Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-05-01

子連れツーリング 淡路島ライド 復路編

ようやく復路編に突入です。


鼓亭をトップバッターでリスタートしたのが14時。

ここからはノーマル組もロング組も一緒に走るため

できるだけ先頭でマージンを作っておくのだ。

県道25号から福良口でR28に入る。

この辺りは鈍いのぼり。

登りの先に、逃げ水がユラユラ。

初めて見た娘が不思議やな〜って。

登り終えて、賀集の集落へのダウンヒル

交通量が多いので慎重に。

八幡の手前で裏道に入ると、

後ろからSはんちょう率いるガールズ軍団。

しばらく談笑しながら走りますが、

やはりペースが遅いので置いていかれます。

ずんどこずんどこ集落の細い道を進んで、

国衛のあたりの分岐で痛恨の道をロスト。

向こうの道からてんちょうが手を振ってこっちこっち!

慌てて戻ると、すでに最後尾…

せっかく先頭を走ってたのに!と娘にがちで怒られました。

さーせん!


そこからは南あわじの大農作地帯のどストレートを走る。

横風が多少あって難儀。

ストレートで交通量も少なく、

先行するみんなもペースアップしてどんどん離される。

娘もどうにかこうにか重いギアを踏んで、

集団の最後尾を死守しますが、とにかく必死です。

榎列小学校の所まではなんとか

他のメンバーの後ろについて来れましたが、

そこから先、県道66号に入り、

高速をくぐった先の掃守の交差点で信号につかまり、

そこからは2人旅となります。

でも、高速区間よう頑張りました!


↓allez!allez!

f:id:arkibito:20170416143359j:image:w640


さっきまでは前にいるメンバーを目標として頑張れていましたが、

2人残されてからは一気に集中力が切れてしまいます。

ずっと重いのを回して、相当の消耗もあり、

しかもここから緩やかなアップダウンが続くので、

一気にペースダウン。

それでも、必死に走っていましたが、さすがに消耗が激しく

途中で小休止。

ビンディングではないので、踏む足の裏がシビレているのと、

ずっとグリップしている手が痛いということで、

簡易のマッサージ。

そこからリスタートして、

五色に入るところの急坂に差し掛かります。

ちょうど様子を見に

てんちょうとFUNさんが車まで戻ってきてくれました。

さすがに足つきをしてしまい、

重いマシンを必死で押し上げていると

FUNさんが走ってきてくれて、

一緒にピークの車の所まで押してくれました。

この先の山岳地帯の難易度を考えると、自走は難しく、

今のうちに車で休憩をしておいて、

ラストの爽快な海岸線を自走した方が良いと判断して、

ワープすることにします。


車の中では、娘はぐったりと寝るどころか、

お二人相手にキャッキャと大はしゃぎでおしゃべりを続け、

全然休憩になりません@@@

車は県道66号をトレースし、南谷という小さな交差点を左折し、

妖しい細道へと突入。

すごいルート見つけたもんです。

細道に入ると一気に激坂となり、

先行していたメンバーがダンシングで必死の形相。

娘と一緒に1人1人に檄を飛ばします。

ガンバレ!ファイト!

県道466号は何とも面白そうな峠越えの道で、

交通量も少ないし、里山然とした風景の連なる道。

道幅が狭いので車ではしんどいですが、チャリにはうってつけ。

そのまま登り区間が終わる辺りまでワープ。

ちょうど先頭集団がやってくるところでした。


↓のどかな山里

f:id:arkibito:20170416154749j:image:w360


休憩になったかどうかわからないくらいはしゃいだ娘ですが、

元気そうなので、行けると判断し、ここから第3区間スタート!

ここから郡家の集落までは県道465号を爽快にダウンヒル

後ろから高速で皆さん下ってくるのをしっかりと見つつ、

こちらは事故らないようにしっかりペースをキープして下っていきます。

なかなかええ感じのこう配で、クネクネと細かくワインディングしていて楽しい。

ただ、ハンドリングが難しいので、ここは先頭に立って、

娘には後ろをトーレスさせていきます。


↓第3区間スタート

f:id:arkibito:20170416154813j:image:w360


↓爽快ダウンヒル

f:id:arkibito:20170416154604j:image:w640


↓ずんずん進むよ!

f:id:arkibito:20170416154740j:image:w640


本当は郡家の交差点で県道31号を右折しないといけなかったのだが

ちょうどタイミングが悪いことにバイク集団とかち合って、

路肩の狭い主要道は危なかったので、そのまま直進して、

集落の中で折れてサンセットラインに入ったのだが、

ちょうどそのエスケープの途中にあるローソンCPに設定されていたのを失念。

そのまま娘と先行して尾崎の集落辺りまで来て、

てんちょうとFUNさんから電話があり、

行方不明状態になっているのを知る。

ああああ、すんません!

ももう娘の体力を考えると引き返すのは得策じゃないし、

結局走る道はもう1本しかないのでこのまま先行して進むことにします。


この日は向かい風もそれほど強くなく、淡々と北上していきます。

北淡ICの辺りでメンバーが追いついてきて、皆さん先行していきます。

しばらく娘も頑張って追っかけて行きましたが、

ここは無理をしてペース上げるのではなく、

残りを完走する方が大事だよとアドバイスしてマイペースで2人旅。

富島を越えると、そろそろ2人とも疲労が蓄積、集中力が低下し、

無言で淡々と進むようになります。

海を隔ててはるか向こうに

加古川姫路の街並みがうっすら見えてくるようになりましたが

肝心の明石海峡大橋は、ここから何度も行方をくらませて出てこないという

アワ1あるあるが始まります。


↓サンセットライン北上中

f:id:arkibito:20170416163259j:image:w640


夕暮れで世界が薄黄色に染まり始め、

気分的にもずいぶん疲労が溜ってきました。

みんなそろそろ続々とゴールしている頃で、

少しでも待たせてはという気持ちがある一方、

このまま進んでも限界が近いと判断して、

県民サンビーチの所で小休止。

ちょっと気分転換に海岸まで行き、

グリップをずっと握りしめて

熱を帯びている手を冷たい海水に浸してあげました。

娘は相当疲労しているはずだけど、

しんどいとか辛いとか、もう嫌だとか弱音を吐くことは一切なく、

あともう少し頑張ろう頑張ろうと、前向きで、

それがとても健気というか、根気強さにこちらも勇気をもらいます。

なんとしてもゴールまで連れて行ってあげねば!


↓県民サンビーチでひと休憩

f:id:arkibito:20170416171459j:image:w640


↓大冒険もあと少しでゴール

f:id:arkibito:20170416171336j:image:w640


少しですが気分転換もでき、マッサージで疲れた体をほぐし

補給も取れたので、元気を取り戻し、リスタート。

この時間帯になると、別でアワ1をされているローディーさんたちも

続々とゴールに向けて後ろからやってきて、

その度に娘に暖かいエールが送られ、

それに後押しされるように力強いぺダリングで黙々と進みます。

そうしてようやく明石海峡大橋が見えました!

あともうちょっと!


↓ラストスパート!

f:id:arkibito:20170416174128j:image:w360


明石海峡大橋が見えた!

f:id:arkibito:20170416174855j:image:w640


ゴールとなる明石海峡が見えたことで娘も活気を取り戻し、

必死でぺダリング。

松帆の湯の分岐の所でてんちょうさんが車で様子を見に来られ、

その時に橋の下でゴールでもいいですかと打診したのですが、

ラストまで行っちゃいましょう!と言われて、

ええい!ままよ!と橋をくぐって岩屋へ入ります。

ほっとんど残りわずかな体力で2人漕いで、

ジェノバラインの発着所を過ぎて

県民サンビーチのところで待機しているてんちょうの指示で右折すると…

うへえええええ〜@@@@@

コンクリの激坂登場。

ラストにこれ持ってくるって、

そこそこのローディーでもキツイっすよ。

てんちょうドS。

距離にしたらわずか300mだけど、完全に2ケタ以上の急斜面。

娘はまず無理なのはわかっているが、

これは押し歩きさせるのもちょっと大変。

なので、先に自分が登ってマシンを坂の上に置いて、

すぐに戻ってきてピックアップしないとと、

とりあえずありったけのパワーで登り切ります。

こちらもビンディングじゃないので、足千切れそうでしたが

そんなこと言うてる場合でないので、必死で登りきって

すぐにマシンを路肩に置いて、ダッシュで坂下の娘の所へ。

娘が真っ赤ッかの顔で重いマシンを押し上げていて、

すぐさまバトンタッチ。

必死のパッチ激坂を上り切り、そこからリスタート。



で、本当に最後のオーラス。

淡路ICの交差点から淡路島公園のパーキングまで

約800m、平均こう配8%の坂に差し掛かります。

もう本当にさっきの激坂での消耗もあり、

丸一日の疲労が押し寄せる中で、

無理はさせたくないので、行けるところまででいいよと前置きして、

最後の登りに突入します。

ここは2車線で路肩も幅広で、見通しもいいんだけど、

はるか遠くまで見通せるせいで、登りが延々と続いていて

精神的に絶望感を感じるような登り(榛原の女寄峠のストレートの感じ)。

まずはじっくり高速をくぐります。

フラフラになりそうになりながらも黙々とペダルを漕ぐ娘を

ピタッと真後ろでフォローしながら、登ります。


淡路ICからラストの急坂区間に!

f:id:arkibito:20170416181745j:image:w360


↓最後の最後の難関!

f:id:arkibito:20170416181823j:image:w360


すると、高速の先にある陸橋から、

先にゴールした皆さんが出てきてくれての大声援!

それを目にした娘もわずかに笑みをこぼし、

ぺダリングにも力がみなぎっていくのがわかります。

その後、皆さん陸橋から降りてきて、沿道を並走しながら、

ガンバレ!ガンバレ!のエール。

もうこうなったら、行けるとこまで行っちゃえ!

真後ろについてサポートをするといっても、

もう本人がペダルを漕ぐ以外ないので、

こちらも我を忘れて声をからして頑張れと応援

斜度に押されて、もうほとんど止まりそうなスピードになりつつも、

娘の今までに見たことのない強いまなざしは道の先を捉え続けていて、

決して足を止めることはありませんでした。

まるでオリンピックマラソン応援のように、

みんな一生懸命応援してくれて、1人増え1人増え、

どんどん応援の声が大きくなっていきます。


↓チームみんなから大声援!

f:id:arkibito:20170416181812j:image:w360


↓がんばれ!

f:id:arkibito:20170416182842j:image:w640


坂の途中、駐車場への入り口で、FUNさんとてんちょうが待ち構えていてくれて

道を誘導してくれます。

そうして激坂部分をどうにか足つきなしでクリアし、

駐車場内へ進むと、さらに大きな声援が待ち構えていて、

無事にゴ〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!

ヤッター!スゴイ!よく頑張った!


↓登りきった!

f:id:arkibito:20170416182647j:image:w360


全体力を使い果たして、ゴール後は2人してへたり込みます。

もう朝の時点では、ちょっと冒険には早すぎた、

1日の大半を車で過ごすことになるんだろうなと思っていましたが

最後の最後でこんな大感動のシーンが待ち受けているとは!

早朝4時には起きて、100km近く走って、

最後に一番しんどい坂が目の前に立ちはだかって、

きっと娘にしたら5000%の体力でも足りないくらいのしんどいところを

みんなの声援にこたえたいというまっすぐな気持ちだけで立ち向かって、

それを見事に自力でやり遂げたのだから、もう本当にすごい。

娘の信じられないような成長に思わず号泣…と思ったら、

先にはっせさんが大号泣してしまって、出遅れる(笑)

みなさんからも、大分待たせてしまったのに、

温かい拍手と声援をいただいて、本当にありがたかったです。

もものすごい充実した顔つきで、

疲労と喜びで顔がグニャグニャになっていました。

とにもかくにももう漕がなくていいんだあ〜〜〜。


↓大感動のゴール@@@

f:id:arkibito:20170416182713j:image:w360


↓FUNさんからもハグハグ

f:id:arkibito:20170416182756j:image:w360


大感動のゴールの後は、みんなそろって松帆の湯へ。

疲れと汗を流して、さっと晩御飯。

娘も大ハッスルして満喫しておりました。


↓夕食の穴子天丼

f:id:arkibito:20170416194930j:image:w360


帰りの車でも娘は疲れ知らずで、

ずっとベラベラとみんなとお話ししていましたが

さすがに尼崎くらいから失神したように落ちてしまいました。

新森ロータリーに戻ってきたのが22時。

そこから荷物を担いで、関目高殿駅まで歩き、そこから地下鉄で帰宅。

本当に素晴らしい淡路島ライドでした。

またこれを機に娘とのライドもどんどん幅が広がっていくだろうし、

楽しみ楽しみ♪

2017-04-24

子連れツーリング 淡路島ライド 往路編

土曜日。

夕方に、フィブラ君を輪行に入れ娘と二人で

森小路回転木馬へ。

前日に少しでもバイクに慣れておくため

はじ君のお下がりのバイクを前借りしに。

その場でてんちょうにサドルなどを調整してもらって

家までの6kmほどで練習しながら帰ります。

娘はギアのシフトが初めてだったので、

上げ下げの練習

ちょっとサイズ的に小さ目なのと、

MTBなので太いタイヤなので結構な重量。

大丈夫かなあ。


日曜日。

4時起き。寝ぼけ眼のまま支度をして、

城北運河沿いに走って、5時に新森ロータリー

すでにチームの面々が集まりだし、

随時、マシンをばらして車につめこみ。

はじめましての方々もいましたが、

はんちょうはもちろん、はっせさんのんさんなど

お懐かしい方々もいらしてご挨拶。


↓5時、新森ロータリー集合 ZZZ…

f:id:arkibito:20170416051926j:image:w360


予定通り5:30にはつめこみ完了して、

FUNさんの運転する車に乗り込み移動開始。

娘は鈴鹿でのジェットコースターのトラウマ

車が怖く、それを心配していましたが、大丈夫でした。

夜が明けるにつれて、雨予報が嘘のような青空。

でも暑くなるかなあ。

7時ごろには明石海峡大橋を渡って、

スタート地点である淡路島公園の駐車場に到着。

そこで別働隊としてやってきたのがmijiさん夫妻。

ごぶさたです!


↓快晴ナリ

f:id:arkibito:20170416062500j:image:w360


マシンの組み立てをして、

そこからブリーフィングをしたら

いざ出発!


↓出発前のブリーフィング

f:id:arkibito:20170416070658j:image:w640


↓いざ!

f:id:arkibito:20170416064356j:image:w360


意気揚々と出発したはいいけど、

のっけから長いストレートの登りじゃないか@@

ロング組をはじめさっそうとみなさん遠くなっていくなか、

娘も顔を真っ赤にして必死でぺダリング。

真後ろではんちょうをはじめ何人かが声掛けしてくれて

それを励みに、止まりそうになりながらもどうにか登りきる。

てんちょう!

いきなり2ケタ斜度はマジ難しすぎるよ@@

でも、よく足つきなしで登りきった!

自分も今日はあくまでアシスト主体なので、

すぐに足つきできるようトレランシューズなので

登りがしんどい!


↓いきなりの急坂@@@

f:id:arkibito:20170416072936j:image:w640


そこからも大波小波のアップダウンの応酬。

娘にはかなりハードなコースだが、

自分としてはこういう高原のワインディングルートは大好物。

いつもどうしてもアワ1ということで

海岸線をなぞってしまうけど

ちょっと中に入ればこんないいルートがあるなんて、

まだまだ奥が深い。

スタート直後の長いのぼりでいきなりダメージを負いつつ、

娘も頑張ってその後のアップダウンもこなしていたが

兵庫県立大の手前の激坂でついに足つき。

さすがにここはこのスペックのマシンでは重たすぎ。

無理せず下りて押し歩き。

すでにみんな先行して行ってしまいましたが、

てんちょうさんがバックして様子を見に来てくれます。

ガンバレーと声をかけて、

どうにか自力でマシンを押して登ります。

花さじきの先あたりからは

大戸山方面の見事な景色を眺めながらのダウンヒル

本当に素晴らしい天気と、景色最高ですが、

写真撮る余裕なし。

結構狭くくねくねとした道で、

遅れを取り戻すため多少ペース速めに下っていくので

何度も後ろを振り返って娘の様子を確認しながら

安全第一で下っていきます。

本来、中持の分岐点からもう少し先まで行く予定でしたが

アップダウンの消耗が激しいので、

少し前倒しで海岸線のイージールートへと下ることにします。

てんちょうさんと別れて、県道460号へ入り、

再び長い長いダウンヒル

しっかりハンドルをグリップさせて、

十分なブレーキングするように常に声をかけながら、

東浦まで一気に下りてきました。


↓急坂にて

f:id:arkibito:20170416080153j:image:w640


浦の交差点で右折してR28に入りますが、

一気に交通量が増える。

久留麻から、いつものエスケープに入って一安心ですが

どうも娘の様子がおかしい。

もう体力の限界を迎えたように声も出せず、

目もうつろで、全然足も止まってしまっている。

様子を見に下りてきてくれたてんちょうや、

サポートカーのFUNさんにも反応を示さず、

心ここに非ずといった具合。

走り出してまだ15kmかそこいらでこの状態で、

やっぱり娘の年齢での参加は無茶だったと

心底反省しました…

お昼ご飯等々、みんなそろっての時間もあるし、

これはまるで駄目だ。

すぐにサポートカーで撤収もあり得ました。

まずは落ち着いて休憩を取ることにし、

観音様の所の空き地で休憩を入れます。


↓最大のピンチ!

f:id:arkibito:20170416084004j:image:w360


↓観音様

f:id:arkibito:20170416084019j:image:w360


真っ赤に高揚した顔でぐったりの娘。

とりあえずしっかりと水分を取らせます。

それから補給をさせようとあんぱんを出すと、

びっくりするくらいの速さで

パクパクパクと3つも放り込んであっという間に完食。

いつもダラダラ食事をとる長女なので

こんな風に食べるのを初めてみました。

ここでようやく娘がハンガーノックだったと気づきました。

そういえば、朝は車酔いを気にして

ほとんど食べずに出てきて、

駐車場でも十分に食べずに出発してしまい、

そこにきてあの上りからのスタートだったので、

無理もありません。

おまけに娘は大人と違って

走りながら飲んだり補給できないので、

ほとんど完全なガス欠だったのです。

お腹が満たされると途端に表情もよくなって、

元気が出てきたようで一安心です。


エネルギーチャージ中

f:id:arkibito:20170416084030j:image:w640


とりあえず第1CPまではという思いでリスタート。

この日は風もそれほどないので、

風よけに前に立つのではなく、

後方からの車対策に後ろへ回って、2人旅。

観音様からは5kmほど海岸線の際を往く爽快なライン。

娘も海のキラキラを見て楽しそう。

先ほどのグロッキー状態がまるで嘘のような回復を見せ、

重いギアでずんずんと踏んでペースを上げていきます。

若いってすごいな。

佐野の手前から旧道にエスケープし、

そこからはペースを落としてゆっくり。

後ろから別のローディーさんたちが続々とパスしていきますが

娘がいるのを発見すると皆一様に手を振ってくれたり

頑張って!と声をかけられ、

それがまた娘を元気にさせてくれました。

予定時刻では出発にあたる9:30に、

ようやく第1CPの大谷のファミマに到着。


海岸線を快走!

f:id:arkibito:20170416090245j:image:w640


すでにノーマル組も出発した後で、

FUNさんとてんちょうだけが残って待っててくれました。

とりあえず再度おにぎりで補給をして水分も。

で、このままどんどん遅れが増えていくし、

ダメージも残っているので、ここから少しだけワープ。

12km先の平野パンまでビュン!

その間、先行しているノーマル組を見つけるたびに

車の中からガンバレの声援をいっぱいがんばりました。


↓Hiranopan

f:id:arkibito:20170416100325j:image:w360


平野パンに到着して、

おいしそうなパンをいただきます♪

やっぱりこういうご褒美がないとね。

そのうちノーマル組も続々と到着してお出迎え。

パンを食べて、トイレに並んでしているうちに、

いつのまにかみんなヌケガケをして出発してしまい、

オーラスになってしまいました。(汗)


↓おいしそう♪

f:id:arkibito:20170416100809j:image:w360


平野パンからは交通量の多い幹線道路になるため

安全も考慮して、もう少し先までワープして

そこから第2区間スタートとすることにします。

ということでさらに10kmほど先にある

静御前の像を少し入ったところまでワープ。

幸い、パンも食べ、体力も回復して無図目もやる気満々。

観音様の所ではどうなることかと心底心配しましたが

大丈夫なようです。

ということで、車から自転車を降ろしてリスタート!


↓第2区間スタート!

f:id:arkibito:20170416104801j:image:w360


スタートしてすぐ、

オニオンロードと呼ばれる広域農道のような

幅広で交通量の少ない道に入り、快調に飛ばします。

次の目的地は、ロング組との合流ポイントである押登岬。

あそこも距離は短いけれど結構な急坂で、

振り返ると色々ドラマが思い出されます。

さて、そこまでの25km弱ですが、

車でワープしたことで、自動的に

ノーマル組に対して2人で集団から逃げに入るような格好になり、

できれば追いつかれないようにCPに到着できれば

遅れなくて済みます。

娘にもモチベーションを上げる意味で、

ゲーム的に説明すると、

はりきってペダルを回し始めました。

道の両サイドにはネギ頭の緑色がずらーっと並び

なんとものどかです。


↓論鶴羽山方面を望みながら

f:id:arkibito:20170416105019j:image:w360


↓玉ねぎ畑を往く

f:id:arkibito:20170416105903j:image:w360


オニオンロードは全通しておらず、

途中でガタガタの小路になり、

そのうち国衛でR28にぶちあたります。

わずかの距離だけ交通量の多い国道を走り、

すぐ次の信号で左折。

バス道を南下する格好で阿万を目指します。

途中、軒先で日向ぼっこするおばあちゃんや

お出かけ途中のおじいさんやらから、娘に声援が飛びます。

娘もとっても嬉しそう。

本来、ファミマのある新田中の交差点で曲がって、

バス道と並行する県道76号へスイッチするプランでしたが、

見渡すと結構交通量があるみたいだし、

このまま直進しても、どこでも本ルートへ入れそうなので

安全を考慮してまっすぐ進みます。

県道76号の切通しのちょっとした登りの手前の信号で

本ルートに戻ると、ちょうどサポートカーが目の前を横切ったので

手を振ったのですが、気づかれていなかったようでした。

阿万の交差点で右折をし、県道25号へ。

その先の吹上浜方面との分岐の所で

てんちょうさんが待っていてくれていました。

この先、本格的な登りなのでどうしようかと話をしたのですが

この後すぐに昼食の休憩もあるし、

娘も元気、後続もまだ来てないということで、

とりあえず行けるとこまで登ってみようとなりました。

で、そのまま進んでいよいよ目の前に急坂が現れます。

全長約1.5km、平均斜度5.8%、最大斜度13%の登りです。

いざ!


↓押登岬!

f:id:arkibito:20170416114917j:image:w360


登り始めが一番斜度がきつく、

一番軽いギアで勢いよくクルクルと回しますが、

流石に途中で足つきしてしまいました。

それでもすぐにしっかり押し歩きに転じて追ってきます。

自分はアウターシバリ中間くらいの重いシフトのままで

超低速でこけないように降りずに

娘の歩くペースに合わせて登ります。

斜度が少し落ち着く辺りから娘が自分で見極めて

リスタートをして、とにかく自力で登ります。

すると上からロング組にいたmijiさんの旦那さんが下りてきました。

まだロング組もこれかららしく、

徐々に下からメンバーが上がっていきます。

みなさんとにかく娘ががんばって登っているのを見て、

ガンバレ!ガンバレ!と声をかけて上がっていきます。

そのうちハジ君も上がってきて、娘に頑張れとエールをくれる。

でもその直後、キノピー鬼ィさんから檄が飛び、

しごかれながら飛んでいきました(笑)

その後、はっせさんが後ろから合流してくれて、

娘に寄り添いながらずっとガンバレ!ガンバレ!してくれて

娘はその声を聞きながら、

必死に集中を切らさずにペダルを踏み続けます。

そうしてついに岬の展望広場まで

このとき頑張って降りずに登りきった経験が

オーラスの感動の布石となるとは思いもしませんでしたが、

とにかく、よーく頑張りました!

エライ!


↓キノピー君とハジ君から応援もらう!

f:id:arkibito:20170416115202j:image:w640


↓もうすぐゴール!

f:id:arkibito:20170416115533j:image:w360


↓よくがんばった!

f:id:arkibito:20170416120211j:image:w640


↓ハイちーず!

f:id:arkibito:20170416122116j:image:w360


顔を真っカッカにしつつも、無事に登り終え、

補給と休憩をしていると、続々と後続が上がってきます。

みな娘の頑張りを褒めていただき、娘も充実の笑顔。

ほんと、序盤の憔悴ぶりが嘘のようです。

よくがんばりました。

ノーマル組の皆さんもみな無事に到着し、

しばしの休憩ののち記念撮影♪


鳴門海峡

f:id:arkibito:20170416121024j:image:w360


大所帯なので、先発チームと後発チームに分かれて出発。

遅れを見積もって先発組で先行。

ここから若人の広場まで若干登り返しがあり、

そこも苦労して登りきると、福良まで一気にダウンヒル

傾斜が急なうえに、カーブもタイトなので慎重に下りました。


↓いざ福良へ

f:id:arkibito:20170416121929j:image:w360


↓阿万海岸をのぞむ

f:id:arkibito:20170416122759j:image:w640


下りもしっかり慎重に下ったので、2人旅となり、

そのまま福良港まで。店の場所がうろ覚えで、

少しオーバーランしてしまったので、

地図で確認して鼓亭までバック。

ちょうど後続組と到着が一緒になりました。

大人数でしたがちょうど全員入れて、一緒にお昼ご飯。


↓鼓亭でお昼

f:id:arkibito:20170416132601j:image:w360


どうにかこうにか折り返しまでやってこれました。

最初どうなるかと思いましたが、

娘も補給で元気を取り戻し、大はしゃぎ。

しっかり休憩を取って、いざ後半戦へ!

2017-04-18

子連れツーリング 淡路島ライド presented by 回転木馬

ブログネタが停滞して、前後しますが、

とりあえず日曜日のレポート。


日曜日。

ひっさびさに回転木馬淡路島ライドに参加してきました。

しかも、今回は長女と一緒に夢の親子ライド!

てんちょうの息子さんのはじ君のお下がりを借りて、

初めてのロングライドに挑戦!

途中、交通量の多く危険な個所や、

本格的な峠越えの区間では

FUNさんによるヒミツのワープ(車移動)を挟みつつも、

大部分を自力で走りきることができました。


↓おそろジャージでいざ出陣

f:id:arkibito:20170415175149j:image:w640


淡路島公園の駐車場から7:20にスタート。

のっけから長くしんどい急坂で先制パンチ。

そこはみんなの声援も受けつつ足つきなしで登りきる。

エライ!

そこからアドベンチャールートへは行かずに、

海岸線へ降りていくが、ド頭の坂での疲労で

娘が完全OKグロッキー

スタートしてわずか10kmでこらヤヴァイ、

DNFかと思いましたが、ハンガーだったようで、

鬼のようにアンパンを3つ平らげてから急回復

若さって強い!

観音様から先の海岸線を疾走して大谷のファミマまで。


そこかワープして、車からチームに声援を送りつつ、

Hiranopanでみなさんと合流。パン休憩。

そこからもう少しワープして、

オニオンロードの入り口からリスタート。

のどかな玉ねぎ畑をのんびり。

天気もすばらしく最高のライドです。

そして阿万からはいよいよ押登岬。

登り口の急な部分では足つきしましたが、

乗り直しして自力でチャレンジ。

ちょうどいいタイミングで、

ロング組が追いついてきて声援を受け、

娘もそれに応えるように一生懸命漕いでゴール!

すごい!頑張った!


↓押登岬にて

f:id:arkibito:20170416120211j:image:w640


押登岬で全員集合して記念撮影後、

福良へまっしぐらの下り。

鼓亭でお昼ご飯をして、そこから折り返し。

南あわじの大農園地帯では、

娘も頑張って重いギアを踏んで回して、

おのころ神社くらいまでは必死にメンバーについていきました。

そこからのアップダウン区間からは2人旅。

途中のきつい登りでお迎えが来て、再びワープ。

かなり疲れているはずなのに、娘は全然寝る気配もなく、

車の中でもてんちょうとFUNさん相手に

ゼッコチョーでしゃべりまくり上機嫌。


それにしても木馬のコース設定はとてもユニークで

あえて海岸線トレースせずに、

交通量の少ないレアな道を行くのですが、

本当に淡路島の印象がすっかり変わるほど。

こんなに面白い道や風景があるんだなあ。

五色の山中からリスタートして、郡家まで滑走するも、

曲がり口を間違ってCPをスルーしてしまいました(汗)

ラストは2人でシーサイドラインを黙々と。

2人とも疲労がたまっていましたが、

皆さんが先にゴールして待っているし、

一生懸命走りました。


ラスト、岩屋の海岸線から一気に淡路ICまで上がる

コンクリ激坂を目にした時は絶望を感じました…

今回娘のペースに合わせ、緊急に備え、

ビンディングじゃない普通の靴で行ったので登るのも一苦労。

一気に上がって、マシンを放って、降りて行って、

娘のマシンを引き上げてとラストが大変でした。


で、ラストもうダメだと感じながら、

淡路ICから駐車場までの800mほどの急坂に差し掛かります。

ももうヘロヘロで、

無理せず押して歩いてもいいよと言っていたのですが、

途中の歩道橋の上から、

待ってくれていたチームの皆さんから大声援があり、

しかも沿道にもたくさんの応援団が!

ガンバレ!ガンバレ!の声を受けて、

娘もとても精悍な顔つきで覚悟を決めたようで、

集中してペダルを回し、足つきなしでゴール!

まるでオリンピックの声援のようなラストシーンで

みんな大感動してしまって、女性陣は号泣。

初ロングのオーラスで一番疲れているところで、

あんなきつくて一番しんどい坂に挑み、

みんなの声援に応えたいと、2000%の力を振り絞った娘に

親としても本当に立派だと感動してしまいました。

まさかまさかの大感動フィナーレで、

事故も怪我もなく、無事に淡路島ライド完走できました!

てんちょう、FUNさん、はんちょうをはじめ、

チームの皆さんのおかげです。

ありがとう!


明石海峡大橋を目指せ!

f:id:arkibito:20170416174855j:image:w640


<第1区間:24.7km>

淡路島公園駐車場⇒県道157号⇒あわじ花さじき⇒永泉寺⇒

県道460号⇒浦⇒R28⇒久留麻⇒平和観音⇒大谷のファミマ


<第2区間:23.3km>

上池⇒オニオンロード⇒国衛⇒一般道⇒阿万⇒県道25号⇒

吹上浜⇒押登岬⇒県道25号⇒福良港⇒鼓亭


<第3区間:15.3km>

鼓亭⇒県道25号⇒福良口⇒R28⇒八幡⇒一般道⇒

おのころ島神社⇒県道66号⇒倭文のピー


<第4区間:33.5km>

高山⇒県道465号⇒県道88号⇒郡家県道31号⇒

尾崎⇒富島⇒道の駅あわじ⇒岩屋⇒淡路インター前⇒

淡路島駐車場


獲得標高:764m

走行距離:101.8km(新森までの自走含む)

TOTAL:151.6km

2016-12-19

竹川さん参りのついでにアワ1

日曜日。

年内にどうしてもお礼をしたい人があって、

そちらへチャリンコを走らせることにします。

ご自宅が南あわじなので、結果的には変則アワ1をしてきました。


本当は自宅から自走しよっかなと思っていたのだが、

大寝坊で、7時出動になってしまったので、明石までは輪行

まあ市街地走ってもおもんないし、割愛してもええでしょう。

で、快速でどんどこ揺られて、明石駅着が8時ちょい。

大慌てで輪行バラして、明石港までびゅん。

8:30のフェリーに間に合いました。

他にもたくさんのローディーさんがいました。


なんかフェリーがゴージャスになって、

デッキには自転車スタンドまで設置され、

係りのオッチャン達もフレンドリーになってる。

なんか、淡路島ってしょっちゅう来てる感覚だったのだが、

さかのぼってみると、前回淡路島を走りに来たのが

2012年の12月に、アワ2をして以来なのねん。

気づけば大昔やん。

そらあ4年もブランクがあったら、色々変わってるわなあ。


ローディーに優しくなってるジェノバライン

f:id:arkibito:20161218082526j:image:w360


↓出航♪

f:id:arkibito:20161218083531j:image:w360


明石海峡大橋

f:id:arkibito:20161218083636j:image:w360


20分弱で岩屋港に到着。

準備を済ませ9時前にスタート。

キラキラと朝日が眩しく照らす中、のんびりと進みます。

夢舞台、東浦と過ぎ、久留麻のところから裏道へ。

久しぶりだけど道はやっぱり覚えてる。

その先に立っている観音様はまだ健在でした。


↓まだ立ってた

f:id:arkibito:20161218091404j:image:w360


ここから少し交通量が増えてきます。

道の轍がひどいところが意外とあって難儀。

しかも間の悪いことに津名では路線バスとの競争になってしまい

バス停に停車するたびにこちらも減速しなくてはならなくて

思うように走れません。

オノコロパークを過ぎてから洲本までは、

海際を爽快に走る。

銀色に反射する海が本当にキレイ。


↓最高のお天気♪

f:id:arkibito:20161218095650j:image:w360


洲本の中心をぴゃっと抜けて、

県道76号を進み、洲本温泉街へ。

いつものファミマで小休止して、朝ごはんを食べる。

ここも自転車のスタンドがたくさんあって、

ベース基地みたいになっていて、

たくさんの先行者のローディーさんが休憩中でした。

おにぎり2個で朝食を摂り、トイレを済ませたら

10:30にリスタート。

由良大橋の所で4人パーティーさんをパスし、

そのまま立川水仙郷の登りへ。

登り始めはきついけど、

そこを抜ければ斜度は大したことはない。

おひさしぶりのナゾパラの写真を一枚。


↓お久しぶりのナゾバラ

f:id:arkibito:20161218105245j:image:w360


そこから結構長いのぼりのイメージだったが、

大して登りもなくピークまで。

そこからクネクネと長いダウンヒルは慎重に。

どうもリアがふれてるのか安定しないなあ…


↓無事にピーク越え

f:id:arkibito:20161218110113j:image:w360


ここからは果てしなく続く海岸線をなぞる潮騒ライド。

お天気も最高で、本当に気持ちええです。

淡路ライドでは色々思い出があるけど、

アワ2の時、海風が芯まで冷える真夜中に

砕け散る浪の音を聞きながら走り続け、

相当に心細い中、

はるか遠くに見える和歌山の灯りだけが

本当に頼りだったことを思い出します。

モンキーの手前で学生たちの大集団が

ストップしていてご挨拶。

そこから一人旅で、贅沢に風景を独り占め。


↓気持ちええ〜

f:id:arkibito:20161218110637j:image:w640


沼島の渡しのある港を過ぎれば、

いよいよ灘の激坂です。

背中にはどっさりお土産を背負っていて、

そろそろ首や肩が痛んできていて、

激坂登り切れるかなあと心配でしたが、

思ったより区間が短くて乗り切りました。


↓灘大川の激坂に挑む

f:id:arkibito:20161218114407j:image:w360


↓無事クリア

f:id:arkibito:20161218115113j:image:w360


そこからズシャーっと下って阿万の集落に入ります。

この辺りは本当にのんびりとした時間が流れていてとても好きです。

いつもここで信号を間違えるのだが、

今日はちゃんと2つめの信号で左折。

ホテルニューアワジプラザの案内看板に従って細い道へ入り、

吹上浜の先から押登岬の登り。

ここも以前はしんどかった記憶があったのだが、

意外とあっけなく。

展望所では、先行したチームが休憩をしていて、

邪魔にならないように1枚だけ撮ってすぐにリスタート。


↓押登岬にて

f:id:arkibito:20161218122002j:image:w360


↓阿万集落を一望

f:id:arkibito:20161218122735j:image:w640


ここから福良へは、

まだもう少しアップダウンをこなす必要があり、

短いながら意外としんどい。

登りきって急なダウンヒルをこなして

12:30に福良港へ到着。

ローソンで昼食して30分ほど休憩。


↓福良港

f:id:arkibito:20161218124028j:image:w360


ここから、直接用事を済ませに

ショートカットしてもよかったのだが、

せっかく来たし、天気も脚も調子が良いので、

南西部もきちっと回ることにします。

漁港の間を抜けて、

南あわじロイヤルホテルの手前で県道25号に入り、

そこからアップダウン。

道の駅うずしおはスルーして、

そのまま阿那賀の集落の方へと進みます。

高速をまたいでからも少しアップダウン。

丁字路を左折して、旅館うめ丸さんまで短いのぼり。

その先の丸山の一帯は本当に静かで雰囲気が大好きです。

そこから海岸線をなぞりながら、津井、湊へと進むのだが、

この辺りは、和歌山の加太から多奈川へ抜ける海岸線

雰囲気がすごい似てるなあといつも感じます。


↓神戸淡路鳴門道をまたぐ

f:id:arkibito:20161218132415j:image:w360


↓阿那賀の海岸線

f:id:arkibito:20161218134134j:image:w360


せっかくの青い海に記念に一枚をパシリ。

この日もたくさんのローディーさんが

アワ1を楽しんでいましたが

何気にカレラ率が高くてびっくり。

人気が出たのか、どっかの店がプッシュしてるのかな?

でもコーディネートはうちの子が一番だと思います(笑)

大海原や青空、山の緑や紅葉にも映えるカラーリング。

やっぱこの子を買ってよかったなあと思える瞬間ですな。


↓うちの子は絵になる!

f:id:arkibito:20161218134502j:image:w640


はてさて無事に南西部の山間部を抜けて湊にやってきました。

ここからアワ1ルートを少し外れて、用事へと向かいます。

再び福良方面へと進み、西淡三原ICを過ぎて、

細かい県道をつないで、同じような田畑と集落を抜けていきますが

どこが目的地かわからず、悪戦苦闘しながら、

地図とにらめっこしてたどり着いたのは、

いつもおいしいお米や

淡路産の安全で新鮮なお野菜を送っていただいている

竹川ファームさん。

次女が生まれた際にお米を送っていただいて、

そのお礼を直接したいなあと思っていたのです。

せっかくたどり着いたのですが、あいにくお留守で、

どうしようと思っていたら、

おばあちゃんが帰ってらしたので、

事情をお話ししてプレゼントをお渡しすることができました。

その後お電話いただきお話しできましたが、。

本当なら直接お会いしたかったですね。

それはまた次の機会にということで、

また淡路ライドしなきゃですな。

何はともあれ、今月もおいしいお米お待ちしております!


↓竹川さん

f:id:arkibito:20161218143738j:image:w360


時刻はすでに15時前。

日が暮れるまでにはフェリーに乗って、

晩御飯までには帰らねばなりません。

きれいにアワ1ということであれば湊まで戻った方がいいが、

まあ別に競技でも公式でもなんでもないので、

そこまでこだわる必要がないし、

すでに結構内陸まで回り道をしてしまっているので

うまくサンセットラインに復帰できる道はないかと検討した結果、

県道66号で五色の都志まで抜けていくことにします。


集落を抜けて少し進むと、馬鹿でかい真っ赤な鳥居が見えていて

少し寄ってみます。

ここが日本発祥、国生みの聖地と云われている

おのころ島神社(自凝島神社)です。

ちなみにこの大鳥居は、

平安神宮、厳島神社と並ぶ日本三大鳥居だそうです。

しかしデカい!


↓おのころ島神社。大きすぎて画角に入らん。

f:id:arkibito:20161218143840j:image:w360


引き続いて田園地帯を抜けて、

松田橋から県道66号に入ります。

のどかな田園地帯を緩やかなアップダウンをこなしながら

北上していきます。

実はこの道はじめての道ではなく、とても懐かしい思い出の道で

買いたての初号機に乗って、

木馬のアワ1ライドに初参加した時に走りました。

あの時は、ここから先の終盤の西海岸で、

あまりの強風と寒さに、木馬の一団は散り散りになり、

すさまじいサバイバルの様相を呈する中、

非力な自分はとにかくなす術がなくて、

T木さんや、S班長の必死のアシストに護られながら、

命からがら道の駅あわじにたどり着いたのでした。

あれからもう8年なのね…


途中、馬舎のある小さなピークを越えて、

堺小学校前で左折。

札の辻で右折し、少しだけ登ったところで県道470号へ折れる。

ちきちき進んで、都志に出る。

前にあったビル1階のコンビニがなくなって、

少し先のロードサイドに新しくできていたので、

そこでトイレ休憩と、おやつタイム。

むしゃむしゃとまるごとバナナを食べていると、

次々とローディーさんが走り抜けていきます。


リスタートして、五斗岬の登りをこなしていると

少し前方にさっき目の前を走り抜けていった集団が見えたので

ペースアップのきっかけにとチェイス開始。

次の明神崎の手前で捉えたところで、

後ろから、押登岬にいらしたチームが

高速トレインでやってきてパスをされます。

いい感じで脚が回っていたので、

ちょっとだけ相乗りさせてもらって、ハイペースで海岸線を疾走。

この感覚は久々だなあ。

結局多賀の浜までの約8kmほどでしたが、

ご一緒させていただきました。

最後尾の方にお礼を言って、そこからはラストまで一人旅。

フェリーの時間が読めないし、

そろそろ日が傾いて風も強まり、

寒くなってきているので先を急ぎます。

せっかく足が回り出したので、

ペースを維持しながら黙々と北上。

各集落ごとにあるショートカットも見事に覚えていました。

一宮、尾崎、室津、北淡と快調に進んでいきます。

サイコンがないので、どのくらいか正確にわからないけど

終盤はなかなかええペースだったという手ごたえ。


↓サンセット

f:id:arkibito:20161218163216j:image:w640


北淡を抜けて、そろそろ岩屋へのメドがつき始めると

あとはフェリーの時間。

うまく行けば17時ジャストの便に間に合うかもしれないということで、

さらにプッシュして走ります。

いつもなら、明石海峡大橋が一向に姿を現さないことに

激しく絶望を感じるのですが、

今回は集中していたこともあって、割とすんなりの感じ。

なんだかんだで16:45頃に岩屋港へ滑り込む。

目の前でフェリーが行ってしまう…

時刻表を見ると16:40の次は17:20で、

00発の便がない時間帯でしたのねん。


↓岩屋港

f:id:arkibito:20161218170608j:image:w360


ということで変則ではありましたが、

遠回りをしつつ、約8時間でアワ1終了です。

本当に久々のロングライドでしたが、

道も覚えていたし、天気も良かったし、満足のいくライドでした。

感覚的にしんどい区間がもっと長いイメージだったけど、

わりとすんなり行けた感じだったのが意外でした。


次の便まで待合所でゆっくり荷物を片づけ、

土産物を物色したりして時間つぶし。

17:20に島を離れます。また来るよ~


↓日が暮れました

f:id:arkibito:20161218171258j:image:w360


20分ほどで明石到着。

店じまいの時間なので大急ぎで魚の棚に行き、

タコのうま煮をお土産にゲット。明日はタコ

飯だい!


↓魚の棚

f:id:arkibito:20161218173750j:image:w360


↓たこ煮ゲット

f:id:arkibito:20161218173954j:image:w360


明石からは空いている快速電車の最後尾にて爆睡。

19時ちょいに無事帰宅し夕飯に間に合わせる。

うむう、35km足らなかったなあ。

走り納めで届けばいいなあ。

でも山恋し。


↓走行ルート

f:id:arkibito:20161219112232p:image


走行距離:162.45km

TOTAL:965.4km

2016-11-21

濱口祐自LIVE at 小川ハウス(和歌山)

日曜日。

2014年から毎年、どこかでお会いしている

勝浦のブルースマン・濱口祐自さんのライブに行ってきました。

今年は、和歌山の花山温泉の近くに新しくオープンする

パブリックスペース「小川ハウス」のオープニングイベントとして開催。

ちょうどいい機会ということでチャリンコで行ってまいりました。


ライブのスタートは18時なので、朝はゆっくりして、

13:30に出動。

南方へのルートはもうお決まりで、福島からあみだ池筋を芦原橋まで。

そこから阪神高速堺線のアンダーを大和川まで。

交通量の多いR26で大浜まで進み、そこから直進して県道204号に入れば

あとはほぼ一直線。

どんよりしたお天気で寒いかなあと、少し多めに荷物を持ってきていたが

結構気温が高くて暑い。

なかなか向かい風がきつかったが、泉大津までで1時間と悪くないペース。

岸和田、貝塚、泉佐野と続く。りんくうタウンまで2時間。

長らくおつきあいした県道204号も双子池北交差点でさよならして左折。

思ったよりペースもよく時間もあったので幡代のマクドにイン。

遅めのランチを30分ほど。

ここから大阪・和歌山の県境の山越え。

おなじみの御ノ山峠までえっちらおっちら。

メンテしてないので、ギアが噛み噛み、中域の5,6速に入らなかったり。

ピークを過ぎるとテクニカルなダウンヒル

京奈和道のメビウスが出来上がっており、年月を感じます。

和歌山に入り、ブルべで走りなれた裏道を伝って川辺橋で紀ノ川を渡る。

さらに裏道から県道9号に入り、和歌山ICのところでR9にはいる。

花山の交差点から裏道を少し行ったところに、

今回の会場の小川ハウスがありました。

片道82kmを4時間。まずまずかな。


↓久しぶりの御ノ山峠越え

f:id:arkibito:20161120165047j:image:w360


小川ハウスは、広い中庭のある古民家を改造して

パブリックスペースとして

これから色々なイベントや教室が催されるそうです。

県越えの手間で余裕かましすぎたせいもあり、

到着が17:30。すでに多くのお客さんが奥の大広間に集まっています。

一角で息を整え、荷物整理をしていると、

少し早めですがライブスタート!


↓小川ハウスにて

f:id:arkibito:20161120192216j:image:w360


いつものように、軽快なトークで会場を和ませながら、

さらりと名曲たちを弾きこなしていきます。

原曲の良さを最大限に引き出しながら、

極めてユニークなアレンジをからめていく、

カツウラスタイルは何度見てもかっちょええです。

テンポのいい曲は、あえて荒削りにエッジを利かせ、

ゆったりとした曲は極めて繊細なタッチでなでるように奏でる。

12弦スライドギターはゴージャスに!

曲終わりにはちょっとはにかみながら、

「ええのお」といううのが何とも親しみが持てます。

曲が終わるごとに、細かく細かくチューニングを繰り返すのは相変わらずで

それもまたこだわりぬいた匠の技。

途中、ギター1本がプラグの接触不良を起こして、

曲の途中でアンプから音が出ずに生演奏になったりトラブルもありましたが、

生音もまた会場の雰囲気に合っていました。

味わいのある歌声を聞かせてくれる

『椰子の実』『なにもない』『しあわせ』も本当に心地よかった。

どれもこれも贅沢すぎる素晴らしい内容でしたが、

個人的には『黒いオルフェ』とオリジナルの『遠足』がとても響きました。


↓何度観ても、何度聴いてもスバラシイ!

f:id:arkibito:20161120190028j:image:w360


演奏会終わりには即席の握手会。

お久しぶりですとお声をかけると、「おおお!来てくれたんか!」と、

去年すさみまでチャリンコで観に行ったことを覚えてくれていて、感激。

いつでも勝浦に遊びに来てよ、あちこち案内したるわと、

連絡先まで教えていただいちゃいました。


2014年の秋に、メジャー初アルバムの発売記念のライブで

初めて濱口さんの生演奏を目の当たりにして、魂が震えたのがきっかけで、

再び音楽、ギターを15年ぶりに再開し、

人生の真ん中に再び音楽が帰ってきました。

ある意味で、濱口さんは自分にとって心の恩人です。

今回はチャリンコ復帰までおぜん立てしてくれて、なんとお礼を言っていいやら。

これはもう南紀勝浦までのロングライド行かねばなりません!


↓今年もお会いできました

f:id:arkibito:20161120195937j:image:w360f:id:arkibito:20161120195941j:image:w360


名残惜しいですが、時刻はすでに20:30。

再び80kmを走って帰らねばなりませんので、

祐自さんにご挨拶をしてリスタートします。

時間も時間なので、往路と同じ道を帰ります。

御ノ山峠の和歌山側は短いながらも斜度が強い区間があって

少し心配でしたが足つきもせずに登りきれました。

昼間に比べて交通量も少なくて走りやすいのだが、

往路よりもアゲインストの風が強く堪えました。

でも夜間の方が集中力が増すのか、帰りは3.5hで家にたどり着くことができました。

相変わらずサイコンは不能で、自分が時速何kmかわからず、

目標スポットの通過の時刻だけで走っているので厳密にはわかりませんが

ブランクが長かった割に、いいペースで走れました。

結果的に超久々に、センチュリーライド並みの160km走でしたが、

ぐったりゲロゲロではなく程よい疲労感だけで済みました。

まあ、色々理由づけしてでもいいので走れるときは走ろう。


走行距離:164.7km

TOTAL:572.15km