ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-08-06 (Wed)

[][]LexisNexis Japan、BIZLAW.jpを公開(2008-07-01)

screenshot

LexisNexis JapanがBIZLAW.jpを公開した(2008-07-01)。

・BIZLAW.jp

http://bizlaw.jp/

LexisNexis Japan

http://www.lexisnexis.jp/

BIZLAW.jp2006年5月1日に公開された弁護士法律事務所の検索サービスである「martindale.jp」をリニューアルしたもの。「企業法務向け新リーガルポータルサイト」を謳っているように、企業法務関連のニュース判例情報書籍情報法令用語辞書契約英語の用法に関するQ&Aなど、多彩なコンテンツを擁している。また前身である「martindale.jp」で提供されていた弁護士法律事務所の検索サービスも引き続き提供されている。

おそらくは専門的なニーズにも耐えうるサイトだろうが、トップページデザインにはもう少し配慮がほしい。ページの右上部には9枚の小さなバナー広告が張られている。そして、このバナー群のすぐ真下に契約英語の用法に関するQ&Aや法令用語辞書リンクしている画像がある。つまり辺り一面が画像だらけになっているのだが、これはわかりにくい。どこからどこまでが広告でどこからどこまでがコンテンツであるか、明確に区別できるようにすべきだろう。

・「レクシスネクシスジャパン弁護士法律事務所検索サービス「martindale.jp」を公開」(新着・新発見リソース2006-05-01

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060501/1146493952