Hatena::ブログ(Diary)

地下室のアーカイブス(岩川ありさBLOG) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


■ 人文系の研究者・岩川ありさのブログです。
■ メールでのコンタクトはこちらから。
■ Oficial Websiteへ。→Arisa Iwakawa Oficial Website

2017年09月21日

[] 2017年9月21日発売 川上未映子責任編集『早稲田文学増刊女性号』に論考「クィアな自伝―映画「ムーンライト」と古谷田奈月『リリース』をつないで」掲載中です。ぜひご覧ください。

川上未映子さん責任編集『早稲田文学増刊 女性号』に、「クィアな自伝―映画「ムーンライト」と古谷田奈月『リリース』をつないで」という論考を書かせていただきました。9月21日(木)発売。556頁の特大増刊号です。ぜひお手にとってください。http://www.bungaku.net/wasebun/magazine/wasebun2017women.html

早稲田文学増刊 女性号 (単行本)

早稲田文学増刊 女性号 (単行本)

目次は以下の通りです。

川上未映子 巻頭言


巻頭詩 エドナ・セント・ヴィンセントミレー 小澤英実=訳

石垣りん


ルシア・ベルリン 岸本佐知子=訳・解説 掃除婦のための手引き書

多和田葉子 松永美穂=訳 空っぽの瓶ボトル


津村記久子 誕生日の一日

佐藤文香 神戸市西区学園東町


イーユン・リー 篠森ゆりこ=訳 かくまわれた女

小山田浩子 蟹


図版 井上佐由紀


伊藤比呂美  夏のおわり。秋のはじめ。

今橋愛 そして

文月悠光 発動せよ


中山奈々 O-157

東直子 青葡萄

左川ちか


松田青子 許さない日

ロクサーヌ・ゲイ 野中モモ=訳 わが父の死去にあたり

イ・ラン Ko Younghwa=訳 韓国大衆音楽賞 トロフィー直売女


堀越英美 女の子が文学部に入るべきでない5つの理由

山崎まどか 私はいかに心配するのをやめて、フェミニストと名乗るようになったか。


石垣りん

中島みゆき


蜂飼耳 彼女の中の女

井上法子 素直に届けられる夜


永瀬清子

盛田志保子 季節に

川口晴美 世界が魔女の森になるまで


早坂類

茨木のり子


古谷田奈月 無限の玄

雪舟えま 俺たちフェアリーている(短歌版)七十七首

松井啓子 のどを猫でいっぱいにして


ノラ・ゴムリンガー  松永美穂=訳・解説

ヴァージニア・ウルフ 片山亜紀=訳・解説 ロンドン散策――ある冒険

エドナ・セント・ヴィンセント・ミレー 小澤英実=訳・解説


葛原妙子

中島悦子 被流の演技

安立スハル

鈴木しづ子


鈴木晴香 生まれてきた日を覚えていない

野口あや子 エレクトラハレーション

神田さよ 鎮める


齋藤史

吉原幸子

池田澄子


最果タヒ 白い花

銀色夏生 壁と満月


CRY IN PUBLIC マニフェスト


ジーン・リース 堀江里美=訳 ジャズと呼ばせておけ

村田沙耶香 満潮

盛可以 河村昌子=訳・解説 経験を欠いた世界

藤野可織 私はさみしかった

今村夏子 せとのママの誕生日


おさないひかり 柔らかい、つるつるの毛の生えた soft, sleek hair is growing

川上未映子 変奏

栗木京子

黒田夏子 るす絵の鳥


樋口一葉 川上未映子=訳 大つごもり


小平麻衣子 林芙美子・〈赤裸々〉の匙かげん――『放浪記』の書きかえをめぐって――

江南亜美子 21世紀の女性作家たち


豊彩夏 変身――松浦理英子『親指Pの修行時代』、女の子たちのパロディ的カルチャーについて――

岩川ありさ クィアな自伝――映画「ムーンライト」と古谷田奈月『リリース』をつないで


チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ くぼたのぞみ=訳 イジェアウェレへ――あるいは十五の提案に込めたフェミニストのマニフェスト

柴田英里 いつまで?被害者?でいるつもり?――性をめぐる欲望と表現の現在

図版 橋爪彩


haru. どこかの誰かさんへ


菅野つかさ+中西歩乃歌(Scarlet&June+野中モモ+川上未映子 インディペンデントメディアという「場」


桐野夏生+川上未映子 女性と地獄


小澤英実+倉本さおり+トミヤマユキコ豊崎由美 司会:斎藤美奈子 われわれの読書、そのふたつの可能性〜批評と書評


ブックガイド フェミニズムと女性に近づくかもしれない23冊


巻末詩 栗木京子 葛原妙子

2017年09月07日

[] 2017年9月7日発売『文學界』10月号に「新人小説月評」掲載中です。温又柔さん、三輪太郎さん、水原涼さん、木村紅美さん、壇蜜さん、青木淳悟さんの作品です。どれも面白い。ぜひ小説の方へ。

『文學界』10月号に「新人小説月評」掲載中です。世界文学としての温又柔。歴史と四つに組む三輪太郎、水原涼。一筋縄では行かない人間関係を描く木村紅美。ほんのり怖さがあるデビュー作の壇蜜。ファミコンソフト「プロ野球?殺人事件!」を本歌どりした青木淳悟。どれも面白い。ぜひ小説の方へ!

文學界2017年10月号

文學界2017年10月号