ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-12-27 (Mon)

[]2010-12-23(Thu): 野末瑞樹さんを迎えて、USTREAM放送「ARGトーク」を実施

自分の母校でもある国際基督教大学(ICU)4年生の野末瑞樹さんが訪ねてきてくれたので、「ARGトーク」と称してUSTREAM放送を実施してみた。

・Wisdom Without Any Account

http://wisdomwithoutanyaccount.blogspot.com/

・野末瑞樹 (mizukin414) on Twitter

http://twitter.com/#!/mizukin414

・ARGTalk on USTREAM

http://www.ustream.tv/channel/argtalk

図書館や検索、レファレンス情報推薦について、あれこれと思索中とのこと。ご関心をお持ちの方は、ぜひ応援してあげてほしい。


[]2010-12-22(Wed): 長尾館長出版記念会2010を開催

有志で長尾館長出版記念会2010を開催。国立国会図書館長の長尾真さんと今年一緒に出版に関わった方々を中心に集い、楽しく同時に刺激に満ちたひとときを過ごす。

しかし、長尾さんが今年関わった著作を以下のように並べてみると、精力的なお仕事ぶりにあらためて驚く。

・長尾真著『電子図書館』新装版(岩波書店2010年、1575円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000057030/arg-22/

・長尾真著『情報を読む力、学問する心』(ミネルヴァ書房2010年、2940円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4623058409/arg-22/

・岡本真、仲俣暁生編『ブックビジネス2.0−ウェブ時代の新しい本の生態系』(実業之日本社2010年、1995円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408108537/arg-22/

池澤夏樹編『本は、これから』(岩波新書2010年、861円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004312809/arg-22/

・長尾真、遠藤薫吉見俊哉編『書物と映像の未来グーグル化する世界の知の課題とは』(岩波書店2010年、1575円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000234803/arg-22/

自分も『電子図書館』新装版と『ブックビジネス2.0』でご一緒させていただいた。あらためて感謝


[][]2010-12-20(Mon): 追手門学院大学社会教育概論2」で講義

瀧端真理子さんにお招きいただき、追手門学院大学の「社会教育概論2」で、「いま、社会教育施設に求められるウェブ活用−Librahack事件、Code4Lib JAPAN、Gov 2.0の3事例から」と題して講義。

・「いま、社会教育施設に求められるウェブ活用−Librahack事件、Code4Lib JAPAN、Gov 2.0の3事例から」

http://www.slideshare.net/arg_editor/otemon20101220

まずまずの内容だったろうか。最後に、「どのようにすれば、Librahack事件の再発を防げるのか」「特に岡崎市立中央図書館は、社会教育施設としてどう振る舞うことが望ましいと考えますか」という投げかけを学生の方々にしてみた。討論の時間はあまりとれなかったのだが、講義終了後に回収した解答用紙をみる限りでは、皆さん、あれこれと考えさせられるきっかけにはなったようだ。

ミュージアムの小径

http://d.hatena.ne.jp/takibata/

・takibata (takibata) on Twitter

http://twitter.com/#!/takibata

ところで、講義前にTwitter

#librahack これから茨木市追手門学院大学社会教育概論でLibrahack事件を紹介するんだけど、大学の講義では扱われてるのかな。事例あるだろか。

http://twitter.com/#!/arg/status/16690758807453696

とつぶやいたところ、以下の通り、多くの反応をいただいた。

@arg 釈迦に説法で申し訳ないですが.ぼくは下調べさせてきて解説するスタイルとりました.レポートを見ると学生さんの反応はキャッチーな(身近な)後日起こった「個人情報流出」のほうに重点をおきがちなので,スクレイピングとかそのへんを重点的にしたほうがいい,という教訓を得ました

http://twitter.com/#!/yuki_o/status/16697427830505473

こちらも来年は取り上げるつもりでプラン中です。問題解決の演習になればと @arg @yuki_o

http://twitter.com/#!/egamiday/status/16701080561778688

@arg 情報倫理のおてつだいをしている者ですが、来年度はlibrahack事件とwikileaksは取り上げる必要があるかなと思ってます。 #librahack

http://twitter.com/#!/kjmkjm/status/16700830828724224

@arg 先週、京大の全学共通科目「情報社会と人間」で、ゲストスピーカーとして @y0s さんにお話いただきました。とても分かりやすくお話いただいたのですが、学生からの感想はほんとうにいろいろなので、またまとめたいと思っています。 #librahack

http://twitter.com/#!/munyon74/status/16699607048265728

担当している『図書館特論』で1月に取り上げます。私以上にきちんと語れる方をゲスト講師にきてもらう予定です。 @arg #librahack (略)Librahack事件を紹介するんだけど、大学の講義では扱われてるのかな。事例あるだろか。

http://twitter.com/#!/power_of_math/status/16891233523728385

今後のメモとして記録。


2010-12-23 (Thu)

[][]2010-12-18(Sat): 第3回知識共有コミュニティワークショップを開催し、第3回楽天研究開発シンポジウムとのネット中継による共催パネルディスカッションに登壇

3回目となる知識共有コミュニティワークショップを開催。3回目にして東京を離れ、初の関西での開催だ。

2010-12-18(Sat):

第3回知識共有コミュニティワークショップインターネット上の知識検索サービス研究

(於・京都府龍谷大学 深草キャンパス

http://www.infosocio.org/cfp_workshop_a2010.html

各種の研究発表のほか、長尾真さん(国立国会図書館)に「大規模デジタル情報の知識構造化と検索」と題して基調講演いただき、最後は、

2010-12-18(Sat):

第3回 楽天研究開発シンポジウム

(於・東京都品川シーサイド楽天タワー)

http://rit.rakuten.co.jp/conf/rrds3/

と共同で、「Open Dataが切り開く新時代の研究・開発−新たな産学連携の形を求めて」と題したパネル討論に参加。

USTREAM

http://www.ustream.tv/recorded/11499779

うまくいくか大いに不安だった、東西をネット中継で結んでの催しだったが、想像以上の出来だったように思う。関係者の方々に感謝するばかりだ。


[][]2010-12-17(Fri): 流通科学大学経営情報特別講義」で講義

今年の1月、昨年度の授業として行った前回に引き続き、今年度も流通科学大学で講義させていただいた。演題は「プロデュースとは何か−企画・設計の思考と実践」。

・「プロデュースとは何か−企画・設計の思考と実践」

http://www.slideshare.net/arg_editor/umds20101217

事例として、Yahoo!知恵袋L-1グランプリを紹介したのだが、後半やや駆け足になってしまった。もう少し話す内容のバランスをとらなくてはと反省しきり。

・「流通科学大学で講義し、故・中内功さんのレジスターコレクションを見学」(編集日誌、2010-01-09)

http://www.arg.ne.jp/node/6089


[][]2010-12-16(Thu): Yokohama×talk第2回に出演

横浜ストリーム横浜地域情報推進協議会

http://yokohamastream.jp/

の試行的な事業の一つ、Yokohama×talkというUSTREAM番組に出演。内容は理事を務めるNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボで一緒に「ラボ図書環」構想を進める齊藤真菜さんとのトーク。

Togetter - 「Yokohama×talk テスト配信2回目」

http://togetter.com/li/79814

USTREAM - Yokohama×talk テスト配信2回目

http://www.ustream.tv/recorded/11463540

アーカイブされているので、よろしければご覧を。

なお、12月26日(日)の15時から、横浜黄金町の視聴室その2で「ラボ図書環」に関する打ち合わせを行う。どなたも参加自由。

・視聴室その2

http://cafe.taf.co.jp/live/


[]2010-12-15(Wed): 東京都図書館協議会第8回定例会と、FIT2011実行・プログラム合同委員会に出席

今日は会議続き。午前はまず東京都図書館協議会第8回定例会へ。

東京都図書館協議会

http://www.library.metro.tokyo.jp/18/

議論も深まってきており、別に進めている作業部会での提言作成が近づいている。

・「第24期東京都図書館協議会委員を拝命」(編集日誌、2009-04-29

http://www.arg.ne.jp/node/5304

・「東京都図書館協議会第24期第1回定例会の開催案内と、岡本の欠席表明」(編集日誌、2009-05-21

http://www.arg.ne.jp/node/5360

・「東京都図書館協議会第24期第2回定例会に出席」(編集日誌、2009-07-06)

http://www.arg.ne.jp/node/5480

・「東京都図書館協議会第24期第3回定例会に出席−特に多摩地域資料の廃棄について」(編集日誌、2009-10-22

http://www.arg.ne.jp/node/5852

・「第24期東京都図書館協議会第4回会合に出席」(編集日誌、2010-01-26

http://www.arg.ne.jp/node/6179

・「東京都図書館協議会への出席と、ウェブ学会準備委員会の今後の議論」(編集日誌、2010-07-15)

http://www.arg.ne.jp/node/6549

・「第24期東京都図書館協議会第7回定例会と「多メディアWeb解析基盤の構築及び社会分析ソフトウェアの開発」研究開発課題の平成22年度運営委員会第2回運営委員会に出席した創業1周年の1日−アカデミックリソースガイド株式会社は創業1周年を迎えました」(編集日誌、2010-09-30)

http://www.arg.ne.jp/node/6719

・「第24期東京都図書館協議会作業部会の第1回会合」(編集日誌、2010-11-04)

http://www.arg.ne.jp/node/6801

その後は、来年の9月に開催される

2010-09-07(Wed)〜2010-09-09(Fri):

FIT2011 第10回情報科学技術フォーラム

(於・北海道函館大学

http://www.ipsj.or.jp/10jigyo/fit/fit2011/

の実行・プログラム合同委員会に出席。


[][]2010-12-14(Tue): 来年に向けて、図書館総合展関連の打ち合わせ

つい先日、

2010-11-24(Wed)〜2010-11-26(Fri):

第12回図書館総合展/学術情報オープンサミット2010

(於・神奈川県パシフィコ横浜

http://www.j-c-c.co.jp/library/

が終わったばかりという印象があるが、もう来年の第13回に向けて動き出している。

今日は運営委員の方々数名と打ち合わせ。

なお、メールマガジンに掲載したが、「第12回図書館総合展における弊社協力企画の御礼と、第13回図書館総合展での弊社業務の案内」を再掲しておきたい。ご参考に。

「第12回図書館総合展における弊社協力企画の御礼と、第13回図書館総合展での弊社業務の案内」

岡本真(アカデミックリソースガイド株式会社

去る11月24日(水)から26日(金)にかけてパシフィコ横浜で開催された第12回図書館総合展においては、弊社が企画協力したフォーラムや弊社ブースにお運びいただき、誠にありがとうございました。

特に今回は、

◆大規模デジタル化時代における『知』との接点

Wikipedia電子書籍Twitterの潮流をライブラリアンはどう受け止めるか

日時:2010年11月24日(水)

主催:株式会社ネットアドバンス

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101012/1286813852

L-1グランプリ2010−若手ライブラリアンのためのワークショップ登竜門

日時:2010年11月25日(木)

主催:図書館総合展運営委員会

共催:図書館振興財団

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://www.toshokanshinko.or.jp/senden/

図書館デザインする−情報デザインと主題プロデュースの手法

日時:2010年11月26日(金)

主催:キハラ株式会社

後援:日本図書館協会

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101012/1286813852

につき、深く企画・運営に携わりました。お越しくださった方々、またUSTREAMの中継をご覧くださった方々に感謝申し上げます。なお、「大規模デジタル化時代における『知』との接点」には、弊社インターンの平山陽菜が、「図書館デザインする−情報デザインと主題プロデュースの手法」には、有元よしのが大きな貢献をしたこともあわせて記しておきます。

今回の弊社協力フォーラムを振り返ってみると、

1)図書館業界に閉じないテーマ設定や登壇者コーディネートを行った。

2)若手の実務家や研究者学生・院生を各分野から集約した。

3)いままでにないワークショップ形式のフォーラムを実現した。

という特徴があるのではないかと思います。これらの特徴を強みとして今後に生かしていきたいと考えています。

さて、第13回図書館総合展は、11月9日(水)、11月10日(木)、11月11日(金)にかけて開催されます。

私自身、個人としては運営委員会の一員であり、第13回の成功に向けて全力を尽くしてまいりますが、同時にアカデミックリソースガイド株式会社としては、本年同様、フォーラムの開催やブースの出展につき、企画や運営の協力を請け負います。

以下に目安となる価格体系を記しますので、ご関心をお持ちの方は、まずは一度ご連絡ください(info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください)。


     【−第13回図書館総合展における弊社提供プラン−】

  1.フォーラム内容の相談対応( 0〜 5万円程度)アドバイス

  2.フォーラム内容の基本提案( 5〜10万円程度)コンサルティング

  3.フォーラム内容の詳細企画(10〜15万円程度)プランニング

  4.フォーラム全体の進行管理(15〜20万円程度)ディレクション

  5.フォーラム全体の制作管理(20〜25万円程度)プロデュース

  ※上記にフォーラム会場費をセットにした割引プランもございます。

  ※※上記価格はあくまで目安であり、内容により上下に変動します。


2010-12-15 (Wed)

[][]2010-12-11(Sat): エル・ライブラリー、ドーンセンター情報ライブラリーを訪問し、経営情報学会関西支部で講演

久しぶりに大阪市内で二日中に時間があったので、

・エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)

http://shaunkyo.jp/

http://d.hatena.ne.jp/l-library/

と、

・ドーンセンター情報ライブラリー

http://www.dawncenter.or.jp/libsrch/

を訪問し、旧知の谷合さんと千本さん、木下さんにお目にかかる。

その後、

経営情報学会関西支部

http://www.jasmin.jp/activity/shibu_katsudou/branch/kansai/

の会合で、「電子図書館の動向と電子書籍の可能性−『ブックビジネス2.0』電子書籍版開発の経験から」と題して講演。

・「電子図書館の動向と電子書籍の可能−『ブックビジネス2.0』電子書籍版開発の経験から」

http://www.slideshare.net/arg_editor/jasmin-kansai20101211

支部の会合ということもあり、10名程度の参加者であったが、その分、なかなか突っ込んだ討論ができたことが最大の収穫。ここ1年近く、電子書籍の話題に関心を持ってきたが、自分としては年の瀬にいいまとめの機会をいただけた。


[][]2010-12-10(Fri): 情報教育研究集会で講演

前日の夜に札幌から伊丹に飛んで、京都市内で宿泊し、

2010-12-10(Fri)〜2010-12-11(Sat):

平成22年度 情報教育研究集会

(於・京都府京都府民総合交流プラザ 京都テルサ)

http://conf2010.media.kyoto-u.ac.jp/

へ。

[flickr-photo:id=72157625575195604,size=t]

企画セッション「大学大学院の全学共通情報教育と教育情報化環境」の第2部「教育の情報化環境」でポジショントークとパネル討論を行った。自分の演題は、「教材としての電子書籍電子書籍版『ブックビジネス2.0』の経験に基づいて」。

・「教材としての電子書籍電子書籍版『ブックビジネス2.0』の経験に基づいて」

http://www.slideshare.net/arg_editor/mtg-if20101210

私以外には、

・中村聡史(京都大学大学情報研究科附属情報教育推進センター

・伊藤一成(青山学院大学

・山脇智志(キャスタリア)

という顔ぶれだったが(敬称略)、多彩な顔触れでなかなか刺激的だった。


[]2010-12-07(Tue): シンポジウムアーカイブから紡ぎ出される知」と、三重県立図書館シンポジウム「明日の県立図書館」のこと

年末年始にかけてのイベントで、あるいは参加者の集まりに苦戦するかもしれないが、行く価値が高そうなイベントを2つ紹介したい。

2010-12-19(Sun):

シンポジウムアーカイブから紡ぎ出される知」

(於・東京都東京藝術大学 上野キャンパス

http://amc.geidai.ac.jp/?p=3059

こちらは以下の講演が予定されている(敬称略)。

1. 北郷悟(東京藝術大学)「3次元アーカイブの可能性」

2. 四方幸子(文化庁委託メディア芸術コンソーシアム)「アートとアーカイブをめぐって」

3. 武田英明(国立情報学研究所)「Linked Dataアプローチによる芸術情報統合の試み」4. 長尾真(国立国会図書館)「アーカイブすることの意味」

普段あまりなさそうな講演者の顔ぶれであり、各氏の講演を受けて1時間半をあてて行われるディスカッションの行方が気になるところだ。

次いで、年明け早々の催し。

2011-01-08(Sat):

三重県立図書館シンポジウム「明日の県立図書館図書館の新しい可能性と全県域へのサービスについて考える」

(於・三重県/三重県立図書館

http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/app/details/index.asp?cd=2010110101

先日の図書館総合展の際に、このシンポジウムを企画した三重県立図書館の方にお目にかかり、企画の趣旨をうかがう機会があった。

基調講演に、植島啓司さん(宗教人類学者)、石川直樹さん(写真家・冒険家)を迎え、植島さんをコーディネーターにしたパネルディスカッションには、石川さんに加えて、坂倉加代子さん(三重県立図書館協議会)、萩美香さん(女優)が加わるというこれまた異色な顔ぶれだ。

・NAOKI ISHIKAWA WEB SITE

http://www.straightree.com/

・元ミス日本 萩 美香オフィシャルブログ

http://www.diamondblog.jp/mika_hagi/

シンポジウムの副題の後半にある「全県域へのサービスについて考える」というテーマにも注目したい。三重県立図書館には昨年、三重県図書館協会研修会図書館職員専門講座で講師を務めた際に訪れているのだが、三重県は想像以上に南北に長い土地柄なのだが、こういった土地での県立図書館の役割は大いに考えさせられた。関西・東海の方々にとっては、行きやすい場所でもあり、ぜひご参加を。

・「三重県図書館協会研修会図書館職員専門講座で講師」(編集日誌、2009-09-18)

http://www.arg.ne.jp/node/5739

2010-12-07 (Tue)

[]456号(2010-12-07、5105部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の456号(2010-12-07、5105部)を発行しました。

主な記事は、

・お知らせ「ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)公式サイト、リニューアル」(岡本真)

・お知らせ(最終)「助成申請のご案内−Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成」(Code4Lib JAPAN

・イベントカレンダー

・活動予定と活動報告

・サイト更新情報

・編集日誌

−『ブックビジネス2.0』電子版(iPhoneアプリ版)の販売状況

−マイニング探検会(マイタン)、追加メンバーを募集

Twitterを使う学長・総長たち

http://archive.mag2.com/0000005669/20101207121533000.html


[][]2010-12-03(Fri): マイニング探検会(マイタン)、追加メンバーを募集

マイニング探検会(マイタン)とは、清田陽司(東京大学情報基盤センター)と岡本真(アカデミックリソースガイド)の両名を発起人に、今年4月から月に1度のペースで開催している勉強会です。

マイタンでは、参加者それぞれが情報マイニング技術のフィールドを縦横無尽に探検できるようになり、新たな情報サービスのプロデューサーとして活躍できる人材となることを目指しています。

これまでに8回の開催を終えたマイタンですが、この度、若干名ではありますが追加メンバーを募集することとなりました。

4月の段階ではご要望に沿えなかった方や、いままでUSTREAMの中継をご覧いただき、活動に興味を持っている方は、ぜひ追加メンバーへの希望を提出していただければと思います(希望人数が多い場合には選考を行う可能性があります)。

現在は、テーマごとにチームに分かれて活動をしており、月に1度のマイタンの場で進捗報告や議論をしたり、清田先生からアドバイスをいただいたりといった形式で進めています。

どんなテーマがあるかが気になった方は、 < http://bit.ly/maitan_themes > から確認していただければと思います。

これまでの開催記録については、 < http://www.mi-tan.jp/ > からご確認いただけます。

追加を希望される方は、以下のフォームから、お名前・ご所属・メールアドレス・参加希望のメッセージを記入してお申し込みください。

・マイニング探検会追加メンバー希望

http://bit.ly/fnrSCB

・「『図書館』の未来を探る勉強会−マイニング探検会(マイタン)を始めます」(編集日誌、2010-03-01)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100301/1267415096

・「第1回 マイニング探検会(マイタン)を開催」(編集日誌、2010-04-09)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100412/1271034105

・「第1回 クラウド コンピューティングEXPOをのぞき、第2回 マイニング探検会(マイタン)を開催」(編集日誌、2010-05-14)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100517/1274054110

・「同志社大学図書館講習会で「ウェブ情報の効果的利用法−検索エンジンからウェブを理解する」と題して講義(2010年度前期)、第3回マイニング探検会に遠隔参加」(編集日誌、2010-06-25)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100630/1277829030

・「第4回マイニング探検会を開催」(編集日誌、2010-07-23)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100727/1280159342

・「第5回マイニング探検会を開催」(編集日誌、2010-08-27)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100830/1283169630

・「第8回マイニング探検会を開催−今回は外部公開のオープンマイタン」(編集日誌、2010-11-19)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101122/1290384859


[]2010-12-01(Wed): 学術情報流通に関わる機関・企業による晩秋懇話会−在米日本人ライブラリアンを迎えてを開催

1月の新春懇話会、5月の初夏懇話会に続き、

2010-12-01(Wed):

学術情報流通に関わる機関・企業による晩秋懇話会−在米日本人ライブラリア

ンを迎えて

(於・東京都国立情報学研究所

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101201/1291166735

を開催。今回は図書館総合展への参加のために来日・滞日しているグッド長橋広行さんをお迎えして、CiNiiの話題を皮切りにあれこれと懇談。

・NIHON KENKYU at PITT

http://nihonkenkyu.wordpress.com/

・「学術情報流通に関わる機関・企業による新春懇話会を開催」(編集日誌、2010-01-20)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100125/1264426894

・「学術情報流通に関わる機関・企業による初夏懇話会を開催」(編集日誌、2010-05-21)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100523/1274586660

手前味噌だが、こういったホスピタリティを持った交流の場は極めて重要と思う。来年開催される

2011-02-14(Mon)〜2010-02-21(Mon):

日本専門家ワークショップ「現代日本の文化・社会へのアクセス」2011

(於・東京都/国際文化会館、国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1189453_1485.html

http://www.i-house.or.jp/jp/library/activities.htm

でも全予定の終了後に開催したいものだ。

2010-12-02 (Thu)