ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2010-11-08 (Mon)

[][]2010-11-07(Sun): ヨコハマブックブククラブ Presents ラボ図書環第1回ワークショップツアー2日目

2010-11-06(Sat)〜2010-11-07(Sun):

図書館総合展プレ企画第二弾−ヨコハマブックブククラブ Presents ラボ図書環第1回ワークショップツアー

(於・神奈川県/nitehi works、山城屋旅館、横浜市中区界隈)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101027/1288178664

の2日目。

Togetter - 「ヨコハマブックブククラブ Presents ラボ図書環第1回ワークショップツアー2日目」

http://togetter.com/li/66801

USTREAM - ラボ図書環

http://www.ustream.tv/recorded/10695099

前日のワークショップの結果を踏まえ、今日は1日、横浜市内を歩き回った。目的は前日に作成したテーマ性を持った資料セットを置いてもらいたい/置いてもらえるスペースを探すこと。10時から16時過ぎまで歩き回り、想定以上の好反応をいただけた。ただし、この件、相手方もあることなので、詳細はサービススタート時に伝えていきたい。


[][]2010-11-06(Sat): ヨコハマブックブククラブ Presents ラボ図書環第1回ワークショップツアー1日目

・「「『ヨコハマ ブックブク クラブ』−横浜ブッククラウド構想を語る夕べ」を開催」(編集日誌、2010-10-03

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101005/1286211801

・「ヨコハマ ブックブク クラブ横浜ブッククラウドの2回目の会議を開催」(編集日誌、2010-10-17

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101018/1287380602

と準備を重ねてきたが、今日から2日間合宿形式で、

2010-11-06(Sat)〜2010-11-07(Sun):

図書館総合展プレ企画第二弾−ヨコハマブックブククラブ Presents ラボ図書環第1回ワークショップツアー

(於・神奈川県/nitehi works、山城屋旅館、横浜市中区界隈)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101027/1288178664

を開催。

Togetter - 「ヨコハマブックブククラブ Presents ラボ図書環第1回ワークショップツアー1日目」

http://togetter.com/li/66621

USTREAM - ラボ図書環

http://www.ustream.tv/recorded/10667884

http://www.ustream.tv/recorded/10668001

http://www.ustream.tv/recorded/10669761

http://www.ustream.tv/recorded/10671099

http://www.ustream.tv/recorded/10676222

f:id:arg:20101106152959j:image:w200 f:id:arg:20101107220404j:image:w200

f:id:arg:20101107220440j:image:w200 f:id:arg:20101107220442j:image:w200

段ボール10箱分の資料を一度床に並べ、参加者で何らかのテーマ性を持ったセットへと組み換え、さらに互いにレビューしあいながら、最終的に18箱に梱包しなおすというワークショップライブラリアン参加者がいなかったのは残念だが、いい汗をかきながら、楽しいひとときを過ごすことができた。

2010-10-18 (Mon)

[][]2010-10-17(Sun): ヨコハマ ブックブク クラブ横浜ブッククラウドの2回目の会議を開催

・「「『ヨコハマ ブックブク クラブ』−横浜ブッククラウド構想を語る夕べ」を開催」(編集日誌、2010-10-03

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101005/1286211801

の続き。10月3日(日)のイベントを受け、10月10日(日)までに関係者が自分の構想のたたき台的な提案を出し、今日はその検討。

詳細は、来週にでも発表できる見込みだが、まず、11月6日(土)と11月7日(日)にワークショップ的なイベントを開催することになった。

まず、11月6日(土)は、ヨコハマ ブックブク クラブ実質的オーナーであるNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボが入居する横浜黄金町の似て非ワークスで、私の蔵書の寄贈分を中心とした約500点の資料類を段ボールから出し、何らかのテーマごとに一つの資料群に再構成する参加型の催しを行う。当日、希望者は近隣の旅館に宿泊し、夜はその日の振り返りトークを行う予定だ。

11月7日(日)は10時から16時くらいまで、横浜市内中心部を歩き回り、前日に再構成した資料群を一つの「ライブラリ」とみなして、それらを置きたい場所を探しまわるツアーを行う。

1日目はスペースの関係もあり、参加者限定になるだろうが、2日目は20名程度の参加者を募集するつもりだ。イベントの多い時期ではあるが、ご関心をお持ちの方はいまから予定を空けておいてほしい。

2010-10-05 (Tue)

[][]2010-10-03(Sun): 「『ヨコハマ ブックブク クラブ』−横浜ブッククラウド構想を語る夕べ」を開催

f:id:arg:20101004192838j:image:w200 f:id:arg:20101003153843j:image:w200

名古屋を昼過ぎに出て、横浜に戻り、

2010-10-03(Sun):

「『ヨコハマブックブク クラブ』−横浜ブッククラウド構想を語る夕べ」

(於・神奈川県/The Bar Tenmar)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100927/1285595394

を開催。詳細は、

Twitter

http://togetter.com/li/56080

USTREAM

http://www.ustream.tv/recorded/9971142

http://www.ustream.tv/recorded/9971806

で追体験を!

f:id:arg:20101003163917j:image:w200 f:id:arg:20101004192840j:image:w200

f:id:arg:20101004192842j:image:w200 f:id:arg:20101003155329j:image:w200

合計40名ほどの視聴者がいたようで、企画としてはまずまずの成功と言えるだろうか。ご関心のある方は、まずは、

・「10月3日(日)午後開催、『ヨコハマ ブックブク クラブ』−横浜ブッククラウド構想を語る夕べ視聴参加のお誘い」(編集日誌、2010-09-27)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100927/1285595394

に載せた「プライベートでパブリックな図書館へようこそ」という一文を読んでいただけると嬉しい。要するに、私が理事として関わっているNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボの中に図書館をつくるという話を起点に、横浜という町の至るところに本のような情報や知識の集積体を点在させるという構想のブレインストーミングをした次第。

出演者は、以下の通り(敬称略)。

・原聡子(図書館“かわいい”はつくれるプロジェクト

http://libkawaii.jugem.jp/

・岩崎史絵(ブックコンシェルジュ・アソシエーション)

http://b-c-a.jp/

・柳明生(ブックコンシェルジュ・アソシエーション)

http://b-c-a.jp/

・杉浦裕樹(横浜コミュニティデザイン・ラボ)

http://twitter.com/HirokiSugiura

・宮島真希子(横浜コミュニティデザイン・ラボ)

http://twitter.com/hopetrue

・齊藤真菜(横浜コミュニティデザイン・ラボ)

http://twitter.com/nyaanenet

・岡本真(アカデミックリソースガイド

http://d.hatena.ne.jp/arg/

今回、USTREAMの番組という形で企画したのは、この取り組みにライブラリアンのような専門家、あるいは他の何かの分野の専門家が積極的に参加してくれることを期待しているからだ。自分は何の専門家でもない、と思う必要はない。誰もが何かの専門家だと私は思っている。番組の最後にも述べたのだが、1ヶ月後の11月6日(土)か、11月7日(日)のいずれかの日に、今度は実際に手を動かすイベントの開催を予定している。参加募集もするので、関心をお持ちの方は予定を空けておいてほしい。

また、この企画そのものにご関心をお持ちの方は、

・呼びかけ「『ラボ図書館』裏側へのお誘い」(齊藤真菜)

http://archive.mag2.com/0000005669/20100830214037000.html

もぜひお読みください。

2010-04-20 (Tue)

[][][]2010-04-18(Sun): 横浜コミュニティデザイン・ラボ総会と、くるくる関内ポットラックPartyと

・「ネタはないので、新年度からの異動状況を」(編集日誌、2010-04-01)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100405/1270458374

で記したように、

横浜コミュニティデザイン・ラボ

http://yokohamalab.jp/

の理事になったので、昼から新年度の計画を承認する総会へ。横浜というフィールドでなにかをやる上でのビークルを得たという意味で、今回、理事にしてもらったことは嬉しい。

さて、その後、

・「4/18(日)、くるくる関内ポットラックPartyを開催します」(編集日誌、2010-04-05)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100412/1271033009

で紹介したくるくる関内ポットラックPartyへ。会場は昨秋開店したばかりの手づくり酒膳 錬。

・手づくり酒膳 錬(横浜市中区太田町1-17-2 川島ビル1F)

http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14031968/

結局、横浜コミュニティデザイン・ラボの総会の懇親会も兼ねる形になったので、総勢40名以上の大盛況となった。横浜・関内地域の飲食店スタッフも結局5店舗以上から参加があり、最初の試みとしては成功といってよいだろう。次につなげていきたい。