『これからホームページをつくる研究者のために』サポートブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

『これからホームページをつくる研究者のために』のサポート情報を公開しています。
読売新聞で紹介!学術誌「漢字文献情報処理研究」に書評掲載「出版ニュース」に記事掲載「情報管理」に書評掲載

2006-04-08

[]【Ver.1:2006-04-08版】

『これからホームページをつくる研究者のために』(仮題)の巻末に附録として掲載する予定の年表の下書きを掲載する。情報を刈り込む部分は刈り込み、情報を補うところは補う必要があるだろう。誤りの指摘や情報の追加提案を歓迎する。

研究者の個人ホームページの歴史」年表(稿)ver1

事例集事例集 2006/04/10 02:32 PukiWiki/活用事例/研究・教育支援
http://pukiwiki.sourceforge.jp/?PukiWiki%2F%E6%B4%BB%E7%94%A8%E4%BA%8B%E4%BE%8B%2F%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%BB%E6%95%99%E8%82%B2%E6%94%AF%E6%8F%B4

arg_bookarg_book 2006/04/10 19:49 ご紹介ありがとうございます。
このようにまとまったデータを探していました。

元タスクフォース元タスクフォース 2006/04/10 22:12 > 文部省学術情報センター(現在は国立情報学研究所)、設立
1985年4月ではなく、1986年4月では。
http://www.nii.ac.jp/introduce/history-j.shtml

arg_bookarg_book 2006/04/11 00:16 ご指摘ありがとうございます。>元タスクフォースさま
修正します。

arg_bookarg_book 2006/04/11 00:21 修正記録:
<修正前>
1985年4月
文部省学術情報センター(現在は国立情報学研究所)、設立
<修正後>
1986年4月
文部省学術情報センター(現在は国立情報学研究所)、設立

arg_bookarg_book 2006/04/11 00:22 修正記録:
<修正前>
2002年1月
小林秀高、JES2 データ・クリーニング版1を公開
<修正後>
2002年1月
小林良彰主導のもと、小林秀高のKH’s web siteで、JES2 データ・クリーニング版、公開

元タスクフォース元タスクフォース 2006/04/11 21:10 『インターネットユーザーズガイド』(村井純監訳)刊行は、1994.5では。
http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BN10694717

元タスクフォース 元タスクフォース 2006/04/11 21:12 『インターネット市民革命』(岡部一明著、御茶の水書房)は、1996.5では。
http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BN14462054

元タスクフォース 元タスクフォース 2006/04/11 21:23 名古屋大学附属図書館、機関リポジトリ「NAGOYA Repository」を公開は、2006.2.28のようですが。
http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/dspace/index.jsp

arg_bookarg_book 2006/04/12 20:58 修正記録:
<修正前>
1984年10月
慶應義塾大学と東京工業大学を結ぶJUNET開設
<修正後>
1984年10月
慶應義塾大学、東京工業大学、東京大学を結ぶJUNET(Japan University NETwork)開設

arg_bookarg_book 2006/04/12 20:59 追加記録:
1994年10月
JUNET(Japan University NETwork)、停止

arg_bookarg_book 2006/04/12 21:02 修正記録:
<修正前>
1988年
WIDE Project、発足
<修正後>
1988年4月
WIDE Project、発足

arg_bookarg_book 2006/04/12 21:04 修正記録:
<修正前>
1996年3月
永崎研宣、哲学/倫理学/宗教学関係国内リンク集を公開
<修正後>
1996年2月
永崎研宣、哲学/倫理学/宗教学関係国内リンク集を公開

arg_bookarg_book 2006/04/12 21:08 修正記録:
<修正前>
1995年5月
『インターネット市民革命』(岡部一明著、御茶の水書房)
<修正後>
1996年5月
『インターネット市民革命』(岡部一明著、御茶の水書房)

arg_bookarg_book 2006/04/12 21:10 修正記録:
<修正前>
1994年10月
『インターネットユーザーズガイド』(村井純監訳)刊行
<修正後>
1994年5月
『インターネットユーザーズガイド』(村井純監訳)刊行

arg_bookarg_book 2006/04/12 21:14 修正記録:
<修正前>
2006年3月
名古屋大学附属図書館、機関リポジトリ「NAGOYA Repository」を公開
<修正後>
2006年2月
名古屋大学附属図書館、機関リポジトリ「NAGOYA Repository」を公開

arg_bookarg_book 2006/04/12 21:14 ご教示ありがとうございます。>元タスクフォース様
すべて修正いたしました。

arg_bookarg_book 2006/04/12 21:18 追加記録:
1994年4月
千葉大学附属図書館、大学図書館として始めてOPAC(蔵書検索)を公開

arg_bookarg_book 2006/04/12 21:21 追加記録:
2005年2月
千葉大学附属図書館、日本初の学術機関リポジトリ「千葉大学学術成果リポジトリCURATOR」を公開

questquest 2006/04/18 04:10 ホームページとmixiの普及に触れて、blogの普及に触れないのは違和感があります。以下はよく知られたエントリーだと思いますのでご参考になさってください。

日本のウェブログの歴史(詳細版)2004年06月23日
http://kotonoha.main.jp/weblog/000844_history.html

H-Yamaguchi.net: 研究者のblog February 21, 2005
http://www.h-yamaguchi.net/2005/02/blog.html

arg_bookarg_book 2006/04/24 23:00 修正記録:
<修正前>
1994年4月
千葉大学附属図書館、大学図書館として初めてOPAC(蔵書検索)を公開
<修正後>
千葉大学附属図書館、大学図書館として初めてウェブ版OPAC(蔵書検索)を公開
※ウェブ版と明記。

arg_bookarg_book 2006/04/24 23:02 questさん、ご指摘ありがとうございます。
ブログにどうふれるか、考えあぐねています。
研究者にとってのブログ利用の出発点や到達点をどこに置くべきか、もう少し考えさせてください。

tmasaotmasao 2006/05/03 14:52 野口悠紀雄氏は超整理法などのヒット本などでも知られる著名な経済学者ですが、古くからWebでの情報整理、提供にも着目していたようで、今日のブログブームにも通ずるところがあるかと思います。

以下のページによれば、最初のサイト公開は1997年6月12日とのこと:
http://www.noguchi.co.jp/else/topnotice.html

また、2001年には「ホームページにオフィスを作る」と題する書籍を出しています:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334031110/
(個人的には整理法などと合わせ感銘を受けた覚えがあるので、念のため報告しておきます)

arg_bookarg_book 2006/05/04 00:31 野口悠紀雄さんや立花隆さんは扱いに悩んでいます。
お二人とも比較的早くからインターネットに関心を持ち、実践されていましたし、ご指摘いただいたように本も出しています。

・立花隆『インターネット探検』(1996年4月)
・立花隆『インターネットはグローバル・ブレイン』(1997年12月)
・野口悠紀雄『インターネット「超」活用法』(1999年3月)
・野口悠紀雄『ホームページにオフィスを作る』(2001年11月)

また立花隆さんは1996年から東京大学で講義を持ち、1997年からは学生の研究成果のインターネットでの発信に力を入れています。このときの経験は東京大学出版会のPR誌『UP』で報告されていました。

・Cyber University
http://matsuda.c.u-tokyo.ac.jp/~ctakasi/

さて、悩みの原因ですが、お二人とも早い段階からのインターネットの利用者であり、布教者でもあったのですが、では研究者の個人ホームページの歴史という観点で、どのような存在であり、どのような影響を与えたのか。この点が自分として明確にできていないのです。

野口悠紀雄さんや立花隆さんの活動を研究者の方々や一般の方々はどのようにとらえていたのでしょうか。

arg_bookarg_book 2006/05/04 00:59 追加記録:
1997年6月
野口悠紀雄、野口悠紀雄Onlineを公開

arg_bookarg_book 2006/05/04 23:50 追加記録:
1996年7月
牛山素行、気象情報と防災(現在はdisaster-i.net)を公開

arg_bookarg_book 2006/05/05 00:08 追加記録:
2004年6月
国立情報学研究所、学術機関リポジトリ構築ソフトウェア実装実験プロジェクトを開始

arg_bookarg_book 2006/05/05 00:26 追加記録:
1996年4月
『インターネット探検』(立花隆、講談社)刊行
1997年12月
『インターネットはグローバル・ブレイン』(立花隆著、講談社)刊行
1999年3月
『インターネット「超」活用法』(野口悠紀雄著、講談社)刊行
2001年11月
『ホームページにオフィスを作る』(野口悠紀雄著、光文社)刊行

arg_bookarg_book 2006/05/05 00:27 追加記録:
2002年2月
『インターネット書斎術』(紀田順一郎、筑摩書房)刊行

arg_bookarg_book 2006/05/14 11:03 追加記録:
1994年6月
林賢紀、日本国内図書館OPACリストを公開

arg_bookarg_book 2006/05/14 11:03 追加記録:
1994年7月
黒木玄、黒木玄のウェブサイトを公開

arg_bookarg_book 2006/05/14 11:03 追加記録:
1995年4月
伊藤章、化学工学資料のページを公開

arg_bookarg_book 2006/05/14 11:03 追加記録:
1997年12月
黒木玄、黒木のなんでも掲示板を公開

arg_bookarg_book 2006/05/14 11:29 追加記録:
1996年4月
浜渦辰二、はまうず・ホームページを公開

arg_bookarg_book 2006/05/14 11:40 1996年4月
浜渦辰二らによるフッサール・データベース作成委員会、フッサール・データベースのホームページを公開

arg_bookarg_book 2006/05/14 11:53 追加記録:
1997年5月
稲葉振一郎、インタラクティヴ読書ノートを開始

arg_bookarg_book 2006/05/14 12:03 追加記録:
1995年7月
粉川哲夫、Polymorphous Spaceを公開

arg_bookarg_book 2006/05/14 12:29 追加記録:
1995年3月
越桐國雄、インターネットと教育(K-12 from Japan)を公開

arg_bookarg_book 2006/05/14 12:57 追加記録:
1996年9月
渋谷栄一、渋谷栄一研究室、源氏物語の世界を公開

arg_bookarg_book 2006/05/14 13:55 追加記録:
1995年11月
石井由香、定松文、池田緑、「EMSJ電子かわら版」を創刊
岡部孝好、オベ財務会計ラボを公開

ytakytak 2006/05/26 08:13 詳細なデータベース、素晴らしいと思います。勝手な意見ですが、コメント欄の文字が背景青でフォント黒だと非常に読みにくいと思います。利用させてもらっている側からの勝手なわがままですが、よろしければもう少し明るいフォントにしていただけると有り難いです。

中野昌宏中野昌宏 2006/05/31 22:39 大分大学の中野です。いつもながら網羅的なお仕事ですね。ちなみに僕のところは記憶では1996年4月開設だったと思います(浜渦さんに前後しているはずです。あと研究室にサーバーを入れてもらった時期なので)。大学院時代でしたが名前は当初から「社会分析学ウェブサイト」で,就職してから「中野研究室」とかあっさりにしてみたのですが結局もとに戻してます。こうしてみるとけっこう古参なので,混ぜてもらえるとうれしいです。

arg_bookarg_book 2006/06/02 18:56 岡本です。
中野さん、ご無沙汰しております。
はい、そうですね、ぜひ加えさせていただきます。

ARGのブログに書いたのですが、

2006-05-15(Mon)の編集日誌「消えてしまった個人サイト −特に1990年代中盤の大学院生たち」
http://d.hatena.ne.jp/arg/20060515/1147624297

当時、大学院生であった方々の活躍があればこそ、いまがあると思っています。確か、中野様の周辺にも京都・大阪の大学院生や助手、あるいは講師という立場でサイトを発信されていた方が多くいらしたように思います。

その後、研究者の道を歩んでいる方もいらっしゃるでしょうし、別の道に進まれた方もいらっしゃると思いますが、そのような方々を一人でも多く記録にとどめていきたいと思います。

arg_bookarg_book 2006/06/06 02:07 追加記録:
1996年4月
中野昌宏、社会分析学ウェブサイトを公開

arg_bookarg_book 2006/06/06 02:09 岡本です。
ytakさん、ご要望承りました。
ちょっと時間を要するかと思いますが、改善を図ります。

竹川大介竹川大介 2006/06/06 09:41 1995年9月
京都大学理学部人類進化論サイト公開。
http://jinrui.zool.kyoto-u.ac.jp
その中で同時に竹川大介、「大介研究室」を公開。
現在は以下のサイトに移動
http://www.apa-apa.net/daisuke.htm

(私も当時、大学院生として研究室にサーバーをたて生まれたばかりのウェッブサイトのお世話をしていました。当時は独自のサイトを持っている研究室はまだ少なかったと思います)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証