Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2018-07-17

いざっ!

いざいざ行ってまいります!

安全最優先で、無事に帰ってまいります。

不在中は皆々様どうぞよろしくお願いいたします。

ブログの更新はおそらく難しいかもしれませんが、

電波が入るところではツイッターでつぶやく予定です。


ツイッター: @arkibito


では、またお会いしましょう♪


f:id:arkibito:20180717185944j:image:w360

2018-07-13

clammbon モメントツアー2018 at 心斎橋BIGCAT

この週は、クラムボン大阪上陸!

ということでワクワクしてましたが、

前日に郁子さんがラジオ生出演&生演奏があるという情報を聞きつけ、

これは行っとかないかんでしょと、

仕事終わりに大急ぎで駆け付け。

ソロの演奏で「タイムライン」。

こないだのチキンジョージでは演奏がなかったので、嬉しや。

出待ちをして、少しだけお話しできました。


タワレコ梅田 FMCOCOLO765

f:id:arkibito:20180709172705j:image:w360


ちょうどライブ当日にお渡ししようと思っていたお土産を手渡し。

奥さんと色々話をして、

せっかくなら「モメントe.p.3」にちなんだものができないかと考え、

CDのラストを飾る『ラナンキュラス』の花を、

2曲目の『ゑゐゑん可憐』の花魁よろしくかんざしにしてみました。

ラナンキュラス自体はもっと淡いワインレッドなのですが、

それではちょっと地味なので、

蛍光ピンクに全面をペイントして、

ひと巻きだけ黒の花びらを配して

アルバムのジャケットをイメージしてみました。

とても喜んでいただけて、こちらもハッピーでございました。


ラナンキュラスの花かんざし

f:id:arkibito:20180711173616j:image:w360


そしてそして当日。

仕事終わりで大急ぎで会場入り。

ですが、今回は実はちょっと違うところから

ライブを見させていただくこととなり、

本当にじっくりゆっくりとライブを楽しむことができました。


それはそうと、いよいよライブスタートで

3人がステージに入ってくるのを見ていると、

な、な、なんと郁子ちゃんの頭の隅に、ピンクの花弁が!

そうです。前日にプレゼントした花飾りを

なんとライブにつけて出ていただいたのです。

いや、もう、感謝と感激で泣きそうでした。

僕らはただのファンで、素人にできることなんて、

精一杯応援することしかできないわけなのですが、

そういう気持ちをちゃんと受け止めてくれた

その優しさと思いやりにジーンとしてしまいました。


それからライブは怒涛の盛り上がり。

新盤からの”プレゼン”はもちろんのこと、

これまでの名曲を惜しみなく惜しみなく。

特にうれしかったのは神戸の時にはリストになかった曲もたくさんあったこと。

大好きな『Re-雨』は、ゆっくりとつぶやくように始まって、

最後音のシャワーがスパークしていくまでの

壮大さに思わず身震いしてしまいました。

新曲の『Prosit!』はキャッチーなナンバーで思わず胸キュン。

本編ラストの『タイムライン』もとても愛おしい歌で、

もうずっと目に耳に焼き付けておきたい時間でした。

そしてオーラスの『ラナンキュラス』!

この幸福な時間がいつまでも終わらずにずっと続けばいいのに!


心斎橋BIGCAT

f:id:arkibito:20180710184810j:image:w360


大阪のれんはたこ焼!

f:id:arkibito:20180710211439j:image:w360


ライブ後、少しだけお邪魔してお話とお土産をお渡し。

実は、ちょっと、いやかなりすごいことが起こりました。

それはともかく、次はなんと4年ぶりの大阪野音!ヤホイ!


↓感謝!

f:id:arkibito:20180710212853j:image:w360

2018-07-10

7/18〜8/17長期不在のご連絡

7/18〜8/17の1か月、

会社のリフレッシュ休暇制度と夏休みとGWの代休等々を全部つぎ込んで

富山県高山植物等保護パトロール員として

山ごもりのため不在にいたします。


↓採用通知

f:id:arkibito:20180710102958j:image:w360


いくつかの班のうち,自分は白馬岳雪倉岳朝日岳一帯に配属され,

白馬山荘と朝日小屋を拠点として

登山道整備や山小屋の手伝い,野生動植物の保護、

登山客へのアドバイスや指導等に当ります。

2015年9月に、白馬岳〜栂海新道〜日本海という大冒険をした

思い出の地に、こんな形でまた帰ってくることができるとは!!


↓三国境。この一帯を担当します

f:id:arkibito:20150921144031j:image


リフレッシュ休暇で、長い期間の休みを使えると知った際に

ただ単に遊んだり旅行したりするより、

むしろ今後の人生の糧になるような経験をしたいなあと

色々思案していましたが、

やはり愛する山に何か恩返しできることがいいなあと思っていました。

最初は山小屋で働くという事を考えていたのですが、

色々調べている中で、富山県高山植物パトロールを募集しているのを知り、

1か所でとどまって過ごすより、

拠点を移動しながらの方が性に合っているなと応募しました。

今までは山に遊びに行く立場でしたが、

今回は山でお迎えをすると言う逆の立場を経験することになります。

なにぶん、1ヶ月の長丁場を山で過ごすというのは初めての経験なので、

どうなるのか心配な面があったり、家族や仕事のことがあったり、

正直不安は尽きませんが、

今後の人生で、これだけの時間を割いて日常を離れてチャレンジできる

数少ないチャンスだと思って、頑張ってやってこようと思います。

もちろん安全最優先で、無事に帰ってきます!

もしお近くにお越しの際はぜひお声かけくださいませ!


山に入ると電波の状況など不確定な要素が多いので

SNS発信や電話連絡などが常時行うことができませんが、

可能な状況であれば、

いろいろと毎日のことをアップできればと思っています。

2018-07-09

鉄塔武蔵野線ライド 〜あの夏の見晴を追いかけて〜 後編

さて、腹ごしらえを済ませて、いよいよ後半戦に挑みます。

時刻は13時を少し過ぎたところ。

この後の本題の用事や帰り時刻を考えると

18時にはライドを終えて向かっていないといけないので、

5時間の猶予。

ここまでの苦戦ぶりを鑑みると、ギリギリの時間です。


南永井を出発し、防風林の並木のような道を進みます。

雰囲気はいいんだけど、大型車がバンバン狭い道を往来しているので

実際走るには難儀。

先ほどのポイントまで戻り、鉄塔調査隊を再開。

この辺りでは、進行方向に果てしなく広がる広大な田畑を

我が物顔で連なっているのですが、そこにたどり着けるような道はなく、

何度も道路を右へ左へとジグザグ走行を余儀なくされながら、

10号から7号までを追っていきました。

この辺りから強烈な暑さが体力を奪っていきます。


↓10号

f:id:arkibito:20180426131008j:image:w360


↓9号

f:id:arkibito:20180426131013j:image:w360


↓振り返って

f:id:arkibito:20180426131713j:image:w360


↓別角度の9号

f:id:arkibito:20180426131857j:image:w360


稲穂の先に7号

f:id:arkibito:20180426131907j:image:w360


ようやく耕作地帯のめどがつき、一つくらいは近くへと思い、

上富小学校の脇から、田んぼのあぜ道へ。

当然舗装されておらず、

やわらかい畑の道が前日の雨でぬかるんだところを行くのだが、

ふかふか、べちょべちょ過ぎて、ホイールが空転し、

バランスが取れないので、仕方なく押し歩きして、

6号へたどり着きました。

MTBなら訳なくても、ロードだと相当に難儀。

しかもこの後ビンディングシューズにびっしり泥がついてしまい、

それを除去するのも一苦労でした。

でも、鉄塔の真下に潜り込むことができ、堪能できました。


↓6号

f:id:arkibito:20180426132548j:image:w360


↓6号

f:id:arkibito:20180426133152j:image:w360


苦労して県道56号に復帰し、そのまま多福寺の交差点まで。

そこを左折して、バス会社の駐車場にある5号。

これでようやく耕作地帯を脱出です。

記事ではサクサクッと書きましたが、

ラーメン屋からここまでで30〜40分を費やしました。

映画でも見晴達はこの耕作地帯を抜けるのにとても苦戦し、

喉の渇きを潤すために、御寺の境内へと逃げ込みますが、

自分もまさにその状態で、そばにある多福寺の森へ向かいました。


↓5号

f:id:arkibito:20180426133822j:image:w360


↓多福寺

f:id:arkibito:20180426133916j:image:w360


割と広々とした森を抜けて反対へ出ると、住宅地が広がります。

送電線が撤去されているので、

いったん視界からけてしまった鉄塔を探すため空を確認しますが

それらしきものが見当たらない。

手持ちの資料では武蔵野連絡線はここでわずかに方角を変えていくのですが

ぐるぐると一帯を回りましたが、見つけられず…

あんな大きな建造物を簡単に見失うなんてとお思いでしょうが、

実際本当に見つかりません。

もう少し先かなと移動してみると、

少し先に送電線なしの鉄塔があり、そちらへ向かって進みます。

たもとへたどり着きナンバーを確認すると3号。

うーん4号はどこへ行ってしまったのでしょう???

ひょっとしたら宅地にぽかんとあった空き地がそれだったのかもしれません。

途方に暮れていても仕方がないので、やむなく先へ進みます。


↓3号

f:id:arkibito:20180426134437j:image:w360


↓3号

f:id:arkibito:20180426134600j:image:w360


広大な田畑と工場と住宅地と、平べったい土地が続く中、

あれこれと細い道だったり、

道じゃなかったりを曲がって折れてしてきたので

完全に自分の所在が分かりません!!

どうにかこうにか武蔵野連絡線をトレースしているという事だけが

唯一の手掛かりといった感じです。

3号を後に、小さなどぶを伝い、次の辻を右へ。

信号の少し先に、赤坂変電所を発見。

しかしこれでは1号になってしまう…

うーん。

変電所敷地をぐるっと回り込み2号らしきものをを発見。

この付近は工場が多くて、

作業員の人がこちらを不審そうな顔で見ているので

そそくさと先ほどの道までバックする。

一応、ナンバーは欠損はありましたが、

路線としてはどうにかこうにか、

武蔵野連絡線を端から端までトレースすることができました。


↓2号

f:id:arkibito:20180426135330j:image:w360


↓1号(赤坂変電所

f:id:arkibito:20180426135519j:image:w360


ここから路線は名称を変え、

武蔵赤坂線としてスタートしていきます。

ここから現役路線となるため、頼みの綱の送電線が復活!!

しかし、送電線を目で追っていくと、

さっそく高い塀で覆われた工場地帯へと伸びていて、

先が見通せません!!

そちら方面へと道を折れると、

工場と工場の間の細くて荒れた裏路地。

しかもそこを、ギリギリの車幅でトラックが土埃を巻き上げて疾走している…

デンジャラス極まりない!!

そういえば、映画の中でも、

2人が暴走トラックに追いかけられるシーンがありました。

とある工場の勝手口のような大扉の脇に鉄塔があり、

ナンバーを確認すると「武蔵赤坂線44号」となっていました。

ああ、あと44もあるのかあ、先は長いぞ〜。


武蔵赤坂線44号

f:id:arkibito:20180426135734j:image:w360


武蔵赤坂線44号

f:id:arkibito:20180426135739j:image:w360


そこから、送電線が伸びる方を見やりながら進んでいくのだが

向こうは区画を斜めに横断しているので、一筋縄ではいかない。

角を何度もカクカクと曲がっていけばいくほど、

道はどんどん怪しくなっていくし、

建物や木々で遮られて、

果たしてこっちで合ってるの?ホントに合ってるの?と不安になっていきます。

スクラップ工場群と墓地が転々とする一帯を迷いに迷って、

ようやく43号にたどり着きました。


↓工場群へ迷い込む

f:id:arkibito:20180426140056j:image:w360


↓43号

f:id:arkibito:20180426140524j:image:w360


その先の墓地の脇に、さらに42号。

このフォルムなかなかかっちょエエですね。

墓地を抜け出ると、小さなゴルフ練習場があり、

その脇に41号。

さくさくっと3つ続きました。


↓42号

f:id:arkibito:20180426140735j:image:w360


↓41号

f:id:arkibito:20180426140926j:image:w360


交通量の多い、県道6号をまたぎ、県道126号へ入りますが

ホンダロジスティクスの倉庫のところで再び狭い路地へ分け入る。

40号はその向かいの森の中にありましたが、

その真下は牛舎で、たくさんの牛が戯れておりました。

疫病対策のため関係者以外は入れないので、森の外からパチリ。


↓40号

f:id:arkibito:20180426141230j:image:w360


さらにその先の森の中に、赤白の塗り分けられた39号。

ここは真下が広場のようになっていたので、

ちょっとお邪魔。

下から仰ぎ見る幾何学の空、なんだか好きだなあ。


↓39号

f:id:arkibito:20180426141525j:image:w360


↓下から覗いてみる

f:id:arkibito:20180426141554j:image:w360


その先、送電線は深い深い森の先へと消えてしまっていて

どうなっているのか全く見当もつきません。

とりあえずそちら方面へ進んでいきますが、

そのうち周囲は森に吸い込まれ、

道は完全にダートとなってしまいます。

一度戻って迂回するのも手だが、

この森がどのくらいの規模かもわからないし、

路線を見失う危険もあるので、

このまま突っ込んでいきます。

道なりにダートを進んでいくと、大きい道路に出ました。

県道126号です。

しかし、どうも路線から少しそれてしまっているようなので

公園の方へと折れて、再び森を突っ切ると、

目の前に再び広大な田畑が広がり、

そこに小さな男鉄塔が立っていました。

ナンバーを確認すると37号。

38号は?と振り返って送電線を見やりますが、

さっき苦労して抜けた森の中へと吸い込まれているだけで、

鉄塔は見えず。

きっと森のどこかにひっそりと建っているのでしょう…


↓37号

f:id:arkibito:20180426142414j:image:w360


ここからは再び耕作地帯が広がっていて、

視界さえ開ければ、

送電線が次の目的地をはっきりと示してくれます。

道なりに進んで36号。

土地も広々としているのだし、

大きくて高い鉄塔が立てられそうなのに、

とてもこぢんまりとした鉄塔です。


↓36号

f:id:arkibito:20180426142548j:image:w360


引き続いて用水路の脇に立つ35号。

ここも小さな鉄塔

ちょうどその上をまたぐ形で巨大鉄塔群が左右へと横断しています。

これを比べてみても武蔵野線はなんと地味な存在だろうと思いますが、

その分、味があるというか、愛着も芽生えてきます。


↓35号

f:id:arkibito:20180426142757j:image:w360


↓別の巨大路線とクロス

f:id:arkibito:20180426142948j:image:w640


そこから田畑を斜めに横切る道を伝って、

森の手前で34号。

日差しが暑い!!


↓34号

f:id:arkibito:20180426143331j:image:w360


そこから送電線は再び森の中へと切れていきます。

そのままトレースはできないので、さっきの信号まで戻って左折し、

わずかに上って、すぐに反対側へ。

振り返って抜けた森の方を見ると、

33号はでっかい耕作地の真ん中にあり、

たどり着けそうにありません。

なので遠景からパチリ。


↓33号

f:id:arkibito:20180426143718j:image:w360


さらに振り返って進行方向を見ると、

田畑と住宅地の際をなぞるようにして鉄塔群が連なっています。

田畑を横断し、住宅地へ向かうその入り口に32号。


↓まだまだ続く…

f:id:arkibito:20180426143722j:image:w360


↓32号

f:id:arkibito:20180426143842j:image:w360


そこから迷路のような住宅地に迷い込まないように、

敷地の際を進んでいくと、狭山台団地に突入していきます。

そこにあるこんもりとした公園の脇に、31号を発見。


↓31号

f:id:arkibito:20180426144149j:image:w360


そのままニュータウンバス通りを進んで

バスの営業所の脇に30号。

ここでちょっとだけドリンク休憩をはさみます。

何しろ暑い!!

ジャージをめくってみると、

くっきりはっきり日焼けの段差がついてしまっています。


↓30号

f:id:arkibito:20180426144317j:image:w360


バス通りをドンツキまで進み、

生活道路をまたいで、脇道へ突入します。

小さな森の脇、住宅と住宅戸の隙間に、29号。


↓まだまだ

f:id:arkibito:20180426144833j:image:w360


↓29号

f:id:arkibito:20180426144927j:image:w360


そこから少し下っていくと、新狭山小学校にぶつかり、

道なりに下っていきます。

小学校の裏手の駐車場に鉄塔を発見。

ナンバーを確認すると「28-1」とあります。

そうです、いよいよここから見晴たちが絶望した「のいち鉄塔」が始まるのです。

その名の通り、ナンバリングに「-1」が付与された鉄塔です。

「28-1」の次は「27」ではなく、「28」となるので、

単純に2倍の労力が必要となります。

富士山の七合目、新七合目みたいな数のワナです。

ここにきての、倍々ゲームは、大人の自分でもキツイのに

小学生チームにとっては奈落に落とされたようなショックだったことでしょう。


↓28-1号(のいち鉄塔

f:id:arkibito:20180426145134j:image:w360


入間川を渡って、送電線を追っていきますが、

前方を見ると鉄塔がいくつも並んで、素敵な風景。

ライド自体はハードだけど、楽しいのには違いない!

そうして、ほどなく28号にたどりつきます。


↓素敵な風景

f:id:arkibito:20180426145227j:image:w360


↓28号

f:id:arkibito:20180426145333j:image:w360


引き続いて「27-1」を発見。

そこからすぐのところが狭山変電所となります。

この付近で、再び休憩。

自販機でジュースを買ってがぶ飲み。

リスタートしようとしたら、

なぜかチェーンを落としてしまい、

リペアを余儀なくされます。手が真っ黒@@


↓27-1号

f:id:arkibito:20180426145416j:image:w360


狭山変電所

f:id:arkibito:20180426145536j:image:w360


さて時刻は14:55。

残りリミットが少しずつ気になり始めます。

小説版のように、途中断念はぜひとも避けたい!!

急ぎましょう。

しばし進むと、西武新宿線をまたぎます。

またいだ先に27号。


↓27号

f:id:arkibito:20180426145621j:image:w360


そこから区画がよくわからないアベコベの住宅街を縫っていき

次の鉄塔へ。

「26-1」でした。のいち」の洗礼は続いています。

住宅街を抜け出ると、R16にぶち当たります。

上奥富の信号を渡って、自動車ディーラー敷地内に26号。


↓26-1号

f:id:arkibito:20180426150532j:image:w360


↓26号

f:id:arkibito:20180426150703j:image:w360


脇道へ入り、狭山青陵高校の敷地をなぞりつつ、

小さな用水路沿いに25号がぽつんと。

その先、再び広大な田畑が広がっていて、

電線伝いに道を進んで24号。


↓25号

f:id:arkibito:20180426151143j:image:w360


↓25号

f:id:arkibito:20180426151152j:image:w360


↓24号

f:id:arkibito:20180426151331j:image:w360


23号は、その先、別の巨大路線に吸い寄せられるようにして

森の中へと進んでいる。

そちらの方へと進んでいくと、

森と思ったところがどうやら川に沿って植えられた並木。

そのまま土手に上がれず、環境センターの方へ回り込みます。


↓23号

f:id:arkibito:20180426151952j:image:w360


映画では、まだ20基以上ものポイントを残しながら、

どっぷりと日が暮れたところに、

この大きな入間川にぶち当たり、見晴たちは途方にくれます。

そうして見晴はここでアキラを帰宅させるという決断をし、

自分は近くのスクラップ工場の廃車の中で野宿をすることになります。

小さくなっていくアキラの背中に、

見晴は「鉄塔を辿っていくんだぞ!」と声を掛けますが、

現実には夜闇で、再び鉄塔トレースして、

新座市の堀之内まで帰るのは、

小学生にとってはかなり至難の業です@@


さて、時刻はそろそろ15:30になろうとしている。

土手から、回り込んで狭山大橋を渡ります。

ここ実は狭山環状有料道路なので、

自転車も20円かかります。

作中では、野宿の翌朝、見晴は、

入間川を橋ではなく川の浅いところを自力で越えようとして

靴を流されてしまいます。

狭山大橋は当時すでに開通していて、

しかも武蔵野線とほぼ並走する距離にあるので、

まさか見落とすはずはないと思うのですが、

まさか20円をケチったってわけじゃないよねえ???


狭山大橋で入間川を渡る

f:id:arkibito:20180426152221j:image:w360


川を渡り料金所を抜けたら、

少しだけバックして対岸の土手へ。

小さな公園の脇に22号発見。


↓22号

f:id:arkibito:20180426152526j:image:w360


公園の脇をかすめ、バス通りを横断したら、

少しだけ住宅地を進んでいきます。

ドンツキの柏原小学校の先に、2階分ほどの大きな崖。

仕方なく、自転車を担ぎ上げて、小さな階段をえっさほいさ。

住宅地の真ん中にある小さな空き地に21号を確認。


↓21号

f:id:arkibito:20180426153006j:image:w360


少し進んで県道260号に当たる。

柏原交差点を少し進んでから左へ折れ、

クイっと上ると再び田畑広がるダートに入る。

砂利をプチプチいわせながら、20号のそばへ。

19号は田んぼのすぐ先。

別の路線と並行するようにして建つ赤白の大きな奴。


↓20号

f:id:arkibito:20180426153244j:image:w360


↓19号

f:id:arkibito:20180426153432j:image:w360


↓振り返ってもっかい19号

f:id:arkibito:20180426153608j:image:w640


送電線はその先、森の奥へと消えていきます。

智光山公園敷地内にあるようです。

公園の入り口はどこじゃと、

ぐるっと回りこんでいるうちに森の裏っかわへ来てしまいました。

空を見上げて送電線を辿りながら、

ダートを分け入っていきます。

そのままキャンプ場近くの池のほとりに建つ18号発見。


↓18号は智光山公園の中

f:id:arkibito:20180426153954j:image:w360


↓18号

f:id:arkibito:20180426154245j:image:w360


すぐに公園から出て、

向かいの広大な駐車場の真ん中に建つ17号。

16号はその駐車場を回り込んだ先の

物流センターの脇にぽつんとありました。


↓17号

f:id:arkibito:20180426154535j:image:w360


そのまま先へ進めるかと思いきや、

道は小さな川にぶつかって行き止まり。

しかも、川と並ぶようにして首都圏中央連絡自動車道が横たわっていて、

うかつに小さな道に迷い込むと、大迂回させられそうな予感。

しかたなく、手前の生活道路にバックし、

信号のある交差点で右折して交差点のアンダーパスをくぐる。

一旦、武蔵野線を見失ってしまうがその先の信号のところで

先に、ゴルフ場の中に建つ14号を発見。

作中で、見晴が勝手にゴルフ場敷地

もぐりこんで鉄塔を目指していたところを

タチの悪い従業員に見つかり、ボロカスに言われてしまいます。

(実際の撮影は別のゴルフ場だったらしい)

その前に15号はと、送電線を辿りながら交差点を右折し、

さっきの高速道路へ少し戻るような形。

一度高速をくぐってみたものの、送電線とは違う方向だったので

道を戻りつつ、細いわき道を見つけて、そちらへ分け入っていくと、

15号がありました。


↓16号

f:id:arkibito:20180426155117j:image:w360


↓15号

f:id:arkibito:20180426160248j:image:w360


↓14号はゴルフ場の中

f:id:arkibito:20180426160611j:image:w360


14号へ戻る頃には時刻は16時を回り、

そろそろタイムリミットも近づいてきました。

次の13号を探すのですが、行方が分からず、

しばし間違った方向へ進んでしまっているのに気づいて戻る。

R407とぶつかる鎌倉街道交差点のところに、

13号を無事に発見。


↓13号

f:id:arkibito:20180426161059j:image:w360


そもまま道を直進し、

大きな機材置き場の先の小さな森の出口に12号。

その先わずかに田畑が広がり、

次の森へ若干の上りをこなして11号

いったん武蔵野線を横切ってその先の道を右折し、

折り返すようなイメージでジグザグして、10号。


↓12号

f:id:arkibito:20180426161253j:image:w360


↓ラストスパート

f:id:arkibito:20180426161328j:image:w360


↓11号

f:id:arkibito:20180426161615j:image:w360


↓11号

f:id:arkibito:20180426161710j:image:w360


↓10号

f:id:arkibito:20180426161724j:image:w360


そこから雑木林に沿って緩く下っていき、

住宅街の辻を左へ折れて、9号にたどり着きます。

そこからさっきの辻に戻るような形で県道15号にいったん入り、

すぐに次の分岐で左手の住宅地への道に入る。

空き地にポツンと8号。


↓9号

f:id:arkibito:20180426162059j:image:w360


↓8号

f:id:arkibito:20180426162347j:image:w360


再び県道15号へ戻る。

交通量の多い生活道路は若干渋滞気味。

埼玉女子短大の信号の一つ向こう側の分岐を

左へ少し入ると7号。

ここで武蔵野線は方向を転換しています。


↓7号

f:id:arkibito:20180426162610j:image:w360


県道15号を横断し、生活道路を進むと、

小さな森があり、その先に6号が見えているので、

あぜ道を進んでみたが、

スクラップ工場の敷地から先は道はなく

たもとまではたどり着けず。


↓6号

f:id:arkibito:20180426162939j:image:w360


そこから住宅街の袋小路へ入り込むが、

抜け道的に車が行き来しているので、

それを追っていくと、JR川越線とぶつかり、

女影踏切を渡ります。


↓女影踏切でJR川越線をまたぐ

f:id:arkibito:20180426163127j:image:w360


渡ってすぐ、線路わきのあぜ道を進んで、

5号にアクセスしようとしましたが、

こちらも森の手前、

ドンツキの住宅で行き止まりなので遠景だけパチリ。


↓5号

f:id:arkibito:20180426163402j:image:w360


一旦踏切へ戻り、生活道路を進むと、別の生活道路とクロス。

その脇の田んぼに4号があり、

そこから先、武蔵野線は一直線に伸びている。

その真下には、

まるでフィナーレを飾るレッドカーペットのように一直線の道が続いています。

気づけば、周囲から一方向に向けて他の送電線も集まってきています。

しかし映画では、見晴はこの場所で、パトロール員に保護されて、

ゴール目前で完走することができず、

そのまま長崎へと転校してしまうのでした。


↓4号

f:id:arkibito:20180426163649j:image:w360


↓4号

f:id:arkibito:20180426163718j:image:w360


さあ、ここまでくればあとはゴールを目指すのみ。

ゆっくりと直線の道をたどりながら、

3号、2号とカウントダウンていきます。


↓最後の花道を行く

f:id:arkibito:20180426163721j:image:w360


↓3号

f:id:arkibito:20180426163829j:image:w360


↓2号

f:id:arkibito:20180426164006j:image:w360


↓2号

f:id:arkibito:20180426164024j:image:w360


そうして道が目の前の大きな敷地にぶつかります。

敷地の縁に建つ一本の鉄塔のナンバーを確認すると、

1号とあります。

いやあ、ゴールです。

思った以上に長く険しい冒険でした。


↓ゴールが見えてきた

f:id:arkibito:20180426164129j:image:w360


↓1号

f:id:arkibito:20180426164205j:image:w360


↓無事に完走です!

f:id:arkibito:20180426164213j:image:w360


そこから、敷地をぐるっとまわって、

中東京変電所の入り口へ。

映画では見晴は、次の夏休みに、

父親の突然の死去でこの地に帰省し、

武蔵野線の冒険を思い出してこの地を訪れます。

そしてとあるラーメン屋であることを思いつき、

それを実行に移す…というところでエンディングを迎えます。

果たして見晴は念願の変電所内に無事は潜入することができたでしょうか?

小説版(改訂の度に違う結末)、映画版、複数のエンディングがありますが

この希望を持たせた終わらせ方が、

個人的には一番いいなあと思います。


↓中東京変電所

f:id:arkibito:20180426164350j:image:w360


↓中東京変電所

f:id:arkibito:20180426164424j:image:w360


↓中東京変電所

f:id:arkibito:20180426164412j:image:w360


さて、時刻はすでに16:45。

本来の目的の用事もあり、

遅くても川越を18時ごろには出発しないといけませんが

もう一か所だけどうしても行ってみたい場所があるので、

すぐにリスタートします。

変電所を後にし、女影踏切を渡って、県道15号に戻ります。

そのままこの道をトレースして、武蔵高萩笠幡とつないでいきます。

なかなかの交通量で、大型車も多く、路肩が狭いので

あまり走りやすい道とは言えませんが、

この道が一番早いので辛抱。

関越道をくぐり、的場交差点まで来たときに、

ちょっとオーバーランしていることに気づきすぐに修正。

道を右折して、県道114号に入り、少し戻るような形で、

的場上交差点に到着。

その三角地帯に建っているのが「ラーメンショップ的場店」です。

ここも作中の回想シーンで登場します。

幼いころ父親に連れられて、

パワースポットである鉄塔の下で過ごしたことが、

見晴の鉄塔好きの原点として描かれていて、

そのパワーのご利益で馬券を当てた父親

上機嫌でお昼ごはんにこのラーメン屋でワンタンメンを振舞います。


ラーメンショップ的場

f:id:arkibito:20180426171555j:image:w360


残念ながら、このお店のメニューにはワンタンメンがなく、

きっとお昼に行った珍来さんのメニューに合わせる形で

撮影されたのだと推測されます。

つまり父親との思い出を語るためのアイテムとして、

ワンタンメンというメニューを統一しておきたかったのだと思います。


ということで、個々の名物のネギラーメンを注文。

隣の人のドンブリを見ると相当大きかったので

中を頼んだのですが、これがめちゃくちゃでかいうえに、

ネギもこれでもかとばかりにどっさり!

いやあ、これ普通に2人前はあるでしょ。

よくよく店内を見回すと、何分で完食とかの文字やサインがあり、

そういうお店なのだと気づきました。

次の行程を考えると、わずか15分程度しか時間がないので

大急ぎで食べましたが、なかなか苦労しました@@@


↓ネギラーメン。中頼んだのにこのボリューム

f:id:arkibito:20180426172123j:image:w360


↓味な厨房

f:id:arkibito:20180426172619j:image:w360


↓このラベルも映画に出てきてた

f:id:arkibito:20180426172913j:image:w360


17:30を過ぎ、そろそろデッドライン

お勘定を済ませんて、大急ぎでリスタート。

すぐに八瀬大橋で入間川を渡ります。

そのまま県道114号をトレースし、R16へ出ようと思ったのだが

その手前に、入間川街道を発見し、

裏道のそっちをトレースすることに。

関越道をくぐり、脇田新町まで飛ばす。

そうして17:56に川越駅西口に到着。

大急ぎで、チャリをばらして輪行に詰め、

東武東上線の最後尾に乗り込み、池袋まで。

そのあとの予定も無事にクリアできました。


東武東上線川越駅

f:id:arkibito:20180426175637j:image:w360


ということで、学生の頃に見た映画『鉄塔武蔵野線』を

随分大人になってしまいましたが追体験することができました。

当時と比べると、鉄塔も分断されたり廃止されたりしていましたし、

町もずいぶんと様変わりしているところもあったと思いますが、

走りながらもちゃんと見晴の背中がはっきりと見えていたような気がします。

また、根っからの関西人にとっては全く土地勘も方向感覚もない場所で

事前の予想よりもはるかに大変な冒険となりました。

フィクションとはいえ鉄塔調査隊の見晴とアキラはすごいぞ!

というのを実感できただけでも本当によかった。

2018-07-04

南大阪空振りライド

日曜日。

水間で行われている夏至カレーフェスにお邪魔するため

11:30に出動。どうしても朝起きれない…

いつもの南大阪ルートに出るため、あみだ池筋に出る。

堂島大橋は工事のためしばらくは車は通行止めのようだったが

歩行者自転車通路があったので通り抜ける。


堂島大橋はしばらく車両通行止めらしい

f:id:arkibito:20180701120142j:image:w360


あみだ池筋芦原橋まで出て、そこから阪高下を住之江まで。

大和川を渡って市街脱出するが、あまりに暑い!!


大和川

f:id:arkibito:20180701123852j:image:w360


そこから県道204号をひたすら南下。

久しぶりにここを走るのだが、

自転車走行用のブルーラインができていた。

でも、塗装が雑なのか、ガタガタと逆に走りにくい…

岸和田を過ぎ、貝塚のところで左折し、県道40号に入る。

あまりの暑さのため目がくらくらしたので、

水分補給にマクドにイン。

コーラLがぶ飲み。

そこから清児交差点で裏道に入り、

ちょいとばかり走って水間駅到着。

時刻は14時。


水間鉄道

f:id:arkibito:20180701143713j:image:w360


水間観音駅

f:id:arkibito:20180701143812j:image:w360


駅の西側の広場へ回ると夏至カレーフェスやっていましたが

受付のところに、カレー全て売り切れの札…

がーん。

まさかのスパイス補給失敗はかなり痛いが、

出動が遅かったのでやむなし。


夏至カレーフェス

f:id:arkibito:20180701143906j:image:w360


目的が空振りに終わってしまったが、

このまま帰るのもアレなので、他なんかない?と思ってたところ、

陽希さんが岩湧山のツイをされ、

近いので遭遇を狙ってそちら方面へリスタート。

まずは駅からすぐの水間観音さんにお参り。


水間観音

f:id:arkibito:20180701144444j:image:w360


そこから旧R170をえっちらおっちらと進む。

どの登山道選択されるかはわからなかったが、

あそこまで足を延ばしたのなら、

きっとダイトレを完走するはず。

なので、槇尾寺に行けば確率は高いはず。

旧R170は細かくアップダウンがあり、

この暑さとスパイス補給失敗の空腹で

ヘトヘトになりながら、九鬼町までたどり着く。

そこから県道228号の4kmの上り。

それほど勾配はきつくなく、沢の涼しい風がアシストしてくれる。

16時には麓の茶屋に到着。


↓槇尾寺

f:id:arkibito:20180701155819j:image:w360


さすがにハンガー気味なので、茶屋でざるそばを食べつつ

のんびり待ちます。

お父さんお母さんとは去年のダイトレ全縦走ぶり。

相変わらずお元気。

1時間ほど、待っていたのだけれど、来る気配なく、

帰り時間もあるのでタイムアップで下山します。

多分、陽希さんのほうが随分早かったんだろうなあ。

ということでこの日2発目の空振り。

逆にこれだけ狙っても会えないのに、

先日偶然に出くわしたのはやっぱり相当ラッキーだったんだろう。


↓茶屋でざるそば頂く

f:id:arkibito:20180701160029j:image:w360


この付近から大阪市街へと変えるルートが意外と難しい。

というのはその間に広大な泉北ニュータウンが横たわっていて、

あまりその辺に快適な道を思い出せない。

ついでにということもあって、狭山池に寄って帰ろうと思い立ち、

旧R170をトレースして河内長野まで。


↓旧R170より大和葛城山金剛山

f:id:arkibito:20180701173032j:image:w360


南海高野線とぶつかるところ、

南海千代田工場のところで左折し、R170とはさようならして、

裏道工作。大阪南医療センターをかすめて県道198号に入る。

この道、旧街道らしい味わいも所々あっていい感じ。

そのまま狭山池の真横までやってきました。


↓日本最古のダム

f:id:arkibito:20180701180200j:image:w360


↓狭山池

f:id:arkibito:20180701180427j:image:w360


狭山池から県道26号で狭山駅に出て、そこからさらに裏道。

全く走ったことのない路地に迷い込むのは、とても楽しいのだが

すぐに北余部のところで見知った道に出てしまい冒険終了。

そこからさらに住宅街の裏道に分け入ってあれやこれやして

大泉緑地の東裏手に出る。

そこからさらに北上して北花田でおなじみの県道26号に出る。

あとはいつもの如く、

行基大橋で大和川を渡り、長居公園の東をかすめて、

寺田町〜鶴橋と北上。

森ノ宮のところでどうも前輪の挙動がおかしくて、

一旦止まって確認をするとスローパンク

だが、一気に走行不能になる感じでもなく、

夕暮れ迫るなか、目前で修理するのも面倒なので、

途中空気を補充しつつだましだまし無事帰宅。


結局、この日は2発の空振りをしてしまったが

久しぶりに南大阪方面を走れたので、

それなりに満足でございました。

それにしてもそれにしても、暑さが尋常じゃない!!



↓焼けちまった〜

f:id:arkibito:20180701200631j:image:w360


↓走行ルート

f:id:arkibito:20180702114628j:image


走行距離:109.2km

TOTAL:625.14km