ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-02-25 (Mon)

[][][]2008-02-24(Sun): 平等院平等院ミュージアム鳳翔館−国宝検索システムとミュージアムグッズ

screenshot

第4回レファレンス協同データベース事業参加館フォーラムのために関西に行った際、空き時間宇治市平等院を訪れた。

平等院

http://www.byodoin.or.jp/

平等院を訪れたのは22年ぶりだろうか。当時に比べると、庭園の復元工事を行い、宗教法人による初の登録博物館である平等院ミュージアム鳳翔館が完成しており、まったく印象が変わっていた。

平等院ミュージアム鳳翔

http://www.byodoin.or.jp/va/kan.html

にはレファレンスコーナーがあり、そこで「超高精細画像による国宝検索システム」を公開しているのを発見。ほとんどが国宝に指定されている阿弥陀如来坐像と雲中供養菩薩像52体を超高精細画像で鑑賞できる。システムレベルの高さに感心していたが、資料をみると「先導的コンテンツ市場環境整備事業」によって実現したとある。

帰京後、あらためて調べてみると、当時の通産省が進めていた

平成10年先導的コンテンツ市場環境整備事業

http://www.dcaj.org/d-con/lib/archives/

・先導的コンテンツ市場環境整備事業

http://www.ipa.go.jp/NBP/sendou10.html

において、「超高精細画像ブラウジングシステムコンテンツ制作平等院国宝仏像」として採択されたもののようだ。すでに

・影山幸一「3億5,000万画素の平安美を未来に伝える「平等院」」

http://www.dnp.co.jp/artscape/knowledge/it/0212/kageyama.html

で詳しくレポートされている。

screenshot

さて、平等院システムをみたときは瞬間的にウェブで公開してほしいと思ったが、すでに公開されていた。

平等院 - 国宝仏像紹介

http://www.byodoin.or.jp/pfutest/va/v-3.html

平等院 - 鳳凰堂のご仏像が高精細な画像でご覧いただけるようになりました

http://www.byodoin.or.jp/oshirase/gazou_0630.html

ただし、ウェブで公開されているのは、現地で公開しているコンテンツの一部である。ちなみに、このシステムは、

平等院DVD平等院国宝仏像

http://www.pfu.fujitsu.com/butsuzocd/05_byodoin-dvd.html

・「平等院国宝仏像コンテンツの発売開始」(株式会社PFU、2000-05-25)

http://www.pfu.fujitsu.com/topics/new000525.html

http://www.pfu.fujitsu.com/topics/new0005252.html

株式会社PFU

http://www.pfu.fujitsu.com/

として市販されている。だが、希望小売価格が52,290円、標準価格が49,800円と個人には手の出ない値段となっている。その意味では、限定的な形とはいえウェブシステムが公開されているのはありがたい。ただ、欲をいえば、全面公開してほしいものだ。

ところで、

平成10年先導的コンテンツ市場環境整備事業

http://www.dcaj.org/d-con/lib/archives/

では、他に以下の19のコンテンツがつくられている。

  1. 21世紀に伝えたい日本美術狩野派」400年の歴史PHP研究所
  2. 加賀前田家の工芸遺産−百工比照(北陸スタッフ
  3. 電子セット「幻の江戸城」(NHKエンタープライズ21)
  4. 日光東照宮−美の構造(バスプラスワン)
  5. 国宝源氏物語絵巻」高精細ディジタルアーカイブの試作(日立製作所
  6. 甦る日本の美−掛軸の修復(電通テック
  7. 西芳寺庭園 築庭当初の再現と現状 名勝庭園デジタルアーカイブ電通
  8. 20世紀の遺産−デジタル映像で見る昭和史(ナトコ)
  9. 映画美術監督のスケッチによる戦後日本のまちなみアーカイブ(黒澤プロダクション
  10. 歴史民俗資料に基づく時代観察−江戸時代の北国紀行(日本ビクター
  11. ニュース映像アーカイブの構築(読売映画社)
  12. 東京国立博物館法隆寺献納宝物ディジタルアーカイブNHKエンジニアリングサービス
  13. 唐招提寺−鑑真と東山魁夷芸術凸版印刷
  14. 狂言世界 七世野村万蔵の秘曲(ベンチャーユニオン
  15. バイオイメージング(生命への探索)アーカイブ(桜映画社)
  16. デジタルアーカイブ「西表の動物達」(沖縄映像センター
  17. 衰退滅亡の危機にある日本古来の人形芸術の収録保存(光映)
  18. 市民が撮った震災映像アーカイブ阪神・淡路大震災記念協会)
  19. 浮世絵等版木からのデジタル復刻の試み(日立製作所

これはのコンテンツはいまどうなっているのだろうか。

もう一つ話題を。自分の場合、展示品以上にミュージアムショップ商品が気になるのだが、鳳翔館のグッズに秀逸な何点かをみつけた。紹介しよう。

・雲中ポストカードジャバラ

http://www.byodoin.or.jp/museumshop/goods12.html

クリアファイル

http://www.byodoin.or.jp/museumshop/goods15.html

・雲中トランプ

http://www.byodoin.or.jp/museumshop/goods28.html

特に52体の雲中供養菩薩像を52枚のカードで構成されるトランプにしたアイデアは秀逸。ちなみにジョーカーには鳳凰を割り当てている。