ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2006-07-15 (Sat)

[][]国立新美術館、サイトをリニューアル

7月1日に正式に独立行政法人国立美術館国立新美術館として組織が発足したことを受けて、国立新美術館がサイトをリニューアルした(2006-07-04)来年1月21日の開館に向けて、サイトの充実にも力を注いでいってほしい。

・「美術館のサイトが新しくなりました」

http://www.nact.jp/topics/2006/20060703_1.html

国立新美術館

http://www.nact.jp/

2005-08-28 (Sun)

[][][]2005-08-03(Wed):

『原爆の図』『アウシュビッツの図』『水俣の図』(丸木位里・丸木俊)を展示する原爆の図丸木美術館埼玉県東松山市)の存続が危ぶまれている。「原爆の図丸木美術館存続への支援のお願い」によれば、存続問題の原因は財政難にあるという。確かに、「2003年度丸木美術館収支決算」をみると、当期収入の合計が約3300万円に対し、当期支出の合計が約3400万円と、約100万円の赤字となっている。「支援のお願い」は、赤字の主たる原因として「入館者の減少による赤字と施設の維持改修」を挙げているが、支援を訴える以上、入館者の減少傾向のようなより詳しい情報がほしいまた、他に要因はないのだろうか。「支援のお願い」を含め、同館のサイトには記載されていないが。たとえば、友の会の会員数の増減傾向や職員数と人件費の推移はどうなっているのだろうか。緊急に支援カンパを行うことは、それはそれでよい。だが、財政事情をこまかく明らかにしなければ、継続的な支援や大規模な支援は得にくいのではないだろうか。展示内容もさることながら、都幾川の川べりにあり、せせらぎの音が聞こえる同館は、一つの美術館として理想的な環境にある。ぜひ事業を継続してほしいとは思う。だが、それだけに情緒に訴えるのではなく、確固たる支援をとりつけられる明確な説明を望みたい。

・原爆の図丸木美術館存続への支援のお願い

http://www.aya.or.jp/~marukimsn/top/shien.htm

2003年度丸木美術館収支決算

http://www.aya.or.jp/~marukimsn/data/syushi.htm

・原爆の図丸木美術館

http://www.aya.or.jp/~marukimsn/