ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-12-27 (Mon)

[]2010-12-22(Wed): 長尾館長出版記念会2010を開催

有志で長尾館長出版記念会2010を開催。国立国会図書館長の長尾真さんと今年一緒に出版に関わった方々を中心に集い、楽しく同時に刺激に満ちたひとときを過ごす。

しかし、長尾さんが今年関わった著作を以下のように並べてみると、精力的なお仕事ぶりにあらためて驚く。

・長尾真著『電子図書館』新装版(岩波書店2010年、1575円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000057030/arg-22/

・長尾真著『情報を読む力、学問する心』(ミネルヴァ書房2010年、2940円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4623058409/arg-22/

・岡本真、仲俣暁生編『ブックビジネス2.0−ウェブ時代の新しい本の生態系』(実業之日本社2010年、1995円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408108537/arg-22/

池澤夏樹編『本は、これから』(岩波新書2010年、861円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004312809/arg-22/

・長尾真、遠藤薫吉見俊哉編『書物と映像の未来グーグル化する世界の知の課題とは』(岩波書店2010年、1575円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000234803/arg-22/

自分も『電子図書館』新装版と『ブックビジネス2.0』でご一緒させていただいた。あらためて感謝

2010-12-23 (Thu)

[][]2010-12-18(Sat): 第3回知識共有コミュニティワークショップを開催し、第3回楽天研究開発シンポジウムとのネット中継による共催パネルディスカッションに登壇

3回目となる知識共有コミュニティワークショップを開催。3回目にして東京を離れ、初の関西での開催だ。

2010-12-18(Sat):

第3回知識共有コミュニティワークショップインターネット上の知識検索サービス研究

(於・京都府龍谷大学 深草キャンパス

http://www.infosocio.org/cfp_workshop_a2010.html

各種の研究発表のほか、長尾真さん(国立国会図書館)に「大規模デジタル情報の知識構造化と検索」と題して基調講演いただき、最後は、

2010-12-18(Sat):

第3回 楽天研究開発シンポジウム

(於・東京都品川シーサイド楽天タワー)

http://rit.rakuten.co.jp/conf/rrds3/

と共同で、「Open Dataが切り開く新時代の研究・開発−新たな産学連携の形を求めて」と題したパネル討論に参加。

USTREAM

http://www.ustream.tv/recorded/11499779

うまくいくか大いに不安だった、東西をネット中継で結んでの催しだったが、想像以上の出来だったように思う。関係者の方々に感謝するばかりだ。

2010-12-15 (Wed)

[]2010-12-07(Tue): シンポジウムアーカイブから紡ぎ出される知」と、三重県立図書館シンポジウム「明日の県立図書館」のこと

年末年始にかけてのイベントで、あるいは参加者の集まりに苦戦するかもしれないが、行く価値が高そうなイベントを2つ紹介したい。

2010-12-19(Sun):

シンポジウムアーカイブから紡ぎ出される知」

(於・東京都東京藝術大学 上野キャンパス

http://amc.geidai.ac.jp/?p=3059

こちらは以下の講演が予定されている(敬称略)。

1. 北郷悟(東京藝術大学)「3次元アーカイブの可能性」

2. 四方幸子(文化庁委託メディア芸術コンソーシアム)「アートとアーカイブをめぐって」

3. 武田英明(国立情報学研究所)「Linked Dataアプローチによる芸術情報統合の試み」4. 長尾真(国立国会図書館)「アーカイブすることの意味」

普段あまりなさそうな講演者の顔ぶれであり、各氏の講演を受けて1時間半をあてて行われるディスカッションの行方が気になるところだ。

次いで、年明け早々の催し。

2011-01-08(Sat):

三重県立図書館シンポジウム「明日の県立図書館図書館の新しい可能性と全県域へのサービスについて考える」

(於・三重県/三重県立図書館

http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/app/details/index.asp?cd=2010110101

先日の図書館総合展の際に、このシンポジウムを企画した三重県立図書館の方にお目にかかり、企画の趣旨をうかがう機会があった。

基調講演に、植島啓司さん(宗教人類学者)、石川直樹さん(写真家・冒険家)を迎え、植島さんをコーディネーターにしたパネルディスカッションには、石川さんに加えて、坂倉加代子さん(三重県立図書館協議会)、萩美香さん(女優)が加わるというこれまた異色な顔ぶれだ。

・NAOKI ISHIKAWA WEB SITE

http://www.straightree.com/

・元ミス日本 萩 美香オフィシャルブログ

http://www.diamondblog.jp/mika_hagi/

シンポジウムの副題の後半にある「全県域へのサービスについて考える」というテーマにも注目したい。三重県立図書館には昨年、三重県図書館協会研修会図書館職員専門講座で講師を務めた際に訪れているのだが、三重県は想像以上に南北に長い土地柄なのだが、こういった土地での県立図書館の役割は大いに考えさせられた。関西・東海の方々にとっては、行きやすい場所でもあり、ぜひご参加を。

・「三重県図書館協会研修会図書館職員専門講座で講師」(編集日誌、2009-09-18)

http://www.arg.ne.jp/node/5739

2010-12-07 (Tue)

[]2010-12-01(Wed): 学術情報流通に関わる機関・企業による晩秋懇話会−在米日本人ライブラリアンを迎えてを開催

1月の新春懇話会、5月の初夏懇話会に続き、

2010-12-01(Wed):

学術情報流通に関わる機関・企業による晩秋懇話会−在米日本人ライブラリア

ンを迎えて

(於・東京都国立情報学研究所

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101201/1291166735

を開催。今回は図書館総合展への参加のために来日・滞日しているグッド長橋広行さんをお迎えして、CiNiiの話題を皮切りにあれこれと懇談。

・NIHON KENKYU at PITT

http://nihonkenkyu.wordpress.com/

・「学術情報流通に関わる機関・企業による新春懇話会を開催」(編集日誌、2010-01-20)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100125/1264426894

・「学術情報流通に関わる機関・企業による初夏懇話会を開催」(編集日誌、2010-05-21)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100523/1274586660

手前味噌だが、こういったホスピタリティを持った交流の場は極めて重要と思う。来年開催される

2011-02-14(Mon)〜2010-02-21(Mon):

日本専門家ワークショップ「現代日本の文化・社会へのアクセス」2011

(於・東京都/国際文化会館、国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1189453_1485.html

http://www.i-house.or.jp/jp/library/activities.htm

でも全予定の終了後に開催したいものだ。

2010-12-01 (Wed)

[]2010-11-27(Sat): 12/18(土)、第3回知識共有コミュニティワークショップインターネット上の知識検索サービス研究への誘い

来たる12月中旬、

2010-12-18(Sat):

第3回知識共有コミュニティワークショップインターネット上の知識検索サービス研究

(於・京都府龍谷大学 深草キャンパス

http://www.infosocio.org/cfp_workshop_a2010.html

が開催される。詳細なプログラムが公開されたので紹介しておきたい。私も第1回からプログラム・実行委員として関わっている。

プログラム

  • 11:00〜11:10
    • 開会
  • 11:10〜12:10
    • 研究発表セッション <1>
      • 「QA2部グラフにおけるモチーフを用いたコミュニティの経時的変化に関する分析」
      • 「オンラインコミュニティにおける効用相反とそのハーネシングに関するエージェントシミュレーション」
        • 小林知巳・高橋聡・國上真章・吉川厚・寺野隆雄(東工大)
  • 12:10〜13:10
    • 昼休み
  • 13:10〜14:00
  • 14:00〜14:20
    • (休憩・移動)
  • 14:20〜15:20
    • 研究発表セッション <2>
      • 「Q&Aサイトにおける自分の投稿に対する評価を操作するために複数のアカウントを利用するユーザの検出」
        • 石川尚季・梅本顕嗣・西村涼・渡辺靖彦・岡田至弘(龍谷大学
      • 「SNSにおける活性化状態の可視化」
        • 鳥海不二夫(名古屋大)・山本仁志(立正大)・諏訪博彦(電気通信大)・岡田勇(創価大)・和泉潔(東京大)・橋本康弘(東京大)・石井健一郎(名古屋大)
  • 15:30〜16:15

16:15〜16:40

なお、参加費は学生であれば会員・非会員を問わず2000円、学生以外の非会員は当日申込で5000円だが、12月10日(金)までに事前申込すれば4000円になる。

また、お昼からの長尾真・国立国会図書館長による基調講演は一般公開とし、ここのみの参加は無料となっている。ぜひ、大勢の方々にお越しいただきたい。


[]2010-11-22(Mon): 「学術情報流通に関わる機関・企業による晩秋懇話会−在米日本人ライブラリアンを迎えて」の開催案内

・「図書館総合展にあわせて来日・滞日する海外の図書館関係者へのお誘い」(編集日誌、2010-11-09)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101115/1289820765

でふれているが、今日は国立国会図書館でちょっとした意見交換会。

さて、来る12月1日(水)18時から、同じような趣旨で、「学術情報流通に関わる機関・企業による晩秋懇話会−在米日本人ライブラリアンを迎えて」を開催します。

  • 日時:12/1(水)18時〜(順次集合)
  • 会場:NII1208会議
  • ※NIIの各階の入館ゲートが閉まっている場合は、岡本までご連絡ください。

11月24日〜26日に開催された図書館総合展への参加のために来日中のグッド長橋さん(ピッツバーグ大学)らを迎えての懇話会です。奮ってご参加ください。お知り合いをお連れいただいても構いません。