Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-01-23

『TOSS』 release tour 2016-2017  by SHUGO TOKUMARU

先に言っときますね。

いやあ、もうスゲーんだってばっ!!


ふぃ〜。ちょっと落ち着いたので本編を。

日曜日は長女と一緒に楽しみにしていたトクマルシューゴさんのライブへ。

このところ我が家のヘビロテで、

下の娘も思わずタテノリで踊ってしまっちゃってる

アルバム『TOSS』を引っ提げての全国ツアーです。

(このアルバムが最高すぎ)

このところ何かとトクマル好いておりまして、

9月のアンサンブルズ東京では別のワークショップでしたが、

我々のパートにも後方で参加してらっしゃいました。

12月には度肝を抜いた舞台『私は真悟』へ楽曲を提供されていたり、

もっと前にはいしいしんじさん原作の演劇『麦踏みクーツェ』の音楽監督をしたり、

ずーっと興味対象の真ん中らへんをウロウロしていたお方。

ドンピシャのタイミングでの生ライブで、

もう楽しみに行ってまいりました。


↓TOSSライブ

f:id:arkibito:20170122171606j:image:w360


向かったのはスカイビルのお膝下にあるシャングリラ

大人1人につき小学生無料でありがたや〜。

でもたぶん小学生はうちの娘だけのようでした。

番号が遅かったので、スペースが心配で、

オールスタンディングで、娘の身長だと、

前に人が立つと全然見えなくなってしまうし、

かといって最前列はギュウギュウ危ないしと思っていたら、

中二階みたいなところの先頭を奇跡的にゲット。

ここなら舞台全体がよく見えます。


梅田シャングリラ

f:id:arkibito:20170122174537j:image:w360


↓大盛況なり

f:id:arkibito:20170122201456j:image:w360


で、『BRICOLAGE MUISIC』で幕を開けたライブですが、

のっけから新曲を5曲連続で畳み掛け!!

もうねえ、スゴイの一言です。

まるでサーカスか超一級の曲芸を見ているかのよう。

とにかくメンバー5人が、

本当に次から次から色々な楽器を持ち出して演奏していくのです。

ラッパ吹いてたかと思ったら次の瞬間には木琴を叩き、

コントラバスにスイッチしたかと思ったら、ピアニカを鳴らす。

何より、1つの楽器をマスターするだけでも大変なのに、

この人たち本当に何でもやります。

当然演奏は相当うまいし、躍動感があるし、

全身から楽しさが音となって拡散していくよう。

しかも曲ごとに楽器を持ち替えるならまだしも、

1曲の中で次々と楽器を変え、BOXからまるで手品のように、

楽器を出してきてはホイホーイと右から左へ。右から左へ。

楽器が宙を舞う!!

あの人たち何?手品師?魔術師

しまいには、デンデン太鼓や、ラジオノイズ、はたまた猫のおもちゃ!!

楽しい音の鳴るものなら何でも取り込んでしまおうという、このスバラシさ。


ボーカル・ギター・ピアノを繰り広げる

超絶音楽オタクトクマルシューゴさんはもちろん、

主にドラムスとトイピアノピアニカをクールに操るイトケンさん、

ラッパから木琴からエレキから猫まで!

ロングヘアをなびかせて歌声も美しいユミコさん、

主にラッパからコントラバスまで激奏する三浦千明さん、

ベースの田中磬さん(元SAKEROCK!)は、エレキベース胡弓で!

そしてトクマルさんへのツッコミもリズミカルなドラムスの岸田佳也さん。

あの手この手で、まさに”音”を”楽”している、人たちなんじゃないでしょうか。

タモリさんのいう”JAZZな”人って、

きっとこういう人たちのことをいうのね。

いや〜〜〜〜〜〜みなさん、なんて素敵♪


楽曲自体ももうセンスのカタマリで、

キャッチーなリフを無限ループさせたり、

音階やリズム・テンポの常識を真正面からぶち壊した、

まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなものもあれば、

じっくりアコギ(しかもヤイリ!)で聴かせる曲もあれば、

5人の一体感でホールが幸せに包まれる瞬間もあり、

幸福感!浮遊感!疾走感!

最も自由な音楽が今ここに!


あとはやっぱり5人の肩ひじ張らないリラックスムードが最高。

ご本人たちも「無駄な私語の多い連中」と言っていましたが、

まるで楽屋か自宅かというような感覚で、MCもおもしろかった!

高畑ミッキー問題とかイチゴ大福とか、爆笑の渦でした。

後、娘が見ているEテレの「ミミクリーズ」の主題歌も披露されて

娘も大興奮でした。


ライブ後は、しばらくホールで休憩。

2時間スタンディングはさすがにちと疲れて、

ドリチケでビールをグビグビ。

人がだいたい掃けてからエントランスへ。

物販があったのでいろいろ見ていると、

なんとユミコさんと三浦さんが立たれていたので、

すごかったです!とお伝えして記念撮影!


↓左が三浦千明さん

f:id:arkibito:20170122203205j:image:w360


↓右がユミコさん

f:id:arkibito:20170122203210j:image:w360


音楽の可能性が格段に広がりました。

なんか、もう、とにかく、やらなきゃ!!!


みんなぜひぜひ聴いちゃって!!


名曲『LIFT』

D



名曲『VEKTOR feat. MAYWA DENKI(明和電機)』

D

2017-01-12

2016年総括

年末年始の充実に遅くなりましたが、

新春恒例の前年総括のお時間です。


2016年最大のトピックスと言えば、

なんといっても次女の誕生。

生まれた時から少し大きめでしたが、

以降も、こちらの予測をはるかに上回るハイペースで成長し、

あっという間に寝返り、ハイハイ、つかまり立ち、伝え歩きをし、

髪の毛は切らないと目に入るほどで、

歯もあっという間に生えてきました。

愛想もよく表情豊かで、体力がゼロになるぎりぎりまで

面白いことを求め彷徨う姿に、

きっと将来おもろい人間になるだろうなと期待が持てます。


そして長女は、小学校の生活にもすっかりなじみ、

また妹が生まれたことで新たな責任感が芽生えて、

ずいぶん成長しました。

今彼女の世界をもっともっと広げられる経験の場を与えてあげようと、

色々な場所へ連れ出したり、色々な人と関われるようにしましたが、

ちょっと照れ屋で馬鹿マジメな彼女なりに、

とても興味を持って面白がってくれていたようで、

こちらもどういう風に転がっていくのか楽しみです。

リザルトを見ても、かなり遊びに付き合ってくれていて

よき相棒に成長しました。

さあて、いつまで一緒に遊んでくれるかしらん?


そうやって家庭のウエイトが大きくなるなかでも、

しっかり遊びました。

いやもう、奥さんがエライんですけども。

奥さんに感謝!!!

山の方は今年はハイライトと言えるハイライト

あったようななかったような感じで、

もう少しやれたかなというのが実感。

冬場は低山のロングコースを重点的に歩き、体力十分でしたが

4月の野球で手首をやってしまいそれが序盤に大きく響きました。

またピーク時の9月はイベント優先だったので、

意外と遠征の機会がありませんでした。

終盤は少し自転車復帰の兆しが芽生えてきましたが、

やっぱりプライオリティは山の方が断然上だと再確認した次第。

でも合間合間に、面白いスポットを目指したり、

超ロングライドもやっていければいいかな。


あとは2年前から再開した音楽活動。

今年はオリジナル楽曲の制作ではなく、

死ぬまでに弾けるようになりたい曲をひたすら練習して、

ギタースキルを向上させるというのを目標にしてきましたが、

これも骨折でずいぶん停滞してしまいました。

でも、音楽イベントに出たり、ライブにも精力的に行ったり、

たくさんのことを吸収できたり、

音楽のチカラを再確認できた充実の年でした。

15年ぶりにニューギターも購入して、こちらもやる気十分。

またぼちぼちオリジナル制作にも励みたいなと思います。


ということで、「山」「自転車」「音楽」を

個人的な三本柱に頑張っていこうと思います。

さてさて前置きはこのくらいにしてリザルト一覧を。


【年間スケジュール2016】

■1月

 ▲黒岩元旦詣で

 ▲各務原アルプス

 ◎京都ポタ

 ◎子連れツーリング 舞洲上陸

■2月

 ▲子連れハイク 黒岩尾根〜六甲最高峰〜有馬

■3月

 ◎子連れツーリング 大阪名所めぐり(京セラドーム天保山

 ▲子連れハイク 紀泉アルプス 山中渓〜霊山峰〜六十谷

 ▲大文字山ハイク

■4月

 ◎子連れツーリング 回転木馬

 ◎子連れツーリング 大阪空港千里堤防(L32エンド)

 ▲ポンポン山

■5月

 ▲子連れハイク 蓬莱山

 ◎子連れツーリング 枚方凍氷

 ▲箱根外輪山一周トレイル

■6月

 ▲子連れハイク 黒岩詣で

■7月

 ▲子連れハイク 中山連山

 ▲秘境 大杉谷

 ▲伊吹山ナイトハイク

■8月

 ▲前穂〜奥穂 縦走

 ▲子連れハイク 蝶ヶ岳

■9月

 ▲八ヶ岳 阿弥陀岳〜赤岳〜横岳〜硫黄岳

■10月

 ▲ちょいと豪円山

 ▲笠ヶ岳

 ◎子連れツーリング なみはや大橋三本松めがね

■11月

 ▲スノーホワイト白山

 ◎ROAD TO 和歌山小川ハウス

■12月

 ◎ギターを買いに美濃ライド

 ◎立木音楽堂ライド

 ◎竹川さん参り&アワ1

 ◎走り納め舞洲

 ▲登り納め 子連れハイク 荒地山


2016年年間走行距離:1007.7km

通算TOTAL:45285.26km


↓新春の黒岩

f:id:arkibito:20160101164006j:image:w360


各務原アルプス縦走(写真はラストの坂祝の町並み)

f:id:arkibito:20160103142743j:image:w360


↓子連れツーリング 初めての舞洲へ

f:id:arkibito:20160111131453j:image:w640


↓1.17ウォーキング

f:id:arkibito:20160117014218j:image:w360


↓子連れハイク 薄雪の六甲山

f:id:arkibito:20160207154312j:image:w360


↓子連れハイク 紀南アルプス

f:id:arkibito:20160313162453j:image:w360


↓子連れツーリング 大阪湾ツアー

f:id:arkibito:20160325170541j:image:w640


大文字山

f:id:arkibito:20160327152751j:image:w360


↓子連れツーリング 大阪空港

f:id:arkibito:20160424150627j:image:w640


↓ポンポン山

f:id:arkibito:20160501170412j:image:w360


↓子連れハイク 蓬莱山

f:id:arkibito:20160505140227j:image:w360


↓田植え

f:id:arkibito:20160508110540j:image:w360


↓子連れツーリング 枚方凍氷

f:id:arkibito:20160515161050j:image:w360


箱根外輪山一周トレイル(丸山付近から)

f:id:arkibito:20160528135700j:image:w640


↓子連れハイク 黒岩詣で

f:id:arkibito:20160626151639j:image:w360


↓子連れハイク 中山連山

f:id:arkibito:20160703140024j:image:w360


秘境 大杉谷

f:id:arkibito:20160718155723j:image:w640


↓大台ケ原

f:id:arkibito:20160719122358j:image:w640


伊吹山ナイトハイク

f:id:arkibito:20160730042547j:image:w640


↓前穂

f:id:arkibito:20160806092509j:image:w640


↓吊尾根

f:id:arkibito:20160806115738j:image:w640


↓奥穂

f:id:arkibito:20160806121009j:image:w360


↓子連れハイク 蝶ヶ岳

f:id:arkibito:20160811123113j:image:w640


海ほたる上陸

f:id:arkibito:20160903101730j:image:w360


↓アンサンブルズ東京

f:id:arkibito:20160904193626j:image:w640


↓マイントピア別子

f:id:arkibito:20160905142054j:image:w360


しまなみ海道 亀老山展望台

f:id:arkibito:20160906134348j:image:w360


稲刈り

f:id:arkibito:20160911110104j:image:w360


↓赤岳鉱泉

f:id:arkibito:20160923140628j:image:w360


八ヶ岳(赤岳)

f:id:arkibito:20160924084658j:image:w640


↓とっとりバーガーフェスタ

f:id:arkibito:20161010130823j:image:w360


笠ヶ岳

f:id:arkibito:20161014140342j:image:w640


飛騨古川

f:id:arkibito:20161015133504j:image:w360


↓子連れツーリング なみはや大橋

f:id:arkibito:20161023162718j:image:w360


信貴山のどか村 秋の収穫

f:id:arkibito:20161030120539j:image:w360


↓ちょいとエスケール

f:id:arkibito:20161103170935j:image:w360


スノーホワイト白山

f:id:arkibito:20161112104015j:image:w640


↓ヤイリギター

f:id:arkibito:20161203095420j:image:w360


立木音楽堂

f:id:arkibito:20161211161239j:image:w640


↓竹川ファーム参り&アワ1

f:id:arkibito:20161218110637j:image:w360


↓登り納め 子連れハイク 荒地山

f:id:arkibito:20161230154414j:image:w360


ということで、本当にまんべんなく

色々なことにチャレンジしたり顔を出したりした1年でした。

自分はとても好奇心が強い方なので、

新しいことや面白いことならなんでもやってみるのがモットー。

とはいえ、あっちこっち八方美人ですぐに飽きてしまうのではなく、

山もチャリも音楽も写真も料理も読書も映画もスポーツも

どれも当然本気です。

でもこれ以上趣味が増えてしまうと本当に困りますね…

それでは各部門賞の発表です。


<ベストマウンテン:子連れハイク 蝶ヶ岳

f:id:arkibito:20160811134347j:image:w640


今年も登りたい山に登り、歩きたい道を歩いてきましたが、

奇跡的にほとんど雨に降られることもなく、

文字通り晴れ晴れとしたシーズンでした。

そんな中での1番は、

娘を初めて北アルプスへと連れて行った蝶ヶ岳です。

近場のお山へはちょくちょく連れ出してはいましたが、

宿泊ありで、標高2500mを越える本格的な山へ登るというのは、

本人にとってもチャレンジだったと思いますが、

常に安全やペースに気を配ったり、単独行とは全く勝手が違い、

ある意味でこちらもチャレンジでした。

幸い天候もよく、一度は生で見せてあげたかった

穂高・槍の大屏風の山並みや

雲海から出る半熟卵のような朝日を見せられることができました。

娘と感動を共有し、一生の思い出に残る時間を築けたのが

素直に嬉しかったです。


<ベストライド:アワ1>

f:id:arkibito:20161218134502j:image:w640


2014年自転車休業を宣言して、

スポット単発以外ではほとんどロードバイクに触ることもないまま、

気づけば3年近い年月が過ぎ、

復帰の兆しもないままやってきましたが、

他の用事にかこつけて、ぼちぼちと、

チャリに乗るというリズムみたいなのが芽生え始めてきました。

最終盤にバタバタとでしたが、

100km程度のライドをいくつかこなしてきて、

復帰に当たり、本当に体力的にやれるのか、

また気分的にも楽しめるのか、ある種の賭けとして行ったのが

年末のアワ1でした。

走り的には全盛期の感覚には及びませんでしたが、

それでも海岸線を駆け抜ける爽快さとか、

ライド終盤のしんどさと楽しさが同居した感じとか、

モチベーションにつながるものを感じられたので、

来年にうまくつながっていければと思います。


<ベスト産業遺産: ヤイリギター>

f:id:arkibito:20161203095420j:image:w360


ダムや隧道などの土木、近代建築など、このところ、

巨大構造物について注目することが続いていましたが、

最近ではクラフト醸造といった、

もう少しサイズの小さいものにも大変興味が湧いています。

それらも、長年の経験や知識によって生み出される匠の技や、

クラフトマンシップの結晶であるという点では根っこは同じだと考えています。

”手”によって生み出されるものの美しさだったり、

日本はやはり職人の国であるということをつくづく感じますね。

ということで、1位はやっぱりヤイリギターさんです。

仕上がった楽器の素晴らしさは言うまでもありませんが、

工場見学で拝見した一工程一工程の研ぎ澄まされた作業の様子を見れば

その凄さがわかります。


<ベストMUSIC:『別れのサンバ』by 長谷川きよし


去年は音楽的な活動や参加が多かった1年で、

NO,1を決めるのがとても難しかったですが、

去年最も聴いて、練習して、まだまだたどり着けていない

この『別れのサンバ』を1位にしたいと思います。

これをどうにかこうにか、少なくともそれなりに、

あわよくばカッチョよく弾いてみたい!と頑張った1年でした。

ご本人にもお会いすることができ、生で演奏が聴けたのも、

音楽活動に大きなモチベーションとなっています。

もっと精進しなければ…。


<ベストBOOK:『書を捨てよ、町へ出よう』by 寺山修司

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)


2016年も、読書は低調でした。

本屋へはよく顔を出して、気になる本は購入しているのだが

なにせ読む時間がなく、どんどん蓄積してしまっている。

もはや本屋さんの棚より、自分の家の棚の方が、

まだ読んでいない面白そうな本が並んで魅力的だったりするくらい。

読まないといかんですねえ。

で、今年の一冊は、もはやバイブルに近いような存在である

寺山修司の名著『書を捨てよ、町へ出よう』。

ずっと通勤のザックに忍ばせて、ちょっと合間につまみ読みして

常にチクチクと心を刺激してました。


<ベストMOVIE:『シン・ゴジラ』by 庵野秀明

f:id:arkibito:20160828234634j:image:w360


去年は少しばかり映画館に足を運ぶようになりました。

主には作品に惹かれてというより、

ネタ収集的な色合いが強かったけど、おおむね楽しめました。

その中では、『シン・ゴジラ』がダントツで面白かった。

観る前は、またいつもの”庵野病”になってないかと心配でしたが

なんのなんの!

持ち味は十分に発揮しながら、

見事なエンターテインメントぶりを発揮していましたし、

従来のゴジラ観もいい意味で裏切っているところもあって、

よかったと思います。

東京五輪問題や、トランプ政権の誕生など、

全世界的にあらゆる分野で、

既存の価値観や秩序がスクラップされ、

新たな時代がビルドされるという時代の変わり目の年に、

新たなゴジラが生まれたというのはなにか因果を感じざるを得ません。


<ベストドラマ:『トットてれび』>

f:id:arkibito:20170105232641p:image:w360


去年は、テレビドラマは大豊作の年だったんじゃないでしょうか。

朝ドラとと姉ちゃん』『べっぴんさん』もよかったのですが、

ベストは土曜ドラマとして放映された『トットてれび』!

文字通り黒柳徹子さんの半生を描いたドラマですが、

これが本当に面白く、

特に徹子さん役の満島ひかりさんの憑依ぶりが素晴らしい!

他にも名だたる昭和スターが登場人物として出てくるのですが、

中村獅童さんの寅さんや、ミムラさんの向田邦子さんとか、

どの役もみんなドンピシャ。

大友さんが手がけた音楽も素晴らしい彩りでした。

しっかし、これがほぼ実話だというのに心底驚かされます。

改めて昭和ってとってもスバラシく輝いていた時代なんだなあと。

ちょうど2016年は、巨泉さんや、永六輔さんなど、

昭和を代表するスターや巨匠が次々とお亡くなりになられ、

時代の移り変わりを実感することが多かったですが、

生ける伝説としてまだまだ徹子さんには頑張ってもらいたいですね。


<ベストフットボーラークリスティアーノ・ロナウドレアル・マドリード)>

f:id:arkibito:20170111104250p:image:w360


今年の最優秀フットボーラーはもう文句なしにクリロナでしょう。

EURO、CL、そしてクラブワールドカップの3冠、

とくに母国ポルトガルを悲願の優勝に導いたというのが

とても大きかったように思います。

クラブや個人成績では伝説的なリザルトを残していても、

国の代表としては主要なタイトルを取れないスーパースターは多い。

アルゼンチンメッシしかり、スウェーデンイブラヒモビッチしかり、

イングランドルーニーしかり。

おせじにも戦力的に十分とは言えないポルトガルを牽引しての初優勝ですから、

これはもう本人にとっても今までで一番嬉しかったことじゃないでしょうか。


<ベスト野球人:宮西尚生投手日本ハムファイターズ)>

f:id:arkibito:20170110163006p:image:w360


神ってる広島カープ一世風靡をしました2016シーズンでしたが、

何より去年すごかったのは日本一に輝いた日ハムだったと思います。

序盤はソフトバンクが圧倒的な独走で、

方や日ハムは、大谷の不振と故障、中田の不振などで大きく出遅れ、

まさかまさかのどんでん返しはスゴいの一言。

特にペナント終盤、そしてCSでの

ソフトバンクとの死闘はすさまじいものでした。

陽選手のナイスキャッチなど、本当にギリギリの攻防を勝ち上がり、

大逆転でのペナント奪取。

日本シリーズでも負けが先行しましたが、

見事に軌道修正をして日本一

これは、もう栗山監督の絶妙な指揮と、

選手への鼓舞の賜物だと思います。

しびれるような1点差ゲームが続く中で、

栗山監督がどんな時も信頼を置いてきた

中継ぎエース宮西投手の活躍と粘りがあってこそだったと思います。

西宮出身、市尼崎卒ということで、もろ地元出身の選手なので

応援しています!


<ベストドライバー:ニコ・ロズベルグメルセデス)>

f:id:arkibito:20170105232642p:image:w360


フジの地上波BS放送がなくなり、

事後的にyoutubeでダイジェストを確認する程度になってしまいました

F1サーカスですが、

それでもやっぱりモータースポーツは気になる事柄の1つです。

今年のNO.1はニコで決まり!というと、

あんなの真の王者じゃないとか批判も出そうですが、

終戦にもっともポイントを獲得したものが

チャンピオンであるというのは揺るぎない。

しかも去年まであんなに打たれ弱く、肝心なところでミスを犯す

ガラスの王子様のような印象だったのに、

今年は冷戦沈着にミッションをこなし、あらゆる雑音にも動じず、

何より最終戦ハミルトン

これ以上ない強烈なプレッシャーにも耐え忍ぶあの強靭さ。

前年、前々年からこれほどはっきりと

成長したのがわかるドライバーは他にいません。

オーラスにまさかの引退勝ち逃げ宣言で、皆の度肝を抜いたのも流石。


<ベストグルメ:赤岳鉱泉のステーキ>

f:id:arkibito:20160923175317j:image:w640


今年も色々美味しいものをいただきましたが、

ド級のインパクトを与えたこのステーキが2016年のNO.1で間違いなし!

そもそも山小屋でこれだけゴージャスな食事にありつけるなんてという

サプライズ感だけでも群を抜いていますが、

それに加えて、この日の山行はひどい雨で、

縦走をあきらめた上に、山頂にもアタックできず、

全身ドブネズミ状態で、相当惨めな思いでいたのを、

一気にパラダイスな気分へと変えてくれたのですから!


<ベスト酒:浪乃音酒造「渡船 純米大吟醸」>

f:id:arkibito:20160619174055j:image:w360


酒場で自宅で、全国津々浦々のお酒をいただきました。

また、こだわりの酒屋さんもいくつか利用させていただいて、

一期一会のお酒に巡り合うことも多々。

そんななかで一番だったのが、

滋賀県堅田の「浪乃音酒造」さんのお酒。

酒米が、渡船という山田錦のお父さんに当たる滋賀県独自のお米で、

ちょっと個性的なのですが、クセになる味わいがたまりませんでした。


<ベスト酒場:ニコノトナリ>

f:id:arkibito:20160624201524j:image:w360


去年もたくさんの酒場にお邪魔しましたが、

最も居心地がよかったのが南森町にある「ニコノトナリ」さん。

情勢だけで切り盛りしている小さな立ち飲み屋さんですが、

大きな木のテーブルをぐるっと囲んで、

肩を寄せながらおいしい地酒にありつけます。

料理もすごくおいしくて、お気に入りのお店。


<ベスト麺:ティーパンのから高ラーメン

f:id:arkibito:20160808122830j:image:w360


会社の近所がラーメン激戦区となり、

多種多様なジャンルのラーメンが乱立しています。

逆に、普通の定食が食べられるようなところが少なく、

お昼のラーメン率がとても高くなっています…

そんななかでの去年の1位は、

どこぞの専門店や人気店ではなく、

南方にあるフツーの中華料理屋さん「ティーパン」のから高ラーメン

本当にフツーのラーメンですが、

2めぐりして原点に戻ってきたというか、

あれこれこねくり回して、格好つけたものではなく、

素朴が一番だなあという実感。


<ベストカレー:サッチェーズカレー 鯖と青唐辛子カレー

f:id:arkibito:20160125121540j:image:w360


ここ数年、大阪は全国屈指のスパイスカレー激戦区と化していますが

乱立することですでに淘汰が始まっています。

やはり、なにか刺さるもの、記憶に残る個性がないと生き残れません。

去年食べた一皿の中で一番強烈に印象に残ったのが、

中崎町にある「サッチェーズカレー」さんの日替わりメニューだった

鯖と青唐辛子カレーです。

鯖を使ったカレーというのも珍しいですが、

スパイスと魚のうま味、そしてジンジャーの効かせ方が絶妙でした。

食後のチャイも超スパイシーでおいしく、また行ってみたいと思います。


<ベストイベント:アンサンブルズ東京

f:id:arkibito:20160904193626j:image:w640


”本業”の「山」「音楽」「チャリ」以外にも、

色々なジャンルのイベントや体験ものをしましたねえ。

興味がある分野、おもしろアンテナにひっかかったものは、

とりあえずやってみました。

世の中まだまだ知らないことばかりで、学ぶことばかりでした。

去年一番の思い出は、やはり何と言っても

9月の「アンサンブルズ東京」しかないでしょう!

まさか、いしいしんじさんと一緒に紡ぎたしたコトバを、

大友さんのギターと、原田郁子ちゃんのピアノに乗せて、

一緒の舞台で歌えるなんて!

しかも目の間に大観衆がいて、

その先にはライトアップに輝く赤レンガの東京駅

今までは正直ただの通過点でしかなかった東京駅でしたが、

とても思い出に残る場となりました。

本当に何度動画を見ても、ワクワクドキドキ、感動してしまいます。

もう一生モノの思い出。

しかも娘と一緒に!

夢のような体験でした。


<ベストパーソン:原田郁子いしいしんじ

f:id:arkibito:20160827134258j:image:w360


f:id:arkibito:20160827145435j:image:w360


同じ流れで今年のベストパーソンは、やはり、

一番大きな夢を叶えてくれた原田郁子ちゃんといしいしんじさん!

自分にとっても大好きなお二人だし、

長女にとってはピアノを始めるきっかけとなった”鼻血のお姉さん”。

お会いするだけでも光栄なことなのに、

一緒に曲をこしらえて、一緒に舞台に上がって、歌って踊って…

もう素敵すぎます!

ありがとう!ありがとう!


ということで、2016年もたくさんの人たちと出会いました。

憧れだった人、夢や勇気を与えてくれた人、

新しい楽しさを教えてくれた人、

素晴らしい出会いばかりでした。

全てが今までやってきたことの延長上に生まれた出会いであり、

それがまた新たな世界へと繋がっていくような気がします。


カンザス・シティ・バンド

f:id:arkibito:20161210224449j:image:w640


↓バーガーサミット

f:id:arkibito:20161213161752j:image:w640


↓濱口祐自アニキ

f:id:arkibito:20161120195937j:image:w360


野宮真貴

f:id:arkibito:20161104230749j:image:w360


↓イシバ先生

f:id:arkibito:20161009125917j:image:w360


さかざきちはるさん

f:id:arkibito:20160917161429j:image:w360


↓郁子ちゃん

f:id:arkibito:20160904200621j:image:w640


大友良英さん

f:id:arkibito:20160904115824j:image:w640


いしいしんじさん

f:id:arkibito:20160827164110j:image:w360


穂村弘さん&ブックストアの中川さん

f:id:arkibito:20160821120219j:image:w360


松本隆さん

f:id:arkibito:20160610210602j:image:w360


↓類さん

f:id:arkibito:20160403185944j:image:w640


キヨピー

f:id:arkibito:20160403184409j:image:w360


Aimerさん

f:id:arkibito:20160321184716j:image:w360


↓モン!

f:id:arkibito:20160213113754j:image:w360


よく、特別な人と出会って特別な体験をして

羨ましいなあ、すごいなあと言われます。

でも自分は特別な人間でもないし、

特別なことをしているつもりはありません。

ただ、興味や可能性の領域を自分から囲い込んで限定するのではなく、

何でもやってみようという”好奇心”を絶やさないこと。

そして、興味の芽生えた分野に対してきちんと”アンテナ”を張ること、

そして、やってみたいとか、会ってみたいという気持ちや考えを、

頭の中だけで終わらせるのではなく、きちんと”実践”に移すこと、

そのことだけだと思います。

でもそれって、仕事でも遊びでも学問でも何でもそうですが、

ものすごく基本的なことだと思います。

他に人生を転がすエネルギー源を自分は知りません。

もちろん、常にそのスイッチをオンにし続けるというのは、

体力のいることであることは間違いありません。

そして、もちろん、自分自身ではどうしようもない事柄や状況というものはあります。

不利な状況や、越えられぬ限界というものが現実として立ちはだかったとしても、

それを前提として、自分のやれること、楽しめることを見つけ出せるかどうか、

結果がどうであれ、それを追求して悪あがきすることだけでもいいじゃないか!!

他人や世間がよくしてくれるという”他力”を期待して待っていても、

結果的に得られるものより、失うものの方が多いこともある。

結局、自分の人生を豊かにする、面白くするのは自分自身しかいません。

そのことを最近特に感じるようになりました。

それはここ数年で出会ってきた人生のお手本となる人たちから学んだことです。

そして、彼らは皆一様に”面白い”。


今年もまた、面白いことはトコトンやってみようの精神で進んでいきたいと思います。

2017-01-06

オリジナル人形劇『おいしいのたべよう』

このお正月にまた新たな本気遊びを家族で。

オリジナルの人形劇『おいしいのたべよう』です。

曲も、絵も、構成も、振り付けもすべて、

自分と奥さんと長女で分担してこしらえました。



年末にかけて、いしいしんじさんの人形劇を見たり、

銭湯ペンキ絵師さんの見事な筆さばきを見たり、

『私は真悟』の壮絶スペクタクルに度肝を抜かれたり、

自分も奥さんも娘も、かなり刺激を受け、何かやりたいねという流れに。

だって、せっかく吸収したものをただよかったねえ、

面白かったねなんてつまらない!

インプットしたものを自分たちの中でグルグルガチャンとして、

アウトプットしてみたらどうなるか。

鉄は熱いうちに打てじゃないけれど、

何かやろうよと思い立ったらすぐやらないと、

熱は意外と速く冷めてしまうので。


11月に音楽教室の課題で長女がオリジナルの曲を作るというのがあって、

去年はそれで大阪大会まで行ったのだが、

今回は残念ながら落選。

でも、今回の曲の題材は、

長女が生まれてきた妹のためを思って作った大切な曲。

単に作って終わりじゃなく、

何かずっと残る形にしてあげたいなあと思っていたので、

それを劇という形に仕上げなおして、

やってみたら面白いかもということになりました。


オリジナル曲を劇の構成に合わせてパート分けしたり増やしたりして

3分ほどのものに仕上げます。

それに合わせて必要な絵を考えますが、

持ち手が2人しかいないのであまり増やしすぎると持てなくなるため、

いろいろ意見を出し合って絵の数を絞っていきます。

描く絵が決まったら、早速ペイント。

2人の登場人物は奥さんが担当し、食べ物の絵は長女が。

自分はそれを段ボールや厚紙に貼り合わせて、

持ち手の所は割り箸を使ったり工作。

なかなかみな本気でした。

せっかくなら、誰かに見てもらいたいし、

お正月に一族で集まる時にお披露目しようとなったので、

年の瀬の夜遅くまで我が家はナゾの工作集団と化して

せっせこせっせこと夜なべ。

年賀状作成とのダブルパンチで大変でしたが、

とても充実しておりました。

お正月にはみんなの前で無事に披露できました。


f:id:arkibito:20170106002458j:image:w640


f:id:arkibito:20170104210839j:image:w640


傍から見たら、この家族何やってんの?って感じかもしれませんが、

普通は考えたり、やらないことをやるほうが絶対面白いし、

マジメにアソブ、マジメをアソブというのがモットーなので。

たけしがCMで言っていますが、

「いまだ!バカやろう!」の精神です。

娘には、いい意味でアホになれよととよく言います。

型にはまらず、自由な発想で、

他と違うことを恐れず、大胆にやってみることが大事だよと。

ただ、他と違うということは覚悟がいること。

違うということをただ単に馬鹿にされないため、

そしてやっていることが絵空事ではなく

説得力のあるものにするためには、

しっかりとマジメであること、

そして遊びでも真剣でやることです。

そういうことを言葉で伝えるのも大切ですが、

それを実践として教えるというのはもっと大切だと思うので、

今回のような機会をどんどん作っていきたいなあと思います。

正直、しょーもない遊びかもしれませんが、

それを一生懸命やることによって、

自分が考えたことが歌になり、劇になり、

それが少なからず誰かの心を動かすとしたら、

それってとても素敵なことだと思います。

何より、自分の発想が形になる、

それだけでも嬉しいことです。

そういう喜びや、感動をいっぱい感じてほしいし、

その裏側には苦労だったり努力だったりも

一緒についてくるということも、

学んでくれたらなあと思いますし、

自分で考え、自分で行動する人間になってほしいです。


もう少しマジメな話をすれば、

「遊び」とは創造と発想の源なのです。

例えば、京都まで遊びに行くとして、

普通の人は車や電車を利用していくと思います。

効率や採算を考えれば当然のチョイスですが、

それは当たり前すぎて面白くもなければ、

そこに何も生まれません。

それを、普通では考えないようなこと、

例えば、チャリンコで行ってみようとか、歩いて行ってみよう、となると、

そこに「面白さ」とか「意外性」とか、”創造のタネ”が芽生えます。

社会的、経済的なものの考え方だと、

チャリで京都へ行くなんて、しんどいだけで時間の無駄かもしれません。

でも、その一見無駄なこと、馬鹿をやることで、

新しいものの見方や、予想外の感動、

あるいは創意工夫をするきっかけを生み出すのです。

決められたことを決められたようにやる仕事をこなすだけでは、

創造の幅を広めることはできません。

日常に張り巡らされた常識や固定観念の枠の中でだけで

物事を判断していては、新しい発想は生まれません。

一番よくないのは、ゲームでもなんでもそうですが、

何か与えられたおもちゃを「消費」すること。

それはただの暇つぶしでしかありません。

それであれば、自らおもちゃや遊びを作り出すことを

遊びにしてしまえばよいのです。


遊び方を知っているかそうでないかは、

イコール人間的な豊かさの度合いだと、

自分は信じています。

(もちろんまじめで勤勉であるということは大前提ですが)

仕事はできても、本気で遊べない人間はつまらない。

遊ぶことは創造すること、発想すること、

つまり自主的に考えることです。

そして人間は考える葦なのですから。

少なくとも自分は、

人の顔色ばかりうかがって自ら発信しない人、

他力本願の人、ただ流れに身を任せて浮いている人にはなりたくない。

そういう人ほど、人生はつまらないとか、

世の中が面白くないとかうそぶきます。

でも、人生が面白いかどうかは、自分次第!


余談ですが、もし遊びの社会学に興味がある方は是非、

ロジェ・カイヲワの『遊びと人間』や

ホイジンガ『ホモ・ルーデンス』といった文献を読んでみてください。

遊びとはなかなか、あなどれないものなのです。

2016-12-29

合掌

フレンチ・ボサの第一人者で、

『男と女』でも有名な音楽家ピエール・バルーさんが亡くなられた。

今年は国内外問わず、

たくさんの巨匠、大スターが逝ってしまった年だったなあ…

2016-12-27

ミュージカル『私は真悟』

土曜日。2日連続の京都へ。

長女と二人でミュージカルを観劇ということで、

ロームシアターへ。


↓ロームシアター

f:id:arkibito:20161224173247j:image:w360


↓『私は慎吾』

f:id:arkibito:20161224174346j:image:w640


今回の作品は、1982〜1986年に連載された

鬼才・楳図かずおの名作SF漫画が原作の『私は真悟』。

主演は今を時めく”とと姉ちゃん”こと高畑充希ちゃんと、

個性派女優として注目の門脇麦ちゃん。

シルク・ドュ・ソレイユの演出などを手掛ける

フィリップ・ドゥクフレの有機的で独創的な演出と、

楳図ワールドのドッキング!?

音楽担当は東京駅でお世話になったトクマルシューゴさんと、

ここ最近ドハマりしている阿部海太郎さん!

そして演奏集団Open Reel Ensembleによるパフォーマンス!

これはもう行くっきゃないということで即チケットを取った次第。

開場時間にロームシアターへ到着し、

まずは同時開催していた楳図かずおの世界展へ。

怖い漫画が大好きな娘は、

さっそく楳図ワールドに惹きこまれておりました。


↓楳図かずおの『私は慎吾』展

f:id:arkibito:20161224174250j:image:w360


↓娘も大喜び

f:id:arkibito:20161224191102j:image:w360


もともとホラー漫画のお方ですが、

この作品に関してはホラー色を抑え、むしろ、

愛とは何か、神とは何か、ワタシとは何か、

といった哲学的テーマを、SF要素と絡め、

80年代のギラギラした時代の影響も多分に受けながら、

独特な世界観を打ち出した衝撃作になっています。

世紀末の退廃を彷彿とさせるようなイメージは、

『AKIRA』の大友ワールドと同じ匂いを醸し出し、

また、機械に魂が宿り、

その意識が世界ネットワークに拡散していくといった発想は、

『攻殻』ワールドのそれへと通じている。

そして、小学生が大人の世界を、

残酷なほどにピュアな”アイ”でもって冒険するという設定は

まるでこの間観た舞台『夜の子供たち』ではないか!

つくづく感じるのは、

あまりに猥雑でエネルギーが激しくスパークする一方で、

そう遠くない時期にやってくる世紀末という存在への

得体のしれぬ恐怖心を抱えた80年代の渦というものから

発想されたモノたちというのは、

やはり根っこは同じなんだろうなと思います。

それにしても色々な意味でキョーレツで、モーレツで、

惹きこまれてしまいますね。


↓グワシッ!

f:id:arkibito:20161224174257j:image:w360


↓真鈴と悟

f:id:arkibito:20161224174324j:image:w360


↓フラッシュを当てるとこうなる

f:id:arkibito:20161224174233j:image:w360


↓改めてすごい画のチカラ

f:id:arkibito:20161224191204j:image:w640


そしていよいよ開演。

開演に先立つ注意アナウンスが

少しずつノイズに消され、音を歪められ、

暗がりに浮かび上がる怪しげなマシンの挙動と、

舞台袖に並べられたオープンリールテープレコーダーを操る

Open Reel Ensembleの面々のシルエット。

それだけでもうシアター全体が

得も言えぬスリリングな緊張感に包まれる。

そして一気に照明が開き、舞台はいっぺんにして、

”333のテッペン”へ!!


充希ちゃんのあまりにピュアすぎる真鈴(マリン)の愛らしさと、

伸び伸びと躍動する麦ちゃん演じる少年・悟(サトル)の姿に

一撃ドキュ〜〜〜〜〜〜ン!!!

そして一番、目を奪われたのはもう一人の主役、

真悟役の成河さん!

突如ワタシという意識が芽生えたベルトコンベアという役どころを、

実に繊細にかつ大胆に演じきっておりました。彼はすごい!

そして、マシンである真悟の動きを黒子として表現した

引間文佳さんと鈴木竜さんの見事な所作に釘づけ!

シルク・ドゥ・ソレイユ流の演出だけあって、

夏に見たTOTEMでもあった

コントーション(ウミウシのような軟体芸)があったり、

マシンの動きを表現するのに、

あえて極めて有機的な動きを取り入れたり、

その発想が素晴らしすぎるし、それを体現するお二人に驚愕。

そして、作品全体を彩る音楽が本当に摩訶不思議で、

これらの音楽でなければ

きっと作品が成立しなかったんじゃないかというくらい

独特の世界観を演出していました。

ラスト、セットまるごとを使って揺れ動く

巨大ブランコにまたがって、

大人に変わろうとする二人の小学生と、

その間を行き来する真悟のサミシイ姿に、お涙頂戴しました。


本当に一部始終が衝撃的で、

きっとこれは一生のトラウマ(いい意味で)として心に残ると思います。

長女もかなりのインパクトを受けたようで、連れて行ってよかった。

本編の後、クリスマスイブの回だけの、エクストラコーナーがあり、

それも大いに盛り上がりました。

本当に素晴らしいクリスマスプレゼントになりました。