ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2008-09-28 (Sun)

[][]LisBlogger - 図書館ブログポータルWiki、公開(2008-09-27)

screenshot

ブログ図書館情報学を学ぶ」を運営する常川真央さんが、LisBlogger - 図書館ブログポータルWikiを公開した(2008-09-27)。

・LisBlogger - 図書館ブログポータルWiki

http://www20.atwiki.jp/lis-blogger/

図書館情報学を学ぶ

http://d.hatena.ne.jp/kunimiya/

LisBlogger(仮称)は、「図書館または図書館情報学に関する議論を円滑に進めるよう支援することを目的とし」ており、現時点では一部のメンバーに限って編集権限を与えているようだ。関心のある図書館ブロガーに向けて、参加を呼びかけている。

なお、常川さんは次世代図書館情報システムの開発を行っている

・Project Shizuku

http://www.shizuku.ac/

メンバーの一人でもある。

2008-08-31 (Sun)

[][][][]岡野裕行さん、Literary Museum Studies - wiki sideを公開(2008-08-22)

screenshot

岡野裕行さんがLiterary Museum Studies - wiki sideを公開した(2008-08-22)。

・Literary Museum Studies - wiki side

http://www39.atwiki.jp/literarymuseum/

・「「Literary Museum Studies - wiki side」開設しました」(Literary Museum Studies、2008-08-26)

http://d.hatena.ne.jp/literarymuseum/20080826/p2

岡野さんは先日紹介したように、ブログ「Literary Museum Studies」を公開したばかりだが、

・「岡野裕行さん、ブログ「Literary Museum Studies」を公開(2008-07-12)」(新着・新発見リソース、2008-08-09)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080809/1218209396

今回公開したLiterary Museum Studies - wiki sideでは、

時系列ブログだと更新に伴ってログが過去に埋もれてしまい、必要な情報を体系的に表示することが難しいので、基本情報は別サイトでも管理することにします

との考えに基づき、ブログでも紹介している文学館一覧や参考文献一覧を掲載している。

かねてより、ブログは情報のフローには向いているが、情報のストックには必ずしも適切な手段ではないところがある。今回岡野さんが始めたブログWikiの併用は、ブログWikiの双方の持ち味をうまく生かしている。

なお、岡野さんが使用しているのは、

@wiki

http://atwiki.jp/

というWikiレンタルサービス。登録すれば無料で利用できるので、同様の課題を抱えている方々も参考にしてみるとよいだろう。

2008-07-19 (Sat)

[][][]国際日本文化研究センター、連歌連想語彙データベースを公開(2008-05-26)

screenshot

screenshot

国際日本文化研究センターが連歌連想語彙データベースを公開した(2008-05-08)。

・連歌連想語彙データベース

http://www.nichibun.ac.jp/~shoji/cgi-bin/rensougoi/wiki.cgi

http://www.nichibun.ac.jp/graphicversion/dbase/renga-rensou.html

・国際日本文化研究センター

http://www.nichibun.ac.jp/

解説によれば、連歌連想語彙データベースは、すでに公開されている

・連歌データベース

http://www.nichibun.ac.jp/graphicversion/dbase/renga.html

http://tois.nichibun.ac.jp/database/html2/renga/menu.html

に収録された連歌から、「前句と付句にあらわれる語彙のパターンを連想語彙として抽出し、それらの順引きと逆引きを可能にした」ものという。

連歌の発想―連想語彙用例辞典と、そのネットワークの解析 (日文研叢書 (38))

この連想語彙はすでに

・山田奨治・岩井茂樹編『連歌の発想−連想語彙用例辞典と、そのネットワーク解析』(国際日本文化研究センター、2006年)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4901558323/arg-22/

に「連想語彙用例辞典」として収められており、今回データベースとして公開したようだ。

2007-11-19 (Mon)

[][][][]電子情報技術産業協会が運営する言語情報処理ポータルで言語処理ポータルwikiを公開(2007-10-29)

screenshot

電子情報技術産業協会知識情報処理技術委員会が運営する言語情報処理ポータルで言語処理ポータルwikiを公開した(2007-10-29)。言語処理に関する国際会議の開催情報を集約しようとしているようだ。

・言語処理ポータルwiki

http://nlp.kuee.kyoto-u.ac.jp/NLP_Portal/pukiwiki/

・言語情報処理ポータル

http://nlp.kuee.kyoto-u.ac.jp/NLP_Portal/

2007-09-09 (Sun)

[][][][]医学系図書館員による「リテリス:図書館員によるウェブ医学医療情報リソース選集」、リニューアル(2007-08-20)

screenshot

医学系図書館員による「リテリス:図書館員によるウェブ医学医療情報リソース選集」(LITERIS:Health Science Information Sites by Japanese Librarians)がリニューアルした(2007-08-20)。LITERISは2001年7月1日に公開されて以来、医学医療系図書館員に情報源として重宝されてきたが、長らくデザインや機能に変化がなかった。しかし、今回のリニューアルでは、

  1. 図書館員によるウェブ情報のナビゲートへの支援
  2. 図書館員間の情報交換する機能の強化

を掲げ、「Librarians' Desk」と題するコーナーが設けられている。Wikiを使ったこの仕組みでは、

  1. LITERIS TALK
  2. コメント
  3. みんなのカレンダー

という3つの参加型機能が設けられており、図書館員による書き込みも徐々に始まっている。この種の情報交換サイトを軌道に乗せるのは意外に困難なものだが、

・「日本病院ライブラリー協会第32回総会および2007年度第1回研修会1日目」(編集日誌、2007-05-11)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070511/1178883071

・「日本病院ライブラリー協会2007年度第1回研修会で講演」(編集日誌、2007-05-12)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070512/1178958638

・「日本病院ライブラリー協会の後日譚」(編集日誌、2007-05-13)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070516/1179268812

で記したように医学医療系の図書館員は一体感が非常に強い。新生LITERISでもその力が発揮されるように願いたい。なお、LITERISは以下の有志メンバーで運営されている。

  • 岩下 愛(国立国際医療センター図書館
  • 松本 直子(聖路加看護大学図書館
  • 及川はるみ(聖路加国際病院医学図書館
  • 奥出 麻里(川鉄千葉病院図書室)
  • 上田奈緒美(東京都立多摩図書館
  • 和気たか子(藤沢市民病院図書室)

・LITERIS

http://literis.umin.jp/

・LITERISの過去のサイト

http://literis.umin.jp/archive/

http://web.archive.org/web/*/http://www.hosplib.org/literis/