Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-07-22

酒場探訪記 南森にて

所要の帰りに南森に寄り道。

この間はじめて行って雰囲気が気に入った「ニコノトナリ」さんで軽く一杯。

まずは大好きな安芸虎があったので迷うことなく。

グビグビ、プハア〜@@@

蒸し蒸し暑い時期に、キーンと冷えたほん甘な酒が染み渡る。

アテは定番のザーサイ奴っこ。

丸々一丁あるので、一品だけでいけちゃう。

続いては見慣れないお酒をということで

お初の「荷札酒」なるものを。

新潟加茂錦というとこのお酒だそうで、若い杜氏さんの意欲作だそう。

グビグビ。

ちょうどいいサイズの空間、付かず離れずの女性スタッフの振る舞い、

落ち着いた雰囲気がとても気に入っている。

ただ難をつければ、そのスタッフにスケベ丸出しで絡む常連がいて、

時々それを台無しにしちゃってるのが残念。

品よくやれば粋なのにねえ。


↓ニコノトナリ

f:id:arkibito:20160721212209j:image:w360


↓まずは安芸虎 夏純

f:id:arkibito:20160721205550j:image:w360


ザーサイ奴っこ

f:id:arkibito:20160721210016j:image:w360


↓荷札酒(新潟加茂錦)

f:id:arkibito:20160721210650j:image:w360


続いて近所に、都島の酒店・酒高蔵が

2号店をオープンさせたということで行ってみます。

地酒はもちろん、糀をつかった肴が自慢という「糀-コメノハナ」さんです。

入ってすぐに業務用冷蔵庫がどーんとお出迎え。

ざっと目視すると、鍋島とか山間とか、三芳菊とか

なかなかエッヂの効いたラインナップが飛び込んできます。

注文は卓上の紙に記入するスタイル。

とりあえず一杯目は甘口の鍋島で。

グビグビ。上品な甘さと後口のクリアさが流石。

アテは〆サバを注文。

ただ切り身が並んでいるのではなく、薬味がきれいにしつらえてあり、

刻みわさびと、糀味噌がついてくる。

二杯目はこれまた新顔をということで滋賀は湖南の「北島」を。

自宅で飲んでいる「浪乃音」でおいしかった山田錦のお父さんである

滋賀県産米の渡船をほとんど磨かずに8割磨きで仕上げた酒。

なかなかに濃厚なボディーで野趣あふれるお酒でした。

一杯が390円、490円の2段階で手ごろで、珍しいラインナップなので使えそうだ。

ただ、角打ちとは銘打っているけど、ちょっと上から目線というか、

ええ店感をぷんぷん醸し出しているのがちょっとなあ。

酒はもっと構えて呑むんじゃなく、ざっくばらんで呑みたいものです。


↓糀-コメノハナ

f:id:arkibito:20160721220033j:image:w360


↓壮観な冷蔵庫。あくまで角打ちなので購入も可

f:id:arkibito:20160721212552j:image:w360


↓常時30種類ほどの地酒がラインナップ

f:id:arkibito:20160721212750j:image:w360


↓〆サバと北島

f:id:arkibito:20160721213454j:image:w360

懲りずに大盛り

ひさびさにグラタンの大盛り。

ちゃんと完食したけど、お腹はちきれそうになった。

ゲフッ。


f:id:arkibito:20160721123018j:image:w360

2016-07-20

記念日、宝塚にて

土曜日。

娘は午前中は学校の土曜授業。

昼から、プール。

この日はテスト日で、無事に昇格されておりました。


7/16は9年前に結婚式を挙げた日。

この間ニュースで、私たち夫婦が式を挙げた宝塚ホテルが、

将来的に歌劇付近に新築をし、

現在の建物は老朽化により取り壊されることが決まったと耳にした。

本当は10年の節目の時に盛大にと思っていたが、

ひょっとしたら来年にはなくなってしまう可能性もあるので、

記念日のディナーを予約。

4か月の赤ん坊が果たしておとなしくしてくれるかヒヤヒヤだったけど。


宝塚ホテル

f:id:arkibito:20160716170426j:image:w360


↓旧館の雰囲気が好き

f:id:arkibito:20160716170611j:image:w640


式場をここにしたのは、

武庫川水系にずっと暮らしてきた身としては

思い入れのあるホテルだということや

自分の祖父が末期で入院している病院から近かったことと

(結局式に出る前に亡くなってしまった)、

関係者とつながりがあってもろもろ段取りしやすかったことなどがあったが、

なんといっても旧館の趣と歴史を感じる雰囲気が素晴らしかったから。

今はティーラウンジになっている1Fので、総勢80名ほどを招待して挙式。

中庭でライスシャワーを浴びて、ブーケトスをして。

懐かしいなあ。


↓赤絨毯と古いしつらえ

f:id:arkibito:20160716170642j:image:w360


↓9年前を思い出す

f:id:arkibito:20160716202254j:image:w360


↓中庭

f:id:arkibito:20160716170617j:image:w360


↓中庭を上から

f:id:arkibito:20160716170820j:image:w360


食事の前に写真室の方で記念撮影をしてもらい、

それから仏蘭西料理「プルミエ」にてディナー。

赤ん坊がいるということで個室にしていただき少し安心できましたが、

「赤ん坊をうまくあやしながらフレンチを食べる」という新種目はなかなか大変。

奥さんと交代しながら、美味しい食事をいただきました。

大泣きしたり、大声を上げたりせずに、ご機嫌でいてくれたので親孝行です。

長女も初めての本格的なディナーの雰囲気に戸惑いながらも

楽しく食事をしてくれました。

最後のデザートの時に、9th wedding aniversaryのデコレーションがうれしや。


↓個室を用意していただきました

f:id:arkibito:20160716200333j:image:w360


↓フリュイ・ルージュとプティ・ポワのクレーム 菜園仕立て

f:id:arkibito:20160716174052j:image:w360


↓帆立貝のムスリーヌとコンソメヨードのジュレ ハーブ香り

f:id:arkibito:20160716175030j:image:w360


↓ロマランの香り イベリコ・ベジョータ頬肉のコンフィ

ジャガイモとポロ葱のフォンダン

f:id:arkibito:20160716181603j:image:w360


ドーバー産 舌鮃のムニエールとアスペルジュ・ヴェルトの軽い燻製

ソース・シャンパーニュ

f:id:arkibito:20160716183309j:image:w640


↓ソルベ

f:id:arkibito:20160716185055j:image:w360


↓国産牛フィレのソテー ピストゥー風味

松の実のクロッカント タンンドン・ダシルのピカントを添えて

f:id:arkibito:20160716190555j:image:w640


↓お子様用コーンポタージュ

f:id:arkibito:20160716174153j:image:w360


↓お子様プレート

f:id:arkibito:20160716181249j:image:w360


↓お子様デザート

f:id:arkibito:20160716193604j:image:w360


↓デゼール

f:id:arkibito:20160716194152j:image:w360


↓デコレーションがうれしい

f:id:arkibito:20160716194328j:image:w640

正直、見るからに老朽化しているし、

自分が子供のころと比べて今や宝塚は特別なレジャーエリアから、

単なる郊外の住宅地となり、ホテルの周囲にもマンションが立ち並んで

雰囲気はずいぶんなくなってしまっている。

でも、あの阪急文化の1つの象徴的な空間がなくなってしまうのは

時代の流れとはいえ寂しい。

実際まだ具体的な移転は未定らしいので、

来年以降もできるだけ記念日ディナーを続けられたらいいなあ。

2016-07-11

ご近所めんライフ

いつのまにやら西中島南方大阪屈指のラーメン激戦区となり、

狭いエリアに30ほど軒を連ねる。

他になかなか昼飯を食べさせてくれる店が少ないので、

週2・3はラーメンとなる。

激戦区は実力が試される厳しい競争の場ですが、

同時に半ば聖地化して、ラーメン目当ての人が多く集まってくるという点で、

集客しやすい安住の地でもあります。

そんな安住を求めて、また1軒。


吹田の名店だったらしい「えびす丸」が移転OPENということで早速。

お店の造りのせいでキャパが少ないのか、

はたまたOPEN直後でハンドリングが悪いのか、

あるいはあえて行列を作り出す作戦なのか、結構待たされます。

ここはまあOPEN直後ということでやむなしか。

ラーメンはかなりバリエーションに富んでいて

「醤油」「塩」に加え、「鶏白湯」が3種、加えてつけ麺にまぜ麺はである。

メニューの豊富さは客にとってはありがたいけれど、

そのせいで調理に手間取って、

それが基本サービスの手間の悪さにつながっているのかもしれない。

1回目に食したのは、吹田時代にNO.1だったという濃厚鶏白湯ラーメン

スープ濃厚ながらもそれほどベタつかず上品なお味。

麺は、鶏白湯の濃さに応じて、太麺と中太麺を使い分けているようで、

こだわりが感じられます。

2種類のチャーシューは美味しかったし、なによりシナチクがおいしく、

やはりラーメンに関してはクオリティは高いと見ました。


↓えびす丸

f:id:arkibito:20160628122416j:image:w360


↓濃厚鶏白湯ラーメン

f:id:arkibito:20160628123542j:image:w360


別日。これも結構手際の悪さが目立ちます。

限られた昼休みの時間ではなかなかにしんどい。

この日はまぜ麺をチョイス。にんにくありなしが選べて、なしで。

ゴロゴロのチャーシューとネギ、カイワレがトッピングされたまぜめんが到着。

もっとジャンクな味を期待したのだが、こちらも結構控えめ。

もう少しガツンと来てほしいところだったが、にんにくヌキにしたからかな?

セットでついてくるちょい飯を最後に投入してかきこむ。


↓まぜめん

f:id:arkibito:20160706123108j:image:w360


2軒目は、おなじみのすなお軒。

はじめてここでつけ麺を注文してみました。

豚醤油つけ麺。

意外と言っては失礼ですが、麺が意外とおいしい。

ただつけ出汁が結構しょっぱいかなあ。


↓すなお軒 豚醤油つけ麺

f:id:arkibito:20160701123049j:image:w360


続いては、場所が扇町公園に飛びまして、

担担麺専門店「蓮と凜」。

見た目ちょっとイカつそうな店長さんが切り盛りしています。

専門店だけあって、種類も辛さも豊富でしたが、

一発目はやはりデフォルトでということで白胡麻担担麺

様々な種類のスパイスが、一気に殴り込みをかけてきてなかなかに面白い。

先に来る味わいを追っかけて辛みがやってきて、

最後にふわ〜んとチャイニーズ香りを残して、まさに味の三重奏。

なかなかどうして侮れない一杯でした。


↓麺や 蓮と凜

f:id:arkibito:20160704225337j:image:w360


↓白胡麻担担麺

f:id:arkibito:20160704230721j:image:w360

2016-07-05

昨日は月曜日から宴。

なかなか楽しい夜でございました。


f:id:arkibito:20160704194152j:image:w360


f:id:arkibito:20160704221922j:image:w360

2016-06-28

浪乃音うまし

毎週月曜日は奥さんが、酒場放浪記に合わせて居酒屋我が家を用意してくれている。

先日購入した、滋賀は堅田の「浪乃音 渡船」が想像していた以上においしく大満足。


f:id:arkibito:20160627195959j:image:w360