Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-04-24

木馬まで

もういっちょ、土曜日。

水泳のあと、チャリンコで長女と木馬まで。

先日の淡路島ライドの写真が集まってるというのでもらいに。


淀川ぶっとばす

f:id:arkibito:20170422164956j:image:w360


長女、すっかりはじ君になついて、

店横で、ほかの子らも合わせてキャッチボール。

意外とコントロールが良くてびっくり。


↓キャッチボール

f:id:arkibito:20170422175133j:image:w360


やっぱ、せめてクロスバイクくらいあれば

もう少し子連れツーリングの幅が広がるんだけど。

おかあちゃ〜〜ん!!!

ブリブリ〜@@

ほんで、土曜日。

こやつにもあってきました。

長女大喜び。次女ぽかーん。


f:id:arkibito:20170422155833j:image:w360


f:id:arkibito:20170422162323j:image:w360

紙のマーケット

紙好きによる、紙好きのための、

紙だらけの2日間と称して行われた

「紙のマーケット」に家族でお邪魔してきました。

ワケあって印刷はできない流通に乗らない紙たちの

デッドストック市のようなもので、

大きいものも小さなものもどれでも10枚100円!


↓紙のマーケット

f:id:arkibito:20170422132151j:image:w360


↓レトロ印刷JAM

f:id:arkibito:20170422132951j:image:w640


近所の親子連れが工作用にふらっと買いに来たり、

デザイン志向の若い子らもいたり、大盛況でした。

カフェもあったり、まったりとええ感じ。

文房具とか紙とかってワクワクしますね。

近所に印刷、製本関連のいいところ見つけたので

これからまた色々。


↓カフェブース

f:id:arkibito:20170422132248j:image:w360


体験ブース

f:id:arkibito:20170422132526j:image:w360

御結 生酛 超辛口純米

f:id:arkibito:20170421200131j:image:w360


奥さんから珍しくお酒のプレゼント。

近くの酒造やまなかさんで、

お店の人に聞いて買ってきてくれたらしい。


で、これが

広島県三次の美和桜酒造の「御結(おむすび)」という

レア酒。

山卸(やまおろし)という大人数での重労働を要する

手間のかかる生酛造りで仕上げられた逸品。

(ちなみに山卸という手間を廃すると、山廃造り)

コメのうまみを引き出すため、あえてもろみに余計な手をくわえず

ノビノビと仕上げられたお酒は、超辛口を名乗るにふさわしい、

ちょうキレッキレ。

こりゃあスゴイ。

2017-04-21

カレーなる日々

ひっさびさの黄レンジャー報告書。

食べてないわけじゃないけどね。


まず1軒目はご近所にある「コバチ咖喱」。

ここは座席が広々してるんで、ベビーカー入りやすく

奥さんとのランチでも使えるので重宝します。

自分はキーマ2種のあいがけ大盛り。

奥さんは酒粕を使ったベジタブル。

少し後味が甘くて残るのが少しアレだけど、

十分なクオリティ

食後の珈琲もおいしい。


↓チキンキーマとラムキーマのあいがけ大盛り

f:id:arkibito:20170216132211j:image:w360


酒粕ベジタブルカレー

f:id:arkibito:20170216132207j:image:w360


続いては職場の近所2連発。

1軒目はナゾの上品そうなお母さんが一人で切り盛りする

「めんふくろう」さん。

インディ系の甘い⇒辛いのオオサカンスタイルなルーは

かなりおいしい。

ゆで卵にマヨのデフォルトの付け合せがなかなか仕事します。

庶民的ですが、実はこの界隈では1,2を争ううまさかも。

帰りにはコーヒー飴ちゃんくれます。


↓めんふくろうカレー

f:id:arkibito:20170206121726j:image:w360


続いて、一つ筋をちがえたところにある「おーるすぱいす」

一時期は結構この界隈でも注目だったけど。

あまり特徴という特徴に乏しいからなあ。

食後に飲むヨーグルトをいただけるのはありがたい。


↓おーるすぱいす

f:id:arkibito:20170419121406j:image:w360


ラストは、最近のお気に入り、★印プレゼンツの

「スパイスまるせ」さん。

ここは3種あいがけ(チキン/タイグリーン/ポークキーマ)の大盛り。

パクチーデフォルトでのっけでうまし。


↓スパイスまるせ

f:id:arkibito:20170417130700j:image:w640

2017-04-19

栄養補給

昨日は栄養補給へこちらへ。

いろいろ忙しくて飲み歩きも久々。


↓ジャックとマチルダ

f:id:arkibito:20170418193559j:image:w360


昨日も暑かったので、とりあえず赤星をしばく。

大好きサワラがあったので、

こちらではめずらしくお魚をいただく。

ほどよい炙り具合でたまらん!


赤星に鰆

f:id:arkibito:20170418193911j:image:w360


今日のお目当ては白肝の刺身。

これがトロントロンで、んまい。


↓白肝の刺身

f:id:arkibito:20170418194129j:image:w360


ビールを干したら、やっぱりお酒をいただきたくなる。

魅力的なラインナップがそろうが、

ここは日曜に行ってきたばかりの淡路島から都美人。

ガツンとうまし。


↓都美人

f:id:arkibito:20170418201156j:image:w360


以前、島田商店さんでアテにいただいてから、

クリームチーズで飲むのが大好きになり、それも注文。

しあわせ。


クリームチーズ

f:id:arkibito:20170418200236j:image:w360


相変わらず居心地よろし。

ほな、またぁ。

2017-04-18

はっぴーばーすでー

奥さんが●●歳のお誕生日。

今年は何をプレゼントしようかと

直前まで迷っていたんだけど、

ちょうどこの間、京都へ行ったときに、

誠光社さんへ立ち寄ったら、

以前、本の出版記念でお会いした行司千絵さんの展示会が!

以前のイベントで、とても素敵な服たちを見て、

奥さんもいつか着てみたいなあ、と言っていたのを思い出し、

コレしかない!と。

誠光社の堀部さんに素敵なラッピングもしていただいて、

見事バースデー作戦成功しました。


↓リバティプリントのコンビネゾン

f:id:arkibito:20170417090617j:image:w360


行司さんからのお手紙

f:id:arkibito:20170417091023j:image:w360


行司さんは某新聞社で新聞記者をする傍ら、

趣味で、身近な人たちの服を作ってこられた方。

普段はお知り合いの方に、

その人をイメージした服を作られている行司さんなのですが、

今回は「まだ見ぬあなたに作った服」ということで、

誰に届く人がわからない状態で、

しかも販売をするという初めての挑戦をされています。

普段は、特定の人しか作ってもらえないものだし、

タイミングとしてもまさにドンピシャで、

もうこれは巡り合わせだったのだなあと。

本当に特別な贈り物ができました。


↓お似合いです

f:id:arkibito:20170417122808j:image:w360


その日は夕食もふるまい。

リクエストはいつものおいしいコンソメスープだったので

メインはハンバーグ。

娘にもコネコネ手伝ってもらって、おいしくできました。


↓ささやかながらのディナー

f:id:arkibito:20170417200228j:image:w360


おうちのふく―世界で1着の服

おうちのふく―世界で1着の服

2017-04-14

京都 本本本

昨日はいつものオフィスじゃなくて、

別のところで倉庫業務。

ほとばしる汗!みなぎる肉体!

で、全身バッキバキのまま、夕方からは一路京都

最近京都ウロウロが面白い。

桜もまだ残ってるし、暖かくなってきたし、

相変わらず人が多すぎるけど、空は広いし。

ええですな。


↓ハルウララ

f:id:arkibito:20170413181040j:image:w640


業務が思ってたより早く終わって、時間があったので

毎度の寄り道タイム。

まずは三条大橋を少し下がったところに

去年末に新しくオープンした

「ホホホ座 三条大橋店」さんへはじめまして。

その名の通り、、旧ガケ書房のホホホ座の関連のお店で、

こちらはこぢんまりとしたお店のつくりで、

古本がメインに、小さなcafeスペースを併設。

ちょうど先日に、うちの別チームがお世話になったそうで、

それなら地元のものが顔を出さないのもアレだし、

何より本好きとして興味津々でご挨拶に行ってまいりました。

最近、本当に本屋とそれを取り巻く人たちが面白いんです。


↓ホホホ座

f:id:arkibito:20170413175902j:image:w640


それからあんまり気持ちの良い空だったので、

鴨川をテクテクあるいて、丸太町の誠光社さんまで。

先月はイベントで何度も訪ねましたが、

出演者さんとの交流があったり、

準備や片付け等でバタバタで、

なかなか店主の堀部さんと

ゆっくりお話しする機会がなかったのですが

この日はようやくいろいろお話しできました。

堀部さんと言えば、昨今の本屋の道筋をつけたといっても過言ではない

あの恵文社一乗寺店の店長さんを長年務められてきた方で、

色々な分野に精通して、

たくさんの方とのネットワークを築かれてきた方。

向こうは多分全く覚えてないと思いますが、

実は、自分が学生の頃だから、もう20年ほど前、

自主映画サークルの活動の一環で、

「月刊ぢ」というフリペを毎月発行していたのですが、

それを毎月置かせてもらうために、

毎月恵文社に通っていたころから知っている方です。

この日もまた思いがけない発見がありまして、

そのことでいろいろお話できてよかったです。


↓誠光社

f:id:arkibito:20170413182140j:image:w640


で、この日の用事はその恵文社さんなのですが、

それについてはまた別記事にて。

またまたものすごい考えさせられる、

目から鱗のイベントでした。


で、21:30頃に終了して、一乗寺を後にし、

四条まで戻ってきたのが22時過ぎ。

お腹も減っていたし、まだ終電までは少し時間があったので

駆けつけ呑みということで、最近行きつけにしている

レボリューションブックスさんへ。

この日はもう本屋三昧。

まあいつものことですね。


↓レボリューションブックス

f:id:arkibito:20170413223131j:image:w360


↓レボリューションブックス

f:id:arkibito:20170413221101j:image:w360


ここではレモチューがセオリーで。

目の前においしそうにしゅんだ炊いたんがあったのでそれと

大好きな天ぷらパクチー

うまし。


↓レモチュー&小松菜と厚揚げの炊いたん

f:id:arkibito:20170413221458j:image:w360


↓天ぷらパクチー

f:id:arkibito:20170413221959j:image:w360

Music Life 『くだらないの中に』

星野源のソロとしての初のシングルの曲。

珍しく奥さんからのリクエストで、取り急ぎ練習

「くだらないの中に愛が 人は笑うように生きる」

まさしく沁みるわあ。


森のおはぎ

大阪みやげに北新地にあるこちらまで。

元々は豊中は岡町の商店街の小さなお店でしたが、

丁寧にこしらえられたおはぎの

素朴さと可愛らしさが話題を呼んでいます。

おみや用に2つと、我が家用に1つ。

甘すぎず、ほんのりとした塩加減で飽きのこない味わい。

ほっこりしたときにはぴったり。


f:id:arkibito:20170412194938j:image:w360


f:id:arkibito:20170412203308j:image:w360


f:id:arkibito:20170412203241j:image:w360