ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2009-05-10 (Sun)

[][][][]2009-05-05(Tue): 日進市図書館Amazonアソシエイトの利用を一旦休止

screenshot

なんとなく取り上げないまま来てしまったが、最初にウェブで話題にしたうちの一人の責任として、ふれておこう。

アフィリエイトサービスの休止について」(日進市図書館2009-04-15

http://lib.city.nisshin.lg.jp/cgi-bin/topics.cgi?breq=17

日進市図書館

http://lib.city.nisshin.lg.jp/

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)」サービスについて、開館より試行的に実施してまいりましたが、サービス継続の検討やサービス提供者の選定等を行うためにサービスを4月0日(月)をもって一旦休止いたします。

とのこと。今後の展開が非常に気になる。原稿執筆をお願いしてみようか……。

・「日進市図書館が「Amazonで買う」「Amazonで書評を見る」ボタンを設置している」(編集日誌、2008-12-26

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081227/1230348172

・「日進市図書館Amazonに思うこと」(編集日誌、2008-12-27

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081228/1230395293

2008-12-28 (Sun)

[][][][]2008-12-27(Sat): 日進市図書館Amazonに思うこと

予想以上に反響が大きかった

・「日進市図書館が「Amazonで買う」「Amazonで書評を見る」ボタンを設置している」(編集日誌、2008-12-26

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081227/1230348172

だが、

これは論議となりそうだ。自分自身も幾つか思うところがある……

という一節が波紋を呼んでしまっただろうか。ともあれ、自分の思うところを記しておく。

まず、基本的なところだが、私は今回のような取り組みには当然肯定的だ。というよりも、このような取り組みを図書館業界に説いてきたのは自分だという自負もある。それは、たとえば以下のような過去の講演に明らかだろう。

・「図書館図書館員のためのWebの情報発信」【PPT】(大学図書館問題研究会京都支部京都ワンディセミナー2006-09-23、於・京都市国際交流会館)

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/daitoken_kyoto(20060923).ppt

・「講演「図書館図書館員のためのWebの情報発信」@京都市国際交流会館」(編集日誌、2006-09-23

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060927/1159310636

・「インターネット時代のライブラリアン−県内公共図書館ウェブ対応を中心に」【PPT】(静岡県市立図書館協議会職員研修会、2008-01-17、於・沼津市図書館

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/cmls(20080117).ppt

・「静岡県市立図書館協議会職員研修会で講演」(編集日誌、2008-01-17

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080118/1200610012

「論議となりそうだ」と書いたのは、図書館業界の中で賛否両論、紛糾しそうだということ。様々な場で実際に発言しているように、図書館に身を置くわけではない自分としては正直その議論にあまり関心はない。

ちなみに、以前、

・「播磨町立図書館アフィリエイトへの違和感」(編集日誌、2007-06-21

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070622/1182446999

という記事で播磨町立図書館によるアフィリエイト導入を問題視したことがあるが、今回の日進市図書館とは意味合いが異なるだろう。

さて、「自分自身も幾つか思うところがある」の内容だが、大きく言って2つある。まずはデザイン面。

・例:『夢をかなえるゾウ

http://lib.city.nisshin.lg.jp/opw/OPW/OPWSRCHTYPE.CSP?SID=419372_3e2elHkf00_54392&DB=LIB&MODE=1&PID2=OPWSRCH1&FLG=LIST&SRCID=1&SORT=-3&HOLD=NOHOLD&WRTCOUNT=50&PAGE=1&LID=3

を見ると、ページの左側に書影カバー画像、「Amazonで買う」ボタン、「Amazonで書評を見る」ボタンがあり、中央に書誌情報、右側に「予約処理」ボタン他がある。書影カバー画像はよいが、「Amazonで買う」ボタンや「Amazonで書評を見る」ボタンの場所には、本来は「予約処理」ボタンがあるべきではないか。そもそも、このページの一義的な目的は、本を借りることにあるのだろうから。もっと言えば、ページ下部にある

【所蔵】○冊

(予約確保:○件)

(予約待ち:○件)

の右横にこそ、「Amazonで買う」ボタンがあるべきだと思う。たとえば、

【所蔵】○冊

(予約確保:○件)

(予約待ち:○件) - 予約を待たずAmazonで買う

というように。

もう1つは、「論議となりそうだ」にいささか関係する。なぜ、Amazonだけなのか?という点は公の機関だけに議論とはなるだろう。だが、すでに述べたように、指定管理者図書館流通センター(TRC)が、自社が運営するオンライン書店bk1のアフィリエイトだけを導入していた播磨町立図書館とは事情が異なる。そして、すべてのオンライン書店リンクしなければいけないというのも不合理だろう。もし、やたらとアフィリエイトパートナーを増やし、リンク先を増やせば、蔵書検索(OPAC)の使い勝手が落ちるのは明らかだ。であれば、ある程度、アフィリエイトパートナー数を絞り込む必要がある。

そこで「思うところ」だが、いっそ様々なオンライン書店の中で最も高い紹介料率を提示するオンライン書店アフィリエイト契約を結んではどうだろうか。この場合、別にオンライン書店に限る必要はないかもしれない。オフラインで展開する地元書店も、品揃えが可能ならこの競い合いに加われるだろう。たとえば、

平安堂 - 長野を中心に展開

http://www.heiando.co.jp/

・谷島屋 - 静岡を中心に展開

http://www.yajimaya.co.jp/

大垣書店 - 京都を中心に展開

http://www.books-ogaki.co.jp/

といった県単位でチェーン展開をする書店は勝負できるのではないか。などと考えた次第。要するに、どうせやるならAmazonアフィリエイト導入に留まらず、図書館から書店に対してこのリンク枠を売りつけ、買わせるくらいの意気込みで取り組むといいのではないかということ。いかがだろうか。

なお、図書館業界では否定的な意見も出るだろう。だが、意欲的に挑戦している他の図書館の足を引っ張る暇があるなら、自館のサービス改善に努めてほしい。

2008-12-27 (Sat)

[][][][]2008-12-26(Fri): 日進市図書館が「Amazonで買う」「Amazonで書評を見る」ボタンを設置している

screenshot

今日、知人に教えていただいた。2008年10月1日に開館した

日進市図書館

http://lib.city.nisshin.lg.jp/

日進市図書館施設紹介

http://www.city.nisshin.lg.jp/shisetsu/shisetsukyoiku/toshokan/

が、蔵書検索(OPAC)の書誌詳細ページにAmazon情報を取り込んで表示している。

・例:『夢をかなえるゾウ

http://lib.city.nisshin.lg.jp/opw/OPW/OPWSRCHTYPE.CSP?SID=419372_3e2elHkf00_54392&DB=LIB&MODE=1&PID2=OPWSRCH1&FLG=LIST&SRCID=1&SORT=-3&HOLD=NOHOLD&WRTCOUNT=50&PAGE=1&LID=3

現時点で確認した範囲では、Amazon Web サービスを用いつつ、

  1. 書影カバー画像の表示
  2. Amazonで買う」ボタンの設置
  3. Amazonで書評を見る」ボタンの設置
  4. Amazonアソシエイトアフィリエイト)への参加

を行っている。

Amazon Web サービス

http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=451209

Amazonアソシエイトアフィリエイト

https://affiliate.amazon.co.jp/

Amazon

http://www.amazon.co.jp/

これは論議となりそうだ。自分自身も幾つか思うところがあるが、まずは速報として。

2008-08-21 (Thu)

[][][][]坂口貴弘さん、アーカイブズを知るためのリンク集・ブックリストリニューアル(2008-07-17)

screenshot screenshot screenshot

ブログ「Daily Searchivist」を運営する坂口貴弘さんがアーカイブズを知るためのリンク集とアーカイブズを知るためのブックリストリニューアルした(2008-07-17)。リンク集は入門編と中級編に分割され、これまで入門編と中級編があったブックリストには、文書管理編が追加されている。

・アーカイブズを知るためのリンク集(入門編)

http://b.hatena.ne.jp/searchivist/

・アーカイブズを知るためのリンク集(中級編)

http://bookmarks.yahoo.co.jp/searchivist/

・アーカイブズを知るためのブックリスト(文書管理編)

http://www.amazon.co.jp/gp/registry/QQGZ3QN1PGYX/

・アーカイブズを知るためのブックリスト(入門編)

http://www.amazon.co.jp/gp/registry/267KYUIDILK4X/

・アーカイブズを知るためのブックリスト(中級編)

http://www.amazon.co.jp/gp/registry/2PZYGVYOGAPV9/

・「アーカイブズを知るためのリンク集・ブックリストリニューアル」(Daily Searchivist、2008-07-17)

http://d.hatena.ne.jp/searchivist/20080717#p2

・Daily Searchivist

http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

ブックリストは、

・「坂口貴弘さん、アーカイブズを知るためのブックリストを公開(2006-12-17)」(新着・新発見リソース、2007-01-05)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070105/1167953136

で紹介しているように、Amazonのほしい物リスト(旧ウィッシュリスト)を使用している。リンク集には、はてなブックマークやYahoo!ブックマークのようないわゆるソーシャルブックマーク(SBM)を利用している。

・「坂口貴弘さん、Daily Searchivistのメールマガジンを創刊(2008-04-06)」(新着・新発見リソース、2008-04-29)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080429/1209477007