Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-07-20

clammbon モメントツアー2017 at 滋賀 U★STONE

日曜日の晩は、滋賀石山のライブハウスU★STONEへ。

待ちに待ったクラムボンのライブ!!YEY!!


クラムボン2015年にメジャーレーベルを自ら外れ、

運営からライブ活動、CD制作から販売まで

全部自前でやっていこうと、新たな船出に漕ぎ出しました。

今回のライブは、最新アルバム『モメントep.2』の発売記念ツアーなのですが、

大手流通を介さず、自分たちで手売りをしたり、

CDを販売してもらえる場所を探したり、

自らの活動に賛同してくれる人たちを巻き込みながら

セルフビルドで活動を続けています。

で、当然大阪にもやってくるんだけど、

なんでわざわざ滋賀会場を選んだかというと、

比較的キャパの少ない地方会場ではCD販売とセットでサイン会が開かれるからです。

どうせなら、お会いしてお話ししたいじゃん!


で、ちょうどこの日は我が家の記念日で、

結婚式をしてジャスト10年の節目の日でした。

そんな日に、次女と奥さん残して、長女と二人でというわけにもいかないし、

自分も奥さんもずっとずっと大好きトリオなので、

家族4人そろって行ってきました。

もちろん、乳飲み子抱えてというリスクはあったのですが、

今までもコンサートには連れて行ってお利口だったし、

お姉ちゃんの発表会でこの手のものは慣れているし、

クラムボンのライブは子連れが珍しくないので、いけるだろうと。


で、例によって工作部隊出動。

大したお土産にはなりませんが、ファンレターの代わりに、

三者三様でお三方の似顔絵を描いて渡すことにしました。

春からはじめた新しい趣味というのはこの絵描きのことで、

今までは風景画ばかりで、人物画は大の苦手分野でしたが、

最近お付き合いのある人の絵をちょいちょい描いています。


↓工作部隊

f:id:arkibito:20170716121039j:image:w360


京都を離れて一路石山へ移動したのだが、

突然の大雨で結構大変。

開場前に、物販があり、

CDを購入してサイン会の整理券をゲット。

開場までしばし待ちます。


石山駅前のU★STONE

f:id:arkibito:20170716172355j:image:w360


初めての会場なのでどのくらいの人が入るのかわかりませんでしたが

結構な人だかり。

順番となり3Fのホールへ行くと、結構大きいハコ。

オールスタンディングなのですが、ぎゅうぎゅうに押し込まれる感じ。

こちらは小さな子供がいるので、

入ってすぐの壁際にどうにかスペースを確保し、

何かあったらすぐ退出できる態勢に。

あとからどんどんひとがやってきて、ものすごい熱気。

結構ステージとの距離は近くで、臨場感抜群だけど、

その分、人が詰まってて大変。

自分はタッパがあるので全然見えるが、

長女はもちろん、奥さんもギリギリ人の影の間から見えるくらいの感じ。

次女をしっかり抱きかかえながらライブに挑みます。


いよいよスタートして、大盛り上がり!!

『GOOD TIME MUSIC』『シカゴ』『Yet』

バタフライ』『バイタルサイン』などなど

盛り上がりナンバーを惜しみなく、ミトも大ハッスル状態。

もちろん新盤からのプレゼン(笑)披露もあり、とにかくスゲースゲー。

特に『風よせて』はもう会場全体から歌声がリフレインしてすごかった!

ラストは『Folkrore』!

とにかく素晴らしすぎました!!


しかし今までのライブで一番過酷なライブでもありました。

長女はそのままだと満員電車の人混みの影の中で

ただただ爆音聴かされてるという地獄絵図状態になってしまうので、

ライブの約半分くらい、ステージが見えるように

約30kgの娘を必死で担ぎ上げ、

もう腰がバッキバキに砕け散るところでした(泣)

それでも、ステージの上で、

素晴らしい音を奏でる3人の姿を目撃して、

長女も大感動しておりました。

次女はというと、これまた時折ステージが見えるように交代で担ぎ上げ。

なかなかの爆音にも全く動じず、

むしろわかっているか偶然なのか、

周囲のノリに合わせて踊りながら、

イエ〜イエ〜と声を上げてゼッコウチョー。

あいつ絶対パリピやわ〜〜〜。

で、序盤から全開だったせいか、

途中からスイッチが切れたように爆睡。

あのワイガヤの中でも全く関係なしで後半は熟睡してました。


滋賀ノレン

f:id:arkibito:20170719125817j:image:w360


ライブ後は、サイン会ですが、すごい数なので結構待ちます。

ヘットヘト状態でその場に倒れ込んで、待機。

そうして1時間ほどで順番が来ました。

ミト⇒大助さん⇒いくこちゃんの順番でサインをいただきました。

ミトはすかさずイラストバッヂに気づいて、

何それ何それ!?と喜んでくれて、

無事に似顔絵をお渡しすることができました。

で、いくこちゃんは何と覚えていてくれていたみたいで、

「今!東京駅〜♪」と合言葉!

娘が念のためと、アンサンブルズ東京の時に作った

ゴジラのお面を持ってきていて、「ああ、覚えてる!!」と

久しぶりの再会を喜んでくれました。

数が多いので、結構流れながらのサイン会でしたが、

結構話しかけてくれて娘も大喜びでした。

アイドルの握手会ならとっくにはがされてるくらい)


↓モメントep2

f:id:arkibito:20170716212743j:image:w360


↓サインいただきました

f:id:arkibito:20170719130639j:image:w360


ということで大満足のライブでした。

帰りは新快速で爆睡。

ここ数日『波よせて』のメロディーが

頭にこびりついて離れません!

にっぽんトレッキング100sp

今週7/22(土)、NHK BSプレミアムの番組『にっぽんトレッキング100』に、

吉田類さんが登場します。

昼14時と、夕方18時30分から2回放送があり、

類さんは北アのランプの小屋・船窪小屋からの生中継だそうです!

どんな放送になるか楽しみだけど、ちょうど私もお山に行く予定。

2017-07-19

水族館へ

日曜日。

夜に滋賀で用事があるので、お昼から家族で京都へ。

あまりに暑いし、祇園祭と重なるので、

京都水族館だけ。

ここもすんごい人でしたが、空調が効いているし、

2時間ほど楽しめました。

娘たちは生き物大好きで、大喜び。

途中、バケツをひっくり返したかのような大雨。

そんななかでもしっかりイルカさんたちはショーを頑張ってました。


f:id:arkibito:20170716143408j:image:w360

f:id:arkibito:20170716144515j:image:w360

f:id:arkibito:20170716150654j:image:w360

f:id:arkibito:20170716154214j:image:w360

2017-07-14

Mr.炒飯 〜全ての飯は炒飯に通ず〜

またまた残飯処理ネタ。

昨日の夕飯は手巻き寿司だったのだが、

食べる時間が早かったこともあり晩に小腹が減った。

少し刺身が余ってしまっていたのだが、

もうすでにパッサパサで、捨てるのも忍びないし、どしたものかと。

で、サクっと揚げてみました。

刺身用の魚はちゃんと火を通さなくてもよいし、

切り身が薄いのでほんのわずかな油でも十分なので

フライパンに炒める時より少しだけ多めの油を入れて

あっという間にフライに。

小さいながらエビフライもあるヨン。

酢飯の上に、ノリを散らして、フライをON。

そこにカイワレで彩り。

タレは、和風だしであっさりと。ウマシ。

ワサビを添えるとなおうまい。

あ、結局、炒飯じゃなく丼になりました。


↓ビフォア

f:id:arkibito:20170714001605j:image:w360


↓アフター

f:id:arkibito:20170714004011j:image:w360

2017-07-13

酒場探訪記 「奥田酒店」「あずき色のマーカス」

ひさびさに一人で天満パトロール。

まずは「奥田」さんへ。

暑さを吹き飛ばすため、

ここは大好きなライムチューハイ

久々のどて焼と、おでんシューマイ大根にありつく。

右手奥のE君のとこなので、オーダーが正しく届かず、

なかなか品が届かなかったが、まあご愛嬌。

チューハイお替りして、ダークダックスしていると、

後ろの予約札のかかっているテーブルにどやどやと団体さん。

立ち飲みももはや団体予約なんだなあ。


ライムチューハイとどて焼

f:id:arkibito:20170712181925j:image:w360


シューマイ大根

f:id:arkibito:20170712183220j:image:w360


続いて、同じ並びにある「あずき色のマーカス」さんに寄る。

前回、訪れて”マーカス”さんとの酒談義が奥深く面白かったし、

他では見れない、こだわりの渋いラインナップが魅力的だったので。

入店するとまずはガチャガチャのコインをもらえるので早速。

で、当たりだったようで、

姉妹店の福島の常店「ジャックとマチルダ」さんの

1周年記念バッヂをゲット。

このバッヂがないと参加できない酒イベントもあるのだが、

ちょうど仕事が忙しくて周年記念の時に寄れなかったのでラッキー?


さて、酒をオーダーします。鳥取の日置桜を常温でいただく。

強力米を使った生もと造りの25BY。

4年寝かせてツンツンとした角を取っているが、

強力米特有のクセっけのある野生溢れる酒でした。

そこに合わせるのは、酒盗マスカルポーネ

苦み走ったクセのある酒には、

ほのかな甘みのチーズとの相性抜群です。


↓日置桜 25BY (強力)

f:id:arkibito:20170712184755j:image:w360


マーカスさんと色々と酒談義で盛り上がり、

阿波座の島田酒店の話とか、

日本酒ゴーアラウンドの話とか(マーカスは伊根の向井酒造とタッグ)。

で、以前に奥さんからプレゼントされた

三次の「御結」の話になり盛り上がったので

おなじ三次の瑞冠をいただく。

この酒がまたどえらいヘンタイ酒で、

ちょっとスモーキーさも感じられるほど野生溢れる酒。

この山陰山陽の境目の酒蔵さんはどこもかしこも、

フルーティーさや呑みやすさなんていう今の時流はどこ吹く風で

我が道を行く男気溢れる酒が多くて面白い。


↓瑞冠 純米大吟醸 花火(新千本)

f:id:arkibito:20170712190704j:image:w360


ものの30分程度でしたが、

いやあ、心行くまで酒談義を楽しみました。

マーカスさん、おもろい。また行きます。

2017-07-11

シャリキン

f:id:arkibito:20170710191939j:image:w360


ここ数日で一気に暑い。

ということで涼を求めてシャリキン!

先日の出張帰りに立ち寄ったキンミヤさんのお勧め商品で、

シャリッシャリのシャーベット状になったキンミヤ焼酎を注いで、

それを好きなもので割るという呑み方。

今回は大分名産の「つぶらなカボス」で割ってみました。

キンキンに冷えたノド越しと、カボスの酸味が最高ス。