Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2018-05-18

日本酒ドロップキック 2018

日曜日。

去年撃沈した「日本酒ドロップキック」に今年も参戦。

体調絶不調&激務のせいで2週間酒を口にしていないというぶっつけ本番。

しかもお相手は、アルコール界のラスボスで、

今年もきっちり完走を狙っているうめ夫妻という

極めて難易度の高いミッションでございます。


当日は、このところでは珍しいくらいの土砂降り@@@

去年はカンカン照りで水分が蒸発して脱水症状に苦しみましたが

今年はこの雨と寒さがやっかいになりそうです。


ちょうどスタートの時間に、1軒目の「亀山学」の前で落ち合い、

そのままなだれ込みます。

お酒は長野県中野市湯田中温泉のお隣)のお酒「勢正宗」。

お初です。

昭和59年生まれと若い蔵元が頑張っている酒蔵さん。

豊富なラインナップから純吟をいただきました。

プハァ〜。2年続けてよきスタートが切れました。


亀山学からスタート

f:id:arkibito:20180513120505j:image:w640


↓旭の出乃勢正宗(丸世酒造店)

f:id:arkibito:20180513115235j:image:w360


↓アテ3種盛

f:id:arkibito:20180513115452j:image:w360


つづいて、少し下って2軒目は「SOU」さんへ。

スタート直後という事もあり、人気店はすでに長蛇の列。

どんどん強まる雨の中、そこそこ待ってようやく2杯目にありつきます。

2杯目はおなじみ宍粟市の「播州一献」の夏辛。

ぷは〜ぷは〜♪

ここはアテが豊富で、しかも1品1品工夫がされていて、流石です!


↓宗 SOU 西洞院

f:id:arkibito:20180513122653j:image:w360


播州一献山陽盃酒造)

f:id:arkibito:20180513122919j:image:w360


↓あて12種盛

f:id:arkibito:20180513123106j:image:w640


つづいて、すぐ隣の路地にある「和ダイニング 一政」。

場所柄と、コラボ酒が獺祭ということもあってか、

尋常じゃない行列@@@

しかし待つしかありません。

1時間ほど待ったでしょうか。

店が狭くさばけないのもありますが、

スタッフが状況を把握しておらず

とにかくハンドリングのまずさが目立ちます。

雨なんだし、もうちょっと考えればいいのに、

目の前の自分の作業に精一杯な感じでした。

お酒は2割3分磨き。クリアですね。

良い風に言えば洗練されていますが、悪い風に言えば味がない。

アテは酒粕を練り込んだというチーズケーキですが、

酒粕の風味もなく普通の味。

この2切れでなぜ長居するのかよくわかりません。


↓和ダイニング 一政

f:id:arkibito:20180513132726j:image:w360


獺祭旭酒造

f:id:arkibito:20180513133854j:image:w360


獺祭酒粕入りのチーズケーキ

f:id:arkibito:20180513134305j:image:w360


いよいよ雨が本気を出し始めてきましたが、

続いて少し烏丸通へ進んで、「Sushi Dining 大八」へ。

お酒も去年と同様「不老泉」で、山廃4段仕込み。

さっきが獺祭だったので、一気にジューシーじゅわじゅわ。

これぞ酒!

アテはマグロの握り。んん〜〜ちょっと筋張ってるかな。


↓Sushi Dining 大八

f:id:arkibito:20180513140732j:image:w360


↓不老泉(上原酒造)

f:id:arkibito:20180513140123j:image:w360


マグロ

f:id:arkibito:20180513140210j:image:w360


続いて、北上して、これまた人気店の「雑魚や」さんへ。

人気店ですが、雨のコンディションも考慮して、

ちゃんとお店の人が機転を利かせて、

愛想よく人を捌いていたのでノーストレス

やはり人気店はデキますね。

酒はここも去年と同じタッグで

奥播磨」の兵庫県委託試験醸酒。

アテも3つともエエ仕事してはります。

ハープハー。


↓夢処 漁師めし 雑魚や

f:id:arkibito:20180513142011j:image:w360


奥播磨(下村酒造店)

f:id:arkibito:20180513142216j:image:w360


ホタルイカと小鮎

f:id:arkibito:20180513142602j:image:w360


つづいて、御池を渡った先の「Ken蔵」さんへ。

京都伏見の「招」さんの純吟をいただきます。

ここはアテが揚げ出し餅。

酒に合わせてちょっと濃いめのお出汁が染み渡って染み渡って。

ここで一気に張っていたテンションが弛緩してしまって、

すでにヤヴァイ状態になってしまいました@@


↓Ken蔵

f:id:arkibito:20180513144338j:image:w360


↓招(招酒造)

f:id:arkibito:20180513144524j:image:w360


↓揚げ出し餅

f:id:arkibito:20180513144818j:image:w360


お次は、烏丸通を渡って、じじばばさんへ。

ここはリド飲食街にあるあのお店の系列のようです。

酒はおなじみ伊根の酒「京の春」です。

アテはメキシカンチキンやらカレーやら、

スパイス関連がそろってちょうどよい変化球でした。


↓じじばば木馬亭

f:id:arkibito:20180513150101j:image:w360


↓京の春(向井酒造)

f:id:arkibito:20180513150309j:image:w360


↓メキシカンなアテ

f:id:arkibito:20180513150916j:image:w360


そこから再び下って下って三条通あたりまで。

うめさんが底なし沼と呼んでいる「んまい」さんで

「一博」なのですが、すでに相当具合が悪く、

食べ物も手が付けられない状態。

チビチビごまかしながら呑みましたが、

残してしまいました@@


↓旬・炭火焼 んまい 

f:id:arkibito:20180513153502j:image:w360


↓一博(中澤酒造)

f:id:arkibito:20180513153308j:image:w360


もう自分は完走はあきらめましたが

次の益やさんだけは行こうと思っていたので、

そこをDNFポイントとしました。

酒も一口だけ、アテは手を付けず…

スミマセヌ。

去年は無理をしてオーラスまでどうにか転げ落ちるようにして

お付き合いをして、意識不明のまま帰宅しましたが

今年はしっかりと正気を保った状態で、リタイアしました。

流石にちょっと厳しかった。


↓サケホール 益や

f:id:arkibito:20180513154905j:image:w360


↓白木久(白杉酒造)

f:id:arkibito:20180513160631j:image:w360


↓アテ

f:id:arkibito:20180513160707j:image:w360


↓乾杯〜

f:id:arkibito:20180513160817j:image:w360


ということで、9/15軒でDNFして、

具合が回復するまでマキーノさんのところでごやっかいに。

うめ夫妻は無事、というか当然、余裕のオールコンプリート。

あの2人にはどう頑張っても敵いませんわ。

今年はスタート前から、とかなりコンディションがよくなかったので、

来年こそ!


↓主(酒)犯格のおふたり

f:id:arkibito:20180513161757j:image:w640


TRAVELING COFFEEにて一服

f:id:arkibito:20180513170259j:image:w640

2018-04-16

岩国の銘酒 雁木

f:id:arkibito:20180409010828j:image:w360


先日義母がお土産に買ってきてくれたお酒です。

岩国地酒と言えば、獺祭が有名ですが、

この雁木さんもなかなかのものです。

錦川の河口近くに構える蔵が和洋折衷モダンな造りで格好ええんです。

大事に飲まねば。

2018-04-04

あっちょ呑み

昨晩は珍しく十三であっちょ呑み。

四十路のオッサンのよもやま話で盛り上がる。

気心知れた奴と飲む酒はやっぱり格別。


f:id:arkibito:20180403210844j:image:w360


f:id:arkibito:20180403202125j:image:w360


f:id:arkibito:20180403225031j:image:w360

2018-04-03

類さんに会いに

わが家ではここ数年、

春の訪れとともにあの方とお会いするのが恒例になっています。

5年前に京都某所で行われるイベントに参加して以来、

色々なご縁を得て仲良くさせていただいていましたが、

そのイベントが、毎年の会場の工事のために

違う形で行われることになり、

子連れは参加できないため残念に思っていたところ、

せっかく関西に行くので、

何とか会える時間を作りますとご連絡いただき、

家族全員大喜び。

そのありがたい気持ちに何か答えられないかと考えて、

ささやかですが手作りのクッキーを焼いてお渡しすることにしました。

長女も腕によりをかけて生地を作り、

チョコペンで似顔絵を描き描き。


↓類クッキー

f:id:arkibito:20180331120811j:image:w360


↓娘の手づくりお持たせ

f:id:arkibito:20180331122206j:image:w360


イベントは土日の2日間あって、

1日目はイベントはしごや取材、ラジオ出演と

分刻みのスケジュールのためお会いすることができず。

その代わりに京都タワーでたわわちゃんに会ってきました。

ちょっと霞んでいたけど、京都盆地も一望できました。


↓吉田類のパラダイスな京都とパリ at 京都伊勢丹

f:id:arkibito:20180331155643j:image:w640


↓たわわちゃん

f:id:arkibito:20180331150038j:image:w360


↓絶景かな〜

f:id:arkibito:20180331152503j:image:w360


2日目リベンジで、三条のイノダさんでのんびり連絡をまち、

イベント終わりの時間をめがけて会場へ。


↓イノダにて

f:id:arkibito:20180401144113j:image:w360


そうして次のイベントの合間の少しの時間でしたが、

控室に通していただいて、久しぶりの再会を果たしました。

娘はクッキーを無事に渡せて大満足。

自分からはせっかく春の季節なので、

大阪の桜をと、片野桜を進呈させていただきました。

類さんも、娘たちとの再会を目を細めて喜んでくれました。

短い時間でしたが、感謝感謝です。

またぜひお会いしましょう!


↓酒縁

f:id:arkibito:20180401162833j:image:w360


↓片野桜を進呈

f:id:arkibito:20180402145230j:image:w360


↓ありがとうございます!

f:id:arkibito:20180402145226j:image:w360

2018-04-02

春の使者

日曜日はこの方に会ってまいりました。

毎年春の恒例となっているイベントが

今年は会場が工事のため使えず

様式が変わってしまって参加できなかったのですが、

過密スケジュールのイベントの合間に

わざわざお時間を作っていただき、お会いすることができました。

娘は手づくりクッキーを渡すことができて大喜びしておりました。

本に書いてもらったお礼も直接できてとても有意義な時間でした。


f:id:arkibito:20180401162833j:image:w360

月桂冠 鳳麟

f:id:arkibito:20180401225622j:image:w360


週末の京都へのおでかけのおみやげに。

お花見

f:id:arkibito:20180328200452j:image:w360


f:id:arkibito:20180328194739j:image:w360


先週、自宅前の公園で一族そろってお花見。

今年は夜でもそれほど寒くなくて、過ごしやすい花見でした。

世間が盛り上がるほど花見に興じるタチではないのだけど

季節や節目ごとに、家族が集まる機会を持てることは

とても大事だと思っている。

年を経るにつれ子供たちが増えたり大きくなって、

賑やかでよろし。