Hatena::ブログ(Diary)

おかあの日記

2006 | 11 |
2007 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 |
2014 | 05 | 06 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 09 | 10 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 |
2018 | 01 | 03 | 05 |

2010-10-31 幸せだなぁ!

「幸せだなぁ!」というタイトルで書こうと思っていたのですが、ほぼ日の脳の気持ちになって考えてみて下さいhttp://www.1101.com/ikegaya2010/2010-09-27.htmlを読んでいました。とっても面白くて目から鱗もたくさんあありました。そしたら幸せは後付けとか、愛は緩衝剤とか書かれていて「ん?」と思ったけど、やっぱりそうなのかもしれません。

とりあえず、出来るだけ笑っていようと思います。後付けでもなんでもいいや。「幸せ」なんだもん。今後とも幸せでいられるように・・・

2010-10-30 コラボレーションカンファレンス2010

本日百道のソフトリサーチパークで開催されたコラボレーションカンファレンス2010に参加してきました。会を運営された皆様、お疲れさまでした。「コラボレーションカンファレンス」も「ワールドカフェ」も単語の意味すら分からないまま参加申し込み、しかも遅刻してしまい途中から参加したため、いろいろ「?」でした。

まず、「どのようにしてコラボレーティブな場が生まれたのか?〜AIP cafeの場合〜」という分科会に参加しました。「ストーリーテリング」という言葉を聞いて「素話」と理解してしまい、「橋本さん演劇やってたし、異業種とのコラボで演劇の要素を混ぜてきたんだな!」と期待していたら全く違う手法でした。畑が違うと言葉一つとっても全く飛んだ理解をしてしまうものだとおかしくなってしまいました。NPOの多くは、会費収入のパーセンテージをあげていきたいと思っているものの、目的達成で来ていない現状。AIPcafeの運営方法は参考になりました。IT屋さん限定のスペースではないとの事、機会があれば足を運んでみようと思います。

次は勿論、「したたかなコラボレーション行政を変え、社会を変える〜NPO支援NPO行政変革ステップとコラボレーションの秘密〜」ふくおかNPOセンターの古賀桃子さんの喋りを聞きました。振り返ってみれば、8年くらいお付き合いさせていただいてますが、NPOに携わる事になった根幹の部分を改めて聞くことができて新鮮でした。中でも「NPOが人の生き方に伴走する」という言葉はしびれました。日々の忙しさに追われる事なく、折に触れ、自分の目的意識を確認しつつ、ありギリスの活動に活かして行きたいと思います。レゴの分科会にも参加しましたが、自分のセンスのなさが露呈された気がして悲しくなりました。が、最後同じテーブルのメンバーで作った作品はどのテーブルよりもシンプルでかわいい作品に仕上がったのではないでしょうか(笑)?

初めて体験したワールド・カフェの手法も(たぶん)理解できました。テーマについて話をせず、しばらくはポニギリの話で盛り上がりました。「ポニギリに詳しいってことはヌーラボさんの関係者ですか?」「旦那が近いところで仕事してます。」「お名前は?」「・・・kiwanamiの嫁です。」「あぁ〜」その間、その他2名はぽかんとしていました。失礼しました。ワールド・カフェの途中で中座してしまい、テーマの答えがどんな風に出たのかは分かりませんが、「隙間をうめられる人」は必要不可欠ではないかと思います。それから、得手不得手を自分もちゃんとと理解し、周りにも理解してもらうとかも必要なことだと思います。初対面の人ばかりの場所で、オープンマインドで話をする事・・・不得意です。次回はもっとぶっちゃけトークできるよう努力します。しかし、中身もさることながら、いつも「自分が会を運営するならば?」という視点でみてしまいます。あと一歩いろんなところが詰められていて、全体を見渡せるフリーのキーパーソンがいたらもっと満足度が上がったコラボレーションカンファレンスになったと思われます。また開催されそうな雰囲気、期待しています♪

初めて長時間の子守りに挑戦したおとう。2歳半と1歳を一人でお風呂に入れて、ごはんを食べさせて、寝かしつけ。1日の中で一番忙しい時間帯と言っても過言でない感じ。お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。本日東京帰りで飛行機が遅れて、バタバタ引き継ぎしてお出掛けしました。2人ともフルタイムで仕事をしていたら、お客さん相手の仕事だったら帰ろうと思っても帰れない事、帰ろうと思ったらトラブル起きて対応に追われ・・・なんて事もあることは充分理解しているつもり。でも一方で、私もいかなかればならない場所や、やらなければならない仕事があると、時間厳守で行けるのか?職務遂行できるのか?などという不安を抱えて待たなければなりません。神経すり減ってしまします。やれる範囲で最大限頑張るしかない!と思っていてもです。たまに出掛けて外(社会)とのパイプを持てる事はとっても有意義ではありますが、もうしばらくはできるだけのんびりゆっくり子ども達と過ごせるよう諸々の調整をしたいと思います。「忙しくしない!」これ難しい・・・。

2010-10-29 ありギリス生誕20周年記念行事「ナイトハイク」実施します!

後でプリンタががしがし印刷中。できたてホヤホヤの11月号の葉書です。今回は気分が乗っているのでなかなかいいできになったような気がしています。自画自賛(笑) 気分のむらなく仕事をしたいと思いますが、並べてみると、その時の気分で仕上がりが雲泥の差です。この揺らぎの幅を少しでも狭くして行く事が今後の努力目標でしょうか(汗)

ナイトハイクを年明け2月の3連休で実施することになりました。早いものでありギリスも活動開始から20年になりました。20周年記念事業として過去参加した子ども達、スタッフ、応援団、関係各所いろんな方たちに参加していただきたいと思っています。とりあえず、ありギリスのためにスケジュール「から」にしといてといて下さいね。2月11日(金・祝日)からよく12日(土)にかけて歩きたいと思います。そして、なんと変態的スケジュールで、そのまま総会と応援団パーティーも敢行したいと思います。宜しくお願いしますね♪

ナイトハイクについて思った事。今月のNES解散時に「来月ナイトハイクするぞ!」と子ども達に通達があった模様。私がこの情報を知ったのは、葉書作成にあたる月末。最近です。参加見込みスタッフはそれなりに確保できていたようですが、現時点でコースが確定していない状態。不確定ですが、もしかしたら今月見学参加が5名ほどあるかもしれない。うち4名は小学1年生。ありギリスの「あ」の字も知らない1年生が仮に全員参加したとしたら・・・もうとんでもないことになります。ということで、事務局としてはゴーサイン出せないし、20周年行事としてやるのならPRも時間かけてちゃんとしたい!ということで、延期してもらうこととしました。この判断が正解かどうかは微妙なところ。

事務局として関わるようになって2回ナイトハイクをしました。1回目は9月にやる予定でしたが、満足の行く準備ができず、10月に延期しました。実施までたくさんのスタッフでコース選定したり、危険シミュレーション資料を作ったり、実際に歩いてみたり、直帰せず、わざわざ遠回りして帰って歩くコースを頭に入れたりしながら当日を迎えました。それでも、それなりにハプニングがありました。3チーム全部が動き出すまでには、たくさんのサポートが得られましたが、旗作りや仮眠(全くしませんでしたが)の時間はフリーで動ける車が1台しかなく、ちょっと大変でした。でも、温泉にも入れたし、金印ドックも食べられたし、楽しく活動ができました。現場では、楽しくも真剣に準備に取りかかっているのに、現場に出て来れないスタッフからは「大丈夫か!?」という声がきこえてきたりもしました。「ちゃんとやってるのになんでこんな事言われるの!?」と思ったりもしました。2回目は、9月に実施する予定で、予定通り9月に実施しました。当日関わったスタッフは沢山いましたが、下見に行けたスタッフは、前回よりも随分少ない人数でした。しかも、高学年と低・中学年は全く違うコースを歩くのでサポートが大変。高学年は夕暮れ時に歩く場所で歩道がないところもあり、尚更緊張しました。ゴールは二日市。ご褒美に梅ヶ枝餅と二日市温泉に入って帰りました。1回目も2回目も3チームそれぞれに伴走の車と一緒に歩くリーダーが状況判断し、隊長への定時連絡で状況報告。何かあった場合、起こりそうな場合は隊長に連絡し、最終判断を下すという指示系統で活動を遂行しました。

1回目と2回目は事務局付きで、現場にも出るので見えている範囲が広い。今回は2年以上現場には出られておらず、事務局の仕事も満足にこなせていない状況。見える範囲が狭くなっているので、現場に出ていたときなら「そんな事・・・」と思うような事もきっと心配しているのだと思います。今回は立場が逆ですね。事務局にだけ関わる。現場にだけ出る。現場も事務局も。理事会だけ。それぞれの立場で見える事や思う事、様々だと思います。それぞれの思いを吐き出し、不安要素を解決して行きつつ、危険シュミレーションを共有した上で活動を作っていかなければですね。団体にコミットする人が出来るだけ同じタイミングで同じ情報を共有することは難しいですね。でも、できるだけ理想の形には近づけて行きたいものです。

昨日参加できなかった「伝えるコツ」セミナーの事を思いつつ、そんなこんなを考えていました。2006年のセミナーに参加した時、ありギリスの広報物べた褒めしていただきました。あれから4年。上昇志向で紙媒体作ってきたつもりですが、仮に今の資料を提出したらどんな評価がくだるのでしょうか?いろんなものを試してみましたが、やっぱり葉書が一番という私なりの結論を出しました。限られたスペースを十二分に使って、時には余白を活かしつつ・・・作成して行きたいと思います。2月にもまた福岡で開催予定との事。前回同様褒めていただけるよう精進します!きっと何を伝えなければならないか?がちゃんと整理されていればそれなりの評価が得られるのだと思います。伝えたい情報整理の後、初めてデザインです。よね?

2010-10-28 はたらきたい

羽田飛行機待ち中のお久しぶり?でもないの方から電話が鳴りました。乗船前で色々忙しいとの事。お疲れさまです。最近私のまわりには仕事を辞める人、辞めたい人が多いのです。彼とも「やめてどうするんか?だらだらするんか!?」なんて話をしました。彼は「出来れば働きたくない。食べて行ければ働かんのやけど・・・」と言っていました。私は働きたくてしかたがないというと「なんで働きたいんか!?」といわれてしまいました。働く=収入源というのも生きて行く上で大事なものだけど、はたらく=生き甲斐という部分がとても大きい私。育児も充分楽しい、でも、それ以外にも社会の中で生かされている実感が欲しいのです。たぶんそれだけなんだろうと思います。

リトル・ママ等で掲載されているのは知ってたけど、家庭的保育室http://www.city.fukuoka.lg.jp/kodomo-mirai/c-shien/shisei/kateitekihoiku3.htmlの詳細が知りたくて、西区役所に問い合わせてみました。確か9月17日募集開始だったと思うのですが5人定員*3カ所は既に定員に達していて入所は出来ませんという期待通りの答えが返ってきました。チラシがHPに掲載されていたのでチェックしてみました。だいたい私がやりたい規模と思いは一緒なので参考になります。が、子どもの年齢によっては保育園よりも充実した保育を受けられる可能性があります。そして、保育料も保育園より安い。趣旨に賛同できて入所できた保護者は一石二鳥だと喜んでらっしゃるのではないでしょうか。保育料も掲載されていましたが、保育料が1万以下の子が5名来た場合の保育士給与や施設の維持費等がどういう形で補填されるのかは気になるところです。最高額の子が5名来ても22万。月曜日から金曜日まで開所してこの金額、私は3日しか開所しないつもり。単純に半分にすると11万。うぅん、やっていけませんな。10月から西区限定3カ所での試験的な実施ですが、もしかしたら博多区にもいくつかできるかもしれないという構想がある模様。不確定情報。「条件が合えば、むしろこの保育者をやりたいのですが、どうやったらなれますか?」と子ども未来局に問い合わせてみようかな?以前この課の有志によるワークライフバランスの自主勉強会に参加させていただいたことがあります。その時のメンバーはまだいらっしゃるでしょうか??

こがじぃこがじぃ 2010/11/01 18:11 働かずして食べていけるのなら・・・
思い切ったこともできそうな気がしますね。(笑
ありギリス保育園だってさらっとできちゃうんじゃないでしょうか・・・

やりがいも生活もってなると現実はなかなか難しいですね

2010-10-27 保育園構想

私をよく知ってる人に、「最近けっこう本気で保育園作ろうかと考えている」とメールをしました。何度かやり取りを進めていく中で、「目がいき届くし、丁寧な分ストレス感じてしまわないか心配」と褒められたり心配されたり。でも、自己評価は低く「駄目親で、駄目保育士が、駄目保育園を作っていいのかと自問自答中」と返すと、以下メール(一部抜粋)が返ってきました。

-------------------------------------------------

そこは別々の問題だと思うよ。いい親がいい保育士なわけじゃないし、いい保育士がいい保育園を作れるとも限らないし。それより

1、子供や家庭に無理のない範囲で仕事や社会活動をやりたいのか、

2、保育ということに関わりたいのか、

3、理想とする幼稚園・保育園を作りたいのか

その辺が大事だと思うよ。

1、なら別の社会貢献の仕方を探してもいいだろうし

2、なら自分で立ち上げる前にどこか働きやすい保育園・幼稚園がないか探してみるべきだし

3、なら収入なんかもしっかり考えてやらないといけないだろうし。

---------------------------------------------------

ふむふむ。とりあえずメールを読んで思ったことを書いてみようと思います。「子どもや家庭に無理のない範囲で理想とする保育園を作りたい」のです。1、2、3全部ですね。やっぱり欲張りなのでしょう。基本的に一匹狼的な性格(正確には「自分がやりたいようにやりたい」かな?)だから、働きやすい保育園を探す労力使うくらいなら、同じくらいの労力使って一緒に働けそうなパートナーを捜す方が性に合ってる気がします。そして、やるからには遊びではなく、ある程度の収入源をしっかり確保していきたいと考えています。「企業参入すべきじゃない」とか、「無認可はよくない」とか、色々議論されています。小さくとも新しい形を示せれば、今、まさに同じようなことをやりたいと思いつつも、踏み出せないでいる方たちにモデルケースを示す事が出来る!とか、ちょっと偉そうなことを書いてみたり・・・。実際そういう個人経営の保育園的施設は増えつつありますよね。

勿論、年度当初から黒字なんてことはないと思うし、大儲けしてウハウハな生活を送りたいなんてみじんも思っていません。ただ、先日の「迷走する両立支援ライブストリーミング配信、オンラインビデオ、ホスティングサービス | Ustream」を見て「育児休暇の補償ではなく、保育の補償が不可欠」という所は本当に納得しました。私みたいにボランタリーで仕事をしてきた人が子どもを産んだときは、産前産後の補償、保育の補償も全くない状態です。もちろんありギリス=収入源になればそれに越したことはない(努力はもっと出来るかな・・・?)のですが、生き甲斐・やり甲斐を持って団体に参画しているし、それなりに評価もされて来たと思うので、収入を伴わなくても立派な仕事だと考えています。そういう人のサポートをしていきたいと最近強く思うわけです。自分が欲しい保育園を自分で作ろうとしているのかもしれません(笑)。3歳以上になれば、幼稚園や保育園で集団生活をしていく必要があると考えています。育児休暇を終え、職場復帰して1歳頃から幼稚園にはいるまでの子ども達の保育。家庭的な雰囲気で生活(=保育)が出来る保育園を作りたいのです。

あとは個人的な問題。月曜日から金曜日まで受け入れると、私自身の余裕がなくなります。楽しく、穏やかに子ども達と関われる自信がありません。自分の子ども達とも楽しく穏やかに過ごす時間を確保したい。自分のために投資する時間も確保したい。ということで、週3日(火・水・金)開園、開園時間は9:30〜16:00とかで、私+αで子ども5人てどの受け入れかなと思っています。我が子が2人エントリーしているので残りは3名(笑) 顔の見える範囲でのおつきあいが出来る規模を考えています。今までも、何度も理想の保育園について考えてきました。もっとビックなものを考えていたけど、今の私の思いをカタチにするならこれかな?と、随分明確なものが見えてきた気がしています。が、「収入」の部分。この働き方を遵守するならば、かなりいろいろ考えないと大赤字になりそうですね。まだまだ浅いですね。

今日は、チビを連れて公園に遊びにいきました。公園には先客。服装は幼稚園なのですが、雰囲気は保育園子ども達が遊びにきていました。ちょうどお弁当を食べている最中。2クラスあり、輪の中に入っている先生は男性一人。ちょっと離れたところに5名程度の輪がありました。保護者の手伝いだろうと思っていたのですが、この方たちも先生だったようで、子ども達が遊び始めると皆さん一気にデジカメ出してパチパチ撮影開始。一緒に遊んでいたのは、もう一人いた男性。たぶん体育教室の先生だけでした。勿論、子ども達の輪の中に入り、率先して遊ぶ事だけが先生のする事ではないと思いますが、携帯出して写メしてると思わせといてメールしている先生も。我が子の近所で遊んでいるお母さんも「あれはないねー」と話していました。そのお母さん達も、かなり育児に疲れてらっしゃる様子。子ども達を遊ばせつつ、ずーっとメールしていました。目の前の子ども達がかわいくないわけではないんですよね。ちょっと子どもを預けて買い物に行ったり、ちょっとおしゃれをしたかったり、たまには飲みに行きたかったりするだけなんですよね。専業主婦してても、どっぷり母だけじゃなく、「女性」や「妻」になる時間も欲しいのだと思います。私はただ単に外に出たい(笑)! 生き甲斐やり甲斐持ちつつ、社会とのパイプ(社会の中で自分が活かされてるという感覚)が必要だと思います。私が作りたい保育園。もっとブレストして、方向性を定めたいですね。

2010-10-26 まずは机の片付けから!

昨日のNPO夜学2010〜リーダー編〜まずは机の片付けからということになり、数名きったねー机の上を写真にとりbefore→afterする模様。我が家は引っ越してそろそろ3年になる物置部屋にありギリスに荷物を突っ込んだまま(汗)その部屋と押し入れと、食卓の後のラックと・・・。ようは家全部改造しないとafterの写真もおさめられない感じです。頑張らねば!

で、下駄箱会議。帰り道一緒になったOさんと「机のうえ片付けるよりも先にしないと行けない(してしまうこと)事ありますよねー」とわかっちゃいるけどできないんだよ的な話をしながら帰路につきました。私の場合子ども達と一緒に野外活動をするのですが、その時に子どものいろんな悩みを聞くことがあります。その悩みが親と一緒の悩みだったり、子ども目線と親目線の悩みが全く違ったり、両方の素直な悩みを聞いて「さぁ、どっちからどうアプローチしよう・・・」という悩みをかかえてしまったりするわけです。Oさんの場合も全く同じ。私は最近現場に出れていないし、現場に出ているときも月1〜2回。Oさんは毎日だからもっといろんなものが見えてくるから大変だろうなと思ったりします。が、2ヶ月後の会議までにはすっきりきれいにして「どうだ!」って言えるようにぼちぼち片付けていきましょうね♪久しぶりに、来週あたり印鑑もって遊びにいきます。監事なのに働けず・・・申し訳ない限りですm(__)m

保育園計画、頭の中ではぐっと進みつつあるのだけど、現実味があるのかはこれからもっといろいろ考える予定です。週3日開園は譲れないところ。毎日開けても私は3日しか働かない。保育園も自分の家庭も、自分のやりたい事も大事にしたいとっても欲張りな理想。そういいつつも目の前の子どももちゃんと見られていないのにそんな人が人様の子どもを預かっていいのか?という自問自答をしてみたりもしています。完璧な子育てもないし、完璧な親なんていないから、一緒に悩みつつ、試行錯誤しつつ、肩を並べて同世代の子どもを育てて行ける人の方がきっと預けやすいんだ!と自分を納得させてみたり。

最近のブログ、なんだかとってもぐちゃぐちゃしてます。読んでいただけてる方申し訳ないです。書く事で整理できることもある(笑)

2010-10-25 NPO夜学2010〜リーダー編〜

本日「NPO夜学2010〜リーダー編〜(クローズド)」が行なわれました。遅刻しての参加でしたが、行けてよかったです。それぞれ活動分野も異なり、職責・立場も異なるメンバーが集いましたが、それぞれ軸やテーマを持ちつつ、違う分野で活躍されている方たちの話が聞け、たくさんの刺激やエネルギーをもらって帰ってきました。きっと他に参加された方も同じ感想を持っていらっしゃると思います。隔月なので、次回は12月。すでに次回が楽しみで楽しみで仕方がありません。皆様、今後とも末永いおつきあいを宜しくお願いします。

しかし、今日もワークライフバランスの事とか、いろいろと考えてしまいました。内容に触れる前にお断りで書いておきたいのですが、我が旦那は超多忙な人です。でも、変態的な忙しさの中でも要のところはがっちり×きっちりサポートしてくれるし、私がかゆいと思ったら先回りして予防線はってくれるので超信頼をしています。生き甲斐やり甲斐感じつつの今のポジションがあるのは、現旦那でなければ絶対あり得なかったということです。

で、本題。楽しみにしていた会議も、昨日から2人揃っての発熱で絶望視。朝起きてみたらなんとか調子良さそうだったので行けると期待したものの、「午後から打ち合せが・・・」と言い出す旦那。だいたい打ち合せは予定より長引く事が多く(そんなもんです)、またがっくり気分が落ちてしまいました。苛々している私を見て先方に断りを入れてくれ、その決め方にも苛々してしまった私ですが、また行ける♪と期待が持てました。が、また電話が鳴り、来てもらわないと困るという話になった模様。17:30から打ち合せとかもう行けない・・・私が参加する会議は19:00から。またがっくり気分が落ち込みました。旦那も最大限いろいろ考えつつ動いてくれているのは分かるのだけど、私の予定は随分前から分かっていてカレンダーにも書き込みしていたもの。優先順位は私が先。何が何でも行きたい!草の根の収入を伴わない活動はやっぱり優先順位を下げざるを得ないのか!?等と余計な事まで考えてしまったり・・・(汗) 19:00に帰宅後バタバタとバトンタッチをして出掛けることができました。いつもはどうでも良さそうにバイバイする娘も「おかあと一緒に行きたい!」と泣いていたので、後ろ髪引かれつつ出掛けることになりました・・・。その時時で冷静に判断しつつ、出来る範囲内で頑張っていかなければならないとは思っているものの、なかなかスムーズには行きません。スルー力、臨機応変に柔軟な対応、聞いた聞かない・言った言わないではなく建設的な話・・・私には欠落しているものばかリ。どうしても断片的な場面だけを見てカッとしたり、凹んだりしてしまいます。そういう意味でも私の性格では、毎日勤務の正規の職員という働き方はむいていないと思います。日々綱渡り状態で苛々したり凹んだりしながら頑張るのは身が持ちません。いろいろ考えながら、子育てまっただ中のお母さんの息抜きの託児や、ちょっとした、ちょこちょこあるお父さんとお母さんの隙間を埋めてあげられるような保育所を作りたいなと思ってしまいます。旦那と私がフル回転したら家庭崩壊するのが目に見えているので踏み出せないでいる私です。でも、私自身も子育てまっただ中。抱えているフラストレーションや生き甲斐やり甲斐をしっかり見つめながら、進むべき方向やミッションを見定めつつ「子ども」と言うぶれない軸で自分がやれることを考えていきたいと思います。

昨日のUSTの中継で「言語化して蓄積していく事が大事」と言われていました。そうだと思います。でも、フラストレーション抱えつつも悶々と考えている事がニーズだったりもすると思うので、もうしばらく、いろいろと考えてみて方向性を見つけていければいいなと思ったりしています。

うぅん、今日もまとまらないつぶやきになってしまいました。

2010-10-24 もうなんで今日に限って

ちび達がお昼寝して、晩ご飯を作ったけど時間が余りました。やった♪ パソコン開いたらいろんな人が「『迷走する両立支援』対談&著者と読者の交流会 〜格差と少子化の国のワークライフバランスは、いま〜」をUST生中継してるから見た方が良いとつぶやいていました。早速開いてみたら、2部の中盤。熱く議論されているところでした。最初から見たかった! 

話を聞きながらいろいろと考えることがありました。まとまらないまま思った事をだらだらと書いてみようと思います。「瞬く間に過ぎていく子育て、瞬間瞬間の悔しい思いや疑問や悩みを社会にぶつけて行く事が大事→言語化して蓄積」「子どもを育てている存在そもののに意義がある」というのが印象に残りました。そして、保育所の在り方を考え直さなければならないというのにも大きくうなずきました。(全部聞けたわけではないので、ズレていたらごめんなさい。)保育士という仕事をしているは、結婚して、子育てしながら、ぜひ続けなければならない職業だと思っています。そうする事で「一緒に頑張りましょう」「私も同じですよ!」と言えると思うのですが、幼稚園保育園が若い女性の使い捨ての場になっている現状があるというのはまず問題。あの過酷な労働環境の中では、子育てしながら続けられるものではないし、「結婚したらやめていただきます」というのを就職試験で経営者が言ってる現状もまだあるというも未来がないように思います。福岡市は待機児童が沢山います。公的なものでしか補えない部分もあると思いますが、3歳までの乳幼児の保育は保育園ではなく、個人契約をして、信頼できる人を見つけ、母親的な立場で育児し、家庭的な環境で過ごせる方が子ども達にとってもいいような気がします。まさにそう感じながら2歳半と1歳の子どもを育てています。ありギリス保育園、もし作るのならこの辺にしぼって保育サポートをしたいと思います。

私のような立場で仕事をしている人は、産前産後の休暇もなければ、育児休業中の補償もありません。勿論、自分がそういう働き方を望んだというところもありますが、保育所の優先順位はとにかく低い。いろんな可能性を模索したくて、お役所に問い合わせてみた時も、開口一番「ボランティアは対象外ですから」といわれてしまいました。分かっちゃいたけど痛い一言。保育園への補助金、0歳児一人当たりの補助金が61000円、所得に応じますが保護者負担が満額だとすると80,000円程度、一人当たり14万の収入があるということは・・・。すごい金額ですよね。これが保育園にではなく、子ども一人一人に補助がつくようになれば、私みたいな人もいろんなサービス(ここは保育と書くべきかな?)が受けられるようになると思います。まさに今日話されていたように、産前産後育児休暇の補償ではなく、全員の子どもに漏れなく保育の補償をして欲しいと思う訳です。これがあれば安心して働けるのになぁと思います。働く=生き甲斐・やりがい=収入源であればまた最高ですが。そういう環境作りを自分でもやっていかなければならないのでしょうね。

そして、明日はNPO夜学2010リーダー編(セミクローズ)の会議があります。今年一番楽しみにしていた会議と言っても過言ではないくらい楽しみにしていたのに、2人とも熱出してダウンしています。見方はいろいろあるでしょうが、これは仕事です。ありギリスの事務局長の立場で是非参加して下さいとお声かけ頂いたもの。何が何でも行かねば!です。が、母親として具合悪くてきつそうな子ども2人を置いて行くべきか?と後ろ髪引かれる部分もあります。これが父親であれば、母親に任せて割とスムーズに行けるんだろうなーと思ったりもすると、なんでかなーといらぬフラストレーション感じてみたり(笑)。「今日何時に帰ってくる」「ごめんやっぱり呑んでくる」よくたとえ話ででてくるところですが、脱線してきたので、今日はここでやめておきます。ちゃんとまとまるまでは、事務局長の立場ではなく、個人的なつぶやきと思って読んで下さい。

2010-10-23 引き継ぎ

明日の説明会に向けて、理事長と引き継ぎ+その他打ち合わせをしました。一日乗車券を買ったけど、家まで送ってもらいました。ありがとうございました。

午後一で友達が来て保育についての話等、濃い3時間を過ごしました。私と彼女、目的は一緒なんだけど、目的を達成するためのアプローチが全く異なります。でも、それはそれでとっても面白い感じ。今後ともしっかりと話をして、目的達成に向け切磋琢磨したいと思います。頑張りましょう♪

2010-10-22 問い合わせ

本日も「我が子を参加させてたら周りのお母さんも興味も持って♪」という嬉しい問い合わせをいただきました。小さくとも楽しみながら続けていける活力、こういう声を聞かせていただけるのが一番のパワーですね。

2010-10-21 説明会

10月24日(日)は、NPOボランティアセンター「あすみん」にて、ちびっ子キャンプの説明会です。本日も申し込みが来ました。ありがとうございます。勿論、説明会を受けての参加決定でかまいませんので、申し込みお待ちしています♪

本日も歯医者通い、虫歯の治療は終わりました。後はなんとか早く矯正の金具を外せるよう、歯に頑張ってもらうしかない・・・。

あっ、昨日からつぶやき(twitter)始めてみました・・・。イベントに参加しようと思ったら申し込みフォームにぜひつぶやきましょうと書いてあったので、ものは試しです。そして、早速糸井重里さんとか土屋敏男さんとか孫正義さんとかとフォローしてみました。楽しいのかな??

2010-10-20 歯が痛い

歯が痛くていろんなことが手に着きません。

2010-10-19 ランチ

本日、ありギリスが長らくお世話になっている看護婦さんから誘われ、久しぶりにランチに行って参りました。身軽に動けるのは嬉しくもあるのですが、おしゃれの仕方も食事に行く店も一切分からなくなってしまいました。美味しい店を紹介していただき、美味しくランチを頂き、移動してお茶。あっという間の3時間半。メンタル面も随分回復(笑)明日からまたしっかり頑張れそうです!ありがとうございました。しかし、我が娘。初めて(ではないのだけど)のキッズルームが嫌だった様子。延々と泣き続け、食事も全くとらなかったとか。ごめんなさい。明日は歯科治療、こ○まのおばちゃんと仲良く遊んで下さいな♪

2010-10-18 運動会

近所の公園に遊びにいきました。楽しそうに遊ぶ小学生男児を発見。「今日学校休み?」と聞くと「土曜日運動会だったんで、代休です」と、丁寧な返答が返ってきました。「5月か6月が多いのに珍しいね!」というと、「昔は10月の運動会が多かったって聞きました。10月10日は絶対雨が降らないとか・・・」・・・。昔かぁ。その少年にとって私の小学生時代は昔だよねー。

2010-10-17 運動会

ちょっと遠いところまで(と言っても城南区)運動会を見に行ってきました。ありギリスのスタッフが仕事をしている幼稚園、彼女は今年度いっぱいで退職するとの事。職場で頑張ってる姿を一目見ようと一家総出で出掛けていきました。

幼稚園でも仕事をしたことがありますが、2人の子どもの母になって幼稚園の運動会を見るのは初めて。純粋に母の気持ちだけではどうしても見られず、いろいろと考えながら見ていました。結論としては十分すぎるできだったと思います。先生達も子ども達も充分過ぎるくらい頑張っていました。お疲れさまでした。私自身も頑張らなければならないところですが、「もっと楽に楽しくいこうよ♪」ってのをモットーに幼稚園や保育園が運営されるといいのになぁと思います。

2010-10-16 バザー

(きっと入園する)幼稚園のバザーに出掛けていきました。入り口のおもちゃコーナーでプラレールをゲット。こんだけ買えば楽しく遊べると思ったのに「これでは立体交差は出来ん!」といわれてしまいました。定価でレールと電車追加購入するか? 

小さい頃、着せ替え人形や返信ごっこは全く興味が持てなかった私。レールを組み立てて電車が動くのを見ているとわくわくします。私の方がはまりそう。

2010-10-15 バランス

体がきついと、精神的にも沈んだまま。早くこの負のスパイラルから抜け出せねば!

2010-10-14 もう秋ですが

脱水症状→頭痛で苦しんでおります。薄めたポカリでは効果なしなのでノーマルポカリをエンドレスに摂取しております。体重増加が気になるところですが、そんな事言ってられません。

2010-10-13 一家揃って

一家揃って耳鼻科通い。一人は皮下テストでアレルギーがあることが分かり、一人は喉と鼻にぐりぐり薬を付けられ、一人は鼻水をずるずる吸われ、一人は耳掃除・・・。暴れまくる我が娘達に先生が放った言葉、「こりゃすごい・・・。絶対誘拐されんばい!」もぉ、大変です。喜んでいい?

2010-10-12

我が子は自分を映している鏡のようであります。おそろしや。

2010-10-11 人のブログ

人のブログは毎日チェックして「あれ?更新されてない」とか思ってるくせに、自分のブログは全く更新されない・・・。

2010-10-10 お久しぶり

本日NES開催中!ですが、私はチビを連れて博多駅で待ち合わせ。韓国青少年文化院の代表とスタッフが来ているので会いにいってきました。初めてお会いしたときは私は大学生、韓国スタッフは高校生。韓国の代表は2人の男の子を連れて国際キャンプにバリバリ参加していましたが、息子が2人とも大学生。スタッフだった私は2人の子持ち、韓国のスタッフもそろそろパパに。なんだか時の流れを感じてしまいます。早く国際キャンプが出来るくらいの事務局態勢を作れればいいけど、まだまだだなぁ。時間がかかります・・・。

2010-10-09 NES開催中

現地からの報告は受けていませんが、子ども達とアジの開き作りに悪戦苦闘しているものと思われます・・・。直前になって大きい子達が風邪やら怪我やらで欠席。しかも、最上級生も地域の運動会の振替やらでお休み・・・。小さい子達ばかりなのでスタッフが必死に開く姿が容易に想像されます(笑)

お土産で持って帰るにしてもかなりの量あるので、我が家にも届いたらいいなぁなんて思っていたり。

明日は韓国青少年文化院のスタッフが来福中との事で、あってきたいと思います。

2010-10-08 明日はNES

明日は、NES。魚釣りをして、干物を作ります。雨模様ですが、一夜干しの美味しい干物が出来ますように・・・。スタッフは沢山いた方がいいので、お時間ある方は是非参加して下さい。宜しくお願いします♪

2010-10-07 長期計画

「長期計画とは今やることを決める事」と言われたことがあります。そうだなーと思いました。取捨選択しつつ、色々計画を立ててみるのですが、今やらなければならない事が多すぎて、今のままでは何をどうしたって終わるわけがない感じです。こんな状態がずっと続いているのはよくないので、更に取捨選択していかなければならないのだろうけど、捨てるものはない気がします。それが間違いなのでしょう。

絶対やらなければならない事=目の前の子ども達の世話、やりたい事=数知れず・・・、やれる事=と考えれば自ずと答えは出そうなのですが、やっぱり取捨選択できていないんだと思います。保育所に預けて仕事をするという選択をすればいいのだろうけど、それも出来ない。全部が全部ぎりぎりのところで揺れているからよくないんだろうなーと思っています。

今日は図書館に行って帰宅というスケジュールで動き出したのだけど、図書館出て、目の前に大きな公園!「今からこの公園であそびたーい!」目に入れば遊びたいよなーと思い、お昼も近かったので、近所のパン屋でご飯を購入。公園であそび始めるも下の子が時間的に限界。お昼にするけど、眠たいからおっぱい欲しくて泣き叫ぶ。上の子も買ったものがお口に合わず、あまり食べず、かまって欲しくてわざときたない食べ方。結局退散。それでも1時間はあそんだのだけど、上の子は、お昼も買ったからご飯のあとも思い切り遊ぶ想定。私のごり押しに「こりゃだめだ」と諦め、涙を溜めて指しゃぶりしつつ自転車に乗りました。こんな時、「NESではマスターの仕事放ったらかして、子どもの後ついて西の浦探索したのに・・・。何だこのざまは!!」と思ってしまいます。NESは非日常だから!と自分を納得させつつも、日頃の子育てでも、もっとのんびりゆっくりいきたいなと思います。大人はたいてい「それどころではない!」そんなはずなはない。

2010-10-06 公私混同

前の職場では「公」「私」しっかりと線引きして仕事をしてきたような気がします。ありギリスでは思いっきり「公私混同」しています。あり歴長い子となんかはお母さん達との付き合いの方が多かったりして?なんて思うこともあるし、自宅兼事務局だからってのもあるけど、我が家にはありギリスのお客さんやお友だちもたくさんです。

私がやってる事「仕事」なのか、「遊び」なのか、「どこがゴールなのか?」いろいろと迷うこともあります。「私がやるべき事なのか?」も含めて。まぁ、考えて出た結論らしい結論は、やりながら悩みながら進んでいくしかない!ということではあるのだけど、目の前にも全く同じような人がいて、同じ事を聞いてみたくなったりもするのですが、きっとその方も「走りながら考えるしかないねー」と言いそうで、あえて言葉に出して聞いてみるのも疲れるだけのような気がしたりしています。こんな夜中に会話はなく、2人は黙々と自分のパソコンに向かい、パチパチとタイピングの音だけが響いているリビング・・・。何じゃこりゃ!

2010-10-05 公園

「お外でパン食べたい!」と言うリクエストにより、パンを買って公園に遊びにいきました。たくさんの親子連れが来ているのにびっくりしました。例によってさっさと子ども達の輪の中に入って遊び始めていました。お母さん達の輪はあまりなさそうではいりやすい雰囲気はあったのですが、結局のところみんな顔見知りの友達のような雰囲気でした。

時期的に母親の話題の中心は「どこの幼稚園に入園させるか?」、だいたいお昼ご飯前に子連れで遊びにきているのは未就学児ばかりです。「〜は下の子優先枠がある」「〜は未就学児優先だからはいれない」「〜はあまりいい評判を聞かない」お母さん達のアンテナはビンビン。例によって「まだどうするか決めていない」というと、「そんなんじゃだめよ!良いところには入れないわよ!」といわれてしまいました。別のお母さんからは「早生まれだから2年保育でいいと思ったけど、この1年(とっても大変で)死ぬ思いでした・・・。3年保育がいいですよ!」と言われました。このおっとりの子で大変なら、我が子はどうなるんだとぞっとしましたが、それでも決断できないでいる優柔不断な私。

幼稚園の話題が落ち着いたら、今度は月齢の話。「2月産まれ」「3月産まれ」と言うお母さんには「幼稚園大変ですね」「大きい子とは1年違いますよね」が決まり文句のようについてきます。「4月産まれ」「5月産まれ」はやっぱり言葉も体もしっかりしているので「お兄ちゃんね」「お姉ちゃんね」「すごいなぁ!」と言う言葉がくっついてくる事が多いような気がします。でも、月齢の高い子で大きなお兄ちゃんお姉ちゃんがいるお母さんは別の悩みを持っているものです。いつも大きい子達と遊んでいるので、同級しとでは物足りないし、出来る分先走ってしまうところもありブレーキかけられたり、目立つ分どうしても叱られたり・・・。公園にもそんな男の子が遊びにきました。みんなお母さんのそばでままごとを楽しんでいる女の子ばかりのところに「仮面ライダーダブル」「ゴセイジャー」「変身!」と走り回り、大きな石を投げたり、遊具で遊んでいる子にとおせんぼして「あっちから行け!クソッ」とやりたい放題。一応我が子が高いところから突き飛ばされないように近所で見ていたら、お母さんがさっとよってきて「すみません。仲良くしなさい!」と叱っていました。また別の所に行ってスコップやバケツを取り上げて「返して」「いやー」「返して」「いやっていいよろうが!」・・・当然女の子大泣き。男の子は奥でこっぴどく叱られていました。

最終居残りがその親子とうちだけになったのでお母さんと色々話をしたのですが、「4月産まれで、普段も大きいににちゃん達とばかリ遊んでいるから、公園に来ても小さい子ばかりで物足りない。10月産まれくらいだったらよかったのに・・・幼稚園に行ったらそれはそれで大変そう。」と嘆いていました。10月産まれでもあまり変わらないくらいの元気の良さでした。1対1で関わるにはとっても面白い子だけど、私も担任として集団の中の子では受け持ちたくないかな(笑) でもこの子、上手に関わればいいリーダーシップをとってくれそうな子でした。初めての子でのんびり過ごしている親子にすれば、あの言葉の乱暴さも、でっかい石を思いっきり投げるわんぱく振りも、全てノーサンキューな感じでしたけど。

行った公園は姪浜。転勤族の多いエリアのようで皆さん二言目には「転勤族で何も分からないから教えて下さい」と話していました。公園によっては「よそ者お断り」的なオーラが出ているところもありますが、とっても過ごしやすい公園でした。

2010-10-04 いやー

今日は、姪浜までポニギリ(おにぎり)を買いにいきました。楽しみにしていた塩かぼすポニギリが完売。来週も売ってたらいいなぁー。

最近、うちのチビは何でも「いや」「だめ」です。かまって欲しいのでしょう。充分かまってあげているつもりなのですが、まだ足りないのでしょう。私も母から「あんだけかまってあげたのにまだ足りなかったの?」と聞かれますが、私は足りないと思っていました。物差しが違うのです。もっともっとかまわないといけないようです。叱らずに・・・。頑張ります。

今日は、物置部屋から本を引っ張り出してきてたくさん読みました。40分くらいとっかえひっかえ本を読んでいました。覚えている本も多く、自分で読んだり、妹に読み聞かせしていたりします。「〜するのね?」はおとうがよく使う言い回しですが、「かささしてあげるのね!」には笑ってしまいました。

先日下の子の誕生日のプレゼントで絵本を2冊もらいましたが、買った人の趣味思考がここまで出るものかと思いました。その家庭に子どもが産まれたら、どういう本をプレゼントすればいいか系統が分かりました。いつになるか分かりませんが、産まれたらドンピシャ親が好きそうな本をもって赤ちゃんに会いにいきたいと思います。

2010-10-03 七回忌

みんなで有吉君の7回忌のお参りに行ってきました。まる6年、いろいろありました。今後もいろいろあると思います。今後とも、心の支え、ご意見番宜しくお願いしますね。お母さん、毎度毎度どーでもいい話をしつつ、食い散らかして帰って申し訳ありません・・・。

2010-10-02 餅ふみ

下の子が1歳になったので、餅ふみをしました。上の子同様飯盛神社でやったのですが、やっぱりいいですね。厳かな佇まい。改装工事中とかで本殿が少し狭くなっていましたが、お宮参り1組、初誕生2組と両親とジジババに囲まれた幸せオーラが出ている人ばかりだったので、こちらも楽しくなりました。

厄払いやお宮参り、初誕生等等、そのうち悪い人が忍び込んで個人情報を取り出して思わぬところで悪用されるなんて事がでてくるんじゃないかなーとか思ってしまいます。だって、「福岡市は〜○○区○○〜番地に住みたる・・・・」って嬉しい情報満載。初誕生は両親の名前もちゃんと言ってくれます。そういう目で見ると怖い、怖い!

30円のおみくじ引こうと思って10円入れたらでてきました。得したけど、なんだか罰が当たりそうな気がしたので20円はお賽銭として箱に入れてきました。これから先もすくすく元気に育ってくれますように♪

2010-10-01 いざ、急患センターへ

風呂上がり、下の子が床に座って子ども用の椅子に手を置き、バランスを崩した拍子に壁に顔から激突。「大丈夫」と抱っこすると既におでこにでっかいたんこぶ。痛すぎてしばらく声が出ず、出ると同時にすごい悲鳴・・・。保冷剤で即冷やし、オッパイでだましつつ押さえつけるも全身で抵抗して触らせてくれません。明日餅ふみするし、「大丈夫」の太鼓判もらいに急患センターに行くことにしました。18:40、まだ開いてない。もういい、一番乗りで診療だ!と思って18:55に到着しましたが、2番乗りでした。手際よく受付を済ませ、19:30の診療開始を前に小児科は既に5人待ち。我が子は既に怪我した事を忘れて楽しそうですが、喘息で発作を起こした子や、高熱でぐったりしている子等何処も大変そう・・・。整理券番号2番だったにも関わらず、皆さんダッシュで小児科窓口へ。診療順は最初の整理番号の順だとばかリ思っていましたが、違うんですね。小児科では3番目の診療となりました。なんだかなぁ〜。まぁ、「心配ないと思うよ」と言われ、安心して帰って来ました。

上の子も餅ふみ当日椅子から落ちて目の上を強打。餅ふみ前に急患センターに行きました。小児科は大行列だったので、その時は迷わず外科で診てもらいましたけど。今回も小児科の待ち合いスペース前には平山隆浩さんの作品が飾ってありました。なんだか平山さんの作品ってあたたかい気持ちになれますよね。久しぶりにメールでもしてみようかな♪

今日の晩ご飯は頂いた猪肉でボタン鍋♪色々作り方を見てメジャーなものを選んでその通りに作ったのですが、豚汁でした。珍味ですが、決して美味しいものではないかなーってのが感想です。

Connection: close