で精力的に動きまわっていた皆さまに感謝したい。

日本病院ライブラリー協会

http://www.jhla.org/