ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-12-27 (Mon)

[][]2010-12-21(Tue): 北仲スクール映像ACTプロジェクト忘年会

日中はあれこれと雑務に追われ、夜は、北仲スクールアーカイブと映像コンテンツプラットフォーム連携プロジェクト(映像ACTプロジェクト)の忘年会へ。

アーカイブと映像コンテンツプラットフォーム連携プロジェクト

http://kitanaka-school.net/event/2010/04/post-43.html

・北仲スクール

http://kitanaka-school.net/

このワークショップに関わってきた1年間で、実に様々なツナガリが生まれている。ワークショップを主宰する水島久光さん(東海大学)をはじめ、北仲スクールの方々に感謝来年も様々なコラボレーションを手掛けていきたい。


2010-12-23 (Thu)

[][]2010-12-18(Sat): 第3回知識共有コミュニティワークショップを開催し、第3回楽天研究開発シンポジウムとのネット中継による共催パネルディスカッションに登壇

3回目となる知識共有コミュニティワークショップを開催。3回目にして東京を離れ、初の関西での開催だ。

2010-12-18(Sat):

第3回知識共有コミュニティワークショップインターネット上の知識検索サービス研究

(於・京都府龍谷大学 深草キャンパス

http://www.infosocio.org/cfp_workshop_a2010.html

各種の研究発表のほか、長尾真さん(国立国会図書館)に「大規模デジタル情報の知識構造化と検索」と題して基調講演いただき、最後は、

2010-12-18(Sat):

第3回 楽天研究開発シンポジウム

(於・東京都品川シーサイド楽天タワー)

http://rit.rakuten.co.jp/conf/rrds3/

と共同で、「Open Dataが切り開く新時代の研究・開発−新たな産学連携の形を求めて」と題したパネル討論に参加。

USTREAM

http://www.ustream.tv/recorded/11499779

うまくいくか大いに不安だった、東西をネット中継で結んでの催しだったが、想像以上の出来だったように思う。関係者の方々に感謝するばかりだ。


[][]2010-12-14(Tue): 来年に向けて、図書館総合展関連の打ち合わせ

つい先日、

2010-11-24(Wed)〜2010-11-26(Fri):

第12回図書館総合展/学術情報オープンサミット2010

(於・神奈川県パシフィコ横浜

http://www.j-c-c.co.jp/library/

が終わったばかりという印象があるが、もう来年の第13回に向けて動き出している。

今日は運営委員の方々数名と打ち合わせ。

なお、メールマガジンに掲載したが、「第12回図書館総合展における弊社協力企画の御礼と、第13回図書館総合展での弊社業務の案内」を再掲しておきたい。ご参考に。

「第12回図書館総合展における弊社協力企画の御礼と、第13回図書館総合展での弊社業務の案内」

岡本真(アカデミックリソースガイド株式会社

去る11月24日(水)から26日(金)にかけてパシフィコ横浜で開催された第12回図書館総合展においては、弊社が企画協力したフォーラムや弊社ブースにお運びいただき、誠にありがとうございました。

特に今回は、

◆大規模デジタル化時代における『知』との接点

Wikipedia電子書籍Twitterの潮流をライブラリアンはどう受け止めるか

日時:2010年11月24日(水)

主催:株式会社ネットアドバンス

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101012/1286813852

L-1グランプリ2010−若手ライブラリアンのためのワークショップ登竜門

日時:2010年11月25日(木)

主催:図書館総合展運営委員会

共催:図書館振興財団

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://www.toshokanshinko.or.jp/senden/

図書館デザインする−情報デザインと主題プロデュースの手法

日時:2010年11月26日(金)

主催:キハラ株式会社

後援:日本図書館協会

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101012/1286813852

につき、深く企画・運営に携わりました。お越しくださった方々、またUSTREAMの中継をご覧くださった方々に感謝申し上げます。なお、「大規模デジタル化時代における『知』との接点」には、弊社インターンの平山陽菜が、「図書館デザインする−情報デザインと主題プロデュースの手法」には、有元よしのが大きな貢献をしたこともあわせて記しておきます。

今回の弊社協力フォーラムを振り返ってみると、

1)図書館業界に閉じないテーマ設定や登壇者コーディネートを行った。

2)若手の実務家や研究者学生・院生を各分野から集約した。

3)いままでにないワークショップ形式のフォーラムを実現した。

という特徴があるのではないかと思います。これらの特徴を強みとして今後に生かしていきたいと考えています。

さて、第13回図書館総合展は、11月9日(水)、11月10日(木)、11月11日(金)にかけて開催されます。

私自身、個人としては運営委員会の一員であり、第13回の成功に向けて全力を尽くしてまいりますが、同時にアカデミックリソースガイド株式会社としては、本年同様、フォーラムの開催やブースの出展につき、企画や運営の協力を請け負います。

以下に目安となる価格体系を記しますので、ご関心をお持ちの方は、まずは一度ご連絡ください(info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください)。


     【−第13回図書館総合展における弊社提供プラン−】

  1.フォーラム内容の相談対応( 0〜 5万円程度)アドバイス

  2.フォーラム内容の基本提案( 5〜10万円程度)コンサルティング

  3.フォーラム内容の詳細企画(10〜15万円程度)プランニング

  4.フォーラム全体の進行管理(15〜20万円程度)ディレクション

  5.フォーラム全体の制作管理(20〜25万円程度)プロデュース

  ※上記にフォーラム会場費をセットにした割引プランもございます。

  ※※上記価格はあくまで目安であり、内容により上下に変動します。


[][]2010-12-13(Mon): 第3回Code4Lib JAPAN Workshop、無事終了

前日に続き、

・「第3回Code4Lib JAPAN Workshopへ」(編集日誌、2010-12-12

http://www.arg.ne.jp/node/6843

2010-12-12(Sun)〜2010-12-13(Mon):

第3回Code4Lib JAPAN Workshop「APIは怖くない!−RSSからAPIまで便利な仕組みを使い倒そう」(サービス構築コース)

(於・福井県あわら温泉まつや千千)

http://www.code4lib.jp/2010/11/210/

を開催。過去最高の26名の参加者があり、まずは成功と言っていいだろう。この先、今回の内容が参加者の勤務先等のサービスに反映されていけばなにより。

・「第3回Code4Lib JAPAN Workshop 「APIは怖くない!−RSSからAPIまで便利な仕組みを使い倒そう」(12月12〜13日)(サービス構築コース) が無事開催されました」(ライブラリー×ウェブの力を飛躍させるCode4Lib JAPAN、2010-12-13)

http://d.hatena.ne.jp/josei002-10/20101213/1292251500

・「Code4Lib JAPAN 第3回ワークショップは無事に終わりました。」(読書ノートのつもり?なつれづれ日記、2010-12-21)

http://d.hatena.ne.jp/yoshim32/20101221


2010-12-15 (Wed)

[]2010-12-06(Mon): ハイパーネットワーク2011ワークショップ 共生プログラミング・キャンプへの招待

もう来年の話で恐縮だが、

2011-01-20(Thu)〜2010-01-22(Sat):

ハイパーネットワーク2011ワークショップ 共生プログラミング・キャンプ

(於・大分県/別府湾ロイヤルホテル

http://www.hyper.or.jp/staticpages/index.php/ws2011

にキャストとして参加することになった。以下、案内文。

ネットの進化普及は「共生」によるもの。共生とは、主体同士が相互に支えあって発展していくことと考えます。新サービスの創造にはユーザーとエンジニアとの共生が重要で、使う人と作る人、作る人と使う人の共生が、より良いネット社会を作る鍵になるとの考えで、共生プログラミングというテーマスタイルで、ワークショップを開催します。

このワークショップの目的は、参加者の職場、生活圏に現実に存在する社会的課題を対象に、ICTの活用を含む新たな手法に挑戦し、実社会の課題解決に貢献できる知見、スキルを得ることです。

今回のワークショップは、従来の「発表」や「討論」が中心ではなく、新しい仕組みとして、

課題を共有する人同士が集まり、エンジニアとユーザーが一緒のチームを作り、互いの専門性を交換、相互に貢献し、具体的な解決策を創造、実際に動くもの(プロトタイプ)を作る

という、今までとは全く違うものとなります。成否は参加するあなた次第です!

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

要するに2泊3日で温泉にも浸かりながら、エンジニアだけでなくユーザーも加わって、様々な課題の解決策を具体的に創り上げようという試み。プログラミングは一切できない私でもキャストを務めるので、どなたでも参加いただけると思う。交通費は別として、宿泊費や参加費もすべて込みで2泊3日3万円は破格の条件。ぜひ大勢の方々にお越しいただきたい。

2010-12-07 (Tue)

[][]2010-12-04(Sat): ジャーナリストエデュケーションフォーラム2010で講師

2010-12-04(Sat):

ジャーナリストエデュケーションフォーラム2010

(於・神奈川県東海大学 湘南キャンパス

http://blog.goo.ne.jp/321switchon/e/51641efbf9bb50e48448240ad0f02914

に参加。約30分間のセッションで「ウェブでどこまでできるのか−この瞬間のニュースを発掘し、展開するためのスキルとテクニック」というワークショップの講師をさせてもらった。

実際は30分しかないので、ワークショップというよりはワークショップのショーケースのようなものといったところだろうか。評判が良ければ、次につながる可能性があるやり方は、ほどよい緊張感があっていい。


[]2010-12-01(Wed): 学術情報流通に関わる機関・企業による晩秋懇話会−在米日本人ライブラリアンを迎えてを開催

1月の新春懇話会、5月の初夏懇話会に続き、

2010-12-01(Wed):

学術情報流通に関わる機関・企業による晩秋懇話会−在米日本人ライブラリア

ンを迎えて

(於・東京都国立情報学研究所

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101201/1291166735

を開催。今回は図書館総合展への参加のために来日・滞日しているグッド長橋広行さんをお迎えして、CiNiiの話題を皮切りにあれこれと懇談。

・NIHON KENKYU at PITT

http://nihonkenkyu.wordpress.com/

・「学術情報流通に関わる機関・企業による新春懇話会を開催」(編集日誌、2010-01-20)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100125/1264426894

・「学術情報流通に関わる機関・企業による初夏懇話会を開催」(編集日誌、2010-05-21)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100523/1274586660

手前味噌だが、こういったホスピタリティを持った交流の場は極めて重要と思う。来年開催される

2011-02-14(Mon)〜2010-02-21(Mon):

日本専門家ワークショップ「現代日本の文化・社会へのアクセス」2011

(於・東京都/国際文化会館、国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1189453_1485.html

http://www.i-house.or.jp/jp/library/activities.htm

でも全予定の終了後に開催したいものだ。

2010-12-02 (Thu)