Hatena::ブログ(Diary)

おかあの日記

2006 | 11 |
2007 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 |
2014 | 05 | 06 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 09 | 10 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 |
2018 | 01 | 03 | 05 |

2007-09-30 スタッフ会とシンポジウム

スタッフ会

 今日は月1回の定例スタッフ会の日でした。9月のナイトハイクの反省や今後の企画(NESうさぎ生活、テーマ:ちびっ子キャンプ「旅に出る」、サイクリング一休さんキャンプ日韓交流キャンプ・・・)の話をしました。日曜日の夕方は家族団らんの時間、1週間分の鋭気を養うために少し早めにねて・・・なんて思いも頭の片隅にはありますが、でもこうやってみんなで集まって「ああでもない」「こうでもない」「こんなことしてみたら?」なんて話をしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。スタッフの人数の割に企画はたくさんある!というのが現状ではあるけど、「活動に参加したい」というスタッフ希望の問い合わせもぼちぼちあるので、活動をサポートする方も、参加する子ども達の人数もぼちぼち増やしていけたらいいなと思います。できればスタッフの方は至急募集したいというのが本音の部分ではありますが・・・


シンポジウム

 今日はうちのスタッフがシンポジストとして登壇したので、ちょっくら見に行ってきました。登壇したその他メンバーに幸田シャーミンがいたのですが、本人の声は聞いた事なく、昔山田かつてないテレビ(世代がばれる?)で山田邦子がまねしていた物まねの声と重なって聞こえて話に集中できませんでした。環境系のシンポジウムだったのですが、さらに続く話が内蒙古の砂漠化の話で見た事あるような写真ばかりでした。仕方ないですね、毎年夏に行ってるですから。シンポジウム自体は幸田シャーミン東大と九大の教授、大学院生と研究分野も立場もバラバラな人だったのでおもしろくはあったけど、結論が出ない感じで終わってしまいました(笑)

f:id:arigirisu:20070930154646j:image

f:id:arigirisu:20070930150745j:image

2007-09-29 ちびっ子キャンプ「旅に出る」説明会実施

 運動会や下の子出産後で参加者は少なかったですが、こじんまりと和やかな雰囲気で説明会を行ってきました。初めて参加させるのでちょっぴり不安を抱えているお母さんと、もう何度も参加しているので「なにもありません」という雰囲気のお母さん。その場で初めて会うのだけど、でもそのちょっぴりの経験の違いで、「こうしたらいいよ」とか「うちも初めて参加させる時は心配でした」なんていうやり取りがあるのはとっても有意義な説明会になると思います。こういうところできっちりつながっていける環境を作りたいなと思います。

2007-09-28 道路封鎖

 辺鄙な場所だったのでタクシーで移動した。一通も多い場所で間違って入ったら振り出しに戻ってしまうし、渋滞も多い場所。で初めて通る人はドツボにはまってしまう可能性もあるかもしれない。そんな場所を通っていたら、前の車が方向転換して来た方向に戻ろうとし始めた。「きっと道を間違ったのだろう」と思ってみていたら、私の乗っているタクシーに横付けして、車の窓を開け、何やら運転手さんに話そうとしていた。状況がつかめず、とりあえずその人の話を聞いてみた。「前見たら分かると思うけど、救急車が来て今マンションに入っていったばかり。道の真ん中に止めてあるので車が通れない。バックするしかないですよ。人命がかかっているとはいえ・・・ちょっとですね」と言われた。よく見るとまさにその通りの状況だった。

 私もまさに病院に向かっているところだったし、近所には老人ホーム(病院と併設)や高齢者専用の住居マンション、産婦人科、総合病院・・・と結構いろんなものがあって、もしかしたら近くで他の病人に向けてその道を通る救急車がいたかもしれない。

 一番悪いのは救急車のとまっているマンションの反対側の斜線に路上駐車をしている軽トラック。でも、救急車ももう少しマンションの壁にぴったり寄せて駐車する事は可能だった。そうしてくれれば、大型の車でない限り通行は可能だった。「いくら急いでいたとはいえ、そういう配慮も欲しかったな〜。」と思いながら遠回りされてメーターが上がっていくのを見ていた。病院は目の前だったのに、いつもより300円くらい多く払った・・・。

2007-09-25 帰ってきました。

長い16日間の現実逃避から帰ってきました。

帰ってパソコンを開けたら、返信しなければならないメールがどさりたまっていました。急ぐ分に関しての返信が今やっと終わりました。自分に!お疲れさまでした(笑)。

明日事務局にいってたくさん仕事がたまっているのを見るのは怖いですが、こつこつ一つずつ片付けていきたいと思います。すごく健康的な「早寝早起き」生活をしていたのに帰国した日に見るも無惨に崩れてしまいました・・・。睡眠が1分遅れるとしわが一本増えると思って少しでも早く寝るよう努力したいと思います!

2007-09-11 しばらくお休みします。

じむ局長夏期休暇中です。

本日より、25日までしばらく事務局長日記をお休みするとこになります。

もしかしたら、珍道中の様子をお送りするかもそれませんが、気が向き次第という事で・・・。

26日から復活します。

2007-09-10 ナイトハイクpart2

おもしろい感想文いくつか紹介したいと思います。今日はじむ局長のブログではなく人が書いたものを掲載します。

20kmコースを歩いた女の子

 きのう、20キロあるいて、20キロは、みじかいと思っていたら、とても長くてとても足がいたくなりました。

 とちゅうで電車にのっていったけど、ゴールまで行けて、とてもうれしかったです。

 公園やコンビニなどできゅうけいとかして、2カ所でアイスを買ってもらってとてもうれしかったです。3,000円のおこづかいをうまくつかえてよかったです。

f:id:arigirisu:20070908224356j:image



33kmコースを歩いた女の子

 9/8にナイトハイクをしました。私は中学年で32kmでした。女の子一人だったから、すこし寂しかったけど、すぐになれました。と中くらいで、だんだん足がいたくなってきました。それからみんなも足がいたくなったのでコンビニとかでたくさんきゅうけいをしました。そのときに、3,000円で色々なものを買いました。

 たくさん歩いたけど、とうとう城石さんの車でゴールにいきました。そして、テントにねました。足がいたいし、とてもつかれていたから、すぐにねむれました。

 9/9の朝、おきたら、ねぶくろをたたんでから、みどりさんに「こう学年は、帰ってきた?」と聞くと、「まだ帰ってないよ。」といったので、びっくりしました。それから外で少しのんびりしていたら、お母さんが朝ごはんをもってきてくれました。ごはんを食べてから、おんせんに行きました。体がベタベタしていたので、とても気持ちがよかったです。とっても楽しかったです。こんどはゴールまで歩いていきたいです。

f:id:arigirisu:20070909012118j:image

f:id:arigirisu:20070909015152j:image


47kmコースを歩いた男の子

 今日は、ナイトハイクがありました。でだしは、元気におしゃべりをしていたけど、中ばんになって、だいぶつかれてきて、終ばんできんに肉つうになっていました。そのきん肉つうのせいで、歩きがおそくなるうえに、手まできん肉つうになってしまいました。この状たいでごーるをしました。

 朝食を食べた後に温泉に行きました。温泉に入り、きん肉つうがちょっと取れた気がしました。もうこんなきついことをしないようにしたいと思いました。

f:id:arigirisu:20070909060006j:image

f:id:arigirisu:20070909065130j:image

f:id:arigirisu:20070909102306j:image

2007-09-09 行ってきました、ナイトハイク!

この週末、ナイトハイクをしてきました。

 14:00今宿集合、まずはグループ分けから。20kmチーム・33kmチーム・46kmチームの3つ。原則低・中・高学年のチームで行くけど、体力的に難しそうと思えば一つ下げてもいいし、頑張れるとおもえばあげてもいいという話をしました。補足で「明らかに甘えが見られる場合は、スタッフからチームを替えられる場合があるかもしれません」というと、全く動かず、旗作りが始まりました。

f:id:arigirisu:20070908145038j:image

 トイレやいろんな準備をすませて、予定より30分早い15:30のスタート。各学年とも会長に歩き始めました。高学年はアップダウンが激しいコースで、峠を3つほど越える感じ。体の疲れはなかなか激しいはず。中学年は平坦な道を33km。眠ささえ何とかなれば絶対歩ける距離。低学年も楽しく電車でワープ、ここも問題は眠さだけ。

 私は低学年についたので、低学年を中心に報告したいと思います。歩き出して10分で「疲れた!」「眠い」と全くテンションがあがりませんでした。初参加の校長先生が思いっきり盛り上げようと[鼻水ビーム」とかいろいろ言ってくれているにも関わらず、無反応。ところが最初のコンビニでふくおかNPOセンターから頂いていた不二家ペコちゃんチョコレートを出すなりテンションがぐっとあがりました。一人でぺろりと食べてしまうと、今度は自分のリュックの中にストックしていました。f:id:arigirisu:20070908155144j:image

 その後も全くペースがあがらず、お姫様だっこしてもらったり、とにかく盛り上げてもらいながら歩き続けました。都市高速の下を歩き続けて小田部に入ったのが18:00。このペースだと終電に間に合わない可能性も出てくるという事で、ペースアップすることになりました。さっと校長先生が子ども達の前に立ち「いいですか皆さん!このままでは電車に乗れずにゴールまで歩かないと行けない可能性があります。そうなると困るのでちょっとペースをあげて歩きましょう!」という言葉掛けに対して「だいたい一番ふざけとうのは校長先生やろ?」「先生のせいでおそいとよ!」と、あり得ない反論。校長先生もたじたじでした。その後、子ども達のペースもあがり快調に進み始めました。

 ところがハプニング発生!あるはずの場所にコンビニがないのです。1週間前の下見の時にはあった場所にセブンがない(涙)。今回のコースが校長先生の通勤に使う道なので「いやあるはず。先週通ったときにはあった!」と、落胆気味?休憩させるはずで声をかけていた子ども達をなんとか納得させて、次のコンビニに・・・。そこにもセブンがない!そんなはずがないのに、そんなことが起こってしまいました。子ども達も限界で文句たらたら、ペースもあがらずその隣のスーパーでアイスを買って食べました。アイスの効果は恐るべし!休憩後また一気にペースがあがりました。

f:id:arigirisu:20070908184950j:image

そろそろ晩ご飯、中村大学の近所の公園で蚊に刺されながらお弁当を食べました。ちゃんと休息しているスタッフの横で、休憩になるとパワー全開の子ども達、疲れも忘れて思い切りアスレチックで遊んでいました。いつの間にか同じルートで歩いていた中学年を追い越してしまい、それが自信につながりまたペースがあがりました。15分刻みに目標を設定して、そのペース通りに歩き、大きな休憩ポイントの堀川公園に着きました。近所の真珠が差し入れに来てくれました。理由は「夏バテ」と聞いていましたが、至って元気!きっと2年前のナイトハイクのきつさがトラウマになってずる休みをしたのでは?とスタッフの間で噂になっていました。

f:id:arigirisu:20070908211917j:image

中学年と合流し、見送った後電車に乗り都府楼前までワープ。スタッフのお友達[白髪おやじ」が遊びに来てくれたにもかかわらず一切無視しており、申し訳ない感じ。今まで会長に歩いて北だけに電車に乗って一気に疲れが表面化してしまったようで、目が充血したり二重になったり・・・。後残りの1時間ちょっとの距離が歩けるのか急に不安になりました。

f:id:arigirisu:20070908215236j:image

 駅から一番近いコンビニでまたアイスを食べながら30分以上休憩。その後は気合いを入れて、ペースは遅くても休憩なしでゴールを目指すことにしました。元々眠たいのにしばらく街灯がない場所を歩いたので、眠さに拍車がかかり、しばらくしゃべらないで手をつないで歩いていると、眠ったまま歩いている子が2名ほどいました(笑)。「起きとる?」というと、びくりしたように目を開け「うん、大丈夫!」・・・大丈夫じゃないやろ!伴走してくれた保護者の方も適当に手を振りながら、子ども達にエールを送ってくれたりしたので、随分励みになった様子でした。0:30、なんとか天拝記念公園に到着しました。さっとテントをたてて就寝。子ども達も校風した状態だったようで寝付いたのは1:00を回っていました。

 さて、中学年。様子を聞くと、宝町交差点通過中との事。「限界が近づいている子がいるので、そろそろ車に回収します。」と連絡を受けました。低学年も寝静まっていたので、回収された子の到着を待っていたのですが、ニコニコ笑いながら元気におりてきました。テントに入れるとやっぱり疲れていたようで2人ともあっという間に眠ってしまいました。

f:id:arigirisu:20070909002116j:image

 その他のメンバーもちょっと休憩するたびに仮眠をとりながら頑張って歩いて来たようです。4:00にゴールしましたが、ゴールして座った途端その場で眠ってしまいました。あわてて起こしてテントに入れると既に夢の中の低学年を見て「ありえん!だいたいせこい。電車でワープするとか!zzz・・・」文句を言いながら眠てしました。そういう彼も2年前のナイトハイクに低学年で参加したときは船でワープ「ナイトハイク楽勝」とニコニコしていたのですが・・・。それは遠い昔の記憶になっているのでしょう。

f:id:arigirisu:20070909052117j:image

 さてさて、高学年ですが・・・。電話をして見るとまだ白水大池のところでした。時速3km計算の最悪朝8時到着に間に合うかちょっと心配になりましたが、きっと大丈夫だと信じ再び私も夢の中。元気に7:20目的地に到着しました。到着した子ども達は疲れ着ていると思いきや意外と元気でした。夜が明けてくるに連れてだんだん朝焼けがきれいになっていくのがとても感動的だったと話をしてくれました。「ありえん、誰こんなコースにしたの!」と文句は言っていましたが、最後まで頑張って歩いた子ども達の顔はとても誇らしげでした。

f:id:arigirisu:20070909054541j:image

f:id:arigirisu:20070909072533j:image

 朝ご飯は、保護者の方の手作りおにぎりの差し入れ!炊き込みご飯やのり巻きとあっという間になくなってしまいました。実は寝坊したらしく、私たちが手に取ったときもまだまだ温かいおにぎりでした。お父さんも一緒におにぎりを握ってくれたそうですが、相当熱いご飯だったはず(笑)。でもとってもおいしかったです。ありがとうございました。

f:id:arigirisu:20070909080725j:image

 高学年は仮眠もとらないまま、さらに歩いてみんなで二日市温泉を目指しました。汗を流し梅が枝餅をのんびり食べて休憩。あっという間の2日間でした。迎えに来た保護者の方たちも「どうでした?」「大丈夫でしたか?」と話をしてらっしゃいましたが、みんなよく頑張りました。きっと今頃家の布団で熟睡している事でしょう。お疲れさまでした。

 早速ですが、来年もまたナイトハイクやりますか(笑)?

2007-09-08 快晴

いよいよナイトハイク

 思いっきりはれているので天気の心配はしなくていいけど、なんか今日はとっても暑そうです・・・。まあ、ナイトハイクなので夜歩くのですが、スタートが16:00なので、まだまだ暑い時間。私は低学年で歩くからいいのですが、距離が短い代わりに「きつい」「疲れた」「帰りたい!」というのをなだめすかす方が大変そう。でも、理事長の学校の校長先生が一緒に歩いてくれるそうなので色々とお知恵や技術を拝借しようかと思っています(笑)

 元気だったら明日の夕方ナイトハイクの報告をしたいと思います。では行ってきます。

2007-09-07 「遊び塾?」

今日も色々な手続きやら銀行でうろうろして結局事務局についたのは15:00でした・・・。

あすみんでの事

 ちびっ子キャンプ「旅に出る」の募集要項を持って、あすみんにいきました。「掲示させてください」とお願いすると早速手際よく対応してくださいました。ありがとうございました。先日のブログ講座を担当してくださった方もいらっしゃり、ちょっとだけ楽しく話をして帰りました。沢山の子ども達が集まりますように・・・。

 

福岡銀行での事

 入金出金の手続きをして、番号が呼ばれたので窓口へ。「お座りになってお待ちください」ととってもいい感じの対応をしてくださり、「は〜い」と返事をして手続きが終わるのを待っていました。しばらくして「ありギリス様〜」と呼ばれ窓口にいくと、手続きをしてくださった方が「遊び塾ってどんな団体ですか?」「どんな活動してらっしゃるんですか?」と、今日に心身で話を聞いてくださった。今まで銀行の窓口でのそんな経験がないので、隣の窓口の人をちょっとだけ気にしながら、でもできるだけ活動のアピールをしたいなと思い頑張ったけど、20点くらいかな?

 なにか団体をアピールできるものを!と思ったけど、さっきあすみんに全部資料置いて来たし・・・。結局私の名刺を渡して「HP覗きに来てください」とだけ伝えて、話が終わりました。いかんいかん!やっぱり常日頃から団体のことをアピールできるツールを持って歩かないといけないですね。

 ただでさえ色々と荷物が多くて「ご旅行ですか?」と聞かれるので、荷物のダイエットをはかってツールのスペースを作りたいと思います。


また参加します!

 今日もちびっ子キャンプ「旅に出る」の参加申込みがありました。今日問い合わせがあった子は、昨年の星の子キャンプから全部通しで参加してくれています。最初は何を聞いてもちょっと反応悪い感じで、こちらの方が「楽しくないのかな?」「盛り上げんといかんかな?」と思っていたのですが、2回目の募集のときも資料が届いてすぐ「参加します」と申し込みを頂きました。正直続かないかな?と思っていただけにとても嬉しかったです。集合場所で名前を呼ぶとにこっとわらってくれ、回を重ねるごとにいろんなことを話してくれるようになりました。今回も久しぶりに逢うのが楽しみです。みんな回を重ねるごとに自分を出してくるから関わるのがとってもおもしろくなっていきます。次回も楽しみだ〜!

2007-09-06 ティータイム

ちょっと一息・・・

 今日はナイトハイクの事でゆうたろうのお母さんが事務局にいらっしゃいました。「歩きたいけど・・・どうなるか分からないし・・・」と、ちょっと不安そうでした。「低学年や中学年と一緒に歩けば、そうたいした距離ではないですよ!」なんて話したけど、当日どうされるのか楽しみ!歩き終わった後はお母さん手作りの朝ご飯を差し入れしてもらえることになりました。疲れた後においしいおにぎりは嬉しいですね!こちらもらも楽しみ。

 今、仕事が一段落したので頂いたマドレーヌを食べながらのんびりしているところです。汚い机の上がばれてしまうのでちょっと恥ずかしいのですが・・・。

 まだもう少ししないといけないことがあるから、気分転換したらまたばりっと頑張ります!ありがとうございました。おいしく頂きました!

f:id:arigirisu:20070906171350j:image


衣川さん来所

 夏休みにわとりキャンプ無人島キャンプでお世話になったオタフクソースさんへの礼状作りをしました。遅くなってしまい申し訳ありません。こうやってつながりができた方へ少しずつありギリスの活動紹介をしていけたらいいなと思います。

2007-09-05 ナイトハイクの準備でウロウロ・・・

 いつも事務局のクーラーの中で仕事している時間に外に出ると暑いですね!日傘をさしてもあまり変わらない感じがしました。立ち止まった途端、汗がじわ〜っと出てくる感じ。やっぱり夏は嫌いかもしれません。

 ナイトハイクのいろいろを考えているときに、ちょうどふくおかNPOセンターの「つこーちゃらん?」で不二家のお菓子(カントリーマアムとかチョコレートとか)いりませんか?と言われ、速攻で手を挙げていました。疲れた子ども達にはいいだろうと思って。そしたら昨日「来るときはキャリーバック持って来た方がいいよ!」と言われどんだけあるんだろう?とちょっと不安になりました。ちょうど別の団体の方もとりに来ていて、その方は車につんで帰るところでした。さらに不安になりながらいくと、やっぱりすごい量!空気を抜いて詰め込んでもバックには入らず、結局でかい紙袋にも詰め込んで、結構な量を抱えて天神を歩きました。ちょと恥ずかしかったかなぁ・・・。

 その後、100均で蛍光たすき購入、ユザワヤで班旗用の布購入。これで購入しなければならないものは全部終わりました。今からグループごとの簡易救急セットや緊急連絡先等の最終チェックをして、今日中にナイトハイクの準備を終わらせてしまおうと思っています。頑張るぞ〜!

f:id:arigirisu:20070905150151j:image

2007-09-04 ナイトハイクスタッフ会議

 初参加の人一人、お久しぶりの参加者を1人混ぜてスタッフ会をしました。みんな仕事が終わってばたばたと駆けつけてくれたので19:30の開始は難しかったけど、なんとか20:00には始めることができた。

 決めないといけない事や確認しないといけない事も多くてもっと効率よく進めないと行けないのだけど、いつもポイントを絞ってできないので、もう少しコーディネーター的な事やファシリテーター的な事を上手にできるようになりたいなと思います。でも、あまり効率ばかりを求めるのはどうかなと思うところもあったりします。自分の頭の中では分かっているけど、初めて参加する人や経験の少ない人に気づいてほしいと思うところはあるのです。でも、忙しい中集まって暮れているメンバーにあまり時間のロスはさせたくないなとかも考えたり。結論はなかなか出ません。

 今日のスタッフ会で具体的に決まった事もたくさんあったので、それを担当のスタッフが噛み砕き、週末のナイトハイクで活かしてもらえたらいいなと思います。最近活動に参加できていないスタッフがゲリラで(保険の都合があるので、事務局にはこそっと教えてね!)参加してくれるの大歓迎ですので、連絡くださいな。待ってます!


 今日のスタッフ会の様子を写真に収めるのを忘れました。ごめんなさい。

2007-09-03 発送作業

今日は、かなり膨大な量の発送作業をした。

といっても200部程度だけど、それを全部一人で印刷、綴じ込み→宛名書き、切手はり→投函はなかなか大変な作業だ・・・。最初からいろんな人にSOSを出せばいいのだろうけど、そういうときに限って調整がつかなかったり、トナーが切れたりと色々とハプニングが起こってしまう。今日は早めにコピー機の会社に電話をしたら裏技を教えてもらい、なんとか夕方まで頑張ったが、印刷の量が多かったか小技々も効かなくなり、19:00すぎにまた電話。時間外に申し訳なかったけど、早速対応してくれる会社の方に感謝!「ごめんね〜、困っとったろ?」と笑顔でちゃちゃっと設定して「じゃあ頑張ってね!」と帰っていく。いつもの事だけど、短時間の間に上手にコミュニケーションをとって、人を元気にさせてくれる宇野さんの笑顔や人柄には学ぶべきところがたくさんあるんですよね。

 結局量が多くてギブアップしてしまいました。続きはまた明日。頑張ろう!

2007-09-02 ブログ講座参加

 予定していたありギリスの理事会延期。という事で、私が理事をしており、旦那(ありギリスの理事)がNPO.ICTどんとこいプロジェクトのプロジェクトメンバーでもある「ふくおかNPOセンター」のブログ事業に、助っ人(旦那)・野次馬(私)で途中から参加しました。到着したときは参加者全員既に和やかな雰囲気で楽しく講座が進められていました。

 2〜3人で1台のパソコンをつかっていたので、1団体1台でのブログ講座かと思ってみていたのですが、講座終了後色々と話を聞いていたら、みんな初めてその場で出会った人ばかりだと言う事。たった1時間程度で、しかもそれぞれが知っている知識を教えつつ仲良く講座が受けられるのもいいなと思いました。本当に和やかな雰囲気でした。参加者12名に対して講師と助っ人(野次馬含む)7人と、とても充実した人数で「何かあればいつでもどうぞ!」という雰囲気で受講できるのも、参加者にとってはとっても大きなメリットだったと思います。それだけのサポート体制を作るのはなかなか大変だけど、でも、そういう環境もたまには作れたらいいなと思いました。

 講座終了後はみんなでビビンバを食べにいき、提出を明日に控えた申請書(4つも!)のあれこれについて色々と作戦会議をしました。技術的な事が詳しいメンバーやそれぞれの経験や立場から短時間ではありましたが、なかなかいい打ち合わせができたと思います。その中で「やれる!」「やりたい!」気持ちと「技術的に」「予算的に」といろんな角度から話ができるのはやはりいろんな立場の人がいるから。

 ありギリスも負けないくらいいろんな人はいるのですが、大きく分けるとIT関係と教育関係(幼保系と小学校)と大きくはこの2つなので、もう少し異業種の人たちがいつける環境に変わっていくといいなと思っています(笑)

f:id:arigirisu:20070905000618j:imagef:id:arigirisu:20070905000632j:image

古賀桃子古賀桃子 2007/09/08 21:28 いつもご協力ありがとうございます☆
このブログ講座は、私自身講師でありながら、とてもリラックスしつつ進めさせていただきました。桜井ご夫妻をはじめ、皆さんのおかげです!
参加者に満足していただくためには、講師自身が神経をとがらせつつも楽しむことがナンボじゃ、と最近思っているのですが、先日はほんとにそれを実感しました。
今後ともよろしゅ〜☆

桜井翠桜井翠 2007/09/11 18:38 コメント書き込みありがとうございます。
そして、昨日はご心配メールありがとうございました。既にバルセロナに到着してから読みました(笑)。普通に考えたらごもっともな指摘、気をつけて過ごしたいと思います。
 下半期もNPOセミナーやいろんなプロジェクトが目白押しです。サポートさせてもらう事で、自分の団体にフィードバックできる事も多いので、今後もできる範囲でできる事をサポートさせてもらいたいと思います。引き続きよろしくお願いします。

2007-09-01 9月

今日から新学期

 と言いたいところですが、今年は1日が土曜日のため2日も長い夏休みでうらやましい・・・。でも、月曜日スタートでいきなり5日間ばっちりだからそれもどうだろう?その週末がナイトハイクですからね!NESっ子達。よろしくね。

 私はこの4年くらいすべて自分のペースで仕事ができる環境にいるので感謝しています。もちろん大変なこともあるけど、朝起きて決まった時間に会社や学校にいって定時退社ができればして・・・もしくは残業盛りだくさん!でも次の日もまた・・・という環境には自分が適していない事がよくわかります(笑)

 これから先もonとoffを自分で調整しながら生きがいを持て働ける環境に身を置き続けたいなと思います。そうさせてくれる周りのサポートにも感謝感謝!