Hatena::ブログ(Diary)

おかあの日記

2006 | 11 |
2007 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 |
2014 | 05 | 06 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 09 | 10 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 |
2018 | 01 | 03 | 05 |

2008-02-28 軽くなった

 体重が・・・と書きたいところですが、頭が軽くなりました。今日は3名の保護者の方にお手伝いいただき、予定通り発送作業が終わりました。ご協力いただきありがとうございました。袋とじが結構大変なので、来月からははがきに厳選した情報を掲載して発送しようかと考えています。


来週末はNES

 NESの保護者の方が来てくださったので、NESの卒業式について話をしました。話をしているだけでなんかワクワクしてきました。楽しい卒業式が出来るように計画したいと思います!

2008-02-27 12時間経った・・・

今日はすごい勢いで資料を作って、会計処理をして、印刷をして・・・気付いたら22:30。そろそろ帰ろう。これで明日はスムーズに発送作業が進むでしょう。

f:id:arigirisu:20080228012758j:image

明日はお手伝いの方が来てくれることになっているので、おしゃべりも楽しみつつ作業を進めていこうと思います。宜しくお願いします。

早く帰らないと救命病棟が始まる!

2008-02-26 「仕事と子育ての両立」応援フォーラムin福岡←参加したかった

 先日福岡市主催で開催された「仕事と子育ての応援フォーラムin福岡」。体調が思わしくなく、当日ドタキャンしたのだけど、お誘いいただいた主催者の方から資料を送っていただきました。(ありがとうございました。)

 早速読んでみたのですが、読めば読むほどこれは実際に行って話を聞くべきだったと後悔ばかりがが募ります・・・。


福岡県は出生増加率No.1

 恥ずかしながら、資料を見て初めて知ったのだけど、2007年上半期は出生増加率(対前年比)No.1は福岡県でした。出産を間近に控えた者としてはとても嬉しい結果。これからも、継続してそのポジションを維持して欲しいし、私もそれを実感したいなと思っています。


 ワーク・ライフ・バランスが企業に明暗をもたらす

 正にこのあたりのことを考えながら引き継ぎ資料や、積み上がっていたものの整理をしているところですが、仕事の棚卸しをしたり、関わっているメンバーにやっている仕事を見てもらう事で効率化が図れたり、協力が得られやすくなるのだと実感しているところです。

 みんな忙しそうだから・・・と、抱え込んでしまった事がいろんな仕事が見えなくなってしまった原因なのだろうと思います。整理をしながら自分しか分からない整理の仕方になってるものも多々あり反省しています・・・。


引き継ぎ

 とはいえ、なかなか引き継ぎの準備が先に進まないという現状があります。仕事を全部書き出して、その中で優先順位を付けて出来るところ迄しか出来ないとあきらめつつも出来るところ迄は頑張って準備をしていきたいと思います。




参考資料:

渥美由喜氏「もっとしりたい!ワーク・ライフ・バランス」

パワーポイント資料

2008-02-25 追われているけど気持ちがいい

思い立ったら! 

 backlogの使い方を管理人さんに教えてもらい、仕事をどんどん登録している。朝起きてパソコンを開いたら「あなたの今日の仕事はこれ!」「昨日の〜が終わってない!」という一覧が届いています。ちゃんと覚えているともりでも「あっ、忘れとった!」というのが結構あってなかなかいい。

 ただまだうまく使いこなせていないという問題はあるけど・・・(笑)


どんどん

 ↑てな感じで、ひっきりなしに仕事が迫ってくる感じがするけど、でもそれが片付いたときは気持ちがいい。産休中はこれでスケジュール管理が出来そう。

 

2008-02-21 見える化への挑戦3(完結編)に参加してきました。

事件発生

今日はオフの日。

のんびりラ・マニーナで食事をしてから午後のセミナーに焦点を当てて動くつもりだったのですが、大事件発生!しかも、非常にテンションが下がる事件で、気分が全く乗らない・・・。昼ご飯も食べる時間がないまま移動が遅れ・・・。会場に到着したときは、橋本さんの話が始まっていました。後で聞くと会場全員が立ってアイスブレイキングをしたらしい。参加できなくて残念(涙)


Backlogで始める自己組織化プロジェクト

 そんなこんなで、最初は全く気分が乗らないまま会場にいました。でもいつの間にか橋本ワールドに引き込まれていました。1時間程度あった話の中で私はたった4行しかメモしていなかったのですが、「では最後に、今日の話の大事なところを・・・」といって出した橋本さんの画面と私のノートのメモが全く同じだったので思わず笑ってしまいました。

「『見えないもの』も『見えない』という事をタスク化する」という話は、最初?でしたが、日頃の私のもやもやの原因は全てここ!もやもやも積極的に見えるようにしようと思いました。

 以前からBacklogのIDだけは持っているのですが、活用しないまま1ヶ月が経ちました。引き継ぎ資料はこれを使わせていただくのがベストのような気がするので、全くお金に反映されないフリーのソフトを使わせていただこうと思いますm(__)m。「なんだよ、ちくしょ〜っ」と言う声が聞こえてきそうです(笑)


見える化事例の講評と講演

 以前から、仕事を始める前にtodoリストは作っていたのですが、平鍋さんの話で「『Doing』と『Done』を作る事が大事」という話があったので、早速取り入れてみることにしました。

↓今迄はこのおかしなNPOの日本語訳の隣にToDoリストを貼っていました。

f:id:arigirisu:20080222012844j:image


↓今日からこうなりました。「タスク看板」

f:id:arigirisu:20080222013010j:image


やってみて気付いた事は、「Doing」が非常に大事だと言う事です。

今迄ToDoリストで「○○さんに△△をお願い(役割分担)する」というタスクを作り、MLなり、直接電話してお願いしたら、そのタスクをはがして(捨てて)終わった気分になっていました。

 ところが・・・後で「忘れとった!」とか、先方から電話がかかって来て「やってない」という事が判明・・・(涙)。バタバタと後処理をしてなんとか完成・終了ということが結構多かったような・・・。

 でも、目の前に「誰かにお願いして進行中(Doing)」が見えると、報告がないときは進捗状況確認の電話をしたり、メールをして確認することができます。そこで仮にその人では「手に負えない出来ない」という問題が見えてくれば、新たに「○○さんにサポート(具体的にポイントをしぼって)をお願いする」というタスクを追加することができます。

 そして、最終的に仕事が終わったら「Done」にタスクを貼ることができます。一連の流れが目に見えて分かれば、また新しい仕事の振り方や、誰と誰が組めばスムーズに流れるのではないか?という予測のもとまた新しい「ToDo→Doing→Done」のタスク看板を作ることができると思いました。なんか一人感動していました。

 「ここ大事!」と思うところはかりかりメモして、間に合わないところはキーワードだけ書いて汚いノートになってしまいました。そしたら最後に「今日の資料はここ(http://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2008/02/pf-6716.html)にありまぁす!」と言われ、がっかり・・・。先に言ってよ。早速読ませていただきました!

こんなPFがいたら、ばりばり進んでいくんだろうな。仕事も楽しそう!



地元企業による見える化事例発表

 4つの会社がそれぞれの取り組みの発表をしました。「ホワイトボードのあるオフィス」とかいうかっこいいタイトルを付けて、資料の中にも小ネタを沢山仕込んでいたにもかかわらず、時間を気にして早口になりすぎてもったいなぁい!って、これを発表したのはうちの理事だったりするのだけど・・・(笑)。


見える化」は単なるきっかけ

 いろんなアイディアを紹介してもらいましたが、聞いたまま導入するのではなく、ちょっとした工夫が必要だと言われました。その通りだと思います。ニコニコカレンダーは面白いと思いましたが、うちの事務局は原則一人なので、暗礁に乗り上げていてかりに1週間青い顔(浮かない顔)が続いた事実を自分で見ると、さらにテンションが下がってしまいます(笑)。これは日々事務局に私以外の人が出入りするようになってから導入したいと思います。


問題 VS 私たち

 行ってみてやっぱり畑違いだったと思いました。アジャイルとかJUDEとかPMとか・・・いちいち「?」が頭の中に出てきます。でも、どこの世界でも「チームで仕事をする(=できる)」のは大事な事で、ではそのために何をしなければならないか?という事を常に考えなければならないのだと思います。


現在見えている問題を組織としてどう解決していくのか?

うちは小さな団体だけど、専従一人ではキャパを超えている仕事がたくさんあります。もちろん楽しくて仕方ないからやれているのだけど、毎日顔を合わせる訳ではない会員やスタッフ達とどう協力していきながら問題解決したり、組織運営したり、活動を作っていったりするか・・・?考えていきたいと思います。



まず、自分が変わること!

こんな事考えてたら結局産休に入れないままになりそう・・・かなぁ

2008-02-19 見える化への挑戦!

最近やってる事

 2月から産前休暇の予定だったのですが、結局事務局に来ていたり・・・(汗)

2ヶ月くらい前から取り組んでいる事なのだけど、事務局に来てくださった人が気軽に(正確にはいつでも)お手伝いしてもらえるように、机の上をこんな感じにしています。

f:id:arigirisu:20080219194450j:image

f:id:arigirisu:20080219194727j:image


 早く片付けたい仕事から並べて、持って帰れそうなものや事務局でしか出ない仕事を割り振って並べています。来てくれる方の顔ぶれはだいたい同じですが、この輪が少しずつでも広がっていけばいいなと思っています。


見える化への挑戦

 そして明日は、タイトルのセミナーが開催されます。対象者は随分違いますが、同じNPOだし、形を変えてありギリスでも活かせる部分がありそうなので、場違い承知で参加してきます。


懐かしの人

 明日は、宋慶齢基金会で長年地球冒険隊の窓口となってお世話をしてくださった王丹々さんが来福します。夕食をご一緒することとなりました。理事の面々も忙しいでしょうがスケジュールの調整が出来たらいいなぁ。

2008-02-17 1,000円企画第2弾「満段成就」取材付き

スタッフ集合

 子どもよりも1時間早く福岡銀行本店エントランスに集合しました。風が通って寒いけど、天神で休日の待ち合わせ場所には最適かも・・・。バタバタと最終打ち合わせ中の一こま。スタバのカフェ・モカで幸せになれました。

f:id:arigirisu:20080219113715j:image


子ども集合

 初参加が2人いましたが、その子達も以前参加した事ある子の兄弟。残りは全部リピーター若しくは会員だったため、スムーズに説明も進みました。

f:id:arigirisu:20080219114316j:image f:id:arigirisu:20080219114315j:image

怪しげな杖と、ピンクのバンダナを頭に巻き、いざ出発。注意事項のに「怒られても決して『ありギリス』という団体の名前は口に出さないように!」と付け加えて、出発させました(笑)


満願成就にむけて

青竹の先に鈴がついており、歩くたびに♪チリンチリン〜と音がします。カウンターで1段ずつカウントしながら♪ま〜んだ〜んじょ〜うじゅ〜(満段成就)と言いながら歩きます。NPO法人ですが、別の法人に間違えられたりもしたようです。世間の方たちの視線は、まず杖→ピンクのバンダナ→首からぶら下げた名札と移り、余裕がある方は「何をしてるんですか?」という声かけもあったようです。

f:id:arigirisu:20080219114810j:image

f:id:arigirisu:20080219114809j:image f:id:arigirisu:20080219114808j:image


全員目標達成

 早いグループは午前中だけで6000段登った所もありました。目標設定時刻の1時間前までには全てのチームが登り終えました。

 午後一番で西日本新聞から取材を受け、翌日の朝刊にはばっちり活動の様子が掲載されました。(*各自チェックをお願いします。)

 全員集まっての表彰式。「六根清浄(=賞状)」とかかれた賞状と、恒例になりつつある缶バッチを手渡され、うれしそうな子ども達でした。

f:id:arigirisu:20080219115405j:image f:id:arigirisu:20080219115404j:image

20個集まると2009年冬に実施する「地球冒険隊in樺太」に参加することができます。みなさまふるってご参加ください。

2008-02-15 本日総会なり

 バタバタとでしたが、なんとか資料も間に合い(?)総会当日を迎えることができました。金曜日の19:00〜という出来れば飲みにいきたい枠ですが、皆さん仕事を終えてバタバタと駆けつけてくれました。ありがとうございました。

f:id:arigirisu:20080218233310j:image

f:id:arigirisu:20080218233656j:image


 ありギリスの総会資料は私がじむ局長になってからなかなか落ち着かないフォーマットで作られていますが、今回もまた6月の総会とは違った資料の作り方になりました。目標に対する反省を会員で共有して前進したいと思います。

 

2008-02-13 お休みしました。

 総会準備で稼働の予定だったのですが、3連休結局全部かどうしていたため体からストップかけられ、今日は臨時休業とさせていただきました。ご迷惑おかけしました。

 明日の午前中は銀行等で外に出ていますが、午後からは事務局にいます。

2008-02-12 沢山の人が出入りしました!

草笛奏者

うれしい電話。

昨日西日本新聞にありギリスの記事が掲載されてから何件かお電話いただきました。やっぱり新聞の力は大きい!

今日は草笛奏者の方からのお電話でした。10年来活動してあり、元保育士との事。なんか同じにおいを感じました(笑)草笛を広めたい!キャンプ場で遊ぶ子ども達にも経験させたい!という事で、早速3月の卒業式に来ていただければと思い調整を始めましたが、両方のスケジュールがあったのが7月(涙)随分先です。でも、重奏したりいろんなバリエーションを楽しむ事が出来るとの事。

 7月になれば我が子の首も座っているでしょうから、西の浦に遊びにいきたいと思います。

編集会議

久々に編集会議をしました。新しい編集スタッフをむかえて・・・。

先週末のNESでカメラマンをしていただいたのですが、もとNES会員のお母さんで、会の雰囲気もご存知だし、我が子がいない分客観的な目もあり。しかも、初めて編集に携われるため「こういうところを知りたい」「こういうところをもっとアピールすればいいのでは?」という、新しいスパイスも沢山持ってらっしゃいます。

 経験を積んだ編集スタッフと新しい斬新なアイディアを持ってくれてる方が上手く機能すれば、またさらに面白いニューズレターを作ることができるのでは?と期待しています。今後とも宜しくお願いします。


総会出欠とアンケート

 本日締め切りにしていたので、わざわざ忙しい中事務局にもってきてくれました。(ポストの中にも1通入っていました!)いただいたシュークリームは、旬とうに子が食べました。ごちそうさまでした。

2008-02-11 総会資料準備中!

西日本新聞「草の根ひとトーク」に掲載されました。

 本日の西日本新聞にありギリスの記事が掲載されました。早いものでもう7回目の掲載になるんですね。対談した大久保さん(ひらおだい自然塾)としっかり話をしたのは対談の時は初めてでした。同じ「子ども」「遊び」「自然」というキーワードで活動していても違うところがたくさんあって、それが刺激になってなかなか面白かったです。取材をしてくれたのは、ふくおかNPOセンターの代表古賀桃子さん。一緒にいる時間は結構長いのですが、ありギリスの知らなかったところも沢山あった!と、「へ〜」「そうやったったい!」って感じで・・・。だいたい同世代の3人で楽しくおしゃべりした記事を新聞に掲載していただけるなんて感謝感謝です。

 西日本新聞を取っている方もそうでない方も、本日の記事は必見です!買って読んでください(笑)。今後もしばらく月曜日に記事が掲載されますので、引き続き読んでみると面白いと思いますよ。



かりかり

やる事いっぱい!

先が見えないとどうしてもカリカリしてしまします。いつも「スルー力(するうりょく)」と言われますが、なかなかそんな力はつきません。


りんりん

 会計担当者にひっきりなしに電話し、パソコン管理者にひっきりなしに電話し・・・。事務局にて衣川理事と事務局長にて作業中。なんとか先が見えてきました。15日(金)の総会に向けて、引き続き頑張ります!

f:id:arigirisu:20080211124352j:image


ぱちぱち

 総会に向けて、活動計画を作成中。最近フリーマインドを使い始めて、随分想いや考えを整理するのが楽になりました。まだ全く進んでいませんが、来年度の事業計画や予算計画も合わせて作成ているので、これが仕上がれば資料自体はあっという間に出来上がると思います。引き続き頑張ります。


ぼちぼち

とはいえ「やりたい事」とじっさい「やれる事」は随分違うこともあるので、出来る範囲でやってきます。

2008-02-10 パンフレット打ち合わせ

前段

 今日もまた、ケーキ(本日のケーキは南区のマヌカンピスなり)のお土産を持って事務局に来てくれた九州コミュニティ研究所お二人。恒例の「どれが食べたいか指差し」→「かぶった人だけじゃんけん」にて食するケーキを決めました。本日もまた、中村さんとかぶり(よっぽど気が合うのでしょうか・笑?)、最後に残ったのが、なぜかお店で一番人気のケーキでした。

美味しかった!ごちそうさまでした。


プロの仕事

 前回の打ち合わせで募集要項や過去の資料でいくつか代表的なものをお渡しして、私なりの想いやパンフレット作成にあたって大切にしたい事をお話ししました。

 それを受けて、お二方がしっかりと咀嚼していただき、その中で出て来たアイディアを沢山持って来てくれました。どんなものを見せてもらえるのかな?とワクワクしていたら、いきなり前段の口調とは代わりお仕事モードのしゃべり方になったので笑ってしまいました。


<常識的な範囲内での遊び・アイディア>

 A子ども(会員)の手が入ったもの

 B参加者側(会員外)に「余白(遊び)」があるもの

 Cデザイン・ビジュアルで印象的に

      ↓

   アイディア6通り

f:id:arigirisu:20080210173408j:image


 どれも良かったのですが、じむ局長と理事2名はとりあえず「B」の参加者の手が入ったものをベースに次回総会で提案していければいいなと思います。お二人も今ある6通りがもしかしたら36通りにまで膨らむかもしれないけど、そこからまた削っていき、完成品を作ればいいとアドバイスしていただき、なんだかとてもワクワクしてきました。

 企画書は手書きでした。パソコンので頂くよりも、お二人の個性と言うか・・・味が出ていました。ありギリスの団体のこともよく理解していただいてて、私の名刺に書かれている「あなたと出会えた日  月 日」という日付をその都度書き込むというアイディア(手書きのあたたかさ・味)も大切にしたかった、と会話の中からいろんなお二人の想いも聞くことができて、とっても有意義な打ち合わせになりました。


f:id:arigirisu:20080210173327j:image f:id:arigirisu:20080210174216j:image



いつも「お金がない!」と言ってるありギリスが、パンフレット作りにこれだけのお金を投じるのは決して楽ではありません。でも、今日のプレゼンと言うか、考えて来てくれた想いやアイディアを見せていただき、「やっぱりプロ(の仕事)はちがうね!」「こうでないと!」としばらく興奮冷めやらぬ状態で話をしました。完成(目標は2月中に固めて、3月頭に仕上がり!)まで、じっくり考えつつハイペースで仕事を進めていきたいと思います。引き続き宜しくお願いします。


喉あっためたらいいよ!

最近中村さんの捨て台詞らしい・・・(笑)

たわいもない話から、SPの岡田君にお茶をくれそうでくれない人が最終回で渡したおまんじゅうが四国の「かまど」である事も教えていただきました。早速お取り寄せして食べてみようと思います。

2008-02-09 NES卒業記念品製作「苔玉作り」と、餅尽くし

9:30スタッフ集合!

スタッフはまばらなのに、子どもが一人既に来ていました。


ひさびさに参加した中垣君が手品を始め、子ども達はすっかり引き込まれています。子どもだけでなくまわりにいたJr.やスタッフ達も「え?」「なんで?」「は?」「分からん・・・」と、すっかり中垣ワールドに引き込まれていました。

f:id:arigirisu:20080218234257j:image


 時間が経つのも忘れて手品に見入っていた子ども達でしたが、出欠の確認をしてバタバタとバスに乗り込みました。とりあえず指示に従い流されてバスに乗ってはみたけど・・・なんか足りない事に気付いた子ども達。バスに乗って一息つくなり、「なんで買い物せんと?」「もしかして、今日は餅しか食べれんと!?」という質問。気付くのが遅い!先月肉しか食べてないのだから、わざわざ電話して「米3合やめて餅10個にしてください」と伝えた時点で気付けよなぁ。その通りと答えると、すっかり肩を落としていました(笑)


いざ西の浦へ

 インフルエンザや風邪でスタートの人数は8名。ひさびさのバス引率で、楽しく山を登りながらキャンプ場を目指しました。先頭を6年生にあるいてもらい、のんびり最後尾から歩いていきました。妊婦を気遣ってくれているのか、子ども達も随分遅いペースであるいていました。でもその割には草の根っこをリュックに載せられたり、竹でつつかれたり、溝に落とされそうになったり・・・。そんなひどい扱いをしつつ、「赤ちゃん産まれるの見たいけん、西の浦で産んで」とか、普段生意気な口聞いてるくせに「僕赤ちゃんだっこしたいけん、病院教えて」とかかわいい一面をみせてくれたりもするんです。こういう子ども達の一面をみられるからやめられないんですよね〜。初産じゃなければ西の浦出産もありかもしれない(笑)

 いちいち足を止めてカラスウリをとったり、沢山落ちている糞をみて「この辺にからすの塒があるはず!」と山に入ってみたり。結局最後尾は高学年の男の子ばかりになっていました。


以下、ダイジェスト版です。


↓山の中でスズメバチの巣を見つけました。

f:id:arigirisu:20080211125526j:image f:id:arigirisu:20080211200308j:image



苔玉作り中

f:id:arigirisu:20080211125525j:image f:id:arigirisu:20080211125524j:image

f:id:arigirisu:20080211125523j:image


↓完成品達

f:id:arigirisu:20080211125522j:image


↓山を削って土スキーが出来る場所を作っています。

f:id:arigirisu:20080211125521j:image


↓おなかの空いたJr.達。お雑煮つまみ食い中

f:id:arigirisu:20080211125520j:image f:id:arigirisu:20080211125519j:image


↓やっと晩ご飯 ♪いただきま〜す

f:id:arigirisu:20080211125518j:image f:id:arigirisu:20080211125517j:image


↓井戸が涸れて、下の公園まで水汲みに

f:id:arigirisu:20080211200702j:image f:id:arigirisu:20080211200700j:image


↓餅尽くしのはずが、なぜか竹パン作り

f:id:arigirisu:20080211200825j:image f:id:arigirisu:20080211200824j:image


↓黙々とキャンプ場整備

f:id:arigirisu:20080211200941j:image f:id:arigirisu:20080211200940j:image

2008-02-08 飛び込みの仕事

背負えるキャパ

 いつも自分のノートに「今日やる事リスト」を書いて、2〜3分眺めた後に優先順位をつけていく。勿論翌日に持ち越せるものは翌日にとは思うが、どうしてもいそぎの用事が入って来た時は、その都度追記し、優先順位が変わる。終わったらどんどん消していく。目標にしていた仕事が1日で終わるととっても気持ちがいいが、そんな日は殆どない。リストが増えていくだけで、一向に終わる気配がない。なんでだろう・・・。管理人に勧められたヌーラボ社製作のソフトを使ったら解決しそうな気もしているのだが・・・。



出来る人=仕事を振る+「細かい」こだわり+「やめる・やらない」を決断する勇気

 たぶん1ヶ月後には、ここに書いた「出来る人の定義」も変わっているのだろうが、おおかたこんなところだろう。

私は細かいこだわりは至る所にあるものの(あくまで自称です!)、仕事を振る事や「やらない」という決断をする勇気がない。

状況が許さなくなって来ているので、特に「人に仕事を振る(任せる)」という点はしっかりやりたいと思う。

2008-02-07 某市民センターでの出来事

登録内容変更

 先日しばらくぶりに市民センターを利用した。住所が昔のままだったため、センター職員より「早めに変更手続きをお願いします。」と言われ、登録用紙と記入例をもらって帰った。ちなみにアンケートも記入したが、代表者名や住所等は昔のまま(現在登録しているまま)記載して欲しいといわれ、変更届持参時に新しい住所に書き換えて欲しいと告げられた。

3日後、センターに変更届を持っていった。

変更内容は以下の通り

・代表者名、住所変更

・団体名に「特定非営利活動法人」が入る

銀行口座記入

  銀行口座の住所変更は終わっており、引き続き同じ口座を使う


 窓口の職員から「こういった場合、新規登録を進めているのですが・・・」と言われた。こちらは変更届であろうが新規登録であろうがどうでもいい。大切なのは引き続きセンターが利用できる事。(ちなみに変更手続きの用紙をくれた職員と同じ職員だった。先日書いたアンケートには「特定非営利活動法人」を記載していたし、住所も代表者も変わった事も知った上で、『変更届用紙』を書くように言われたのだ。)

 中に通され、色々と書くように言われたが、分からないところを質問すると、その都度担当者に確認しにいった。どうやら非常勤職員らしい。ミスがあっては困ると思い確認してくれているようなのだが、どう考えても効率が悪い。質問しにいった先の担当者が出て来て対応すれば、時間は1/3で済む。手続きが進まず時間だけが進む。私の後ろでは別の職員が話をしている。「中国の毒入り餃子怖いね〜」「加工食品は怖くて食べられんね〜」誰がどう聞いても仕事の話ではない。

 壁に向かって椅子に座らされたが、背中でも私のイライラが伝わったのだろう。上司が担当者に「あんたが(直接行って対応)せんね!」と一言。(たぶん)非常勤職員には冷たい対応だったのに、上司の一言で即私のところに来た。変更手続きは一応受理されたものの、銀行の引き落とし口座がこれで正しいか証明書をもらってまた市民センターに来るように言われた。郵送で対応してもらえないか確認したがダメとの事。ちなみに、もらった記入例には一切そんな説明書き(「引き落とし口座が変更ない場合も証明書をもらってくる事」や「新規の場合は口座の証明書が必要」等)はないし、私も毎日市民センターに通うほど暇ではない。が、どうしても郵送が認められないとの事。渋々了解して仮提出の状態だったアンケートの記入を始めた。訂正に訂正を重ねているので何を書いているか分からなくなったため、新しい用紙をもらって書き始めると、窓口の担当者が別の手続きの部署に電話をしていた。そこで、銀行口座の証明書は必要ない事が判明。また担当者に状況を報告しにいった。そんなはずはないと別の場所で話していたが、また上司が一言。「あんたが(直接電話に出て対応)せんね!」そしたら、電話の相手に「私そんな事初めて聞きました!」と半分切れている。間接的に聞こえてくる電話の内容でも、その担当者が知らなかっただけでマニュアルには明記してあることが伝わった・・・。別の職員達のおしゃべりテーマは、「毒入り餃子」から「山登り」に変わっていた。


 電話を切った後、担当者が私のところにきて「受理しましたので控えを渡します。」それだけが告げられた。センターの要領の悪さでさんざん待たされた事に対するお詫びも、銀行口座の証明書が必要なくなった事も一切報告されなかった。


 最後に団体の登録番号を記入するように言われた。しつこいようだが、もらった記入例は空白になっていたし、記入必須事項にはなっていなかった。今分からないことを告げるとため息ひとつついて資料をプリントアウトして、番号を記入するよう言われた。


さんざん待たされたあげくさんざんの対応・・・。

昨日はこの一件で一日中気分が悪かった。



教訓

別に銀行にいく事も、資料を書く事もイヤではない。むしろ必要なことはちゃんとやらなければならないと思っている。さんざん市民センターの対応の悪さを書いたところで、自分の団体を振り返ってみた。

 ・相手に何をして欲しいか

   +最低限やって欲しい事

   +最低限(参加するにあたり)揃えて欲しい装備の購入

 ・伝えたい情報は何なのか?

   +ありギリス設立の主旨

   +活動の目的や手段

   +活動には危険が伴う、理解した上で参加

 ・(私たちが)得たい情報は何なのか?

   +参加者の持病や常備薬、体調


他にもまだいろいろあるが、ちゃんと「理解して欲しい事」を「相手に伝える」事が出来ているだろうか・・・?


イライラするだけでなく、そこから教訓を得て、自組織に活かせる人でありたい。


既に2008年度の募集要項をいろんなところに配布している。もう一度その資料を見直して改善した方がいいところや、会員や保護者への情報の発信の仕方や共有鵜の仕方について考えたいと思う。


 これからもシンプルに分かりやすい資料が作れるよう努力をしたいと思う。

2008-02-03 スタッフ読本

 今日はスタッフ会でした。仕事や大学・高校とそれぞれ忙しい中ではありましたが、必要最低限のありギリスのスタッフとしての確認事項を書いた(現在製作中)たたき台をみんなで読み合わせしました。

 ここまでの準備もなかなか大変だったけど、この先ずっと校正作業を続けて加筆したり削除したりしながら、完成版を作っていきたいと思います。皆様お疲れさまでした。

ちなみにとりあえずの完成目標は4月です。

f:id:arigirisu:20080210173325j:image