ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2006-09-03 (Sun)

[][][]文部科学省平成18年度「法科大学院専門職大学院教育推進プログラム」の選定結果を発表

文部科学省平成18年度「法科大学院専門職大学院教育推進プログラム」の選定結果を発表した(2006-07-28)。同プログラムの採択は今回で3回目(3年目)。共同、単独で合計40件の申請から14件が採択されている。

なお、プログラムの選定にあたっている法科大学院専門職大学院教育推進プログラム選定委員会議事録は原則公開とされているが、「個別の審査・評価に関する調査審議の場合」等、幾つかの場合は非公開とされているようだ。選定にあたった委員の氏名は選定後に公表するなど、情報公開に努めていることはうかがえるが、選定そのものがフェアに行われたのか、第三者による後日の検証を可能とするためには、審査・評価に関わる議事録や申請案件ごとに作成される評価書は公開すべき情報ではないだろうか。

インターネットの学術利用という観点からすると、選定にあたっての6つの審査方針のうちの6番目「教育プロジェクトの経過や成果等に関する情報公開の提供方法」について、情報を公開してほしい。審査方針は次のように定められている。

教育プロジェクトの経過や成果等を波及させるために、積極的に情報を公開するための具体的方法が計画されるとともに効果的であるか。

申請した各大学がどのような計画を提出したのか、そしてそれがどのように評価されたのかは、ぜひ知りたいところだ。

平成18年度「法科大学院専門職大学院教育推進プログラム」の選定結果について

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/07/06072816.htm

・「法科大学院専門職大学院教育推進プログラム選定委員会」の議事の公開等についての取扱い(案)

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/houka/shiryo/06051807/003.htm

法科大学院専門職大学院形成支援プログラム

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/houka.htm

文部科学省

http://www.mext.go.jp/

2004-09-21 (Tue)