ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-12-07 (Tue)

[][][]2010-12-02(Thu): 新こうべICT推進計画検討懇話会

9月に拝命した新こうべICT推進計画検討懇話会の第2回会合で神戸へ。

・「第1回新こうべICT推進計画検討懇話会に出席」(編集日誌、2010-09-13)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100920/1284987219

議事録が公開されるまで詳細は伏せるが、これまでの2回、形式的ではない突っ込んだ議論がなされている。次回は1月中旬に開催の予定。

2010-11-01 (Mon)

[][][][]2010-10-26(Tue): 横浜市の地域情報化を考えるシンポジウムで講演

今週はイベントウィーク。電子書籍からGov2.0、ウェブプロデュース図書館までと多種多様だ。さて、イベント週間の2日目は、

・「10/26(火)、横浜で地域情報化をテーマにしたシンポジウムに登壇、参加者募集中」(編集日誌、2010-10-18

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101019/1287481578

で記した通り、

2010-10-26(Tue):

横浜ストリームシンポジウム「豊かなつながりを育むために−みんなで考える横浜の地域情報化」

(於・神奈川県/Applouse)

http://yokohamastream.jp/news591.html

での講演。限られた時間ではあったが、「横浜から考えるオープンガバメントガバメント2.0の横浜モデルを探る」と題して話題提供させてもらった。

・「横浜から考えるオープンガバメントガバメント2.0の横浜モデルを探る」

http://www.slideshare.net/arg_editor/yokohama-stream20101026

なお、毎日新聞の地域面で紹介していただいている。

・「シンポジウム横浜市情報化、基本方針で議論 パブコメあすまで/神奈川」(毎日新聞、2010-10-28)

http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20101028ddlk14010244000c.html

2010-10-19 (Tue)

[][][]2010-10-18(Mon): 10/26(火)、横浜で地域情報化をテーマにしたシンポジウムに登壇、参加者募集中

1週間前ほどの告知で申し訳ないが、

2010-10-26(Tue):

横浜ストリーム シンポジウム「豊かなつながりを育むために−みんなで考える横浜の地域情報化」

(於・神奈川県/Applause)

http://yokohamastream.jp/news591.html

が開催される。自分も「横浜から考えるオープンガバメントガバメント2.0の横浜モデルを探る」と題して話題提供をする予定。

なお、このシンポジウムは、現在横浜市が進めている

横浜市情報化の基本方針(素案)

http://www.city.yokohama.jp/me/somu/it/ecity/kihonhoushin/textonly.html

に関するパブリックコメントの提出を促進する狙いを持っており、参加者と一緒に地域の情報化について意見公開する「公開プレスト」を実施する。また、シンポジウムの参加者の意見だけでなく、TwitterUstream等のソーシャルメディアを活用して幅広く意見を集める予定だ。集めた意見はパブリックコメントとして横浜市へ提出し、 2010年12月に策定される基本方針に反映されることを目指している。

・「横浜ストリーム・ラボ vol.4で講演「Gov 2.0とは何か−横浜から考えるオープンガバメント」(編集日誌、2010-08-25

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100830/1283169632

2010-09-20 (Mon)

[][][]2010-09-14(Tue): 電子情報技術産業協会で「学問2.0とGov 2.0−より広いインターネット利用の可能性を考える」と題して講演

電子情報技術産業協会知識情報処理技術専門委員会にお招きいただき、「学問2.0とGov 2.0−より広いインターネット利用の可能性を考える」と題して講演させていただいた。

・「学問2.0とGov 2.0−より広いインターネット利用の可能性を考える」

http://www.slideshare.net/arg_editor/jeita20100914

結局、まだレポートを書けていないが、先週参加した

2010-09-07(Tue)〜2010-09-08(Wed):

Gov 2.0 Summit

(於・アメリカ/ワシントン)

http://www.gov2summit.com/gov2010

の報告も織り交ぜ、主にオープンガバメントの潮流と日本での可能性について討論でき、自分自身が勉強になった。機会をくださった橋田浩一さん(産業技術総合研究所)に感謝。

・電子情報技術産業協会知識情報処理技術専門委員会

http://home.jeita.or.jp/is/committee/tech-std/knowledge/

・電子情報技術産業協会

http://www.jeita.or.jp/


[][][]2010-09-13(Mon): 第1回新こうべICT推進計画検討懇話会に出席

とあるご縁でお声掛けいただき、神戸市のICT推進計画を検討する新こうべICT推進計画検討懇話会の委員を拝命し、本日はその第1回の会議。日帰りで神戸に行き、以下のメンバーで会がスタートした。

・石田昭二(神戸商工会議所)

http://www.kobe-cci.or.jp/

・竹中ナミ(プロップ・ステーション)

http://www.prop.or.jp/

・田中まこ(神戸フィルムオフィス)

http://www.kobefilm.jp/

・田中良隆(兵庫県中小企業家同友会)

http://www.hyogo.doyu.jp/

・谷口尚生(神戸コミュニティ・エクスチェンジ)

http://www.kocoe.com/

・永吉一郎(神戸デジタル・ラボ)

http://www.kdl.co.jp/

・橋本英治(神戸芸術工科大学)

http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200901065507443667

・日向達(NTTドコモ)

http://www.nttdocomo.co.jp/

・福井誠(流通科学大学)

http://www.umds.ac.jp/

・槇村博之(神戸市医師会)

http://www.kobe-med.or.jp/

・槙本久仁子(第10期市政アドバイザー)

http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/hearing/adviser/10/

・力宗幸男(兵庫県立大学)

http://www.ai.u-hyogo.ac.jp/~rikiso/

・山田昭(地域ICT推進協議会)

http://www.copli.jp/

自分自身はGov 2.0を紹介し、神戸市の施策としての実現を主張してみた。今後数回会議が開催される見込みだが、良い機会をいただいたのでGov 2.0に取り組む自治体としての神戸市の実現を目指したい。

・神戸市

http://www.city.kobe.lg.jp/

2010-09-13 (Mon)

[][]2010-09-08(Wed): Gov 2.0 Summit Day2−「永久革命としての民主主義」を思う

f:id:arg:20100910181800j:image:w300

2010-09-07(Tue)〜2010-09-08(Wed):

Gov 2.0 Summit

(於・アメリカ/ワシントン)

http://www.gov2summit.com/gov2010

の2日目にして最終日。

f:id:arg:20100908231030j:image:w200 f:id:arg:20100909050813j:image:w200

今日は、

  • Empowering Citizens
  • Engagement

がメイントピックだった。

これまた力尽きて、まだレポートを書けていないのだが、終了後の感動の中でTwitterに記した思いを引いておこう。

@_nat @shingoym 政治学の古典にトクヴィルの『アメリカの民主制』という本があるのですが(ご存知と思いますが念のため)、2日間でつくづく、この本を思い出しました。アメリカはやはり民主主義の最善の実験場なのかなあ。 #g2s

http://twitter.com/arg/status/23955284075

トクヴィルの思想は福澤諭吉が日本に紹介し、丸山眞男らに受け継がれ、 「永久革命としての民主主義」という思想に結実していったことを思うと、アメリカを特別とは思いたくはないが、それでも数々の差を実感する。 #g2s

http://twitter.com/arg/status/23955433009

今回のサミットを通じて言えば、まず真顔で民主主義とは何か、Governmentとは何かが熱く語られるし、同時に付随して民主主義教育、政治教育の大切さが、(おそらく多くの日本人からしたら)臆面もなく語られる。この彼我の差は大きい。 #g2s

http://twitter.com/arg/status/23955532782

Government as a Platformの"Platform"は、まさに独立戦争によって独立を勝ち得た諸州が独立を保つための仕組みとして、連邦政府という"Platform"を創り上げたという意識の上にあるのだろうなあ。 #g2s

http://twitter.com/arg/status/23955879876

なお、上でふれているトクヴィルの『アメリカの民主制』は、最近、岩波文庫から新訳が出ている。

・『アメリカのデモクラシー』第1巻(上)(岩波書店、2005年、945円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003400925/arg-22/

・『アメリカのデモクラシー』第1巻(下)(岩波書店、2005年、987円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003400933/arg-22/

・『アメリカのデモクラシー』第2巻(上)(岩波書店、2008年、783円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003400941/arg-22/

・『アメリカのデモクラシー』第2巻(下)(岩波書店、2008年、798円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/400340095X/arg-22/

アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫) アメリカのデモクラシー〈第1巻(下)〉 (岩波文庫) アメリカのデモクラシー〈第2巻(上)〉 (岩波文庫) アメリカのデモクラシー〈第2巻(下)〉 (岩波文庫)

なお、今回のGov 2.0 Summitについては、帰国後の9月14日(火)に、

・電子情報技術産業協会 知識情報処理技術専門委員会

http://home.jeita.or.jp/is/committee/tech-std/knowledge/

で少し話す予定だ。

f:id:arg:20100908052215j:image:w300


[][]2010-09-07(Tue): Gov 2.0 Summit Day1−オープンガバメントは革命だ

f:id:arg:20100908045547j:image:w300

いよいよ、

2010-09-07(Tue)〜2010-09-08(Wed):

Gov 2.0 Summit

(於・アメリカ/ワシントン)

http://www.gov2summit.com/gov2010

の初日。

f:id:arg:20100907221149j:image:w200 f:id:arg:20100908040524j:image:w200

f:id:arg:20100908045627j:image:w200 f:id:arg:20100908052711j:image:w200

オープンガバメント(Open Government)というムーブメントは、革命(Revolution)である」というティム・オライリー(Tim O'Reilly)さんの熱いメッセージで開幕した後は、10分、15分程度のショートプレゼンテーションやオライリーさんをホストにした対談、鼎談が夕方までひっきりなしに続いた。

・Tim O'Reilly

http://tim.oreilly.com/

パラレルセッションンだった5月のGov 2.0 Expoと異なり、今回はほぼすべてがシングルセッション。そのため講演者一人ひとりのプレゼンテーション時間が短く、話す方々も勢い早口になるので、ついていくのが正直難しい。しかし、前回のGov 2.0 Expoとこれまた異なり、今回はTwitterでハッシュタグ「#g2s」をつけてつぶやく方が多く、かつスピードも速い。おかげで目では壇上とスライドを追いつつ、Twitterのタイムラインを見やりつつ、なんとか必死にメモをとれたような気がする……。

Twitter / Search - #g2s

http://twitter.com/#search?q=%23g2s

ちなみに本日の構成は、

  • The Power of Platforms
  • Fueling the Innovation Economy
  • Improving Government Effectiveness

というもの。

レセプションも含めて終了後、ホテルに戻ってきちんとしたレポートを書くつもりだったのだが、さすがにダウン。

・Gov 2.0 Summit 2010 - a set on Flickr

http://www.flickr.com/photos/oreillyconf/sets/72157624776685629

・Gov 2.0 Summit 2010 Speaker Slides & Videos

http://www.gov2summit.com/gov2010/public/schedule/proceedings