ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2007-05-22 (Tue)

2006-12-05 (Tue)

2006-04-30 (Sun)

[][][]大武美保子さん、Mihoko Otake Official Websiteを公開(2006-04-09)

大武美保子さんがMihoko Otake Official Websiteを公開した(2006-04-09)。サイトの構築には、CMS(コンテンツマネジメントシステム)として定評のあるXOOPS(ズープス)が用いられている。「公式ウェブサイト、オープン」という記事に、「研究活動、教育活動、社会活動の三つに整理し、出典をたどれるよう工夫」したとあるように、大武さんの多様な活動の軌跡をたどれるようになっている。

さて、研究者の個人サイトでのXOOPS活用事例はまだ数少ない。幾つかリストアップしてみたが、引き続き調べていこう。自薦他薦を問わず、情報提供を歓迎する。

・Mihoko Otake Official Website(大武美保子さん)

http://www.neuroscint.org/otake/

・「公式ウェブサイト、オープン」

http://www.neuroscint.org/otake/modules/news/article.php?storyid=1

・Official XOOPS Website

http://www.xoops.org/

XOOPS Cube

http://jp.xoops.org/

・清水準一さん

http://www.j-shimizu.net/

・矢作敏行さん

http://www.im.i.hosei.ac.jp/xoops/yahagi/

・新宮清志さん

http://www.shingu-lab.jp/

・伊藤剛和さん

http://www.takekazu.jp/xoops/

・藤原伸彦さん

http://rcse4.naruto-u.ac.jp/works/

2005-12-25 (Sun)

[][][]日本独文学会サイトリニューアル、試行版を公開

日本独文学会サイトリニューアルし、試行版を公開した(2005-11-19)。同学会サイト運用の歴史はすでに10年に及び、学会サイトとしては老舗の一つである。今回の改訂ではコミュニティ型のサイトを構築するのに適したコンテントマネジメントシステムXOOPS」を導入している。学術分野ではXOOPS導入による著しい成功事例を聞かないだけに、試行版がどのように受け入れられていくのか興味深い。

・「日本独文学会ホームページリニューアル(試行版)について」

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jgg/kouhou/neue_seite051119-j.html

日本独文学会(試行版)

http://jgg-test.mond.jp/

日本独文学会(現行版)

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jgg/

2005-06-09 (Thu)

[][][]国立国会図書館、NDLデジタルアーカイブポータルを公開

国立国会図書館が、NDLデジタルアーカイブポータルを公開した(公開日不明)。サイト内の記述によれば、すでに国立国会図書館内で先行して公開されていたようだが(2005-05-17)、外部向けに公開された日時はわからない。さて、サイトそのものは、「国のデジタル情報全体へのナビゲーションとしての総合的なポータルサイトの構築を目指したシステムのプロトタイプ」とのことで、XOOPSで構築されている。なお、あくまで試験公開という位置づけのようだ。現在は同館の近代デジタルライブラリーデータベース・ナビゲーション・サービスと所蔵する貴重書のサンプル、青空文庫や中央官庁が所管するデジタルアーカイブサイトリストをまとめて検索できるようだ。

・NDLデジタルアーカイブポータル

http://www.dap.ndl.go.jp/

・国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/