Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-05-26

小宴

ようやく1年で最も忙しいミッションが終了!

いやあ、今年は例年以上のピンチの連続でした(汗)

でも、このミッションに関してはいつも全権を任されて、

やりたい企画やネタを好き放題とことんまでやれるので、

仕事としては大満足。

ただ、しばらくは燃え尽き症候群かもというくらい、

力が抜けてヘロヘロです。


昨日は、無事フィニッシュということもあり、

家族でお食事

毎度のこちらで小宴です。


f:id:arkibito:20170525191351j:image:w360


一仕事終えた後のおビールはやっぱ格別ですな。

大好きなサワラの炙りのうまいこと。

たまりませんな。

長女は初めて鮎にトライ。

例の苦み走った大人の味わいですが、

うまいうまいと1匹丸々食べられた〜。

またうまいものを知ってしまったな。


f:id:arkibito:20170525185239j:image:w360


f:id:arkibito:20170525190254j:image:w360


f:id:arkibito:20170525193829j:image:w360


この日はお酒は控えめに2杯だけ。

奈良御所の酒、「百楽門」。

きーんと冴えわたる辛口が、料理との相性抜群。

もういっちょは山形亀の井酒造さんの「スーパーくどき上手」。

通常版はよく呑みますが、この”スーパー”はやっぱ特別。

瑞々しさにあふれたクリアな飲み口が暑気を払ってくれました。

ぷはあ。

やっぱサイコーだね♪


f:id:arkibito:20170525190217j:image:w360


f:id:arkibito:20170525192736j:image:w360

2017-05-25

『松田美緒 エーラ(έλα)』発売記念+CHOVE CHUVA16周年特別ライブ!」 at CHOVE CHUVA

土曜日の晩。家族4人そろって、

“歌う旅人”松田美緒さんのライブに行ってきました。


去年だったか、おととしだったか、深夜に、

『ニッポンのうた “歌う旅人”松田美緒とたどる日本の記憶』という

ドキュメンタリー番組をやっていたのを偶然見た。

自分と同い年の松田美緒さんが、

日本の農村や漁村で語り継がれてきた

子守唄や●●節、盆踊りといった、

生活の中から自然発生的に生まれてきた歌を発掘し、

それを後世に歌い継いでいくという

プロジェクトを追ったものでした。

その文化人類学的なアプローチの面白さと、

松田さんの母なるヴォイスとでもいうような

力強くのびやかな歌声、

そして、土に深く根差した歌のもつ

根源的な生命力と美しさはもちろん、

時に残酷で、もの悲しい歴史を帯びた調べの

虜になってしまいました。


ぜひ一度生でその歌声を聴いてみたいと、

夫婦そろって機会をうかがってたところ、

新盤リリースの記念で大阪であるということで即予約。

靭公園に面した「CHOVE CHUVA」という

老舗のブラジリアン・カフェでのライブです。

ちょうどお店の周年記念も兼ねているということもあり、

店内は超満員でした。


↓靭公園にあるCHOVE CHUVA

f:id:arkibito:20170520184657j:image:w360


↓異国にトリップ

f:id:arkibito:20170520185833j:image:w360


↓Marcelo Sakuma(VIVARIO) によるブラジルポルトガル料理も!

f:id:arkibito:20170520191334j:image:w360


今回は、ニッポンの歌ではなく、新盤からの曲がメイン。

松田さんの活動の舞台は日本だけではなく、

自身が第二のふるさとと呼ぶ、バルカン半島や、

ギリシャトルコといった地中海

そしてポルトガル大西洋、あるいは南米

様々な民族音楽、つまりファドやジプシー音楽、

クレオール音楽、オスマン音楽、

ボザノヴァ、サウダージなどを

現地の言語で抒情的に歌い上げます。


例えば最後の曲『サイコー』では大盛り上がりで、

あちらこちらから「サイコーだよ♪」と声が上がり、

カーニバルのような熱気でした。

ちなみにこの『サイコー』は、西アフリカの沖合、

大西洋にポツンとある島で今でも歌い継がれている漁業歌。

1960年代に、ニッポンの漁船マグロを追ってこの地まで遠征しており、

日本人が発する「最高」という言葉の響きが面白いということで、

現地の人がその言葉を残したのです。

そういう雄大でロマンあふれる物語がそこかしこにあふれていて

それが音楽という共通言語によって

時代や場所を越えて繋がっていくというのが

本当にすごいことだなあと思います。


↓超満員でライブスタート

f:id:arkibito:20170520195953j:image:w360


松田さんの生歌は初めてでしたが、

まるで大いなる母の声で、ものすごく説得力があり、

一気に引き込まれてしまいましたし、

ギター・ブズーキを担当した山口亮志さんの

粘りつくようなギターも、

太田恵資さんの、リズミカルで饒舌なヴァイオリンと、

まるでモスクの祈りのような

しゃがれたコーラスがたまりませんでした。

このトリオ編成はホント最高の組み合わせだと思います。

スバラシイ!


↓海外のバルに迷い込んだような熱気

f:id:arkibito:20170520214106j:image:w360


時に哀愁を多々酔わせ、時に小気味良いステップを踏み、

そして会場全体からたくさんの手拍子と、

思い思いに体や机を叩いてリズムを刻む音のうねりが

会場を包み込み、

まるでイベリア半島のバルに迷い込んだような熱気に包まれました。

娘も楽しそうに手拍子で囃し立てておりました。

これはもうおとぎ話のような夜で、

ほんの2時間ちょいでしたが、

疑似世界旅行を楽しむことができました。


↓力強い歌声

f:id:arkibito:20170520220408j:image:w360


ライブ後は即席のサイン会で、

いろいろお話をさせてもらいました。

長女の名前をいたく気に入ってくれて、

娘もとてもうれしそうでした。

同じ年の人が、こんなにも素晴らしいことを実践しているというのは

とてもうれしいことで、これからも応援していきたいと思います。


↓記念撮影

f:id:arkibito:20170520223744j:image:w360


↓サインいただきました

f:id:arkibito:20170521002835j:image:w360


↓こちらにも

f:id:arkibito:20170521002852j:image:w360





エーラ

エーラ


2017-05-24

発表会

日曜日、途中仕事を2時間ほど中抜けをして娘の発表会。

急きょ2週間前に参加を言い渡され、

付け焼刃でアナ雪の雪だるま作ろう♪を猛練習

娘はまだ、一曲を通して一定のリズムで弾くのが難しく、

早くなったり遅くなったりで、

伴奏とズレるところはあったが、最後まで無事弾き終えた。

グレードも最初の9級を無事取得できたし、

そろそろ本格的なエレクトーンを買ってあげなくっちゃ。

2017-05-22

死滅

土曜はまだしも、日曜も仕事だと、さすがに疲労の色合いが…

泣いても笑っても今週で決着。

寝てても原稿の文字が浮かんでくる…

2017-05-20