Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-08-18

Music Life 『ろっかばいまいべいびい』 by 細野晴臣

引き続いての弾き語り練習は、

敬愛する細野さんの『ろっかばいまいべいびい』。


1973年5月25日に発売されたファースト・ソロ・アルバム、

HOSONO HOUSE』で1曲目に、ギターの弾き語りで収録されている名曲

のちに、西岡恭蔵吉田美奈子にもカバーされた曲。

はっぴぃえんど解散後に結成したキャラメルママの面々と、

埼玉県狭山市にあるアメリカ村の自宅で

ホーム・レコーディングという形行われた録音は、

ゆったりのんびり、自由の空気が充満しています。

ここから細野さんのオリエンタルでワールドワイドな航海がはじまっていくのですな!


さて、この曲、タイトルもそうですが、

メロディー進行がとっても不思議です。

そう感じるのはきっと自分のボキャブラリーが足らないせいかもしれませんが、

こんなコード進行にこんなメロディーを乗っけるなんてと思うくらい、

上も下もよくわからない無重力の中を漂う曲なんです。

そのころから細野さんが傾倒していたヴァン・ダイク・パークスや、

細野さんの原風景的な50'S、60'sのアメリカンポピュラーソングの影響を受けつつ、

細野さん自身が醸し出すどこかオリエンタルでアジアンチックな香りが混ぜ合わさり、

これぞ細野節といえる一曲だと思います。


弾き語り練習


↓本家


【ろっかばいまいべいびい】

作詞・作曲:細野晴臣


むかしのメロディくちずさみ

ろっかばいまいべいびい

すてきなドレスに身をつつみ

ろっかばいまいべいびい

泣かないでさ これからは

ダイナ、君といつも一緒だよ


すてきな君、そのくちびる

ろっかばいまいべいびい

おかしな唄 このメロディー

ろっかばいまいべいびい

泣かないでさ これからは

ダイナ、君といつも一緒だよ


晴れた日はとても青い空 

花は咲き乱れ

そよ風に鳥はさえずり 

夜は青い月を見つめ

2016-08-17

Music Life 『地獄でなぜ悪い』 by 星野源

山行続きで、なかなか練習する時間が取れませんでしたが、

ひさびさに音楽ネタ。

2週間もギターをさわってないとやっぱり腕が落ちます…

こんな状況ですが、諸事情により

9月頭までは山関連は封印して、音楽に専念します。

うしし♪


さて今回はまたまた星野源

地獄でなぜ悪い』です。

この曲は長女のヘビロテで、

これをかけながら夏休みの宿題をするとはかどるそうです。



動画うまく貼れてるかな?

なにか利用している「はてなブログ」で

youtubeがうまく表示できないトラブルが少し前からあるみたいで今も改善されてない。

いつもは新規記事のテンプレートにある

「動画」のボタンで貼り付けをしているのだが

その作業だと、今はうまく貼れないみたい。

短縮コードだと反応しないらしく、

今まで貼った全動画が非表示になってる…

全部埋め込みコードに手直ししないと。

トラブルが起こってることも、

書式が変わったことも何のリリースもないと困るんだけどなあ。

2016-07-08

Music Life 『When You Wish upon a Star (星に願いを)』

このところの童謡、子守唄の練習の流れで、

洋楽のこちらも弾き語り練習

1940年、映画『ピノキオ』の主題歌として生まれたこの曲は、

世界的にも有名ですね。

とてもメロディーが美しく、

赤ちゃんが泣き止む曲として我が家でも重宝しています。


星に願いを


『When You Wish Upon a Star (星に願いを)』

作曲:Leigh Harline /作詞:Ned Washington


When you wish upon a star

Make no difference who you are

Anything your heart desires

Will come to you


If your heart is in your dream

No request is too extreme

When you wish upon a star

As dreamers do


Fate is kind

She brings to those who love

The sweet fulfillment of

Their secret longing


Like a bolt out of the blue

Fate steps in and sees you through

When you wish upon a star

Your dream comes true


輝く星に心の夢を

祈ればいつか叶うでしょう

きらきら星は不思議な力

あなたの夢を満たすでしょう


人は誰もひとり

哀しい夜を過ごしてる


星に祈れば淋しい日々を

光り照らしてくれるでしょう

2016-07-01

Music life にほんのうた

前回に引き続き、日本の歌を。

今回は故郷を想う心を歌った曲を2曲。


故郷という言葉は、そもそも遠い距離感を帯びていますね。

つまり、生まれ育った土地に自分はすでにおらず、

はるか遠いところからの視点から語られた言葉ということ。

その距離が、人に様々な想いを抱かせるのです。

24時間いつでもどこでも繋がっているというのは

便利なのかもしれませんが、

心の豊かさという点ではやはりどうなのか。

距離とか間とか、競争激しい現代社会では

コストとしてしか勘定されないようなもの、

実は大事なものだと思います。

そして、ネットワークが発達し、

もはや場所や土地に縛られることから解放されつつある

現代社会においてでも、

ゲニウスロキ(地霊)は間違いなく存在している。

動物に帰巣本能や縄張り意識があるのとまったく同じで

人間も土地に縛られ、土地に根差しながら生きている。

それはもう間違いのないことだと思います。


さて、本題。

まず1曲目はもはや説明不要、

日本人なら誰もが知っている『ふるさと』。

とても美しい曲ですね。


↓ふるさと


【ふるさと】

作詞:高野辰之/作曲:岡野貞一


兎追いし彼の山

小鮒釣りし彼の川

夢は今も巡りて

忘れ難き故郷


如何にいます父母

恙無しや友がき

雨に風につけても

思い出づる故郷


志を果たして

いつの日にか帰らん

山は青き故郷

水は清き故郷


2曲目は『椰子の実』。

愛知の伊良湖に滞在していた柳田國男が

浜に流れ着いた椰子の実の話を島崎藤村に話し、

藤村がその話を気に入り創作したもの。

敬愛する濱口祐自さんのレパートリーの中で、

数少ない歌う曲で、自分もぜひ弾いてみたいと思っていた曲です。

胸にジーンと響きますね。


↓椰子の実


「椰子の実」

作詞:島崎藤村/作曲:田中寅二


名も知らぬ 遠き島より

流れ寄る 椰子の実一つ

故郷(ふるさと)の岸を 離れて

汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)


旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる

枝はなお 影をやなせる

われもまた 渚(なぎさ)を枕

孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ

 

実をとりて 胸にあつれば

新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)

海の日の 沈むを見れば

激(たぎ)り落つ 異郷(いきょう)の涙


思いやる 八重(やえ)の汐々(しおじお)

いずれの日にか 国に帰らん

2016-06-22

Music Life にほんのうた

そろそろ音楽活動も復帰したいところだが、

まだ少し左手の違和感がぬぐえず、騙し騙し弾く感じ。

リハビリを兼ねて最近弾いているのが日本の古い歌。

年を取り、子を授かった心境の変化なのか、

最近は民謡とか童謡とかの素晴らしさに気づかされることが多い。


古くから伝わる民謡・童謡は、

必ずしも西欧の音階のルールに縛られるのではなく、

むしろ大和国独自のリズムや階調だったり音色がして、

日本人の心にダイレクトに響く。

また、商業的に創作された音楽ではなく、

生活や風土の中から自然発生的に生まれ、

伝承されてきた歌というものには、

その土地に根ざした力強いメッセージが宿り、

極めてシンプルな音数で無駄がなく美しい。

それは日本の歌に限ったことでは決してなくて、

南米のボサノヴァやタンゴ、南欧のフラメンコやファド、

ロマのジプシー音楽、ケルト音楽、サルサ・サンバ、

アメリカ南部のカントリーブルースなど、

音楽の根元に共通して流れている大きな何かだと思う。

それは、コード進行がどうだとか、

テクニックがどうとか表象的な話ではなく、

音楽というものの持つ本質的なもの、

つまり、歌やリズムがなぜこれほどまでに

人間を煽動し、欲情させ、熱狂させるのか、

という根っこの部分である。


上の娘もそうだが、下の娘はとても歌が好きなようで、

歌っている間は機嫌がよく、ギターの音も気になる様子。

それで最近はよく弾き語りをしてご機嫌を取ることが多い。

そこで今回紹介するのは、子守唄を2つほど。

子守唄は、まだ口のきけない赤子とお母さんを繋ぐ

大事なコミュニケーション手段です。

と同時に、音楽がこれほどまでに実際に作用を及ぼす(この場合、眠らせる)

という点ではなかなかに興味深い。

ある意味究極のイージーリスリング、ヒーリング音楽ですね。


さて、1つ目は、「ゆりかごの歌」。

子守唄と聞けばこの歌を真っ先に思い出す人も多いのではないでしょうか。

大正10年に北原白秋が発表した唄です。

当時は多くの文人が童謡を制作していたらしく、

その中でも非常にわかりやすく丁寧な言葉づかいで人気だったそうです。

他にも「待ちぼうけ」「ペチカ」「あわて床屋」などを残しています。

ゆったりとしたテンポで、「ね〜んね〜こ♪」とやれば、

本当に心地よく眠りの世界へと落ちていきます。


↓ゆりかごの歌


続いては「竹田の子守唄」。

とても抒情的で深く美しい曲です。

京都の竹田地区で歌われてきた民謡で、

クラシック作曲家の尾上和彦によって再発見されたのち、

50〜60年代の政治・労働運動の一環として盛んとなったうたごえ運動や

のちのフォーク・ブームに乗り、

1969年に「赤い鳥」によって歌われたことで全国的に広まった曲。

この曲は時代や政治的な事柄によって翻弄されてきたという

とても悲しい歴史をもっています。

この歌の歌詞の中に「在所(ザイショ)」という言葉が出てきます。

意味としては、一般的な地方の田舎、または郷里を指すのですが、

それとは別に「ブラク」を指す言葉としても用いられることから、

それが当時のメディアから放送禁止歌として

長らく封印されるという憂き目にあってきたのです。

歌詞の意味としては、

奉公に出された子が、奉公先の赤ん坊の世話をするのだが、

この赤子がまたよく泣いて困るし、

お盆と言えば昔は楽しい思い出があるが、

今となっては楽しみなど1つもなく、ただただ痩せる思い。

早く奉公を終えてすぐ川向こうに見えている親の家に帰りたいが

こんなに近くても遠い存在だという内容。

もちろん赤ちゃんを優しくあやすための子守唄もたくさんありますが、

子守をする側のつらい想いを描いた子守唄というのも意外とたくさんあります。


↓竹田の子守歌


D