ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-01-10 (Sun)

[][]法政大学大原社会問題研究所、高野岩三郎日記を公開(2009-06-23)

screenshot

法政大学大原社会問題研究所が高野岩三郎日記を公開した(2009-06-23)。

・高野岩三郎日記

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/arc/takanonk.html

法政大学大原社会問題研究所

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/

高野岩三郎(1871年〜1949年)は戦前期の社会運動家労働運動家であった高野房太郎の弟で、自身は社会統計学者として活躍し、大原社会問題研究所の所長や日本放送協会(NHK)会長等も歴任している。

1918年法政大学大原社会問題研究所が設立される1年前であり、「戦前期の大原社会問題研究所の歴史を知る上で基本史料」と言えるとのこと。なお、「商業史」や「国際公法」「民法」の講義ノートも含まれている。

・「法政大学大原社会問題研究所、高野岩三郎とD.リャザーノフとの往復書簡(1928〜1930年)を公開(2006-04-14)」(新着・新発見リソース2006-04-30

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060430/1146408260

2009-07-07 (Tue)

[][]法政大学大原社会問題研究所、全逓権利闘争裁判関係資料インデックスを公開(2009-01-21)

screenshot

法政大学大原社会問題研究所が全逓権利闘争裁判関係資料インデックスを公開した(2009-01-21)。

・全逓権利闘争裁判関係資料インデックス

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/arc/zentei.html

法政大学大原社会問題研究所

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/

全逓とは全逓信労働組合の略で、現在の日本郵政公社労働組合の前身。今回公開されたのは、全逓に関わる各種訴訟記録のタイトル一覧。

2008-07-06 (Sun)

[][]法政大学大原社会問題研究所、全国銀行従業員組合連合会関係資料インデックスを公開(2008-06-06)

screenshot

法政大学大原社会問題研究所が全国銀行従業員組合連合会関係資料インデックスを公開した(2008-06-06)。

・全国銀行従業員組合連合会関係資料インデックス

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/zenginren/

法政大学大原社会問題研究所

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/

研究所が所蔵する

  • 全国銀行従業員組合連合会関係資料
  • 全国銀行従業員組合連合会関係資料規定集

の請求番号や発行組織名等をまとめている。

2008-06-22 (Sun)

[][]2008-06-18(Wed): 法政大学大原社会問題研究所訪問記

f:id:arg:20080617120403j:image:w150

昨日の

・「東京西地区大学図書館相互協力連絡会で講演」(編集日誌、2008-06-17)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080618/1213715472

の前に、

法政大学大原社会問題研究所

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/

を訪問。所長の五十嵐仁さんをはじめ、鈴木玲さんや若杉隆志さんにお目にかかる。

・五十嵐仁の転成仁語

http://igajin.blog.so-net.ne.jp/

・Akira Suzuki's Website

http://homepage3.nifty.com/sociallabor/

・こんにちは若杉隆志です

http://hwm5.gyao.ne.jp/twaka/

ちなみに五十嵐さんと鈴木さんには以下の記事をご寄稿いただいている。

・五十嵐仁「オンラインでの書評の連載について」(第050号、1999-12-25)

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/050.html

・鈴木玲「『大原社会問題研究所雑誌』ウェッブ公開に至るまで」(第105号、2001-07-16)

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/105.html

五十嵐さんには新著『労働政策』を頂戴した。感謝。

労働政策 (国際公共政策叢書)

・五十嵐仁著『労働政策』(国際公共政策叢書第11巻)(日本経済評論社、2008年、2100円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4818820032/arg-22/

五十嵐さん自身、ブログ

「心血を注いだ」と言えば、いささかオーバーになりますが、私としては現時点で持てる力を出し切ったという思いがしています。書きたいことは、すべて書かせていただきました。

・「5月1日(木)とうとう、拙著『労働政策』が刊行された」(五十嵐仁の転成仁語、2008-05-01)

http://igajin.blog.so-net.ne.jp/2008-05-01

と書いているが300ページを超える大作だ。私も帰りの電車から読み進めているところだが、引き込まれる。働くすべての方々におススメしたい。

さて、法政大学大原社会問題研究所では若杉さんにご案内いただき、所内を見学。大原社研が誇る数々の資料をみれたが、なかでも

・戦前ポスターデータベース

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/kensaku/poster.html

で公開されている戦前の最初の普通選挙の際のポスターを生で見れた感動が大きい。

f:id:arg:20080617120520j:image:w150 f:id:arg:20080617120459j:image:w150

また、大原社研のサイトを運用しているサーバーや、所内の人員が主体となってウェブ事業に取り組んでいることがうかがえる本棚など、なるほどこれが大原社研の力の源泉かと思うものが多かった。

f:id:arg:20080617120708j:image:w150 f:id:arg:20080617120543j:image:w150

ご多忙な中、ご対応くださった五十嵐さん、鈴木さん、若杉さんに感謝したい。

2008-04-08 (Tue)

[][]2008-04-04(Fri): 五十嵐仁さんが法政大学大原社会問題研究所の所長に就任

もうずいぶん前になるが、

・「オンラインでの書評の連載について」(第050号、1999-12-25)

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/050.html

を寄稿してくださった五十嵐仁さんが法政大学大原社会問題研究所の所長に就任したという。

・「大原社会問題研究所所長就任にあたってのごあいさつ」(五十嵐仁の転成仁語、2008-04-01)

http://blog.so-net.ne.jp/igajin/2008-04-01/trackback

法政大学大原社会問題研究所

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/

法政大学大原社会問題研究所 - 所長挨拶

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/about/aisatu.html

ウェブに限っていえば、法政大学大原社会問題研究所は最近やや元気がないように思える。ウェブを縦横無尽に活用してきた五十嵐さんを所長に迎えどのような変化が生まれてくるだろう。