ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2008-03-23 (Sun)

[][][]福島大学附属図書館、福島大学学術機関リポジトリを正式公開(2008-03-03)

screenshot

福島大学附属図書館が福島大学学術機関リポジトリを正式公開した(2008-03-03)。

福島大学学術機関リポジトリ

http://ir.lib.fukushima-u.ac.jp/

福島大学附属図書館

http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/

正式公開に伴って、「FUKURO_フクロウ_」(FUKushima University RepOsitory)という愛称がつけらえている。なお、福島大学学術機関リポジトリは2007年12月10日に試験公開されており、これまで試験運用期間となっていた。試験公開当初は収録されている研究成果が50点ほどにとどまっていたが、正式公開された現時点では約500点まで増加している。

・「福島大学附属図書館、福島大学学術機関リポジトリを試験公開」(新着・新発見リソース、2007-12-16)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071216/1197812493

2007-12-16 (Sun)

[][][]福島大学附属図書館、福島大学学術機関リポジトリを試験公開

screenshot

福島大学附属図書館が福島大学学術機関リポジトリを試験公開した(2007-12-10)。使用ソフトはDSpaceで、現時点で約50点の研究成果が収められている。

福島大学学術機関リポジトリ

http://ir.lib.fukushima-u.ac.jp/

福島大学附属図書館

http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/


[][][]福島大学附属図書館、福島県内図書館蔵書目録横断検索を公開

screenshot

福島大学附属図書館が福島県内図書館蔵書目録横断検索を公開した(2007-12-03)。検索対象となっているのは、以下の14図書館の蔵書目録。

  1. 福島大学
  2. 福島県立図書館
  3. 福島市立図書館
  4. 福島県立医科大学
  5. 桜の聖母短期大学
  6. 日本大学工学部
  7. 郡山女子大学
  8. 奥羽大学
  9. 郡山市図書館
  10. 会津大学
  11. 会津大短期大学部
  12. 東日本国際大学
  13. いわき明星大学
  14. 福島工業高等専門学校

現時点では大学図書館が主たる検索対象となっており、実用性は乏しく感じられるが福島県内の公共図書館の蔵書目録がさらに加わってくると役立ってくることだろう。

しかし、14もの図書館が参加している割には、福島県内図書館蔵書目録横断検索の公開について図書館サイト上にわかりやすく掲載しているのが、福島大学附属図書館以外では郡山女子大学図書館しかないことが物悲しい。

・「福島県内図書館蔵書目録横断検索の提供について」(郡山女子大学図書館、2007-12-04)

http://library.koriyama-kgc.ac.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=91

福島県内図書館蔵書目録横断検索の公開は、地元紙に紹介されるほどのニュースであるはずだ。

・「大学図書館などの図書を検索 新システム本格運用」(福島民報、2007-12-04)

http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=427512&newsMode=article

参加館で歩調をとって一斉にアピールすることがなぜできなかったのだろう。

・福島県内図書館蔵書目録横断検索

http://cross.lib.fukushima-u.ac.jp/ilisone/

福島大学附属図書館

http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/

2007-11-08 (Thu)

arg2007-11-08

[][]2007-11-07(Wed): 福島大学附属図書館の大塚久雄文庫を訪問

・「来週の予定−平成19年度図書館地区別(北日本)研修@福島と図書館総合展」(編集日誌、2007-11-02)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071103/1194049537

で記したように、平成19年度図書館地区別(北日本)研修で福島市に来ている。自分自身の登壇は明日なので、福島大学附属図書館に大塚久雄文庫を訪ねた。

・大塚久雄文庫

http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/ootsuka/ootsuka.html

・大塚久雄文庫(福島大学の秘蔵)

http://www.ipc.fukushima-u.ac.jp/~a012/ohtsuka.html

大塚久雄さんについては説明を要しないと思いたいが、政治学における丸山眞男さん、法学における川島武宜さんらと並ぶ戦後の学問再興を支えた経済学者の一人である。『社会科学の方法』(岩波新書、1966年)や『社会科学における人間』(岩波新書、1977年)の著者として、あるいは『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(岩波文庫、1989年[改訳版])の翻訳者として知っている方も多いだろう。

社会科学の方法―ヴェーバーとマルクス (岩波新書)

社会科学における人間 (岩波新書)

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

・『社会科学の方法』(岩波新書、1966年)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4004110629/arg-22/

・『社会科学における人間』(岩波新書、1977年)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4004200113/arg-22/

・『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(岩波文庫、1989年[改訳版])

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4003420934/arg-22/

さて、大塚久雄文庫だが、学外者で、かつ研究者でなくても自由に閲覧できる。別室になっており、落ち着いて文庫に収められた大塚久雄さんの旧蔵書を一冊一冊手にとれる。閲覧を終えた後に、福島大学附属図書館の方とも話したのだが、国立大学とはいえずいぶんとオープンなもので感心してしまう。この開放性は福島という失礼ながら周辺の地に文庫があればこそ実現していることかもしれない。東京や京都、大阪であれば、好奇心から文庫を訪れる場合も多く、文庫の管理をある程度厳重にしないとほんの痛みも早いことだろう。福島を訪れるというひと手間をかけてまで、大塚久雄さんの旧蔵書にふれたいか、という地理的なハードルが公開性・開放性を支える鍵の一つになっているように思う。

さて、文庫の中身だが、経済学者として大塚久雄さんだけではなく、内村鑑三に師事したキリスト者としての大塚久雄さん、教育者としての大塚久雄さん、分野を超えて関心を持ち合ったネットワーカーとしての大塚久雄さんの姿がうかがえた。印象的だった点をいくつか挙げておこう。

  1. 自身の著作の初版に「保存用」と記した上で署名し、丁寧に校正している。校正した個所は重版の際に修正されている(たとえば『社会科学の方法』の142頁)。
  2. 自身の著作、他人の著作を問わず、新聞書評等を丁寧に切り抜き、本に差し込んで保存している。
  3. 相当数の旧蔵書の中でも聖書が一番読み込まれている。すでに背表紙が崩れかかるほどである。傍線や書き込みも相当数にのぼる。

約4年をかけて文庫を整理した福島大学附属図書館では傍線や書き込みの有無を丹念にまとめており、大学図書館の仕事の質の高さを感じさせられた。

1時間ほど、文庫を拝見してあらためて感じたことだが、やはりこれらの資料が電子化され、どの本にどのような傍線や書き込みをしているのかをわかるようにし、かつその傍線や書き込みの位置と内容を他の研究者の傍線や書き込みと比較・共有できるようになるとおもしろい。たとえばマックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』であれば、本文を電子化し、大塚久雄さんはどの個所に傍線を引き、書き込みをしたのか、丸山眞男さんはどの個所に傍線を引き、書き込みをしたのか、、川島武宜さんはどの個所に傍線を引き、書き込みをしたのか、といった比較ができると大いに役立つことだろう。

たとえば、まず一つの機関が本文を電子化し、同時に傍線や書き込みの位置と内容を指し示すためのデータフォーマットを決める。旧蔵書の保存機関がそのフォーマットに従ってデータを作成・公開する。こうした公開データを読者が自由に利用し、関心のある研究者の傍線や書き込みを本文に同時に表示できるようにならないだろうか。こんなことを考えた一日であった。

なお、丸山眞男さんの旧蔵書は東京女子大学図書館で丸山眞男文庫として、川島武宜さんの旧叢書は札幌大学図書館で川島文庫として公開されている。川島文庫はサイトが長らく公開されていたが、図書館サイトのリニューアルによって消滅してしまたようだ。一日も早く再開してほしい。

・丸山眞男記念文庫(東京女子大学図書館)

http://library.twcu.ac.jp/information/maruyama.htm

・札幌大学図書館

http://www.sapporo-u.ac.jp/lib/

2007-04-16 (Mon)

[][][]福島大学附属図書館、新着情報のRSS配信を開始(2007-04-02)

福島大学附属図書館が新着情報のRSS配信を開始した(2007-04-02)。

福島大学附属図書館 - RSS配信について

http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/oshirase/2007-rss.htm

福島大学附属図書館

http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/

2006-04-16 (Sun)

[][]福島大学附属図書館、福島大学研究年報を公開(2006-03-31)

福島大学附属図書館が「福島大学研究年報」を公開した(2006-03-31)。「福島大学研究年報」は、国立大学法人化に伴い創刊された全学研究機関誌。

福島大学研究年報

http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/annual.html

福島大学附属図書館

http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/