Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2010-02-08

相棒、不在につき

木曜日に相棒が木馬に入院をしているので

この週末は1ミクロンもロードに乗らず。

他のローディーブログを見たら、

北摂とかはうっすら積雪&バッシチ凍結みたいだったし、乗れなかったかもしれないけど・・・

やっぱりロードに乗れないのはツライっす。

特に平日乗れない週末レーサーとしたら、

1つの週末を逃すと、2週間乗らないことになる。

2週間とは半月。半月はさすがに厳しい。

と頭の中がクルクルしてくる。

完全に中毒症状が出てます。

ありえへん。

昨日、うちのわんこよっくんも連れて、家族でいつもの公園までお散歩。

最近の公園ではよく見かける光景だが、その公園も、

悪質な飼い主が公園の砂場でペットにおしっこや糞をさせてしまわないよう

砂場を安全・清潔に保つために、犬避けの柵で囲っている。

柵で囲うこと自体が、昔と比べて過保護だとかいうソモソモ論は

とりあえずここでは置いとくとして、まあそういう目的で実際に設置されている。


それなのに、昨日公園に行ったら、さも平然と犬を囲いの中に入れて遊ばしてる。

しかも大の大人が。

しかも公園に入りたそうな子供たちを締め出して。

まるで、囲いつきのペット専用砂場だといわんばかりに。

ありえへんやろ。

最近のやつは常識を知らんのか。


その公園は地元の自治会の人とかが毎日きちんと清掃してくれているし、

このご時世には珍しく、毎日子供たちがにぎやかに遊ぶ大事な場所だ。

なのになマナー知らずの人間のせいで台無しだ。

たとえマナー知らずでも、ちょっと回りのことに気を使うとか、

考えればわかることなのに。


正直コハもいるし、変にトラブルなってもいやだし、

クレーマーみたく思われるのもいやだ。

どうしようかと思ったが、わかってて知らぬふりをするのは、偽善でしかない。

誰かが注意しないと、多分これからずっと同じようなことをするだろう。

それは砂場で遊ぶ子供たちにもよくないし、

公園に犬を連れてくる他の人も同じようなマナー知らずと思われると悪い。

さすがの奥さんも「あれはちょっと非常識すぎるなあ」と言われて、注意する。

すると「はあ。そうなんですか。」と言って、

おとなしくすぐに犬を連れてどっか行った。

「かいじゅうたちのいるところ」

寝ているときに見る夢は、なぜか妙にリアルだったりする。

どうせ夢なのだから、楽しい夢を見ればいいのに、

夢の中でもしんどかったり、冴えない自分がいたりする。

夢は全くの創造の世界というよりも、現実世界をフィードバックしてできた産物で、

直前に見たテレビ番組の内容だったり、その日しゃべった内容が夢に反映されたりするし、

学校生活や家庭環境にも大いに影響を受けるものだと思う。

夢というのは自分自身の心のバロメーターとしてとても貴重な体験なのだ。


この映画の主人公マックスは、父親のいない家庭で育ち、

気軽に遊ぶ友達といえる存在もいない、孤独をかかえた少年だ。

その孤独を紛らわすためヒステリックな行動に出たり、

周りを考えずにあたり散らしたり、ついにはエネルギーのやり場を失って、

家族とケンカをしてしまう始末。

その耐え難い現実社会から逃れてたどり着いた冒険の世界もまた、

自分と同じように、人間関係に悩み、孤独や不満を抱えた「かいじゅうたち」の世界だった。

自分の気に入らないことが起こるとかんしゃくをおこしてしまうキャロル

自分の考えをみんなに聞いてもらいたいのに前に出ることのできないアレクサンダー

意地悪でつい憎まれ口を叩いてしまうジュディス。

彼が出会う「かいじゅうたち」は、実は少年マックスが抱える様々な悩みや

弱い部分が具現化されたものである。

はじめは”王様”となって自由にかいじゅうたちに命令し、好きなだけ遊び、

楽しさだけを求めるが、結局それが原因となって、みんなの気持ちが離れていってしまう。

かいじゅうたちの苦しみを、現実社会の自分自身に投影していくことで、

自分はただ問題から逃避しているだけで、現実は何も変わらないのだと気付く。

それが特によく現れているのは、キャロルが怒って、

理想の住まいの模型をめちゃくちゃにしてしまった現場を目撃するシーン。

キャロルの取った行動は、実は姉に送った木のペンダントを

怒りに任せて壊してしまった自分と同じではないか、

悩みや孤独を抱えているのは決して自分だけではないのではないか、と。

大事なのは”王様”であることじゃなく、向き合うこと。そして愛すること。

それがこの映画のメッセージ。


例えば「ハリーポッター」とかのようなSFファンタジーを期待した人にすれば

少々物足りないと感じるかもしれない。

やろうと思えば、もっと面白おかしく味付けをすることは可能だったと思うが、

少年の成長過程における精神的な”気づき”があくまで主題。

客にこびず、軸をブラさず、

リアリティをあくまで追求したスパイク・ジョーンズは見事。

作りも、CGバリバリではなく、手作り間が溢れていてよい。

もちろんそういう風に見える高い技術を使っているんだろうけど。

子供の頃に見た「ネバーエンディングストーリー」とか「ウィロー」とか

あの時代のアナログ感で、懐かしくうれしかった。

そして、この映画の主題である”愛”を語る、美しくて楽しい音楽のすばらしさったらない。



f:id:arkibito:20100208125619j:image


サントラは絶対買い!


↓原作の絵本もチェック

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ