ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-12-27 (Mon)

[][]2010-12-20(Mon): 追手門学院大学社会教育概論2」で講義

瀧端真理子さんにお招きいただき、追手門学院大学の「社会教育概論2」で、「いま、社会教育施設に求められるウェブ活用−Librahack事件、Code4Lib JAPAN、Gov 2.0の3事例から」と題して講義。

・「いま、社会教育施設に求められるウェブ活用−Librahack事件、Code4Lib JAPAN、Gov 2.0の3事例から」

http://www.slideshare.net/arg_editor/otemon20101220

まずまずの内容だったろうか。最後に、「どのようにすれば、Librahack事件の再発を防げるのか」「特に岡崎市立中央図書館は、社会教育施設としてどう振る舞うことが望ましいと考えますか」という投げかけを学生の方々にしてみた。討論の時間はあまりとれなかったのだが、講義終了後に回収した解答用紙をみる限りでは、皆さん、あれこれと考えさせられるきっかけにはなったようだ。

ミュージアムの小径

http://d.hatena.ne.jp/takibata/

・takibata (takibata) on Twitter

http://twitter.com/#!/takibata

ところで、講義前にTwitter

#librahack これから茨木市追手門学院大学社会教育概論でLibrahack事件を紹介するんだけど、大学の講義では扱われてるのかな。事例あるだろか。

http://twitter.com/#!/arg/status/16690758807453696

とつぶやいたところ、以下の通り、多くの反応をいただいた。

@arg 釈迦に説法で申し訳ないですが.ぼくは下調べさせてきて解説するスタイルとりました.レポートを見ると学生さんの反応はキャッチーな(身近な)後日起こった「個人情報流出」のほうに重点をおきがちなので,スクレイピングとかそのへんを重点的にしたほうがいい,という教訓を得ました

http://twitter.com/#!/yuki_o/status/16697427830505473

こちらも来年は取り上げるつもりでプラン中です。問題解決の演習になればと @arg @yuki_o

http://twitter.com/#!/egamiday/status/16701080561778688

@arg 情報倫理のおてつだいをしている者ですが、来年度はlibrahack事件とwikileaksは取り上げる必要があるかなと思ってます。 #librahack

http://twitter.com/#!/kjmkjm/status/16700830828724224

@arg 先週、京大の全学共通科目「情報社会と人間」で、ゲストスピーカーとして @y0s さんにお話いただきました。とても分かりやすくお話いただいたのですが、学生からの感想はほんとうにいろいろなので、またまとめたいと思っています。 #librahack

http://twitter.com/#!/munyon74/status/16699607048265728

担当している『図書館特論』で1月に取り上げます。私以上にきちんと語れる方をゲスト講師にきてもらう予定です。 @arg #librahack (略)Librahack事件を紹介するんだけど、大学の講義では扱われてるのかな。事例あるだろか。

http://twitter.com/#!/power_of_math/status/16891233523728385

今後のメモとして記録。

2010-12-23 (Thu)

[]2010-12-15(Wed): 東京都図書館協議会第8回定例会と、FIT2011実行・プログラム合同委員会に出席

今日は会議続き。午前はまず東京都図書館協議会第8回定例会へ。

東京都図書館協議会

http://www.library.metro.tokyo.jp/18/

議論も深まってきており、別に進めている作業部会での提言作成が近づいている。

・「第24期東京都図書館協議会委員を拝命」(編集日誌、2009-04-29

http://www.arg.ne.jp/node/5304

・「東京都図書館協議会第24期第1回定例会の開催案内と、岡本の欠席表明」(編集日誌、2009-05-21

http://www.arg.ne.jp/node/5360

・「東京都図書館協議会第24期第2回定例会に出席」(編集日誌、2009-07-06)

http://www.arg.ne.jp/node/5480

・「東京都図書館協議会第24期第3回定例会に出席−特に多摩地域資料の廃棄について」(編集日誌、2009-10-22

http://www.arg.ne.jp/node/5852

・「第24期東京都図書館協議会第4回会合に出席」(編集日誌、2010-01-26

http://www.arg.ne.jp/node/6179

・「東京都図書館協議会への出席と、ウェブ学会準備委員会の今後の議論」(編集日誌、2010-07-15)

http://www.arg.ne.jp/node/6549

・「第24期東京都図書館協議会第7回定例会と「多メディアWeb解析基盤の構築及び社会分析ソフトウェアの開発」研究開発課題の平成22年度運営委員会第2回運営委員会に出席した創業1周年の1日−アカデミックリソースガイド株式会社は創業1周年を迎えました」(編集日誌、2010-09-30)

http://www.arg.ne.jp/node/6719

・「第24期東京都図書館協議会作業部会の第1回会合」(編集日誌、2010-11-04)

http://www.arg.ne.jp/node/6801

その後は、来年の9月に開催される

2010-09-07(Wed)〜2010-09-09(Fri):

FIT2011 第10回情報科学技術フォーラム

(於・北海道函館大学

http://www.ipsj.or.jp/10jigyo/fit/fit2011/

の実行・プログラム合同委員会に出席。

2010-12-15 (Wed)

[][]2010-12-08(Wed): 北海道大学高等教育機能開発総合センター科学技術コミュニケーション教育研究部(CoSTEP)で講義

今日から北海道、京都、大阪、福井と、ほぼ1週間の出張ツアー。

まずは、北海道大学高等教育機能開発総合センター科学技術コミュニケーション教育研究部(CoSTEP)で、「学問を生かす社会へ−ウェブが架橋する社会学問」と題して講義。

・「学問を生かす社会へ−ウェブが架橋する社会学問

http://www.slideshare.net/arg_editor/hokudai-costep20101208


[]2010-12-06(Mon): ハイパーネットワーク2011ワークショップ 共生プログラミング・キャンプへの招待

もう来年の話で恐縮だが、

2011-01-20(Thu)〜2010-01-22(Sat):

ハイパーネットワーク2011ワークショップ 共生プログラミング・キャンプ

(於・大分県/別府湾ロイヤルホテル

http://www.hyper.or.jp/staticpages/index.php/ws2011

にキャストとして参加することになった。以下、案内文。

ネットの進化普及は「共生」によるもの。共生とは、主体同士が相互に支えあって発展していくことと考えます。新サービスの創造にはユーザーとエンジニアとの共生が重要で、使う人と作る人、作る人と使う人の共生が、より良いネット社会を作る鍵になるとの考えで、共生プログラミングというテーマスタイルで、ワークショップを開催します。

このワークショップの目的は、参加者の職場、生活圏に現実に存在する社会的課題を対象に、ICTの活用を含む新たな手法に挑戦し、実社会の課題解決に貢献できる知見、スキルを得ることです。

今回のワークショップは、従来の「発表」や「討論」が中心ではなく、新しい仕組みとして、

課題を共有する人同士が集まり、エンジニアとユーザーが一緒のチームを作り、互いの専門性を交換、相互に貢献し、具体的な解決策を創造、実際に動くもの(プロトタイプ)を作る

という、今までとは全く違うものとなります。成否は参加するあなた次第です!

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

要するに2泊3日で温泉にも浸かりながら、エンジニアだけでなくユーザーも加わって、様々な課題の解決策を具体的に創り上げようという試み。プログラミングは一切できない私でもキャストを務めるので、どなたでも参加いただけると思う。交通費は別として、宿泊費や参加費もすべて込みで2泊3日3万円は破格の条件。ぜひ大勢の方々にお越しいただきたい。

2010-12-07 (Tue)

[]2010-12-01(Wed): 学術情報流通に関わる機関・企業による晩秋懇話会−在米日本人ライブラリアンを迎えてを開催

1月の新春懇話会、5月の初夏懇話会に続き、

2010-12-01(Wed):

学術情報流通に関わる機関・企業による晩秋懇話会−在米日本人ライブラリア

ンを迎えて

(於・東京都国立情報学研究所

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101201/1291166735

を開催。今回は図書館総合展への参加のために来日・滞日しているグッド長橋広行さんをお迎えして、CiNiiの話題を皮切りにあれこれと懇談。

・NIHON KENKYU at PITT

http://nihonkenkyu.wordpress.com/

・「学術情報流通に関わる機関・企業による新春懇話会を開催」(編集日誌、2010-01-20)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100125/1264426894

・「学術情報流通に関わる機関・企業による初夏懇話会を開催」(編集日誌、2010-05-21)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100523/1274586660

手前味噌だが、こういったホスピタリティを持った交流の場は極めて重要と思う。来年開催される

2011-02-14(Mon)〜2010-02-21(Mon):

日本専門家ワークショップ「現代日本の文化・社会へのアクセス」2011

(於・東京都/国際文化会館、国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1189453_1485.html

http://www.i-house.or.jp/jp/library/activities.htm

でも全予定の終了後に開催したいものだ。

2010-12-01 (Wed)

[]2010-11-27(Sat): 12/18(土)、第3回知識共有コミュニティワークショップインターネット上の知識検索サービス研究への誘い

来たる12月中旬、

2010-12-18(Sat):

第3回知識共有コミュニティワークショップインターネット上の知識検索サービス研究

(於・京都府龍谷大学 深草キャンパス

http://www.infosocio.org/cfp_workshop_a2010.html

が開催される。詳細なプログラムが公開されたので紹介しておきたい。私も第1回からプログラム・実行委員として関わっている。

プログラム

  • 11:00〜11:10
    • 開会
  • 11:10〜12:10
    • 研究発表セッション <1>
      • 「QA2部グラフにおけるモチーフを用いたコミュニティの経時的変化に関する分析」
      • 「オンラインコミュニティにおける効用相反とそのハーネシングに関するエージェントシミュレーション」
        • 小林知巳・高橋聡・國上真章・吉川厚・寺野隆雄(東工大)
  • 12:10〜13:10
    • 昼休み
  • 13:10〜14:00
  • 14:00〜14:20
    • (休憩・移動)
  • 14:20〜15:20
    • 研究発表セッション <2>
      • 「Q&Aサイトにおける自分の投稿に対する評価を操作するために複数のアカウントを利用するユーザの検出」
        • 石川尚季・梅本顕嗣・西村涼・渡辺靖彦・岡田至弘(龍谷大学
      • 「SNSにおける活性化状態の可視化」
        • 鳥海不二夫(名古屋大)・山本仁志(立正大)・諏訪博彦(電気通信大)・岡田勇(創価大)・和泉潔(東京大)・橋本康弘(東京大)・石井健一郎(名古屋大)
  • 15:30〜16:15

16:15〜16:40

なお、参加費は学生であれば会員・非会員を問わず2000円、学生以外の非会員は当日申込で5000円だが、12月10日(金)までに事前申込すれば4000円になる。

また、お昼からの長尾真・国立国会図書館長による基調講演は一般公開とし、ここのみの参加は無料となっている。ぜひ、大勢の方々にお越しいただきたい。


[][]2010-11-23(Tue): 第10回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜を開催

ついに第10回目となった

2010-11-23(Tue):

第10回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜

(於・神奈川県/82ALE HOUSE関内店)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101103/1288773371

を開催。

冒頭に過去10回すべてに参加した嶋田綾子さん(図書館雑記&日記兼用)にスペシャルトーク「ARG漫遊記−人との出会いはプライスレス!」と題してお話しいただき、その後、恒例のライトニングトークを以下の顔触れで実施(敬称略)。

  1. 神田将和(埼玉医科大学
    • 「最近の遺伝子検査・遺伝子テストについて思うこと」
  2. 柴田栄子
    • 大学院生のための世間フィールドワークのすすめ−渡る世間で自分を活かせ」
  3. バゼル山本登紀子(ハワイ大学マノア校)
    • 「Unlock the damn door!!!」
  4. 松本明日香(筑波大学大学院人文社会科学研究科、日本学術振興会特別研究員)
    • 「歴史と未来の作り方−米国大統領図書館見聞録/The Making of History into the Future: the USPresidential Libraries」
  5. 坪井昭訓(岡山理科大学図書館
  6. 大向一輝(国立情報学研究所
    • 「NACSIS-CAT API(仮)」
  7. 山田薫(楽天技術研究所
  8. 岡野裕行(法政大学兼任講師)
  9. 山本妃(ノートルダム清心女子大学
  10. 小篠景子(としょかん1300手観音プロジェクト
    • 「いつもより「手」広く答えてみました!−としょかん1300手観音プロジェクトの報告」
  11. 小林巌生(横浜LODプロジェクト
    • 「地域情報にほどよいセマンティクスを。LODなどいかがでしょう?」
  12. 折田明子(慶應義塾大学
    • 「紀貫之は「まとめ人」?−平安時代のソーシャルメディア

USTREAM - 第10回ARGカフェ&フェスト@横浜, 第10回ARGカフェ&フェスト@横浜

http://www.ustream.tv/recorded/11037045

Togetter - 「第10回 ARG カフェ & ARG フェスト@横浜( #argcafe )」

http://togetter.com/li/72011

図書館総合展の直前の開催であり、図書館系の話題が多くはあったが、それでも遺伝子検査やソーシャルメディア、企業内研究者の話題等、多様性に富んだのではないかと思う。

次号以降に詳細な記録を掲載できるだろう。

・「「第10回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜」に参加!」(空手家図書館員の奮戦記〜Library0.2からの出発?〜、2010-11-27)

http://karatekalibrarian.blogspot.com/2010/11/10argarg.html

・「第10回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜参加」(某のウェブログ、2010-11-23)

http://d.hatena.ne.jp/sayamatcher/20101123