Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-07-22

酒場探訪記 南森にて

所要の帰りに南森に寄り道。

この間はじめて行って雰囲気が気に入った「ニコノトナリ」さんで軽く一杯。

まずは大好きな安芸虎があったので迷うことなく。

グビグビ、プハア〜@@@

蒸し蒸し暑い時期に、キーンと冷えたほん甘な酒が染み渡る。

アテは定番のザーサイ奴っこ。

丸々一丁あるので、一品だけでいけちゃう。

続いては見慣れないお酒をということで

お初の「荷札酒」なるものを。

新潟加茂錦というとこのお酒だそうで、若い杜氏さんの意欲作だそう。

グビグビ。

ちょうどいいサイズの空間、付かず離れずの女性スタッフの振る舞い、

落ち着いた雰囲気がとても気に入っている。

ただ難をつければ、そのスタッフにスケベ丸出しで絡む常連がいて、

時々それを台無しにしちゃってるのが残念。

品よくやれば粋なのにねえ。


↓ニコノトナリ

f:id:arkibito:20160721212209j:image:w360


↓まずは安芸虎 夏純

f:id:arkibito:20160721205550j:image:w360


ザーサイ奴っこ

f:id:arkibito:20160721210016j:image:w360


↓荷札酒(新潟加茂錦)

f:id:arkibito:20160721210650j:image:w360


続いて近所に、都島の酒店・酒高蔵が

2号店をオープンさせたということで行ってみます。

地酒はもちろん、糀をつかった肴が自慢という「糀-コメノハナ」さんです。

入ってすぐに業務用冷蔵庫がどーんとお出迎え。

ざっと目視すると、鍋島とか山間とか、三芳菊とか

なかなかエッヂの効いたラインナップが飛び込んできます。

注文は卓上の紙に記入するスタイル。

とりあえず一杯目は甘口の鍋島で。

グビグビ。上品な甘さと後口のクリアさが流石。

アテは〆サバを注文。

ただ切り身が並んでいるのではなく、薬味がきれいにしつらえてあり、

刻みわさびと、糀味噌がついてくる。

二杯目はこれまた新顔をということで滋賀は湖南の「北島」を。

自宅で飲んでいる「浪乃音」でおいしかった山田錦のお父さんである

滋賀県産米の渡船をほとんど磨かずに8割磨きで仕上げた酒。

なかなかに濃厚なボディーで野趣あふれるお酒でした。

一杯が390円、490円の2段階で手ごろで、珍しいラインナップなので使えそうだ。

ただ、角打ちとは銘打っているけど、ちょっと上から目線というか、

ええ店感をぷんぷん醸し出しているのがちょっとなあ。

酒はもっと構えて呑むんじゃなく、ざっくばらんで呑みたいものです。


↓糀-コメノハナ

f:id:arkibito:20160721220033j:image:w360


↓壮観な冷蔵庫。あくまで角打ちなので購入も可

f:id:arkibito:20160721212552j:image:w360


↓常時30種類ほどの地酒がラインナップ

f:id:arkibito:20160721212750j:image:w360


↓〆サバと北島

f:id:arkibito:20160721213454j:image:w360

2016-07-12

おおにしさん

昨日7/11は角打ちの日というご案内が

uechicchiさんのサイトでありましたので

帰りがけにわがホーム「おおにし」さんへ。

よくしゅんだおでんをアテにまずは、

五橋FIVEでグビグビ、うまうま。


f:id:arkibito:20160711182253j:image:w360


続いては、初呑み切り(七夕頃が一番の見ごろになる酒)の限定酒の中から

京都大江山酒呑童子の「天のかけはし」。

ん〜キリっとしたのど越しが暑気払いにはぴったりでございます。

途中から横に女子軍団がドドド〜と入ってきた。

せっかくなので、奮発してコマネチを注文したら、その横の女子がざわつく。

そら、訳も知らずコマネチなんて横で叫ばれたらビビるわな。

で、コマネチ出てきてからも横でアレはなんだとヒソヒソざわついている。

それを知らぬふりをして、3杯目は定番の辛口・都美人をあおる。

ぷは〜ごちそうさま。


f:id:arkibito:20160711184329j:image:w360

2016-07-05

昨日は月曜日から宴。

なかなか楽しい夜でございました。


f:id:arkibito:20160704194152j:image:w360


f:id:arkibito:20160704221922j:image:w360

2016-06-29

酒場探訪記

じめじめして毎日体がダル重の毎日。

チンチンに冷えた酒でシャキッとしませう。

ということで久々に通常版の酒場ネタ。


まずはいつものミルクホールへTさんと。

ここの白ハイが一番涼が取れる気がします。

意外にも初めてゴーヤチャンプル頼んだけど、やはり旨し。


↓白ハイ最高

f:id:arkibito:20160614200737j:image:w360


続いては大阪天満宮にいい店があるというのを聞きつけて

「ニコノトナリ」さんへ。

「ニコ」さんのお隣にできた姉妹店です。

好感の持てる落ち着いたファサード。

暖簾をくぐってお邪魔します。


↓ニコノトナリ

f:id:arkibito:20160624201524j:image:w360


ここは女性の方が3人で切り盛りされていて、

そのせいかお店の雰囲気も、決してワイガヤせわしい感じではなく、

アットホームでほんわか。エエですねえ。

お店の造りも変わっていて、

店の中央にド〜ンと置かれた大きな1つのテーブルを

お客さん全員で囲むスタイル。

お客さん個人個人の距離感がつかず離れず、絶妙な一体感。

お酒は天井下の戸棚に設置された冷蔵庫にあり、

店のどこからでも確認できる。(お店の人が出し入れ大変そうだけど…)


↓酒棚

f:id:arkibito:20160624194647j:image:w360


はてさて、まずは何よりお酒です。

いくつか値段のランク付けがされ、

それぞれ3種類、計9種類が入れ替わりで供されている様子。

この時期に合わせて夏向けのラインナップが並ぶ中、

まずは岐阜は美濃加茂の御代櫻醸造さんの「津島屋」を。

若手杜氏による酒造りで注目されていますね。

ジュワ〜っと酸味を帯びた甘味が口の中でスパークしたかと思うと、

水のごとく一気に切れ落ちてゆく。

夏向けに低アルコールに下げられ、かなり飲みやすくてヤヴァイです。


↓まずは津島屋

f:id:arkibito:20160624194510j:image:w360


ではアテもいただきましょう。

周りの方を見てもどれもおいしそうなものばかりで

目移りしてしまいますが、

ここはやはり夏仕様で、奴っこさん。

刻んだ葱とザーサイがたっぷり乗って、丸々一丁分でボリューミー。

これがなんともええ塩梅で旨し。(さっそく家でも真似しました)


↓奴っこザーサイのせ、旨!

f:id:arkibito:20160624194751j:image:w360


続いては、秋鹿のひやをいただきます。

さっきはフルーティーでクリア系の酒だったので、

ここは一転して、妥協なき超辛口で締め直し。

カァァァァァ〜〜〜〜〜!!

コレ!コレ!

奴っこをチビリチビリしながら、2杯でごちそうさまをしました。

なかなか居心地よく、噂にたがわぬええ店でした。

また通わせていただきます。


↓秋鹿ひや

f:id:arkibito:20160624200721j:image:w360

2016-06-28

浪乃音うまし

毎週月曜日は奥さんが、酒場放浪記に合わせて居酒屋我が家を用意してくれている。

先日購入した、滋賀は堅田の「浪乃音 渡船」が想像していた以上においしく大満足。


f:id:arkibito:20160627195959j:image:w360