Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-12-06

クラフトマン精神の極意 ヤイリギター 工場見学

誕生日プレゼントとして、十数年ぶりにギターを新調したいと思い、

先月からいろいろ調べたり、楽器屋に通っていたりしていたのだが、

なかなか限られた予算内でしっくりくるものが見つけられず。

そんななかで、80年前からメイド・イン・ジャパンを貫き、

30人ほどの職人により1日20本ずつの少量生産で、

こだわりの詰まったハイクオリティのギターを生産しているという

ヤイリギターの存在を知る。

多くのミュージシャンにも愛されていて、

特にBIGINさんとは一緒に

日本人にフィットした製品を開発したりしているようです。

サイトを見ていると毎週土曜日に工場見学を受け付けているようで、

ダメ元で直前にアポを入れたら予約できました。

ちょうど誕生日直前というタイミングでまさに巡り会わせ。

ということで、現地まで飛んで行ってしまいました。


10時の回の見学ツアーに間に合うように

岐阜可児の工場まで自転車で、10分前には到着。

たくさんの試供品が飾られた2階のショールームには、

ほかの参加者が集まっていて時間通りにスタート。


↓工場見学スタート

f:id:arkibito:20161203100154j:image:w360


現代の名工にも認定された先代社長、矢入さん。残念ながら2年前に急逝

f:id:arkibito:20161203124847j:image:w640


まずは敷地の一番奥の倉庫へ。

ここには様々な種類の原料となる木材が保管されています。

世界的にも木材は不足していて、良質の木材は価格が高騰。

10年20年先にはどんどん希少度は高くなり

価格が上がっていくことを見越して、

今のうちから世界各地から木材を仕入れて確保しているとのこと。

仕入れた木材はすぐにギター造りに使えるというわけでもなく、

最低でも3〜5年自然乾燥させなければならないらしく、

長いものでは20年以上寝かせると言います。

酒造りにも共通するように、

”時”というものも重要な工程なのだなと感じました。


↓倉庫では木材を自然乾燥させる

f:id:arkibito:20161203101157j:image:w360


↓貴重な木材が眠っています

f:id:arkibito:20161203101201j:image:w360


↓世界中で原材料不足だそうで、お値段も高騰中

f:id:arkibito:20161203102715j:image:w360


↓トップ材を一枚で取るとすると樹齢200年は必要

f:id:arkibito:20161203101720j:image:w360


倉庫の奥は、写真用の食堂兼ステージのホールがあり、

有名なアーティストさんが来られた時や、

イベント時にはここで演奏が行われるそうです。

このホールがまた本当に居心地のいい空間で、

アットホーム、ハンドメイドな社風がにじみ出ていました。

また木材を自然乾燥させるのに適した風通しのよい高台に工場があるので

大きな窓からは美濃加茂市が一望できるロケーションも素晴らしかった。


↓ステージ兼食堂のホール

f:id:arkibito:20161203101515j:image:w640


↓風通しのいい高台にある

f:id:arkibito:20161203101318j:image:w360


ホールでは木材についてのレクチャーを受けます。

マホガニー、メープル、ローズウッド、エボニィ、コアなど

たくさん種類があり、

硬さや加工のしやすさ、耐久性・変形性、

音の反射・吸収具合が全然違ってきます。

もちろん、ハードなアタックに適したもの、

繊細に爪弾くのに適したものがあり、

各パーツで木材を組み合わせると

様々な音色の違いが生まれることになります。

このあたりは、まさに、長年木と会話をしてきた職人でなければ

狙った音の出せるギターは造れません。

一つとして同じ節や年輪のものがない中で、

仕入れた木をどの部位で使うのが適しているのか、

木の持つ個性を見極めていくところからギター造りが始まっていくのです。


↓いろいろな木材

f:id:arkibito:20161203101902j:image:w360


歴代の名器たち

f:id:arkibito:20161203102030j:image:w640


ホールを後にし、いよいよ核心部である工場の方へ移動します。

2Fの作業場に上がると、そこは通常のルーティン作業の場ではなく、

特別なギターを扱うスペース。

ギター造りの神様と称される、

超級のクラフトマンである小池さんと道前さんがいらっしゃって、

オーダーメイドのギターに取り掛かっているところでした。

ちょうど、東海エリアで人気番組を持っている

ドンドコドンのぐっさんがその番組でオーダーしたという

ギターを見せていただきました。

ネックのポジションマークに、GOOD*SUN(ぐっさん)と入ってますね。


↓工場へ

f:id:arkibito:20161203102823j:image:w360


↓ギター造りの神様、小池さん

f:id:arkibito:20161203102954j:image:w360


↓名クラフトマンの道前さん

f:id:arkibito:20161203103028j:image:w360


↓ドンドコドンのぐっさん特注品

f:id:arkibito:20161203103315j:image:w640


同じフロアには全国各地から

リペア注文で届けられたギターが並んでいて修理の順番を待っていました。

ヤイリギターでは生涯修理サポートがついているので

いつでもメンテナンスやリペアに応じてくれます。

ギターは消耗品ではなく、バイオリンなどがそうであるように、

長い時間をかけて演奏されることで育っていくものという考え方があり、

単に製品を作って売ったらあとはおしまいではなく、

末永く自分たちの製品や、

その製品を使う人たちと関わりたいという思いがあるからです。

スバラシイ!


↓リペア中

f:id:arkibito:20161203102853j:image:w360


お隣の部屋は、合板の作成と

バック板のブレイシングを取り付ける作業場でした。

「単板」はそのまま1枚板で造られた木板で、

柔軟に振動するため音色は合板に比べて優れますが、

当然1枚板で材料を取るとすると価格がグーンと上がります。

また1枚板だとどうしても環境によって

変形したり割れやすかったり、管理が難しくなります。

「合板」は薄い板を3枚張り合わせることで、

コストを抑えるとともに、

強度を上げることで使いまわしの良さを実現するのです。


ブレイシングとはバック板に取り付けられた骨組みのこと。

薄い木の板は、音の振動や、弦の張りによって

常に高いテンションがかかっているので、

変形したり割れてしまうのを防ぐために

こうやって裏側に補強のための力木が組まれています。

この骨組み自体も音を伝える重要なパーツで、

組み方や、力木の太さ、材質、精度で

音の響き方が全く変わってしまうそうです。

現在アコースティックギターで最も一般的に組まれているのが

バッテンに木を組むXブレイシングだそうです。

ここでは、この力木を振動を抑えるゴムの入ったボンドなどではなく、

天然由来のニカワを煮詰めた接着剤で止めていて、

ニカワは天候などで大きく性質を変えるため管理が大変難しいのだそう。

また、貼り付けた力木をミリ単位で削っていくことで、

音の鳴りを極限まで追求していて、

実際に彫刻刀で削っている作業を目の当たりにしましたが、

ちょっとでも手元が狂って削りすぎてしまえばおしまいという

なかなかプレッシャーのかかる作業を、黙々とこなしておられて、

これぞ職人という場面でした。


↓バック板のブレイシング。わずかな削りの違いで音が変わってしまう

f:id:arkibito:20161203103537j:image:w640


↓右がカット前、左がカット後(ともにXブレイシング)

f:id:arkibito:20161203103806j:image:w360


↓さまざまなブリッジ

f:id:arkibito:20161203104117j:image:w360


1Fへ降りると広い作業場にたくさんの機械が並んでいます。

サイド部分はしなやかな曲線を出すために、

材料の木をまず湯煎して柔らかくして

それをプレスして曲げていくという作業でした。

ネック部分は持ち手に合わせて、いくつかのパターンがあって、

特にヤイリでは日本人の体形にフィットした形状を追及されていて、

色々持たせてもらいましたが、本当によく設計されています。

ネックとボディーを繋ぐ部分は、

釘など、音の振動を妨げたり、影響を与えるような部品を一切使わず、

木と木を継ぎ目でうまくはめ込んでいるのですが、

そこの調整も手作業

ほんのわずかでも削りすぎてしまって、

ネックがぐらぐらになれば台無しになってしまう非常にデリケートな作業


↓工場

f:id:arkibito:20161203104128j:image:w360


↓サイドの木はゆでて柔らかくした木をプレスする

f:id:arkibito:20161203104356j:image:w360


↓釘などは一切使用せずにネックを取り付ける

f:id:arkibito:20161203104759j:image:w360


↓すべて慎重で高度な技術が要される手作業

f:id:arkibito:20161203104833j:image:w360


↓ネック調整中

f:id:arkibito:20161203105836j:image:w360


1本のギターが完成するのに、

色々な工程を経て約3か月擁するそうなのですが、

その工程と工程の間では、黄を落ち着かせるために何度も寝かせます。

その間、倉庫では徹底した温度・湿度管理がなされるとともに、

大音量で音楽を聴かせて、ボディに音の振動を覚えさせるのだとか。

これを発案した先代社長さんは

この時間を「天使が宿る時間」と呼んで大切にしてきたそうです。


↓倉庫でさらに寝かせる

f:id:arkibito:20161203104938j:image:w360


↓音楽をかけて木たちに聴かせる

f:id:arkibito:20161203105019j:image:w360


工場の一角には、ゆるキャラ(?)のヤイリくんが鎮座し、

職人さんたちを見守っておりました。(笑)


↓ヤイリくん

f:id:arkibito:20161203105759j:image:w640


さて、徐々に、ギターの形になってきましたね。

ここからもヤイリさんのこだわりの製法はまだまだ続きます。

音の響きや、使いやすいフィット感といった、

楽器としてプレイヤーのこだわりを徹底的に追及するのはもちろんのこと、

工芸品としての見た目の美しさや洗練さもまた追及されていて

細かいパーツや塗装まですべて吟味された素材を使って

すべて手作業

見た目的にもとても美しく愛らしいフォルムに一目ぼれをしてしまいますね。


↓ラッカー塗装中

f:id:arkibito:20161203110238j:image:w360


↓フレット打ち

f:id:arkibito:20161203110328j:image:w360


↓出荷まち

f:id:arkibito:20161203110638j:image:w360


↓ラストに研磨して艶出し

f:id:arkibito:20161203110955j:image:w360


ということで、駆け足ながら1時間程度で工場見学ツアーは終了。

もうずっと、スゲースゲーと感嘆の声を上げるばかりで、

色々な工場見学やモノ作りの場に参加をしていますが、

これほどワクワク、ドキドキが止まらないものはありませんでした。

なにより卓越した技術と、

それに裏打ちされたクラフトマン精神に圧倒されました。

職人のみなさんが、自社製品に誇りを感じ、

モノを作り出しているという気概がにじみ出ていて

本当に素晴らしい現場だなあと感じました。


ツアー終了後は、社員さんによる演奏会。

やはり、なんといってもギターは楽器ですから、

その音色をまずは聴いてもらわないといけないということだそうです。

戦場のメリークリスマス」をはじめ数曲披露していただきましたが、

スバラシイ音の響き!

そしてめちゃくちゃギターがウマイ!かっちょええ!


↓社員さんによる演奏

f:id:arkibito:20161203112016j:image:w640


見学ツアーと演奏会が終了すると工場見学は終了。

そこからはショールームで気になったギターで好きなだけ試奏です!

やっぱり実際に弾いてみないとわかりませんもんね♪

ということで、片っ端から弾かせていただきます。

んんん〜なんという音色♪

素晴らしすぎます。


ヤイリさんでは「一期一会」というオリジナルのギターを

BIGINさんと制作していて、せっかくなのでこちらも弾かせてもらいます。

ウクレレより一回り大きいくらいの

ちょっと変わったフォルムの4弦ギターですが、

これ、なんと世界一簡単な夢の新楽器なのです。

というのはこれ、複雑なコードを一切覚えなくても、

フレットを人差し指で全抑えするだけで、

あらゆる曲が弾けちゃうという驚きの設計なのです。

フレットには、「一」「二」「三」と漢数字が振ってあって、

楽譜に書かれた番号の高さをフレットで抑えていくことで曲が弾けるのです。

なので、子供や全くの初心者でもジャララ〜ンとするだけ!

これはすごい!


↓ヤイリギターオリジナルの楽器、一期一会

f:id:arkibito:20161203100844j:image:w360


それから結局お昼ご飯も食べずに、試奏しつづけて、

気づけばすでに13:30を回ってる!

色々悩んだ末に、アウトレットで30%も安くなっているLO-K-OVAに決める。

奥さんにさっそく電話してOKをもらい、お店の人にオーダー。

ボディに一部傷があるようなのだけど、すでにリペア済みで、

音質には全く影響しないとのこと。

もともと雑な人間なので、そういう傷とかあまり気にしない人なので

格安なのがうれしすぎる。

何といっても見た目で惚れました。

おニューだけど、すでにヴィンテージ風貌の木の色合いがお気に入りです。

色々試し弾きした中でも、とても取り回しがよく、すぐになじみました。

もうこれしかないです。


↓買っちゃった♪

f:id:arkibito:20161203134417j:image:w360


1Fのロビーで、購入の手続きをしていると、

現社長さんが声をかけてきて、

自分のフィブラ君のことがとても気になるらしく色々とお話し。

自転車もまた鉄・カーボンの世界ですが、

立派なクラフトなので、職人としてはとても気になるのだと思います。

昔、大阪豊中に住んでいらしたらしく、

大阪から来ましたというと大変懐かしがっておられました。

翌日がちょうど誕生日だというと色々オマケもしていただいちゃいました。

他にもいろいろとお話しさせていただき、

またぜひ遊びに来たいと思います。


↓グッズもオマケしてもらいました

f:id:arkibito:20161204205004j:image:w360


ということで、なんだかトントン拍子で、

数十年ぶりのニューギターをゲットできました。

何より、そのギターが生まれた場所で直接購入できたというのは、

とても印象に残る思い出になり、すでにかなり愛着が湧いています。

じゃんじゃん鳴らすど〜!

2016-12-04

YAIRI GUITAR K Series LO-K7-OVA VS

お誕生日ということで、ニューギターをゲット!

メイド・イン・ジャパンブランドとして

80年の歴史を誇り、

多くのアーティストから敬愛を受けている

ヤイリ(矢入)ギターさんのユーザーに是非ともなりたいと思って

わざわざ岐阜県可児市の本社工場まで行ってきました。

工場見学をさせてもらい(詳細は別記事)、

ハンドメイドの極意、クラフトマン精神を目の当たりにし、

ショールームで思う存分に試し弾きさせてもらって、

お母ちゃんに嘆願の電話を入れて、即決。

納得のお買い物。


f:id:arkibito:20161203095420j:image:w360


f:id:arkibito:20161203134417j:image:w640


で、さっそく翌日に我が家へ。

本当に今までのものとは異次元の鳴りで素晴らしい。

各パーツの設計もよく考えられていて、

ローポジの弾きやすさは本当にうれしい限り。

ヤイリギターの似合うだけの腕をこれから磨かないと!


f:id:arkibito:20161204210518j:image:w360


品名: K Series LO-K7-OVA VS

TOP: Solid Spruce

BACK/SIDE: Ovangkol Laminate

NECK: Mahogany

FINGER BOARD: Rosewood

BRIDGE: Rosewood

ナット幅(mm): 42

スケール(弦長)(mm): 645

全長(mm): 1000

ボディ巾(mm): 385

定価: ¥91,800

カラー: VS

新開発のエアリーブレイシング機構を採用し、クリアでダイナミックなサウンドを実現

2016-11-21

濱口祐自LIVE at 小川ハウス(和歌山)

日曜日。

2014年から毎年、どこかでお会いしている

勝浦ブルースマン・濱口祐自さんのライブに行ってきました。

今年は、和歌山花山温泉の近くに新しくオープンする

パブリックスペース「小川ハウス」のオープニングイベントとして開催。

ちょうどいい機会ということでチャリンコで行ってまいりました。


ライブのスタートは18時なので、朝はゆっくりして、

13:30に出動。

南方へのルートはもうお決まりで、福島からあみだ池筋芦原橋まで。

そこから阪神高速堺線のアンダーを大和川まで。

交通量の多いR26で大浜まで進み、そこから直進して県道204号に入れば

あとはほぼ一直線。

どんよりしたお天気で寒いかなあと、少し多めに荷物を持ってきていたが

結構気温が高くて暑い。

なかなか向かい風がきつかったが、泉大津までで1時間と悪くないペース。

岸和田貝塚泉佐野と続く。りんくうタウンまで2時間。

長らくおつきあいした県道204号も双子池北交差点でさよならして左折。

思ったよりペースもよく時間もあったので幡代のマクドにイン。

遅めのランチを30分ほど。

ここから大阪和歌山県境の山越え。

おなじみの御ノ山峠までえっちらおっちら。

メンテしてないので、ギアが噛み噛み、中域の5,6速に入らなかったり。

ピークを過ぎるとテクニカルなダウンヒル

京奈和道のメビウスが出来上がっており、年月を感じます。

和歌山に入り、ブルべで走りなれた裏道を伝って川辺橋で紀ノ川を渡る。

さらに裏道から県道9号に入り、和歌山ICのところでR9にはいる。

花山の交差点から裏道を少し行ったところに、

今回の会場の小川ハウスがありました。

片道82kmを4時間。まずまずかな。


↓久しぶりの御ノ山峠越え

f:id:arkibito:20161120165047j:image:w360


小川ハウスは、広い中庭のある古民家を改造して

パブリックスペースとして

これから色々なイベントや教室が催されるそうです。

県越えの手間で余裕かましすぎたせいもあり、

到着が17:30。すでに多くのお客さんが奥の大広間に集まっています。

一角で息を整え、荷物整理をしていると、

少し早めですがライブスタート!


↓小川ハウスにて

f:id:arkibito:20161120192216j:image:w360


いつものように、軽快なトークで会場を和ませながら、

さらりと名曲たちを弾きこなしていきます。

原曲の良さを最大限に引き出しながら、

極めてユニークなアレンジをからめていく、

カツウラスタイルは何度見てもかっちょええです。

テンポのいい曲は、あえて荒削りにエッジを利かせ、

ゆったりとした曲は極めて繊細なタッチでなでるように奏でる。

12弦スライドギターはゴージャスに!

曲終わりにはちょっとはにかみながら、

「ええのお」といううのが何とも親しみが持てます。

曲が終わるごとに、細かく細かくチューニングを繰り返すのは相変わらずで

それもまたこだわりぬいた匠の技。

途中、ギター1本がプラグの接触不良を起こして、

曲の途中でアンプから音が出ずに生演奏になったりトラブルもありましたが、

生音もまた会場の雰囲気に合っていました。

味わいのある歌声を聞かせてくれる

椰子の実』『なにもない』『しあわせ』も本当に心地よかった。

どれもこれも贅沢すぎる素晴らしい内容でしたが、

個人的には『黒いオルフェ』とオリジナルの『遠足』がとても響きました。


↓何度観ても、何度聴いてもスバラシイ!

f:id:arkibito:20161120190028j:image:w360


演奏会終わりには即席の握手会。

お久しぶりですとお声をかけると、「おおお!来てくれたんか!」と、

去年すさみまでチャリンコで観に行ったことを覚えてくれていて、感激。

いつでも勝浦に遊びに来てよ、あちこち案内したるわと、

連絡先まで教えていただいちゃいました。


2014年の秋に、メジャー初アルバムの発売記念のライブで

初めて濱口さんの生演奏を目の当たりにして、魂が震えたのがきっかけで、

再び音楽、ギターを15年ぶりに再開し、

人生の真ん中に再び音楽が帰ってきました。

ある意味で、濱口さんは自分にとって心の恩人です。

今回はチャリンコ復帰までおぜん立てしてくれて、なんとお礼を言っていいやら。

これはもう南紀勝浦までのロングライド行かねばなりません!


↓今年もお会いできました

f:id:arkibito:20161120195937j:image:w360f:id:arkibito:20161120195941j:image:w360


名残惜しいですが、時刻はすでに20:30。

再び80kmを走って帰らねばなりませんので、

祐自さんにご挨拶をしてリスタートします。

時間も時間なので、往路と同じ道を帰ります。

御ノ山峠の和歌山側は短いながらも斜度が強い区間があって

少し心配でしたが足つきもせずに登りきれました。

昼間に比べて交通量も少なくて走りやすいのだが、

往路よりもアゲインストの風が強く堪えました。

でも夜間の方が集中力が増すのか、帰りは3.5hで家にたどり着くことができました。

相変わらずサイコンは不能で、自分が時速何kmかわからず、

目標スポットの通過の時刻だけで走っているので厳密にはわかりませんが

ブランクが長かった割に、いいペースで走れました。

結果的に超久々に、センチュリーライド並みの160km走でしたが、

ぐったりゲロゲロではなく程よい疲労感だけで済みました。

まあ、色々理由づけしてでもいいので走れるときは走ろう。


走行距離:164.7km

TOTAL:572.15km

2016-11-04

野宮真貴、渋谷系を歌う 2016〜男と女〜 at Billboard OSAKA2016.11.4

11.04。

今宵、野宮真貴に酔いしれる。

誰もが認める永遠のミューズ、

野宮真貴さんが4年前から続けている、

渋谷系スタンダード化計画、

その中核をなすビルボードライブです。


f:id:arkibito:20161104200913j:image:w360


f:id:arkibito:20161104203205j:image:w360


今回のコンセプトは

8月のニューアルバムと数珠つなぎの”サントラ渋谷系”。

ヌーヴェルヴァーグの巨匠JLGをはじめとしたフランス映画や、

マカロニ・ウェスタンなイタリア映画などを彩った音楽たち、

そして渋谷系のルーツともいえる

ラウンジミュージックを中心とした珠玉のナンバーが、

野宮ヴォイスを通して、

洗練された大人の装いを纏って繰り広げられます。

サポートのメンバーのリズミカルで確かな演奏も

ゾクゾクするほど素晴らしかった!

家に帰るまでずっと、

思わすハミング、スキップしてしまうほど

心躍り、足取りも軽やかに、

ああ…なんて素敵な夜でしょう。


↓料理も頼んだけど食べる余裕もないほどステージに見入ってしまいました

f:id:arkibito:20161104205938j:image:w360


公演後は、握手会。

学生のころからずっと憧れていた

わがアイドル、野宮さん、

今までも何度かチャンスがありながらタイミングが合わずに

ようやくお会いすることができて感無量。

また一つ長い夢が叶いました。


↓野宮さん直筆のサイン!

f:id:arkibito:20161104205333j:image:w360


さて、今回のライブのオープニングを飾ったのは、

あのリオオリンピックの閉会式でも

日本の歌として流れた『東京は夜の七時』。

なんと開演前のアナウンスで、

この1曲目だけは撮影OK、SNS拡散OKとのこと!

ということで、お言葉に甘えて。

野宮さんの野望としては、

4年後の還暦までビルボードの舞台に立つことと、

2020 TOKYOの舞台で『東京は夜の七時』を歌うこと。

ぜひ、実現してほしい!



野宮真貴、渋谷系を歌う 2016〜男と女〜 at Billboard OSAKA2016.11.4

〜Miss Maki Nomiya sings Shibuya-kei Standards 2016 “Un Homme et Une Femme”〜


01. 東京は夜の七時/ピチカート・ファイヴ(作詞/作曲:小西康陽)

02. 双子姉妹の歌/ミシェル・ルグラン(作詞:ジャック・ドゥミ/作曲:ミシェル・ルグラン)

03. ラヴ・スコール/サンドラ・ホーン(作詞:槇小奈帆/作曲:大野雄二)

04. メロディ・フェア/ビー・ジーズ(作詞/作曲:ビー・ジーズ)

05. 哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)/エルザ

(作詞:レジス・ヴァルニエ、カトリーヌ・コーエン/作曲:ロマーノ・ムスマッラ/日本語詞:大貫妙子)

06. 快盗ルビイ/小泉今日子(作詞:和田誠/作曲:大滝詠一)

07. Topless Party/ピエロ・ウミリアーニ(作曲:ピエロ・ウミリアーニ)

08. 太陽の下の18才/ジャンニ・モランディ(作詞:ルチアーノ・サルチェ/作曲:エンニオ・モリコーネ)

09. 黄金の七人/アルマンド・トロヴァヨーリ(作曲:アルマンド・トロヴァヨーリ)

10. 恋とマシンガン/フリッパーズ・ギター(作詞/作曲:DOUBLE KNOCKOUT CORPORATION)

11. ルージュの伝言/荒井由実(作詞/作曲:荒井由実)

12. 渋谷で5時/鈴木雅之(作詞:朝水彼方/作曲:鈴木雅之)

13. 男と女/ピエール・バルー&ニコール・クロワジール(作詞:ピエール・バルー/作曲:フランシス・レイ)

(アンコール)

今夜はブギーバック/スチャダラパー featuring 小沢健二

(作詞/作曲:光嶋誠、小沢健二、松本洋介、松本真介)

ピチカート・ファイヴ ・メドレー


ちょいとエスケールまで

ひさびさに自転車を引っ張り出す。

年明けに京都まで走って以来だから10か月ぶりのロード。

なかなか用事がないと自転車に目がいかなくなってしまっているのだが

今日は用事があったので。

チャリは全くメンテナンス出来ていない状態だけど、

まあ走れるようなので空気入れて13:45に出動。


まずは長柄橋で淀川を渡り新大阪を抜けて、天竺川沿い。

そこから裏道を伝い、大阪空港の南側をかすめて猪名川CRへ。

神津大橋で対岸へ渡り、県道334号でJR伊丹駅をかすめる。

そこから昆陽池の西を通過する。

ここまでで1時間ほど。

そういえば、年始の時からサイコンが全く反応せず、

今自分がどのくらいのスピードを出しているかさえ分からないが、

別にもうタイムを計測する必要もないので、

体感と、時間さえ把握していればええかと、そのままにしている。


昆陽をかすめ鴻池南、西野と折れてバス通りに出て、

武庫川新橋の手前で、武庫川左岸の裏道へ。

自分が子供のころは、週末ともなると

ものすごく混んで動かない尼宝線の裏道といえば、この道しかなかった。

かつてあったチボリカラカラテルメは当に閉鎖され、

今ではマンションが立ち並ぶ。

小浜公園に出て、そこから市役所側へ渡る。

そこから住宅街を抜けて宝塚南口。

宝来橋に着いた時のが15時ごろ。


もう本格的に走っていた頃から3年も経過しているが、

道は忘れることがない。東京までなら地図なしで行ける。

しかも覚えている道は大体古くからある道なので、

この間、周囲の様子が変わったり、新しい道ができたりしても、

なくなったり見失ったりしない。


右岸の県道337号をずんずん進み、

生瀬でいったん交通量の多いR176に出るので、

信号二つ分全速力で抜けて大多田橋に到着。

ここからはTTコースにも登録されている本格的な蓬莱峡の登り。

TTをするわけでもないし、途中の船坂で折れるので

マイペースでえっちらほっちら。

途中降りてくるローディーさんや、

足つきしているローディーさんにあいさつしながら登る。

途中座頭谷のバス停はバス待ちのハイカーさんでいっぱいだった。

ひさびさのガチ登りで疲れたが、足つきもなく、淡々と。

20分ほどで船坂の小学校前まで上がってきました。


するとちょうど船坂ビエンナーレがはじまったところみたいで、

せっかくだしと少し寄り道。

16時までOPENということで、20分ほどしかなかったので、

ざっと一通り。

この小学校は2010年の3月に閉校し、

その後は地域交流の場として地元の方々が今での大切にしている場所。

そこで2009年のプロローグに始まり、

2010年から隔年で開催されているのが船坂ビエンナーレというアートイベント。

阪神間の市街地から、ほんのわずか山間に入ったところにある

小さくてかわいらしいこの船坂という里山で、

地元の人たちの長くて深い想いの詰まった小学校校舎に、

様々な想いを表現した作品たちが教室に並んでいて

それはとても愛らしいものでした。


↓旧船坂小学校

f:id:arkibito:20161103155913j:image:w360


↓船坂ビエンナーレ2016

f:id:arkibito:20161103154614j:image:w360


f:id:arkibito:20161103154354j:image:w360


f:id:arkibito:20161103154540j:image:w360


作品とともに、この廃校となって間もないこの小学校にはまだ、

子どもたちが学んでいたころの息遣いがまだかすかに感じられ、

それぞれの教室や、黒板に刻まれたメッセージ、

校長室の様子や、ギシギシとなる板張りの階段を踏みしめるのが、

とても味わい深い体験でした。

ほんのちょっとだけの滞在でしたが、

また期間中近くに寄ることがあればまた覗いてみよう。


↓船坂の歴史

f:id:arkibito:20161103155102j:image:w360


↓校長室

f:id:arkibito:20161103154830j:image:w360


↓閉校の日の黒板

f:id:arkibito:20161103155250j:image:w360


小学校を出て、船坂の交差点を右折し、

そこから一気に金仙寺湖までのダウンヒル

交通量も多く、路肩の凸凹もそこそこあるので慎重に下る。

どうもマシンがフレているのか、バランスが悪く、

バタつくマシンをどうにか両手でねじ伏せながら下るのだが、

長いブランクで、このダウンヒルの感覚が一番鈍っているなと感じた。

でも、ここで無理してクラッシュしても仕方がないので、

自分の行ける感覚の範囲内でペースを抑えつつ下る。

そこから山口町の住宅街を下って、

今日の目的地であるエスケールさんに到着したのが16:15くらい。

寄り道も含めて2.5hほどで来れました。


早速マシンを止めて2Fのカフェへ。

時間的にすんなり席へ通されます。

ちょうどテラスに、オーナーのM沢さんがいらしたのでお声かけ。

先日のバーガー宴の審査員としてご一緒させていただいた方で

関西のパン業界の重鎮さん。

また今月ご一緒する機会があるのでご挨拶がてら、

美味しいハンバーガを食べに来たわけです。

バーガー宴でどっぷりバーガー漬けになって以来、

初めてのバーガーはここでと思っておりましたので、

ベーシックなベーコンチーズ。

お値段も1200円と決して安いわけじゃないし、

わざわざ遠方まで足を運ばないといけないけど

その価値のある逸品。

実際、休みの日は大行列になってしまうほどです。

大変おいしくいただきました!

お忙しいのに、M沢さんがわざわざ席までお話に来ていただいて、

あれこれと楽しく40分ほどお相手いただきました。

ありがとうございます!


↓エスケール

f:id:arkibito:20161103170935j:image:w360


↓ベーコンチーズバーガー

f:id:arkibito:20161103163211j:image:w640


17時を少し過ぎて、帰路に付きます。

暗くなる前に山を抜けて宝塚にはたどり着きたい。

山口町から船坂まで渋滞する登りを折り返す。

船坂からはほとんどの車は西宮北有料道路へ直進。

すでに薄暗くなった蓬莱峡の長い長いダウンヒルは、

暗くて見通しが悪いうえに、

結構路面が荒れているのでビクビクしながら下る。

ブレーキングと、前傾姿勢キープで、

山歩きではほとんど使わない、上半身の筋肉が一気に疲労します。

R176まで下ってくるとそこも渋滞しているので、

脇道に入るまでの短い区間をスプリントで駆け抜ける。

宝塚南口からはバス通りを行くが、

自転車専用のブルーラインが仁川の競馬場まで敷かれていて安心。

ただ自転車が走行することを前提としてたら、

あんな走りにくい工事の縦溝ラインがずっと続くのはいただけないけど。

新幹線の高架下で折れ、甲武橋で武庫川を渡る。

交通公園経由で故郷の武庫之荘をかすめ、

塚口・園田・神崎川とおなじみのルートを通って19:30までには帰宅。


ひさびさに山越えありきのコースだったが

無事にこなすことができました。

整備が非常に億劫なので、いまだ腰は重いが、

何かの用事にかこつけてちょいちょい出動してみよう。


走行距離:76.7km

獲得標高:573m

TOTAL:407.45km

2016-10-25

『君の名は』聖地巡礼

笠ヶ岳を後にし、10:55の濃飛バスで北アルプスを離脱。

本当はもっと山に留まりたかったのだけど、

今回はもう1つミッションがあり、次の仕事の素材集めとして

『君の名は』の聖地巡礼スポットである飛騨古川へ向かいます。

JR高山線は本数がきわめて少なく、高山BSでバスを乗り換えるのだが、

乗り換え時間が5分しかなく、それを逃すと1時間待たされるので忙しい。

大きなトランクを持ち込んだお客でバスは満載で、

下車に手間取っているうちに、

古川行きのバスが行ってしまう危険性が大いにあったので

機転を利かせて1つ前の国分寺でバスを降りてダッシュし、

どうにか接続に間に合いました。


神岡行きのバスに揺られること40分で飛騨古川駅に到着。

時刻は14:20。

まずは帰りの電車の手配をしておかないと、

特急ひだはめちゃ混み必至。

ということでみどりの窓口へ。

すると、東海道本線の木曽川駅付近で事故があり、

そのせいでダイアが乱れていて、

特急ひだは、名古屋まではいかず岐阜止まりか、

車両によって大阪行きしかないとのこと。

とりあえず岐阜まで出れば、名鉄もあるし、どうにかなる。

特急自体が運行するというのを確認して15:35の特急の指定を取る。


↓飛騨古川駅

f:id:arkibito:20161015143010j:image:w360


わずか1時間しか滞在できないので

『君の名は』の聖地巡礼スポットを一斉取材を早速スタート。

まずは駅前にスポットが集中しているので、そこをささっと。

まずは駅構内にある「ひだくろ」の顔出し看板。

劇中では、看板ではなく着ぐるみでしたが、

主人公たちがはしゃいでいるシーンがありました。


↓飛騨古川駅構内 ひだくろの看板

f:id:arkibito:20161015133300j:image:w360


続いて、主人公がヒロインの住む糸守町について

情報収集していた駅前。

そこにタクシーが出てくるのですが、

ちょうど実在する「宮川タクシー」が停まっていました。


↓飛騨古川駅前 宮川タクシー

f:id:arkibito:20161015132656j:image:w360


そして、この聖地巡礼の最も象徴的なスポットとして

各メディアでも取り上げられている、飛騨古川駅の陸橋からの眺め。

ここはファンの人の人だかりがすごく、

同じショットを撮れるのが1つの窓しかないので、

非常に混雑しています。

ちなみに、これは駅構内の陸橋ではなく、

駅を出たところにある自由通路からの眺めでした。

劇中ではちょうど電車が停車していましたが、

そのタイミングを待っていると時間が惜しいので待ちませんでしたが、

街の方が到着時刻の案内を張り出していたり、

地元では比較的このブームを好意的に受け取っているようです。


↓飛騨古川の陸橋

f:id:arkibito:20161015133504j:image:w640


↓陸橋は大賑わい

f:id:arkibito:20161015133442j:image:w360


↓こんな案内も

f:id:arkibito:20161015133622j:image:w360


続いては、駅から少し歩いたところにある

飛騨市図書館へ。

ここは、糸守町について主人公たちが調べ物をするシーンで登場します。

本来であれば、公共施設内は撮影禁止のはずですが、

ブームへの理解があって、

受付で申し出たうえで、

通常の利用者に迷惑がかからないように十分配慮すれば撮影OK。

しかもじゃんじゃんSNS等で拡散を希望されていて、

非常に好意的です。

しかも『君の名は』コーナーまで設けられ、

全国各地からたくさんの人が訪れているのがよくわかります。


↓飛騨市図書館

f:id:arkibito:20161015134043j:image:w360


↓ウェルカムモード

f:id:arkibito:20161015134136j:image:w360


↓きれいな館内

f:id:arkibito:20161015134513j:image:w360


↓特設コーナー

f:id:arkibito:20161015134245j:image:w360


↓こちらも大賑わい

f:id:arkibito:20161015134654j:image:w360


続いては、駅と反対側の山のふもとまでダッシュして、

気比若宮神社へ。

ここも主人公たちがヒントを探しているシーンで登場します。

幅広の石畳の階段と、中央の鉄柵が特徴的ですね。

ここにもたくさんのファンがいて、

写真をバシバシ撮っておりました。


↓気比若宮神社

f:id:arkibito:20161015142224j:image:w360


駆け足でしたが古川駅周辺の巡礼スポットを無事撮り終えたので

お昼ご飯に蕎麦屋に入り、ささっと済ませたら、

もう電車の時間となりました。


↓飛騨牛冷やしそば

f:id:arkibito:20161015140513j:image:w360


それにしても正直言ってこんなのどかで静かな山間の小さな町に、

全く不釣合いとしか言いようがない若い人たちが

わらわらと街を歩いていて、ブームの大きさがよくわかります。

この聖地巡礼というのも、ある意味、

形を変えたポケモンGOみたいなものだなと感じます。

正直、自分はあんまし思い入れのある作品でもなくて

(娘と一緒に映画館に観に行ったという意味では思い入れはありますが)

実際、作品の出来も、別にOVAとかわらないようなものだと思うのですが。

嫌いでもないし、それなりにいい作品だと思いますが、

ついこの間地上波でやっていた、ルパンVS複製人間のように、

画は雑でも、奇想天外な物語やキャラクターの個性に

ぐいぐい引き込まれるような名作を見て育ってきた身としては、

ここまで本当に騒ぐものなのかなあという印象が強い。


しかしこれを巻き起こしている現象を考察することは面白いと感じます。

これはきっと、ゆとり世代特有の”ユルい連帯”が

生じさせている現代的な現象なのだと思います。

(ここでいう”ゆとり”とは、いわゆる10〜20代の若者のことではなく、

彼らをゆとりにさせ、彼らのゆとりを許してきた親の世代もまた

所詮ゆとりであるという意味で、

大人になりきれない大人のことを指しています)

つまり、常に誰かと繋がっていたい、世界と繋がっていたいという

一種強迫観念的な深層心理にせつかされながら、

かといってわずらわしいような深い関係性は拒絶する

引きこもり体質という、

二律背反的でわがまま勝手な状況を実現するために、

リアルではなく二次元的あるいは疑似世界の中に逃げ込み、

匿名性という心地よいベールに護られながら、

それを現実として生きていく”ゆとり”の人たちが、

自分たちの正当性を担保するために生み出す”ユルい連帯”。

それは、フェイスブックやtwitter、LINEやインスタなど

次々形態を変えて登場するSNSの普及や、

猫も杓子ものポケモンGO、

毎年次々と生み出されては消えてゆく一発屋芸人のギャグ、

毎年次々と生み出されては消えてゆく、新グルメやスイーツの数々、

メディアで垂れ流される下世話なネタに噛みついて一斉に制裁を加える現象、

ここ数年急増したニワカカープファンや、

ただどんちきコスプレをして騒ぐだけのハロウィンの盛り上がり、

あるいは選挙ごとに右へ左へと大きく揺り動かされるムーブメントetc、

すべて同じメカニズムで生じている現象なのだと思います。

自らが何かを創造して道筋をつけていくというのではなく、

余計な労力をかけず大きなムーブメントに心地よく乗っかって

世間との間合いを図ることが大事で、

その現象の一つとして現れたのが、

この『君の名は』ブームなのだと思いますね。

つまり、この作品の良し悪し云々ではなく、

話題になっているということ自体が重要であって、

その流れに乗っかることが、あるいは乗っかれている自分こそが大事、

ということなんでしょう。

この作り手はそのメカニズムや時代的な深層心理を

非常にうまく利用しているという点で

ビジネス的な観点から非常に優秀だと思います。

でもクリエイティブな観点から言えば、

それは結局没個性を助長するにすぎないし、

人を煽動できさえすれ、中身は何もない。

物事の本質を語ることなく、表層の流れにただ身を任せ、

一過性の面白さに満足して、

賞味期限が過ぎると使い捨てをしているうちに、

いつしか己を見失う。

日本は一億総モラトリアムな時代に

突入しているのではないだろうかと危惧してしまいます。


さて、予定通りの時刻となり、高山行きの各停で出発。

20分ほどで高山駅へたどり着くと、

改札前が異常な人だかりでかなりざわついている。

何事かと駅員に聞いてみると、

先ほど古川駅で聞いていた事故の影響が、

予想以上に深刻で、

本来自分が乗るはずだった

特急の車両が事故に遭っていたようで、

しかもその事故で車体が破損してしまったために、

高山まで来て折り返すことができなくなったので

最低でも2時間以上の遅れが発生するとのこと。

そのため1時間後の特急への振り替えのために

みな窓口へ並んでいるのですが、

1つしかないので、長蛇の列と化してしまっていました。


↓特急の運休で大混乱@@@

f:id:arkibito:20161015153626j:image:w360


これでは1時間後の特急はもはや絶対に座れないし、

その次の特急はいつになるか目途さえついていないという状況で

帰れない可能性が非常に高くなってきました。

2時間以上待つならそれはそれで、

高山散策でもしてみようかとも思いましたが、

重い荷物をかかえているし、山行と突貫取材で疲れ切っているし、

歩き回れる体力がない。

何よりこういうトラブルの状況は早くに脱するに越したことはない。

何か策はないかと考えた結果、思い浮かんで、濃飛バスのターミナルへ。

すると、10分後に、特急岐阜行きのバスがあるではないか!

ただし予約制だったので、受付のお姉さんに聞いてみると、

あと3席まだ空いていますとのこと。

さっそく手配しようと思ったが、その前に、

手元にあるこの特急券を払い戻ししないといけない。

間に合うか!?

とりあえずお姉さんに1席仮押さえをしてもらって、

すぐさまJRの改札へ舞い戻る。

みどりの窓口では到底間に合わないので、

改札の駅員室に話をして即座に払い戻しをしてもらい、

取って返して、バスの窓口へ行って手配完了!

ふぃ〜、バタつくぜ。


↓高速バスに間一髪切り替え

f:id:arkibito:20161015160342j:image:w360


こうして16:10発の岐阜行きの特急バスに無事乗り込みました。

この日は朝から、何本もきわどいバスの接続を繰り返して、

もうヘロヘロ@@@

太川さんと蛭子さんがいかに大変か、身に染みてよくわかりました。

2時間ほどバスに寄られて18時ごろに岐阜駅に到着。

するとまだ、ダイヤが乱れていました。

ここでようやく遅延の原因の詳しい情報が得られたのですが、

どうも事故が発生したのは朝の9時台のことだったらしく、

それが今この時間まで回復していないとは、国鉄さんしっかりしてよ!

岐阜駅から、10時台の表示の快速で大垣まで行き、

2分しかない乗り換えで鉄橋をダッシュして米原行に乗り換え。

米原駅までたどり着けばそこはもう西日本の管轄。

新快速で帰ることもできたのですが、

もう色々ありすぎて疲労困憊だったので、

ちょっと贅沢に新幹線こだまに乗り換えて帰阪しました。