Hatena::ブログ(Diary)

おかあの日記

2006 | 11 |
2007 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 |
2014 | 05 | 06 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 09 | 10 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 |
2018 | 01 | 03 | 05 |

2008-10-31 山葵抜きのお寿司

 相談と報告があって電話をしました。間違えなくかけているはずなのに別人のように感じて、思わず「〜さんのお宅ですか?」と聞いてしまいました。一応こちらからのお話はさせていただいたのだけど、いつもと同じタイミングで相槌も返ってくるのだけど・・・、山葵抜きのお寿司を食べているような、なくてはならない大切なものが抜け落ちている感じでした。

 話が一通り終わってから、とってもショックなことがあったと話してらっしゃいました。「悪意なんてみじんもなく今まで全力で頑張ってきたのに・・・。貴方もこれから先長い人生の中で『頑張っている事』が認められない事があるかもしれないってことを覚えておいてね。悲しいけど・・・」と言われました。

 その方がとっても頑張ってこられた事を知っているだけに、抜け殻のようになっているのがショックだったし、その言葉もとても重たく感じました。早く元気になってくださると良いのだけど・・・。

2008-10-30 女性のターニングポイント

 今日ある所である人と話をしました。私と同じくらいの年齢の人です。一つでもキーワドを書いてしまうと特定できる人には出来てしまうのでもやっとした書き方ですみませんm(__)m

 その方が、女性のターニングポイントは大きく2回あるような気がするとおっしゃっていました。1回目は20歳前後で「大学生」と「社会人」。2回目は30前後で「既婚(+子ども)」か「未婚」。1回目は、いつまでも学生の人は少ないのですが、30間近になって彼氏なしだとそろそろ一人で生きていく準備をしなければ!と思うのだと・・・。


そうなのかもしれない。

2008-10-29 壊れた

 いかにも!というマザーバックは買いたくなかったし使いたくもなかったので、ちょっと高かったけど長く使うものだし・・・と、思い切って買いました。


バスカード

fカード

地下鉄1日乗車券(10回以上)

・家の鍵

・通帳

・パソコン(スリーブ機能)

AZカード


以上が今気付いている壊れたもの一覧です。



 最初は何が原因か分かりませんでしたが、どうやらバックのデザインになっている強力なマグネットのせいだった模様です。壊れるたびにイライラするので、新しいバックを買おうと思います。今後私がこのバックを使うことはありません。欲しい方がいらっしゃれば差し上げます。

2008-10-28 会議

 スムーズに、円滑に円満に進めるためには、やっぱり問題VS私達にしなければならない。そのためにはみんなでホワイトボード(黒板でもでっかい模造紙でもいい)に向かってそれぞれの言い分を書き出し矛盾点、相違点、妥協点、解決策を探って行かなければ、会議が終わっても何も残らない・・・。フラストレーション以外は・・・

kinukinu 2008/10/30 05:02 お疲れでした
次回は模造紙持って行きます。
我が家にたくさんありますからご安心ください。
マジックの準備、お願いしますね

2008-10-27 人の振り見てわが振りなおせ

 中にいると自分の団体の事、見えているようで見えなくなってしまっている事がたくさんある。勿論時分ではそんな事ないと思い込んでしまっている。

 別の団体の問題は面白い程よく見える。でも、よく見えると、自分の団体の問題点もよく見えてくるようになる。


 行き詰まったときこそ、忙しいときこそ、意識して外に出たり、いろんな人と関わる必要があるのだと思う。

2008-10-26 新しい命

 友だちの子どもに会いに行きました。人と人を結ぶ子どもになって欲しい「結」、中秋の名月の頃に産まれて来たから「月」で「結月(ゆづき)」というらしい・・・。個人的に我が子に「結」という字を使いたいという思いはあったのだけど、良い名前が思いつかなかった。でも、この名前はすてき!

 最近回りで沢山の新しい命が産まれているけど、みんな違って、みんなすてきないい名前!


 自分だけの力で育ったような態度や口のききかたをしている高校生、中学生諸君、(小学生も?)たくさんの人に待ち望まれて祝福してもらい産まれてきた事を忘れてはいけないよ。

2008-10-25 還暦

 先日父が還暦を迎え、ささやかながら家族で1泊温泉旅行に出かけてきました。

 気持ちのこもったプレゼントを用意したくて思いついたのが、60人(60回)に「還暦おめでとうの!」のコメントを頂くことでした。

 思い立ったのが1泊旅行まで1ヶ月を切ったときで、子連れで出かけてコメントもらいに行くのは絶対間に合わないと周りの人にいわれましたが、足りないなら足りないで体裁整えようと思って動き始めました。

 実家に帰り父の年賀状を物色し、知った名前の職場の後輩や先輩に手紙を送り、返事をもらったらすぐにアポをとり、片っ端から逢いに行きました。退職した職場の方からお稽古ごとの先生まで、結構幅広く。

 勿論作ったDVDは、目頭尽くしてもらいつつ見てくれました。感動や感激よりも、専務室に子連れでいってコメントもらった事、病棟の看護師さん全員揃ってコメントもらってきた行動(力?)には呆れられていたような・・・。それもこれもありギリスで培ったものだと思っていますがいかがでしょうか(笑)?

2008-10-23 ラジオ深夜便

 24日から25日にかけてのラジオ深夜便で、千葉由紀子さんの「母娘でいった中国留学」エラー|NHKオンラインが放送されます。その本の中にはありギリスの地球冒険隊の記事も取り上げてあるし、放送も1時間の枠があるので、もしかしたら地球冒険隊の内容にもふれられるかもしれませんね。その日は、バングラディッシュとて手をつなぐ会の二ノ坂先生や、アジア太平洋子ども会議の話もあるようでなかなか興味深い内容ばかリ。ラジオをつないでないのが残念・・・。お時間ある方は是非聞いてみてください。

 雨が上がってよかった。今日は今から朝倉まで行ってきます。

2008-10-20 すいじんさん(水神様)のお祭り

 先日熊本県益城郡城南町に取材兼遊びにいきました。そしたら、「水神さんのお祭りがあって、子ども達が相撲を取る」という話を聞き、ちょっくら見物に行くことにしました。

f:id:arigirisu:20081022071249j:image

f:id:arigirisu:20081022071246j:image

f:id:arigirisu:20081022071248j:image


 到着したときはすでに始まっていましたが、敷地には入りきれないくらい子ども達も地域の人も沢山集まっている事に驚きました。土俵を囲むように地域の大人達が座り、子ども達は学年ごとに整列して出番をまっていました。見ている感じ参加資格は幼稚園から小学校6年生まで。男女関係なく相撲を取り、勝ったら100円、負けたら50円もらえるのです。(私もでたかった・・・笑)

 行事も地域の世話人のおじちゃん、一応審判らしき人も2人ほどいて、賞金支給係のおじちゃんもいます。はっけよ〜い、のこった!というかけ声とともに、幼稚園児はかわいく、小学校の高学年の男の子達は激しく、勢いよく相撲を取っています。でも、取り組みが終わって、賞金支給係のおじちゃんのところに走っていく時が一番真剣でした。3人抜きで300円、5人抜きで500円は見ていて意義あり!せっかくなら5人抜きは1,000円くらいにしてその時のボルテージがぐっと上がるような仕組みになれば尚よかったのだけど・・・。

 でも、よそ者の私でしたが、そのわの中に入ってとっても温かい気持ちになりました。地域全体で子育てしている感じが伝わってきました。行事のおじちゃんも「こん子は強かけんね。したからぐっといかにゃんばい!がんばれよ〜!」「ふんっ。ああた、とる前から気持ちで負けたらいくもんかい」「あん子は悪かもんね〜」と、みんながみんなはっきり言いながら、でも温かく応援しながら相撲の取り組みがつづきました。

 しばらく経って、行事のおじちゃんがいきなり「見る方が疲れたけん、10分休み」と言いました。取り組みしている子どもの台詞のような気もしますが、こういうのもありですね。

 買った負けたでお金をもらってお小遣いを稼ぐなんて!と、うちの近所でそんな事やってたらもんぺ達が襲ってきそうですが、こういう行事は大切にしたいですね。私はちびを抱っこして見物していたので、「こん子にも、お利口さんに見よったね!」と、1000円もらいました。やった(笑)!

 

 そういえば、むかし「よど」というお祭りで花火をしていましたが、なぜ夏にこのお祭りをするのか知りません。今回の水神さんのお祭りも「子ども達が相撲を取る」という認識しかしていません(汗) 毎回後で反省・・・そのうち意味も調べられたらいいなぁ。

2008-10-19 個人情報

 先日おもちゃ屋さんに行きました。外国の有名なおもちゃ屋さんです。結構好きなおもちゃ屋さんでしたが、自分でお金を出して方のは初めてでした。

 隣のレジでおばさんが買い物をしていました。友だちの子どもへのプレゼントだったようでした。その方も買い物は初めてで新規でカードを作っていました。自分の住所氏名と誕生日等を書き込んだ後、店員さんから「お客様のお子様のお名前を書いていただければ、誕生日前1ヶ月から10%オフになります。もしいらっしゃらなければ、親戚のお子様でも結構ですよ」と言われ、じゃあと名前と生年月日を書き込んでいました。

 ・・・ぞっとしました。そのおばさんはよかれと思って書いたのでしょうが、自分(こどのも場合保護者)の知らないところで勝手に個人情報を漏らされ、大手のおもちゃ会社とは言え、個人情報保護の規約等はしっかり作られているとは言え・・・、なんだかなぁと思いました。

2008-10-18 170センチの壁

 男の人(女の人もだけど)の身長、170センチ以上あると随分大きく見えて、それ以下だと随分小さく見えるよねという話をしたことがあります。確かにその通りの気がします。

 でも最近ふと思いました。自分より大きいか小さいか!?だと・・・(笑)

2008-10-17 お帰り

 ありギリスでスタッフをしていた子がJICAで2年間ブルキナファソにいました。昨日帰福し、今日2年ぶりの再会。もっとアフリカカラー丸出しで帰ってくるかと思っていましたが、すごくしっとりして帰ってきたのでびっくりしました。でも、ビール一口飲んでモツ食べたら2年前のあの彼女に戻るはず・・・(笑)

 皆さん時間があればご一緒しませんか?場所は唐人町のときかわです。あそこのもつチャンポンは癖になる!

2008-10-16 さぼり気味

 最近また気ままに生活しているので、計画的に物事が進みません。小さい人がいるので仕方ないところもあるのですが。そういえば、うちの小さい人、最近前進できるようになりました。負けないように私も前進せねば(笑)!

2008-10-15 ただれた生活

 早くちびが寝たので、テレビ見ながらビール飲みながらポテチ食べながらパソコンをパチパチ・・・。朝まで起きないから出来る事。なんとただれた生活。順調にダイエットも進んでいるのに水を差す行為(汗)

 でも、たまにはこういう生活がしたくなるのです。でもきっと目が覚めたら胃がもたれていて寝る前にポテチを食べた事後悔するのです・・・。

2008-10-14 細田さんの言葉

「(民主党の)小沢さんはいっつもこう。」

とってもよく小沢さんのポジションや姿勢を表した言葉(と、ジェスチャー)だと、思わず笑ってしまいました。個人的に・・・あんな感じのはっきりしない人は嫌いかも。

2008-10-12 分からない

三浦元社長

 小さい時からロス銃撃事件と折に触れワイドショーなどで取り上げられていた三浦元社長。そんな彼がサイパンで再逮捕されました。そして、ロスへ移送されることになりことになり・・・自殺したらしい。全てニュース速報で流れ、各社「詳しい事情が分かり次第お伝えします」と言っていました。

 どんだけすごい人なんだろう?全く意味が分かりません。カズがメジャーになった時、同姓同名だったから別の意味で衝撃は受けましたが。


こんにゃく畑

 子どもが亡くなったからとこんにゃくゼリーが製造中止になりました。10人近くの人が亡くなっているからという理由でしたが、袋には子どもや老人には食べさせないでという表示がちゃんとしてあったし、今回の事故に関してはどう考えても凍らせたこんにゃくゼリーを食べさせたばあちゃんの責任だと思います。

 疲れた時、食欲がない時に山で食べるこんにゃくゼリーは最高だったのになぁ。私の携行食必需品だっただけに残念です。

 そういえば昔、びっくりドンキーでポタージュスープを飲んでやけどしたからと損害賠償を求めたこともあったし、赤ちゃんのおしゃぶりでの損壊賠償もありました。個人的には全て親の責任であると思ています。熱いかもしれないから親が食べてみて与える、おしゃぶりも3歳までずっとくわえさせっぱなしだったら歯並び等にも悪影響がでてくるというのは想定しなければならない事だと思います。何か難しい世の中です。

2008-10-11

行きたいけど 行けないもどかしさ

やりたいけど やれないもどかしさ


伝えたいけど・・・

上手く伝えられない歯痒さ


分かってるけど・・・

じゅうぶん分かってるけど・・・


それじゃ

それじゃぁ、いかん!

2008-10-10 無題

情報を発信しなければ、共有は出来ない。

2008-10-08 情報共有

 自分では出来る限り仕事や情報発信や共有が出来るように頑張っているつもり。勿論、現状がベストだとは思っていないので、少しでも良い方向に進むように調整したり、もっとよくなるように努力しているつもり。

 でも、もしかしたらそれがいろんな人には面倒(鬱陶しい)で、しからしい(←「賢い」という意味では決してない・笑)存在なのかもしれない。全てがそんな気がしてくると負のスパイラルに陥ってしまう・・・。

2008-10-07 出会い

こもんはうす

 今日、NPO仲間のこもんはうす(福祉作業所otto)に遊びにいってきました。代表の岡本さんは昔ありギリスのキャンプにも参加したことがある方です。ありギリスのこともよくご存知です。

 ブログ読んでくださっている方はご存知だと思いますが、会員制度についてありギリスらしく、かつスマートな方法を探りたく本を読んだり(なかなか会員制度について書かれた本がない・・・)、いろんな人に話を聞いたりしているところです。今日はお尋ねツアー第1回目。ありギリスの実情を話つつ、どういう解決策がありそうかいろいろ話をさせてもらいました。直接使えそうな方法もたくさんあったし、解決のヒントも沢山いただくことができました。

 皆さん作業で作品作りをしてらっしゃるのにちび連れで伺ったため泣き声や諸々が気になって、なかなか作業が進みませんでした。30分の約束で伺わせていただいたのに、結局2時間以上滞在してしまいました。おじゃま虫で申し訳ありませんでした。

 紙すきやアクリルたわしの作成をしてらっしゃいました。初めて伺った私達を皆さん歓迎してくださり、しかもとってもアットホームな雰囲気。組織として見習うべきところがたくさんありました。バザーやクリスマス会など毎年参加したいと思うのですが、だいたいいつもありギリスの活動と重なっており、なかなか足を運ぶことができていないのが現状です。今年こそは1回でも良いので参加できれば言いなと思っています。

 手作りのカレンダーやぽち袋、メッセージカードも素敵な作品が沢山並べてあり、思わず沢山かってしまいました。今年までは工房まるのカレンダーでしたが、来年はottoのカレンダーです。早く来年にならないかな〜♪

 

おひさしぶりです。

 本日、日経シニア・ワークライフフォーラムno titleというものが開催されました。テーマ別レクチャーで宮崎のドロップインセンターの原田さんやNAPの寺本さんがゲスト出演されるので要チェックしていました。勿論ちび付きなので話を聞くのは不可能だけど、どこかでお逢いしたいなと思っていました。終了後の懇親会会場にお邪魔させていただきました。ちびの帰りたいアラームがすぐになってしまったので、滞在時間はわずかでしたが、お二方とも相変わらず元気で生き生きと活動されているオーラが出ており沢山元気をもらうことができました。

 原田さんとはふくおかNPOセンターが開催した「広報セミナー」で知り合って、宮崎まで活動の様子を見学させてもらいにいきました。お逢いするのは3回目ですが、全くタイムラグを感じる事なくお話しさせていただくことができました。既に2年以上前の話かな?ちょうど東国原知事が選挙活動をしている時期でした。寺本さんとも近くにいながらお逢いするのは1年以上ぶりでした。今回初めてお会いした博多まちづくり事務局長の岩松さんもとってもすてきな方でした。ゆっくりお話しできなかったので、またあたらめてお話を伺いにいきたいと思っています。


結局

 何をするにも人とのつながりだなと思います。常にすてきな人と出会いたい電波を発してその方達からエネルギーをいただきながら自分の団体の活動に還元していきたいなと思います。

2008-10-06 よみたん自然学校(代表:小倉宏樹)

 昨日放送された情熱大陸を見ました。代表は灘中、灘高、東大法学部と絵に描いたようなエリートコースを進んできた人でした。そんな人が一流企業を辞めて沖縄に学校を作りました。人のまねをして仕事をする事(前例がある仕事)はとてもすぐ出来るのだけど、新しい企画を作れと言われたら何をしていいか分からない。いい大人が自分のやりたいことが分からないなんて恥ずかしい事だ、それは教育に問題があったからだと番組の取材の中で話してらっしゃいました。自分のやりたい事を見つけて頑張れる子をそだれられる環境を作りたい!と・・・

 

 NES(森と海の自然体験学校)沖縄みたいにきれいな海ではないけど、我がありギリスも西の浦で森と海の自然体験学校をやっています。メンバーも19人、よみたん自然学校より多いぞ(笑) 

 30分の番組、情熱大陸らしいうまい構成になっていましたが、あの絵をとるために取材陣も相当苦労したんだろうし、子どもが結論出すために悩んでいるところも相当長いことかかってあの答えを出したんだろうなというのも手に取るように分かります。



組織運営、将来像

 ご夫婦で学校を経営されていて、毎日通園してくる子ども4人のうち自分の子どもが2人。現金での収入が殆どないのが実情。小さくても建物があるのでそれを管理しないといけないし、学校の決まりで「自分の身は自分で守る」というのがありましたが、最低限の安全管理にお金をかけなければならない部分もあります。ありギリスと重なるところがとてもたくさんあったりして・・・。

 ここはしっかり書きたいところなので後日改めて書きます。


電話

 昨日NESを卒業した子から電話をもらいました。久しぶりに声が聞けてとっても嬉しかったんだけど・・・。でも、「質問があるんですけど・・・」「〜ですか?」と、敬語でおしゃべりしてらっしゃいました。ため口博多弁で何年も過ごしてきたのに、なんかとっても遠くに行ってしまった気がして寂しかったです。勿論成長してくれていて、年上の人には敬語で話さなければならないというのを学習しているからそういう話し方になっているのは頭では理解できているのですが。う〜〜ん、やっぱり寂しい(涙)

2008-10-05 男性から見て「なぜ?」と思う女性の行動ランキング

 ネットでタイトルのようなランキングが掲載されていました。gooランキング最近の自分にはあまり当てはまるものはないと思いながら読みましたが、一つ大きく反省したのは第4位の「『任せる』と言いながら選んだものに不満を言う」は思い当たる節があります。外に食事に行くときとかに、「好きなところ決めていい」といいつつ、「そこはイヤ」「今日の気分ではない」という事はよくあり・・・。以後気をつけようと思います。


 逆に女性から見て「なぜ?」と思う男性の行動ランキングを見てみましたが、こっちのほうが納得できる事が沢山!やはり女性サイドの視点で見ているからでしょうか?

・不健康自慢

・空返事

・2つの事を同時に出来ない

・プライベートで先の事が考えられない

このあたりはまわりにいる男性陣に多いような気がします。


昔は理解できなかった男性の「なぜ?」、今は理解できるもの

・メールは要件のみ

・相談すると解決策をいいたがる

この2つ。だらだらと愚痴を聞いてもらう事も大切だけど、問題は出来るだけ解決していきたいですね(笑)


 女性から見ての「なぜ?」少数派には入ってなかったのですが、「今日ご飯食べて(飲んで)きていい?」と聞く事は理解できません。そう聞くという事は、仲間内で仕事や会議の後「ご飯でも行きましょうか?」という流れがすでにあって一緒に行く雰囲気で話が進んでいるのです。そこでもし「駄目」という返事が返ってきたら、どうするのでしょうか?

 何人かの男性に質問したことがあるのですが「ん?駄目っていわれたら(家に)帰るよ」という答えが返ってきました。個人的には、「今日は流れでごはんを食べることになった」ときっぱりいってくれた方がすっきりするのですが・・・。だって、「嫁に駄目と言われたので今日は帰ります。」と言われるのもなんか、いやな感じですよね?このブログ読んでくれている女性陣はどういう意見でしょうか・・・(笑)?


 ちなみにこのランキングを見たのは、男性2人が「あのランキング見た?」という話をしているのを聞いたからです。その男性達は女性の2位に「すぐ怒る」というのがはいっていたと話をしていましたが、そんなの30位まで見ても入っていませんでした。その男性達の近所にはそういう女性がいるのでしょう・・・。

2008-10-03 禁止事項

 最近小さい人向けに離乳食とやらを始めて見ました。時間があるし、料理も嫌いではないので、朝一で出汁をとって玄米粥を作って食べさせています。勿論散歩の時間は作りたいので面倒だったり気分が乗らないときは手抜きする約束(自分の中で)。今みたいにゆっくり子育てするのも後先考えて今しかないと思うから、好きな料理のレパトリーも今増やしておきたいなと思っています。

 それにしても、離乳食の本や育児の本読んでみるけど、無駄な情報がたくさんあります。完結明瞭な本にはまだ巡り会えていません。「準備をしよう!」とか、「Q and A」とか・・・。読むのが面倒です。禁止事項と注意事項だけ書いてあとはお母さん任せで好きなようにやっていいですよという情報提供の仕方にしないから「うちの子どもは本と違う」「発達が遅い」「早すぎるのでは?」といちいち悩まないといけなくなってしまうのだと思います。

 これはお祝いでいただいた本なのだけど、私は育児の百科(松田道雄著)を月例が代わる時に読んでいます。読み方は、その月例と前後1ヶ月。例えば、5ヶ月に入ったら、4ヶ月と5ヶ月と6ヶ月の所を読むようにしています。気ぜわしい子、おっとりした子など色々で、おじいちゃんやおばあちゃんと同居している世帯や、1日中お母さんと1対1の子では、環境からもらう刺激が全く異なります。発達の仕方にも影響してくるでしょう。住んでいる場所によっても若干変わってくるかもしれません。この本はこれだけ押さえれば後は大丈夫とか、リファレンスすべきところもいちいち書いてくれているので個人的にはおすすめの本です。もう少し短いとなお良いかも(これ以上短くしようがなさそうな気もしますが・・・)。


 結局、沢山ある情報をとりあえず沢山収集してみて、いろんな人の思いや考え方を聞いてみた上で自分にあった方法を選ぶのが大事なんですよね。育児に限らず何でもそうですよね。

2008-10-02 ようこそ

 スラムダンクが我が家にやってきました。早く読みたい。