ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2007-02-11 (Sun)

[][][]2007-02-10(Sat): 理性的な独立行政法人改革を望む

大手メディアでの扱いもごく小さいのでほとんど気づかれていないようだが、独立行政法人国立博物館と文化財研究所2007年4月から統合して国立文化財機構になることが決定された。

独立行政法人としての国立博物館と文化財研究所が設立されてからまだ6年である。わずか6年でさらなる統合を行うのは早すぎないか。両法人の統合は「国民の共通財産である文化財の保存及び活用を一層効率的かつ効果的に推進する観点」から2005年政策評価独立行政法人評価委員会が勧告していたものだ(「平成17年度末に中期目標期間が終了する独立行政法人の主要な事務及び事業の改廃に関する勧告の方向性について」)。両法人が発足した2001年からわずか4年後にはもう再統合が規定路線になっていたわけだ。ものの4年で組織体制を見直すことになった理由を問いたい。本当に両法人を統合する必要があるのだとしたら、むしろ2001年の時点でそうすべきであったろう。行政が見通しを誤ったのか、政治決断をためらったのか、2001年の時点で大規模な統合を実施しなかた合理的な理由はあるのだろうか。

・「国立博物館と文化財研究所、4月に統合 政府閣議決定」(朝日新聞、2007-02-09)

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200702090107.html

国立博物館

http://www.natmus.jp/

・文化財研究所

http://www.nabunken.go.jp/bunkazai/mokuji.htm

・「平成17年度末に中期目標期間が終了する独立行政法人の主要な事務及び事業の改廃に関する勧告の方向性について」(政策評価独立行政法人評価委員会、2005-11-14)

http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/051114_2_2.html

政策評価独立行政法人評価委員会

http://www.soumu.go.jp/hyouka/seisaku-hyoukaiinkai.htm