ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-01-27 (Sun)

[][][]メディア教育開発センター(NIME)、オンライン学習大学ネットワーク(UPO-NET)のサイトを公開

screenshot

メディア教育開発センター(NIME)がオンライン学習大学ネットワーク(Association of Universities for the Promotion of Online Learning:UPO-NET)のサイトを公開した(2008-01-23)。

オンライン学習大学ネットワーク(UPO-NET)

http://upo-net.nime.ac.jp/moodle/

・「UPO-NETのホームページ開設」(メディア教育開発センター(NIME)、2008-01-25)

http://www.nime.ac.jp/news/index.php?i=100334

・「サイトを開設しました」(UPO-NET、2008-01-22

http://upo-net.nime.ac.jp/moodle/mod/forum/discuss.php?d=1

メディア教育開発センター(NIME)

http://www.nime.ac.jp/

オンライン学習大学ネットワーク(UPO-NET)は、2007年11月1日に設立された組織で、

  1. 大学間のコンテンツの流通、利用の促進
  2. コンテンツの設計、開発の促進
  3. 汎用コンテンツの量的な拡大と活用の促進
  4. Moodleを活用したコンテンツ配信システムの構築

に取り組むとしている。なお、サイト上では、「100を超える大学(学部)が参加して、2007年11月に設立しました」とあるが、メディア教育開発センター(NIME)による過去の発表をみる限り、あくまで100を超える大学の教職員が参加したというのが実態だろう。100超の大学組織として正式に参加したと発表されているわけではないはずだ。

・「コンテンツ共有の大学連合設立」(メディア教育開発センター(NIME)、2007-11-01

http://www.nime.ac.jp/news/index.php?i=100328

・「教材ネットワーク:107大学で共有、新団体設立」(毎日新聞2007-11-01

http://mainichi.jp/life/edu/news/20071101mog00m100068000c.html

・「“中学レベル”の大学生急増 「ゆとり教育影響」 オンライン学習大学ネット設立」(千葉日報、2007-11-12)

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1194833652

・「オンライン学習大学ネットワーク」(Okumura's Blog2007-11-01

http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/blog/node/1808

なお、UPO-NETはオープンソースeラーニングプラットフォームであるMoodleを活用したコンテンツ配信システムの構築を掲げているだけに、サイトMoodleで構築されている。

Moodle

http://moodle.org/

・「書籍Moodle入門」サポートサイト、公開」(新着・新発見リソース2006-10-08

http://d.hatena.ne.jp/arg/20061008/1160246595

Moodleを使ったコンテンツはすでに数多く公開されている。たとえば、

三重大学Moodle

http://portal.mie-u.ac.jp/moodle07/

Moodle@沖縄大学

http://moodle.okinawa-u.ac.jp/

東京家政大学Moodle

http://andromeda.tokyo-kasei.ac.jp/moodle/

がある。今回公開されたオンライン学習大学ネットワーク(UPO-NET)のサイトにはまだほとんどコンテンツがないが、コンテンツの設計、開発、流通、利用の促進に加えて、Moodleの普及を図るのであれば、まず手始めにこれらのMoodle採用サイトリンク集をつくってはどうだろうか。Moodleの普及を物語る資料となり、Moodleの有用性を訴える効果を持つことだろう。