Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-05-22

第2回タカシマヤ 日本酒祭

金曜日の晩、Tさんからお誘いがありまして、

タカシマヤで行われている日本酒イベントに行ってきました。

せっかく久々のミナミへ足を運ぶので、

ちょっと寄り道をして、Tさんに宝の部屋へとご案内。

難波をスルーして大国町で降り、おなじみの山中酒の店へ。

大阪・関西の地酒の一大拠点ですね。

時期的にそろそろ夏向けのお酒のラインアップが出始めていました。

巨大な冷蔵室にずら〜っと並ぶ宝の山に、

やっぱりTさんも興奮気味でございました。


↓山中酒の店

f:id:arkibito:20160520182550j:image:w360


それからブラブラと難波まで歩いて戻り、タカシマヤの7階へ。

エレベーターが空いたとたんに酒の匂いがプ〜ンとね。

3月にTさんと行った阪神での日本酒イベントの時は、試飲だけでしたが

今回は蔵元さんが直々にお酒を販売しているブースがメイン。

まずはそちらを回ることにします。


f:id:arkibito:20160521174231p:image:w360


トップバッターは「八鹿酒造」さん。

八鹿とあったので、てっきり但馬の方かと思いきや、

意外や意外、大分は九重町のお酒でした。

関西ではほかで見たことがなく興味津々。

ここも若い杜氏さんで、

ラインナップの違いを熱心に説明してくれました。

一応全ラインナップの試飲させていただきましたが、

今どきの呑みやすくフレッシュなお酒でした。


↓八鹿酒造(大分・九重町

f:id:arkibito:20160520190026j:image:w360


続いては、滋賀愛荘町にある「藤居本家」さん。

ここはTさんが酒蔵見学に行ったことがあるらしく、

それはそれは広大な敷地に年季の入った蔵があり、すごいらしいです。

ここでも全ラインアップをいただきました。

主力の「旭日」は昔ながらの端麗辛口、

琵琶の舞」はオール滋賀県産でフルーティーな後味が印象的でした。


↓旭日(滋賀愛荘町

f:id:arkibito:20160520190420j:image:w360


お次は、「片野桜」でおなじみの山野酒造さんです。

いつもお世話になってます!


↓おなじみの交野桜

f:id:arkibito:20160520191027j:image:w360


大阪ブースのその向こう側に、ド派手なパッケージを発見して

思わず吸い寄せられます。

金キラと輝く「西之門」が何ともゴージャス。

長野善光寺の文字通り西の門にある酒蔵さんで、

善光寺に毎年奉納するお酒をこしられておられます。

酒どころ長野の中でも、なかなかに高級なお酒。


↓西之門(長野善光寺

f:id:arkibito:20160520191300j:image:w360


と、蔵元さんの出店とは別に、

今回は目利き酒屋が選ぶ特選ブースがあり、

そこでは先ほどお邪魔した「山中酒の店」も出ていました。

そして毎度毎度注文させてもらっている

奈良天理の「登酒店」さんも出展されている!

ということで、日ごろのお礼にご挨拶。

初めて自宅用にお酒を購入したのがここでしたが、

店主さんと直接お話しするのは初めてで、

いろいろお話させてもらいました。

しかもじゃんじゃかと試飲を継いでいただき、

「花巴」や「玉川」、「みむろ杉」など

たっぷり呑ませていただきました〜。

いやあ、また注文させてもらいます!

で、店長さんから、

「花巴」の杜氏さんである橋本さんも来てますよ!と教えていただいたので

この後、そちらにもご挨拶。

自分の地酒好きの一番最初がこの「花巴」で、

今でもマイベスト3に常に入っているお酒。

それを実際に作っている方にお会いできるのは本当に特別でした。


さて、仕事終わりで飲まず食わずでやってきて、

試飲ばかりでちょっとここで箸休め。

ツマミを買っていったんブレイクすることにしました。

会場の一角に、人気の日本酒BARうさぎが出店していて、

チケット制でお酒を買えるようになっています。

そこでお酒をゲットし、その脇の名産物コーナーでつまみをゲット。

椅子を確保して落ち着きます。

自分は、徳島三芳菊と奥能登の白菊の2杯を注文。

50種ほどラインアップあり、冒険もしたかったけど、

やっぱりここは好きなお酒になってしまいました。

ツマミは、白エビのてんぷらホタルイカ天ぷら

ホタルイカを揚げるという発想は初めてでしたが、なかなかうまかったです。


タカシマヤにとうちゃこ

f:id:arkibito:20160520185817j:image:w360


↓つまみゲットしていったん建て直し

f:id:arkibito:20160520194859j:image:w360


徳島三芳菊(左)と、奥能登の白菊(右)

f:id:arkibito:20160520194608j:image:w360


そうこうしているうちに、閉店時間の21時が迫ってきました。

せっかくなので何かお酒を買って帰ろうということで

残り30分で再び販売ブースに戻り、おみやを物色。

自分は2本チョイス。

1本はやはり最初に気になった大分の八鹿さん。

本当は特別純米のグリーンラベルをと思ったが

売り切れだったので吟醸をば。

今回の催しでは熊本の酒蔵さんも参加予定だったのだけど

自身の影響で直前でキャンセルになったらしく、

その分も頑張って九州をアピールしてるんです!と言っておられたし

焼酎大国の九州でがんばっている清酒応援しているので

これは決まりです。


↓八鹿酒造 吟醸

f:id:arkibito:20160520230519j:image:w360


もう一本は、いつもウエダさんでいただいている

黒部の皇国晴酒造さんの「幻の瀧」のレアアイテム。

定番の純米吟醸スコッチウイスキー「タプロース」の樽で

一年熟成させた代物。

少し試飲させていただきましたが、

樽の風味や香りがお酒に移ってなんというか

カラメルのような味わいが広がる。

純粋な地酒ではないけれど、

老舗中の老舗がこういう遊び心でやってみましたというのが

どうにも面白いではないか。

しかも、遊びでは終わらない本気の味わいがさすが。

樽一本でしか製造できず、品数が少ないものなのだが

一本300mlで800円なのでそれほど高価でもなく、

おみやにちょうどよろしく。


↓幻の瀧 タプローズ

f:id:arkibito:20160520230539j:image:w360


ということで結局21時のクローズまでしっかり楽しみ、

そのあとちょっとだけウラなんばと味園ビルを冷やかして解散。

なかなか楽しい花金ナイトでした。

2016-05-19

たけのこご飯

筍といえばやっぱりこれ。

贅沢の極み。


f:id:arkibito:20160512191247j:image:w360

2016-05-18

廻る

昨日は飲み会。

疲れてるのか、よく回る。

義左衛門の冷酒が染みる@@@


f:id:arkibito:20160517202710j:image:w360

2016-05-17

ご近所めんライフ

GWはほぼほぼ仕事詰めでしたが、世の中は連休。

そうなると、もともと飲食店の少ない会社周辺でお昼ご飯にありつけるのは

ラーメン屋しかない。

ということで、GWに食べたご近所ラーメン屋さんを。


まず1軒目は言わずと知れた「塩元帥」。

いまや一大グループに成長し、色々なところで見かけるようになりましたが、

この本店と、天六の醤大将はやはり別格なのです。

といいつつ、塩ではなく濃厚醤油を注文しちゃいました。

このお店、どの駅からも遠いのにいつでも人でにぎわってます。

お店の人も気合入っているのは分かるんだけど、

仕切りを任されている人の声が馬鹿でかすぎて、

こちらが起こられているような錯覚をおぼえるほどなのは勘弁してほしい。


↓塩元帥にて濃厚醤油

f:id:arkibito:20160506123057j:image:w360


2軒目は、食べログでの評価急上昇中の「ラーメン鱗」。

上品な塩味のスープに、鶏節が見事にマッチ。

麺もアルデンテで噛み応えが心地よい。

この界隈で一番好きなラーメンかも。


↓鱗

f:id:arkibito:20160407124343j:image:w360


↓塩

f:id:arkibito:20160407123217j:image:w360


続いてはちょっと足を延ばして、新大阪駅の東側へ。

まずは、「手打ち麺やす田」さんに久々の来店。

ここは本当に丁寧なお仕事をされていて、

澄み切ったスープは滋味よく、後味にふんわりとイリコが香る絶品もの。

麺のプリプリ感との相性もばっちり。


↓手打ち麺 やす田

f:id:arkibito:20160507131353j:image:w360


↓塩+焼豚丼(小)

f:id:arkibito:20160507130218j:image:w360


つづいては、その「やす田」さんの2軒隣に新しくできた「五山ラーメン」さん。

東京の有名店「五厘舎」の流れをくむお店らしい。

店は南国風のカフェをそのまま居ぬきしていて、

一見して本当にラーメン屋?と不思議な感じ。

定員さんも、妙に派手なお姉さんとインド系のおじさん、

それからロッカーな店長さんの組み合わせで、ますます怪しい。

ラーメンは、鶏白系とトマトラーメンの2枚看板という、これまた不思議なアピール。

初回はデフォルトを注文することにしているので、

五山ラーメン「極」を注文。

うーん、普通においしいけど、

この新大阪・南方のラーメン激戦区で

あまりここに来なきゃという個性は感じられず。

むしろトッピングのねぎが、大きさバラバラで刻んであったり、

色々雑さを感じるところが多かった。


↓麺や五山

f:id:arkibito:20160504135302j:image:w360


↓五山ラーメン「極」

f:id:arkibito:20160504134250j:image:w360


続いては、おなじみ西中島の一大勢力「すなおや」グループから

「すなお軒」。

これまでは海鮮丼ラーメンの2枚看板で勝負されていましたが、

本業とより明確に違いを打ち出すことにしたのか、

はたまた快晴ん丼のほうが人気がありあすぎて、

本来のラーメンの伸び悩みにいよいよ本気を出したのか、

海鮮丼をメニューから外して、ラーメン一本で勝負するように

業態が変わってました。

元々個々の中華そばは素朴な味で好きだったのだけど、

どうしても海鮮丼に目移りしてそちらを頼んでしまうことが多かったので、

海鮮丼食べられないのは残念だけど、

まあ本来の店のコンセプトに原点開始するのはよい選択だと思います。

で、新メニューに加わっていた本枯れ節ラーメンを注文。

いつもの中華そばよりも、渋みと味わいの深さがプラスされて

ちょっと大人なビターな味わいで、自分は結構好き。


↓すなお軒 本枯れ節醤油

f:id:arkibito:20160510123012j:image:w360


ラストは、ちょっと番外編。

ご近所を離れて、ミナミは木津市場へ。

ここには有名なうどん屋さん「大和」がございます。

昼時を避けて遅めに来たのだけど、かなりの行列で、30分ほど待ちます。

なにせ市場の一角にお店を構えているので、

10人も入ればいっぱいいっぱいの小さなお店なのです。

でもそのお店の沖さとは裏腹に、料理は実に太っ腹なのです。


大和

f:id:arkibito:20160408130825j:image:w360


色々メニューも豊富なのですが、ここは名物のカレーうどんを注文。

しばらくして出されたのがこれ!

写真では一見わかりづらいですが、

まるで生け花をする花瓶のようなサイズでどど〜んと。

なんでカイワレが1パック丸々入ってんの?

コレマジ食えんのかよと、さすがの大盛りフリークでもびびります。


↓海老天カレーうどん

f:id:arkibito:20160408131233j:image:w640


まずは上に乗っている大量のカイワレとネギを

カレーに沈めていこうとするのだが、全然沈んでくれない。

それもそのはず、その下には、牛肉やら何やら他の具材がぎっしり。

見事に聳え立っている超大海老ですが、

実はこのスープの中にもう一体潜んでおります。

この海老を食すだけでもかなりお腹いっっぱいになります。

もうね、うどんは何処いったん?

迷子なってしもとるよ。

どれもこれも揚げたて茹でたてで、ハフハフ汗をかきながら食べ進めます。

もううどんを食べに来ている感覚ではなく、

がっつり大鍋を一人で食べる感じ。

それでもお出しが効いて味はしっかり本格でおいしゅうございました。

ゲフッ。

2016-05-16

子連れサイクリング めざせ初氷

土曜日は夜中まで仕事で、日曜日は午前はバタン。

午後からで、長女を連れ出すのに、山はちょっと出発が遅いので、

今週末は自転車

ちょうど枚方凍氷さんが

今シーズンの営業をはじめられた情報をゲットしていたので、

淀川CRでそちらを目指すことに。


このところは奥さんとお出かけする際は、ベビーカーなので

自転車に乗る回数が少ないので、久々に乗り回せるとあって、

娘も気合十分。

毛馬閘門から入って、そこからCRへ。

「キ〜〜〜〜〜ン!!」となぜかアラレちゃんよろしくかっ飛ばしていく。

日差しもそれほどえぐいほどでもなく、後ろから吹く風が心地よく、

絶好のサイクリング日和。

多くのローディーさんが前から後ろから。

草野球やサッカーBBQなど河川敷はたくさんの人であふれているので、

娘がぶつかったりしないように注意しながら、ぐんぐん進む。

面倒くさいのが各ゲートごとにある鉄柵。

細身のロードでも対外面倒くさいけど、

子供用の台座をつけたママチャリが間を抜けるのは相当大変。

娘も抜けへん抜けへんと苦戦しながらも自力で通過。


淀川CR滑走

f:id:arkibito:20160515141144j:image:w360


やはりずっとぺダリングをしていると暑くなってきて、

気づいたら娘さんはトマトのように顔が真っ赤っか。

途中で何度かクールダウンの休憩を入れつつ、

2時間ほどで枚方とうちゃこ。


枚方とうちゃこ

f:id:arkibito:20160515162058j:image:w360


河川敷を離れて、旧街道を伝って、

お目当ての枚方凍氷さんにとうちゃこ。

時刻は16時だったが、結構お店は満席で、少しだけ待ちました。

娘はピーチミルク、自分は定番のイチゴミルク。

これで1つ450円は安いねえ。

最近は氷スイーツブームだけど、

大阪市内だったら800円とか下手したら1000円超えるくらいのものもあるし。

しばらくして、器から大きくはみ出たかき氷が出てきて、

娘の目もランラン。

頭キンキンさせながら、おいしく完食♪

ごちそうさまでした!


枚方凍氷

f:id:arkibito:20160515161050j:image:w360


↓定番のイチゴと娘はピーチ

f:id:arkibito:20160515154614j:image:w360


16:15に帰路に着きます。

行きと違って向かい風がすさまじく、

前について風よけしてやろうとするのに、

自分が前に出ると意地になって抜いてくる。

しんどいで〜というのに、ニヤニヤしながらパス。

帰宅したのが18:15で、

サザエさんには間に合った。(←ここ重要)


↓向かい風〜

f:id:arkibito:20160515171437j:image:w360


しかし、あんな車重が重くて、

回しても進まない子供用自転車

小さい子が往復40kmかけて枚方に行くのは相当タフです。

自分も、ママチャリという鉄下駄で往復4時間ぺダリングをして、

まるでLSDトレーニングのように、結構足にきました。

軽量ロードバイクがどれだけ性能がいいかがわかりますね。

ギプスは取れて、サポーターになったはいいけど、

その分、守られていた手首に負荷がダイレクトにかかるようになったので

さすがにちょっと痺れて痛い。

ロードも早く復帰して、行きたいところや

行かないといけないところもあるんだけど、

ちょっと時間かかるかもなあ…


走行距離:37.2km

TOTAL:299.05km