ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-12-27 (Mon)

[]2010-12-26(Sun): アカデミックリソースガイド株式会社、移転のお知らせ

年の瀬ですが、諸般の事情により、アカデミックリソースガイド株式会社オフィスを移転することになりました。

【現住所】

231-0011 神奈川県横浜市中区太田町2-23 横浜メディアビジネスセンター6F-A

【新住所】

231-0012 神奈川県横浜市中区相生町3-61 泰生ビル201

といっても、以下の地図の通り、160メートル程度の移動です。

Googleマップ

http://goo.gl/maps/qry0

なお、新オフィスでは、

NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ

http://yokohamalab.jp/

と同居する形になります。また、従来の横浜メディアビジネスセンターオフィス2011年3月末までは使用する予定です。転居届を出しておきますが、物品の配送は極力新住所のほうにお願いいたします。

なお、引っ越し12月28日(火)に実施します。アカデミックリソースガイド株式会社の場合、荷物はほとんどありませんが、NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボのほうはそこそこ荷物があります。もし、見学がてらにお手伝いに来てくださる方がいらっしゃれば、ご連絡ください。


2010-12-23 (Thu)

[][]2010-12-14(Tue): 来年に向けて、図書館総合展関連の打ち合わせ

つい先日、

2010-11-24(Wed)〜2010-11-26(Fri):

第12回図書館総合展/学術情報オープンサミット2010

(於・神奈川県パシフィコ横浜

http://www.j-c-c.co.jp/library/

が終わったばかりという印象があるが、もう来年の第13回に向けて動き出している。

今日は運営委員の方々数名と打ち合わせ。

なお、メールマガジンに掲載したが、「第12回図書館総合展における弊社協力企画の御礼と、第13回図書館総合展での弊社業務の案内」を再掲しておきたい。ご参考に。

「第12回図書館総合展における弊社協力企画の御礼と、第13回図書館総合展での弊社業務の案内」

岡本真(アカデミックリソースガイド株式会社

去る11月24日(水)から26日(金)にかけてパシフィコ横浜で開催された第12回図書館総合展においては、弊社が企画協力したフォーラムや弊社ブースにお運びいただき、誠にありがとうございました。

特に今回は、

◆大規模デジタル化時代における『知』との接点

Wikipedia電子書籍Twitterの潮流をライブラリアンはどう受け止めるか

日時:2010年11月24日(水)

主催:株式会社ネットアドバンス

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101012/1286813852

L-1グランプリ2010−若手ライブラリアンのためのワークショップ登竜門

日時:2010年11月25日(木)

主催:図書館総合展運営委員会

共催:図書館振興財団

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://www.toshokanshinko.or.jp/senden/

図書館デザインする−情報デザインと主題プロデュースの手法

日時:2010年11月26日(金)

主催:キハラ株式会社

後援:日本図書館協会

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101012/1286813852

につき、深く企画・運営に携わりました。お越しくださった方々、またUSTREAMの中継をご覧くださった方々に感謝申し上げます。なお、「大規模デジタル化時代における『知』との接点」には、弊社インターンの平山陽菜が、「図書館デザインする−情報デザインと主題プロデュースの手法」には、有元よしのが大きな貢献をしたこともあわせて記しておきます。

今回の弊社協力フォーラムを振り返ってみると、

1)図書館業界に閉じないテーマ設定や登壇者コーディネートを行った。

2)若手の実務家や研究者学生・院生を各分野から集約した。

3)いままでにないワークショップ形式のフォーラムを実現した。

という特徴があるのではないかと思います。これらの特徴を強みとして今後に生かしていきたいと考えています。

さて、第13回図書館総合展は、11月9日(水)、11月10日(木)、11月11日(金)にかけて開催されます。

私自身、個人としては運営委員会の一員であり、第13回の成功に向けて全力を尽くしてまいりますが、同時にアカデミックリソースガイド株式会社としては、本年同様、フォーラムの開催やブースの出展につき、企画や運営の協力を請け負います。

以下に目安となる価格体系を記しますので、ご関心をお持ちの方は、まずは一度ご連絡ください(info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください)。


     【−第13回図書館総合展における弊社提供プラン−】

  1.フォーラム内容の相談対応( 0〜 5万円程度)アドバイス

  2.フォーラム内容の基本提案( 5〜10万円程度)コンサルティング

  3.フォーラム内容の詳細企画(10〜15万円程度)プランニング

  4.フォーラム全体の進行管理(15〜20万円程度)ディレクション

  5.フォーラム全体の制作管理(20〜25万円程度)プロデュース

  ※上記にフォーラム会場費をセットにした割引プランもございます。

  ※※上記価格はあくまで目安であり、内容により上下に変動します。

2010-12-07 (Tue)

[][]2010-12-04(Sat): ジャーナリストエデュケーションフォーラム2010で講師

2010-12-04(Sat):

ジャーナリストエデュケーションフォーラム2010

(於・神奈川県東海大学 湘南キャンパス

http://blog.goo.ne.jp/321switchon/e/51641efbf9bb50e48448240ad0f02914

に参加。約30分間のセッションで「ウェブでどこまでできるのか−この瞬間のニュースを発掘し、展開するためのスキルとテクニック」というワークショップの講師をさせてもらった。

実際は30分しかないので、ワークショップというよりはワークショップのショーケースのようなものといったところだろうか。評判が良ければ、次につながる可能性があるやり方は、ほどよい緊張感があっていい。

2010-12-02 (Thu)

2010-12-01 (Wed)

[]2010-11-26(Fri): 第12回図書館総合展3日目−図書館デザインする−情報デザインと主題プロデュースの手法、第2回CiNiiウェブAPIコンテスト優秀作品発表会

あっという間に、

2010-11-24(Wed)〜2010-11-26(Fri):

第12回図書館総合展/学術情報オープンサミット2010

(於・神奈川県パシフィコ横浜

http://www.j-c-c.co.jp/library/

の最終日3日目。

本日は、

図書館デザインする−情報デザインと主題プロデュースの手法

主催:キハラ株式会社

後援:日本図書館協会

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101012/1286813852

の運営に奔走し、最後に、一コマだけ、

今年もやります!第2回CiNiiウェブAPIコンテスト優秀作品発表会

主催:国立情報学研究所(NII)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101012/1286813852

で司会を務めた。撤収後、一休みをした後に、

・U40 - Future Librarian 2010 ストラテジーセッション

http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/

に参加。プレイヤーの緩やかな交代や新たなツナガリの誕生を感じさせる良いイベントだったと思う。開催に尽力した方々に感謝


[]2010-11-25(Thu): 第12回図書館総合展2日目−L-1グランプリ2010−若手ライブラリアンのためのワークショップ登竜門

2010-11-24(Wed)〜2010-11-26(Fri):

第12回図書館総合展/学術情報オープンサミット2010

(於・神奈川県パシフィコ横浜

http://www.j-c-c.co.jp/library/

の2日目。今日は約1年かけて準備してきた

L-1グランプリ2010−若手ライブラリアンのためのワークショップ登竜門

主催:図書館総合展運営委員会

共催:図書館振興財団

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://www.toshokanshinko.or.jp/senden/

を開催。結果や今後については、次号であらためてまとめるつもり。なお、今回の開催については、大学図書館問題研究会の会報『大学図書館』と日本図書館協会の会誌『図書館雑誌』に運営サイドが執筆した記事が掲載される予定。

・「アイデアコンテスト:若手職員ら、未来図書館像模索−−横浜/神奈川」(毎日新聞、2010-11-26

http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20101126ddlk14040287000c.html


[]2010-11-24(Wed): 第12回図書館総合展1日目−Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010、大規模デジタル化時代における『知』との接点、「本」の未来をめぐる若手パネルディスカッション

USTREAMやiPhoneアプリ、そして念願の託児サービスの導入等、新たな試みを取り込みつつ、

2010-11-24(Wed)〜2010-11-26(Fri):

第12回図書館総合展/学術情報オープンサミット2010

(於・神奈川県パシフィコ横浜

http://www.j-c-c.co.jp/library/

が開幕。

昨年、すべてのコマでフォーラムに登壇したこともあり、今年は1コマをのぞいて完全に裏方に回ることにした。本日は、図書館総合展運営委員会の委員としてあれこれに駆けずり回りつつ、


・Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010

主催:Code4Lib JAPAN

協力:株式会社しずくラボ、アカデミックリソースガイド株式会社

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101012/1286813852

・大規模デジタル化時代における『知』との接点−Wikipedia電子書籍Twitterの潮流をライブラリアンはどう受け止めるか

主催:株式会社ネットアドバンス

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101012/1286813852

・「本」の未来をめぐる若手パネルディスカッション

主催:図書館総合展運営委員会

協力:アカデミックリソースガイド株式会社

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101012/1286813852

の運営に関与。

今年からの取り組みである図書館総合展放送局も順調な滑り出しで、まずは一安心。

・「パシフィコ横浜図書館総合展ー賞金総額100万円の「L-1グランプリ」も」(ヨコハマ経済新聞、2010-11-25)

http://www.hamakei.com/headline/5661/


[][]2010-11-23(Tue): 第10回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜を開催

ついに第10回目となった

2010-11-23(Tue):

第10回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜

(於・神奈川県/82ALE HOUSE関内店)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20101103/1288773371

を開催。

冒頭に過去10回すべてに参加した嶋田綾子さん(図書館雑記&日記兼用)にスペシャルトーク「ARG漫遊記−人との出会いはプライスレス!」と題してお話しいただき、その後、恒例のライトニングトークを以下の顔触れで実施(敬称略)。

  1. 神田将和(埼玉医科大学
    • 「最近の遺伝子検査・遺伝子テストについて思うこと」
  2. 柴田栄子
    • 大学院生のための世間フィールドワークのすすめ−渡る世間で自分を活かせ」
  3. バゼル山本登紀子(ハワイ大学マノア校)
    • 「Unlock the damn door!!!」
  4. 松本明日香(筑波大学大学院人文社会科学研究科、日本学術振興会特別研究員)
    • 「歴史と未来の作り方−米国大統領図書館見聞録/The Making of History into the Future: the USPresidential Libraries」
  5. 坪井昭訓(岡山理科大学図書館
  6. 大向一輝(国立情報学研究所
    • 「NACSIS-CAT API(仮)」
  7. 山田薫(楽天技術研究所
  8. 岡野裕行(法政大学兼任講師)
  9. 山本妃(ノートルダム清心女子大学
  10. 小篠景子(としょかん1300手観音プロジェクト
    • 「いつもより「手」広く答えてみました!−としょかん1300手観音プロジェクトの報告」
  11. 小林巌生(横浜LODプロジェクト
    • 「地域情報にほどよいセマンティクスを。LODなどいかがでしょう?」
  12. 折田明子(慶應義塾大学
    • 「紀貫之は「まとめ人」?−平安時代のソーシャルメディア

USTREAM - 第10回ARGカフェ&フェスト@横浜, 第10回ARGカフェ&フェスト@横浜

http://www.ustream.tv/recorded/11037045

Togetter - 「第10回 ARG カフェ & ARG フェスト@横浜( #argcafe )」

http://togetter.com/li/72011

図書館総合展の直前の開催であり、図書館系の話題が多くはあったが、それでも遺伝子検査やソーシャルメディア、企業内研究者の話題等、多様性に富んだのではないかと思う。

次号以降に詳細な記録を掲載できるだろう。

・「「第10回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜」に参加!」(空手家図書館員の奮戦記〜Library0.2からの出発?〜、2010-11-27)

http://karatekalibrarian.blogspot.com/2010/11/10argarg.html

・「第10回ARGカフェ&ARGフェスト@横浜参加」(某のウェブログ、2010-11-23)

http://d.hatena.ne.jp/sayamatcher/20101123