Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-07-01

Music life にほんのうた

前回に引き続き、日本の歌を。

今回は故郷を想う心を歌った曲を2曲。


故郷という言葉は、そもそも遠い距離感を帯びていますね。

つまり、生まれ育った土地に自分はすでにおらず、

はるか遠いところからの視点から語られた言葉ということ。

その距離が、人に様々な想いを抱かせるのです。

24時間いつでもどこでも繋がっているというのは

便利なのかもしれませんが、

心の豊かさという点ではやはりどうなのか。

距離とか間とか、競争激しい現代社会では

コストとしてしか勘定されないようなもの、

実は大事なものだと思います。

そして、ネットワークが発達し、

もはや場所や土地に縛られることから解放されつつある

現代社会においてでも、

ゲニウスロキ(地霊)は間違いなく存在している。

動物に帰巣本能や縄張り意識があるのとまったく同じで

人間も土地に縛られ、土地に根差しながら生きている。

それはもう間違いのないことだと思います。


さて、本題。

まず1曲目はもはや説明不要、

日本人なら誰もが知っている『ふるさと』。

とても美しい曲ですね。


ふるさと

D


ふるさと

作詞:高野辰之/作曲:岡野貞一


兎追いし彼の山

小鮒釣りし彼の川

夢は今も巡りて

忘れ難き故郷


如何にいます父母

恙無しや友がき

雨に風につけても

思い出づる故郷


志を果たして

いつの日にか帰らん

山は青き故郷

水は清き故郷


2曲目は『椰子の実』。

愛知伊良湖に滞在していた柳田國男

浜に流れ着いた椰子の実の話を島崎藤村に話し、

藤村がその話を気に入り創作したもの。

敬愛する濱口祐自さんのレパートリーの中で、

数少ない歌う曲で、自分もぜひ弾いてみたいと思っていた曲です。

胸にジーンと響きますね。


椰子の実

D


椰子の実」

作詞:島崎藤村/作曲:田中寅二


名も知らぬ 遠き島より

流れ寄る 椰子の実一つ

故郷(ふるさと)の岸を 離れて

汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)


旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる

枝はなお 影をやなせる

われもまた 渚(なぎさ)を枕

孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ

 

実をとりて 胸にあつれば

新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)

海の日の 沈むを見れば

激(たぎ)り落つ 異郷(いきょう)の涙


思いやる 八重(やえ)の汐々(しおじお)

いずれの日にか 国に帰らん

2016-06-29

酒場探訪記

じめじめして毎日体がダル重の毎日。

チンチンに冷えた酒でシャキッとしませう。

ということで久々に通常版の酒場ネタ。


まずはいつものミルクホールへTさんと。

ここの白ハイが一番涼が取れる気がします。

意外にも初めてゴーヤチャンプル頼んだけど、やはり旨し。


↓白ハイ最高

f:id:arkibito:20160614200737j:image:w360


続いては大阪天満宮にいい店があるというのを聞きつけて

「ニコノトナリ」さんへ。

「ニコ」さんのお隣にできた姉妹店です。

好感の持てる落ち着いたファサード

暖簾をくぐってお邪魔します。


↓ニコノトナリ

f:id:arkibito:20160624201524j:image:w360


ここは女性の方が3人で切り盛りされていて、

そのせいかお店の雰囲気も、決してワイガヤせわしい感じではなく、

アットホームでほんわか。エエですねえ。

お店の造りも変わっていて、

店の中央にド〜ンと置かれた大きな1つのテーブル

お客さん全員で囲むスタイル。

お客さん個人個人の距離感がつかず離れず、絶妙な一体感。

お酒は天井下の戸棚に設置された冷蔵庫にあり、

店のどこからでも確認できる。(お店の人が出し入れ大変そうだけど…)


↓酒棚

f:id:arkibito:20160624194647j:image:w360


はてさて、まずは何よりお酒です。

いくつか値段のランク付けがされ、

それぞれ3種類、計9種類が入れ替わりで供されている様子。

この時期に合わせて夏向けのラインナップが並ぶ中、

まずは岐阜美濃加茂の御代櫻醸造さんの「津島屋」を。

若手杜氏による酒造りで注目されていますね。

ジュワ〜っと酸味を帯びた甘味が口の中でスパークしたかと思うと、

水のごとく一気に切れ落ちてゆく。

夏向けに低アルコールに下げられ、かなり飲みやすくてヤヴァイです。


↓まずは津島屋

f:id:arkibito:20160624194510j:image:w360


ではアテもいただきましょう。

周りの方を見てもどれもおいしそうなものばかりで

目移りしてしまいますが、

ここはやはり夏仕様で、奴っこさん。

刻んだ葱とザーサイがたっぷり乗って、丸々一丁分でボリューミー。

これがなんともええ塩梅で旨し。(さっそく家でも真似しました)


↓奴っこザーサイのせ、旨!

f:id:arkibito:20160624194751j:image:w360


続いては、秋鹿のひやをいただきます。

さっきはフルーティーでクリア系の酒だったので、

ここは一転して、妥協なき超辛口で締め直し。

カァァァァァ〜〜〜〜〜!!

コレ!コレ!

奴っこをチビリチビリしながら、2杯でごちそうさまをしました。

なかなか居心地よく、噂にたがわぬええ店でした。

また通わせていただきます。


↓秋鹿ひや

f:id:arkibito:20160624200721j:image:w360

2016-06-28

マインスイーパー

ネタがないので、珍しくゲームの話。


電車に乗っても店に入ってもスマホでカチャカチャ、

みんな何をやっているのかと思えば、

ツムツムやモンストなどを必死でやっている。

通信や課金を要するようになってからすっかりゲームはしなくなった。

昔はパワプロとかかなりやり込んだりしていたんだけど、

今となっては自転車や山や音楽、酒といった、

もっと現実世界で楽しいことがたくさんあるのに

電子ディスプレイの中の世界に閉じこもる理由もない。


そんな自分のスマホに唯一入っているゲームがある。

それがマインスイーパー。

初期のPCにはこれとソリティアが必ず入っていたので、

やったことのある人は多いと思います。

レベルに合わせて決められた数の地雷(mine)がマスの中に潜んでいて、

地雷の入っていないマスをすべて明ければクリア。

地雷があるかどうかは、ヒントとして、

自分のマスの周辺にいくつ地雷が埋められているか数が表示されていて、

その情報を元にどのマスが危険でどのマスが安全かを推理して、

マスを開けていきます。

1クリック目の開き具合など、運が必要な要素ももちろんあるのですが、

大体は法則を見破り、確率性を上げれば比較的スムーズにクリアできます。


ちょっとの暇つぶしに時々やるのだが、

いっちょ本気出してみたらどうなるだろうと、

ここしばらくやり込んでみた。

初級は3秒、中級は32秒、上級は151秒、

合計タイムは186秒が自己ベスト。


↓EASY(9×9マスに10個の地雷) 2.55秒

f:id:arkibito:20160628113530p:image:w360


↓NORMAL(16×16のマスに40個の地雷) 31.47秒

f:id:arkibito:20160628113533p:image:w360


↓HARD(30×16のマスに99個の地雷) 2:30:33秒

f:id:arkibito:20160628113536p:image:w360


まずまず早いタイムが出たなと思ったのだが、

それはそれ。世界には上には上がいる。いすぎる。

世界記録は何と初級が0.49秒、中級が 7.27秒、上級が31.13秒という

全くあり得ないタイム。

もう完全に無の境地でクリックしているとしか思えないなあ。

初級・中級・上級の合計タイムがどのくらいかが

プレイヤーのレベルを測る目安になっているらしく、

世界トップクラスで合計100秒を切るのが最低ラインなのだそうだが、

あと80秒も短縮するのはおそらく至難の業と思われる。

浪乃音うまし

毎週月曜日は奥さんが、酒場放浪記に合わせて居酒屋我が家を用意してくれている。

先日購入した、滋賀堅田の「浪乃音 渡船」が想像していた以上においしく大満足。


f:id:arkibito:20160627195959j:image:w360

2016-06-27

子連れハイク ホーム黒岩

日曜日。

この時期はまったく天気が読めないし、

事前準備や予約が必要な遠征はちょっと難しい。

先週は尋常じゃない夜中の雨もあったし、

今週末もお山は無理かなと思ったがまさかの晴れの予報。

本格的なお山に行こうか、あるいはひさびさロングでもと思ったのだが、

同じく雨で自宅にこもりきりの長女も気になるし、

お山に行くかと誘ってみると、満面の笑みで行く!

ということで、夏のアルプスに向けて、

ちょっと難易度を上げて、荒地山にご招待。


ブランチを食べて出発。

この日は阪神競馬場へ向かう人で特急電車が混み混みでした。

12:30に阪急芦屋川駅に到着。

トイレを済ませたらいざ出発。

20分ほどのロードで、すでにカンカン照りに汗がダラダラ。

ドンツキから森へ入ると、上から冷たい風が吹いて一転心地よく。

茶屋に着くと、いつもはちょろちょろの川の水が勢いよくしぶいている。

ここ数日の大雨でどうも水量が増えているようなので、

高座谷は大丈夫か少し心配…

高座の瀧に到着して少し休憩。滝も今日は勢いよく、

上部にあるもう1本の滝も下からよく見える。


↓高座の滝。今日は水勢が多い

f:id:arkibito:20160626125045j:image:w360


しばし涼を取ったのち、出発。滝の左にある巻き道を登る。

久々のお天気の週末ということもあってか、

この時間でもこの日は結構人の往来が多かった。

地獄谷の入り口のほうは広範囲で水没していました。

あとからやってきた部活帰りのような格好の女子3人組が

そちらへと下っていきます。

我々は岩の階段を登り、いつもの分岐から主稜線はずれ高座谷へ。

滝の勢いからするとこの辺りは思ったより水の量は多くなく、

普通にずんどこ奥へと進みます。

娘ももうこういった道はお手の物でスイスイ進む。

2つめの堰のところ、川向かいにイノちゃん発見。

久々にお見かけしました。結構でかいねえ。

と思っていたら、あとからヒョコヒョコと4頭のウリ坊たちが出てくる。

娘は初めての野生のイノシシに大興奮していましたが

餌をやってはいけないのはもちろん、ちょっかい出してもいけないので

川の向かいからそっと写真を数枚だけ。

必要以上の慣れあいはお互いに不幸な結果を招くだけなので。


↓イノ来た

f:id:arkibito:20160626131226j:image:w360


↓ウリ来た

f:id:arkibito:20160626131428j:image:w360


そこから川の左手の道を進んで次の堰。

そこで飛び石を伝って対岸へ渡るが、ここはいつもより水が多く、

娘も慎重に石を伝ってわたります。

そこから斜面を登って、城山尾根から続く登山道と合流。

そこで、シャシャっと足元に動くものが。

ヘビ?と一瞬ドキッとしましたがトカゲさんでした。

娘も恐る恐るでしたが、いろいろ生き物が登場して盛り上がる。


↓対岸へ

f:id:arkibito:20160626132122j:image:w360


トカゲさんコンニチハ

f:id:arkibito:20160626132908j:image:w360


荒地山の連続堰堤に出ると、堰は水のカーテンでおめかしをして、

いつになくきれいでした。

水を除くと、あれはでっかいオタマジャクシなのかイモリなのか、

真っ黒なやつがたくさん気持ちよさそうに泳いでいる。

上部に上がると、堰にたまった池にはいつものように錦鯉の姿。


↓荒地山第二堰堤

f:id:arkibito:20160626133639j:image:w640


そこから足場の悪い急登を詰めて、分岐点へ。

そこを右へ折れるのだが、一部水没している。

大丈夫かなあと心配しているとそちらからハイカーが歩いてきたので

先の具合を尋ね、行けそうだったので進みます。

通常のルートは水没しているので迂回して、堰堤の底までいったん降ります。

対岸の山肌はこのところ崩落の一途でかなり荒れていて、

この日は大量の雨水で山の地盤が緩んでいる危険性もあるので

頭上にも十分注意を払って進むことにします。


↓分岐先が水没してる

f:id:arkibito:20160626134540j:image:w360


と、その矢先に、谷底に、非常に重く鈍いズズ〜ンという音が響く。

どう聞いても非常に不安で不気味な音で、

ひょっとしてどこかで落石?

もしくはキャッスルで誰か滑落?と、とっさに身構える。

娘も何?何?と不安がるので、とにかく安全な場所でしばし待機。

上部やこれから進む方向に異変がないのを確認してからリスタート。

キャッスルと奥高座の滝の分岐点までは、岩の沢を詰めないといけないのだが、

この日は水量が多く、ほぼほぼ沢歩きの状態。

服が汚れたり水に浸かるのは大丈夫だから

とにかく安全な場所を確かめて確実に登りなさいと指示して、進みます。

大きな岩や枝を縫うようにして分岐点に到着。


↓キャッスル分岐へ向かう

f:id:arkibito:20160626135134j:image:w360


↓ちょっとした沢登り状態

f:id:arkibito:20160626135249j:image:w640


分岐を右に折れて、ちょっと段差の大きな岩の間を抜けてキャッスルに到達。

この日のコースのコンディションや、少し荒れた区間なので、

行く前から一番心配していたのですが、

娘はしっかり進む方向を見定めながら

両手両足を慎重に使って無事クリアできました。

たどり着いたキャッスルはこの日も

多くのクライマーさんで大賑わいを見せています。


ここで少しだけ休憩を入れていると、おじさんが、

「さっきキャッスルの巻き道の入り口のところででっかい落石があったか、

この先進むなら十分気を付けてよ」と声掛けをしてくれました。

やっぱり、あの不気味な音の正体は落石だったようです。

ちょうど登山道のど真ん中に、

なにかで削られたように地面がむき出しになっている個所があり、

その脇に不自然に電子レンジサイズの岩がごろり。

こんなものが頭に直撃でもしたら、怪我じゃすまないです。

たまたま被害はなかったようですが、よく人が集まっている場所だし、

登山道の真ん中なので、本当に恐ろしい…


↓大賑わいのキャッスル

f:id:arkibito:20160626140324j:image:w640


↓落石現場

f:id:arkibito:20160626140539j:image:w360


本当は娘が意外とここまで難所をあっさりクリアしているので

キャッスル脇の巻き道を登って、

岩梯子〜ボルダー群へともうワンステップ行こうかと思っていたのだが

巻き道が危ないということなので、断念し、

そのままC-4方面へと進むことにします。

奥高座の滝の上部を水平になぞっていくところで、

娘がスリップして谷側にバランスを崩してとっさに掴んで事なきを得る。

油断禁物だがや。


↓奥高座の滝上部周辺から

f:id:arkibito:20160626141026j:image:w360


C-4を過ぎれば、そこからは穏やかな山道で、

頭上から岩が降ってくることもない。

緑が濃いので直射日光に晒されることもなく、

心地よい山歩き。

途中、単独女性の人とすれ違う。

どうも地図を持っていないうえに、

荒地山から適当に歩いてきたらこんなところに迷い込んでしまって

ひさしぶりに人に出会えて、安心した〜と泣き疲れる勢い。

あかんがな!

女性に下りルートをレクチャーしてお別れしてずんずん進み、

ラストに岩場をずんずんと詰めて、

元旦以来お久しぶりの黒岩にとうちゃこ。


黒岩

f:id:arkibito:20160626154036j:image:w360


黒松の根元まで岩場を登らねばならないが、

娘のサイズでは少し難儀。

で、ようやくテラスにたどり着くと、

その向こうには絶景が広がっていて、

娘も思わず、「ワアアア〜」と感嘆の声を上げていました。

幸いこの時間帯は誰もおらず貸切状態、

のんびりとおやつタイム

黒松のパラソルが絶妙に日光を遮り、

谷からの涼しい風が何とも心地よい。

眺望は果ての方が霞んでしまっているけれど、

大阪平野の街並みや大阪湾はしっかり見えていて、

あの島はどうだとか、あの線は高速道路だよとかいろいろ教えてあげると、

「すごいね、すごいね」と興奮気味の娘さんでした。

なんだかんだと40分ほどまったりと黒岩で過ごしました。


↓絶景かな〜

f:id:arkibito:20160626145647j:image:w640


おやつタイム

f:id:arkibito:20160626150223j:image:w360


↓の〜んびり

f:id:arkibito:20160626153501j:image:w360


↓親子タイム

f:id:arkibito:20160626151639j:image:w640


15:40となって、帰宅の途につきます。

もう少し登って荒地山のてっぺんを過ぎ、

魚屋道へと進んでいると、行き止まりの枝道との分岐で

ふらふらと悩んでいる男子大学生風の子がいる。

中国韓国からの留学生と思われ、なまりのある日本語で、

どっちが道ですかと尋ねてきたので、右の道が正解で、

道なりに行けば魚屋道というメインストリートに出ますよと答えたのだが

どうもピンと来ていない感じ。

そのまま娘と道を進んでいると、後ろから静かに一緒に歩いてこられ、

自然と3人体制となります。

魚屋道まで出たので、右へ行けば六甲山のピーク、

左へ行けば風吹岩経由で、芦屋か岡本ですよとお伝えするが、

やはりピンと来ていない感じ。

ここから道は滑らかになるのだが、雨のせいか結構ぬかるみがひどかった。

風吹岩に到着すると、まだ結構なハイカーさんで賑わっていた。


↓風吹岩

f:id:arkibito:20160626163301j:image:w360


↓がんばりました♪

f:id:arkibito:20160626163413j:image:w640


風吹岩で撮影をしたり休憩をしていると、

さっきの青年がどっちですかと聞いてきたので、

左はロックガーデンを下って芦屋

右は岡本で、自分たちは岡本へ下るよと言うと、

じゃあ一緒に岡本に行きますというので、またも3人で。

娘といろいろ話をしながら下るのだが、

嫌な雰囲気ではないんだけど、

なんとなく”千と千尋”のカオナシみたいに、

青年はただ黙って静かについてくる。


途中、春になると桜並木がきれいな階段区間の途中にある

見晴らし台のベンチで小休憩。

娘におやつを上げる時に一緒に、

おひとつどうぞとお渡ししたのだが「大丈夫。ありがとう」と一言。

その時に少しだけ話をしたのですが、京都の大学に通っているそうで、

山も六甲も初めてというビギナーさんだということがわかりました。

その後無事に保久良神社まで下りてきて、せっかくなのでお参り。

ちょうど5円玉が3枚あったので青年にもどうぞというと、

仏教徒なので大丈夫です」とのこと。(笑)

青年とはそのまま岡本駅前まで一緒に下りてきました。

ほとんど会話をすることもなかったですが、

かといって不快というわけでもなく、

最後にはお礼なのかジュースをおごると言ってくれたのですが、

礼には及びませんよと、手を振ってさようならをしました。

ちょうど電車がやってきたので、そのまま帰宅。


今回は距離的にはさほどですが、

岩場があったり、沢歩きがあったり、

今までより少し難易度の高い山行でしたが、

彼女なりにきちっと三点確保やルーティングもして、

ほとんど問題なく歩ききることができました。

娘の方も、バリエーションに富んだコースを楽しんだようで

生き物に出会ったり、黒岩からの景色を眺めたり、

写真を撮ったり、充実していたようで満足顔。

娘の著しい成長を目の当りに大満足のお父ちゃんでした。


<山行スケジュール>

12:30芦屋川駅⇒12:50高座の滝⇒13:30荒地山第2堰堤⇒

14:00キャッスルウォール14:05⇒14:56黒岩15:40⇒

15:50荒地山⇒16:30風吹岩16:40⇒17:30保久良神社⇒17:50阪急電車岡本駅

中之島ホーム酒場

金曜日。

仕事終わりにTさんと、京阪電車中之島駅の酒イベントにいってきました。

京阪中之島駅は、普段はほとんど利用客がおらず閑古鳥が鳴いておりまして、

以前は特急始発のホームとして利用されていた3番ホームを有効利用しようという狙い。

ちなみに中之島線は、いずれUSJまで延伸するという壮大な最終目標があり、

そうすると、USJ京都という二大観光地を直結することができ、

大幅な競争力アップが狙えるのです。

USJ付近に近鉄関連のホテル・施設が多いのはそのため。


話を元に戻すと、おけいはんは、言わずと知れた酒の町・伏見とも縁が深く、

大津線で毎年冬に運行されるおでん電車など、

酒にまつわるイベントのノウハウに長けているということで、

今回「中之島ホーム酒場」なるイベントを仕掛けた次第。

お酒イベントですから、車で来場する人はなく、

ついでに中之島線も利用してもらえますし、

企画考えた人はすごいなあと思いますが、

安全第一の運輸業界で、

お酒を扱うというのはヘタするとコンプライアンスなどを気にして、

没になりそうなところを、企画を通しちゃうところがさすがおけいはん

ひらパーの数々の斬新な仕掛けからみてもわかるように、

アグレッシブで面白い会社だと思います。


中之島ホーム酒場

f:id:arkibito:20160624175614j:image:w360


18時前に会場に到着すると、すでにすごい行列。

ホームには集客力に限界があるので、

入場制限がかけられていて20分ほど待ちます。

専用の入り口から、地下溝の先端に独立島となっている3番ホームへと降ります。

すると、たくさんのお客さんでごった返した猥雑な空間が広がってます。

階段下のブースで1000円分のチケットを購入しいざいざ。


↓3番ホーム

f:id:arkibito:20160624180711j:image:w360


↓隣は通常運行

f:id:arkibito:20160624191252j:image:w360


ホームには会議用の長机や、ビールケースでこしらえた宴会机が並べられ、

すでに多くの人が宴で盛り上がっております。

一方停車している電車は、車両ごとに出店がされていて、

ビール、お酒(キンシ正宗さんでした)、色々なアテを売っております。

とりあえずものすごい人が右へ左へと行き交っていて、

場所取りに苦労しながら、開いている立ち飲みブースを確保。

それから酒とアテをゲットして乾杯。


おでん電車

f:id:arkibito:20160624180026j:image:w360


↓お座敷電車

f:id:arkibito:20160624180200j:image:w360


↓居酒屋仕様

f:id:arkibito:20160624180725j:image:w360


なんだか満員電車に押し込められているような感じで正直落ち着きません@@

それと通勤仕様の電車でビール飲んでいるとえも言えぬ罪悪感を感じて、

それはそれで不思議な感覚で面白い。

お酒のイベントというより、おけいはんの学祭に紛れ込んだという感じで、

そういうユルユルな感じが心地よかったりします。

もう少しゆとりがあればなあとは思いますが、

まさかこれほどの反響があると京阪側も思ってなかったような気がします。

でも正直おもしろかったです。またぜひ定期的にやってください。

2人とも1000円分で、ビール2杯でさくっと〆。


↓満員電車でビール

f:id:arkibito:20160624180635j:image:w360


↓ご満悦

f:id:arkibito:20160624182410j:image:w360

2016-06-26

ブルータス、おまえもか!

ついに、寝返り!

まだ4か月。早すぎない!?


f:id:arkibito:20160626214937j:image:w360