Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-05-11

ミシマ社の本屋さん

金曜日。

少しだけ仕事を切り上げて、

向かったのははたまた京都

実はずっと行ってみたいと思いながらも、

毎週金曜日のみの営業ということで、実現が叶わなかった場所へ。

神宮丸太町駅から少し下った路地の奥にある、

ミシマ社の本屋さんです。


↓路地の奥

f:id:arkibito:20170505182154j:image:w360


↓民家を利用した造り

f:id:arkibito:20170505182213j:image:w360


10年ほど前に東京自由が丘でスタートした「ミシマ社」。

コーヒーと一冊」シリーズなど、

なかなかユニークで面白い本を出版している

今大注目の出版社さんが、

数年前から金曜日だけ

京都のオフィスでOPENさせている本屋さん。


↓ミシマ社

f:id:arkibito:20170505182225j:image:w640


店内は書店というよりも、

本当に本屋さんという言葉がぴったりの空間で、

そこにたくさんの面白そうな本がズラリ。

ほんの30分ほどでしたが、楽しむことができました。

ちょうどレジ版をしていた営業の方と、

少し出版社トーク

本が売れないといわれる時代に、

こんな風に面白い試みをしながら、

発信する自由なカンジがちょっと羨ましかったり。


↓内観

f:id:arkibito:20170505182248j:image:w360


↓内観

f:id:arkibito:20170505182315j:image:w360


それにしても、大阪もそうですが京都の界隈に、

小さいながらも個性豊かで魅力的な本屋さんが増えてきて

ますます面白い。

昔から文化の町として栄え、

学生や研究者、アーティストが大勢いる土地柄もあってか

本を読んだり、本に関わりながら暮らすというのが

しっかり根付いている町だからこそなんだろうなあ。

2017-05-05

戦車さま〜

昨日はなぜかこんなお方と。

吉田戦車といえば我が青春のバイブル(笑)

伝染るんです』『火星田マチ子』『ちくちくうにうに』などなど、

アーティストや気取りの今のMANGAではなく、

漫画がまだ漫画然とした、まっとうな漫画でしたな。


f:id:arkibito:20170504152327j:image:w360


で、お会いしに行くとなったら、わが工作部隊の出番だす。

なぜ今回は奥さんが大張りきりで、夜中にせっせこと

以上にクオリティの高いもん仕上げてきはった。

これ、コピーを塗ったのじゃなくて、全部手描き。

うちの奥さんもいよいよ一線を越えたな!


f:id:arkibito:20170504195002j:image:w360

2017-04-28

信じられない

京都市右京中央図書館で、桑原武夫氏の遺族が京都市に寄贈した

同氏の蔵書1万421冊が無断で廃棄されたというニュース。

全く持ってあり得ない信じられないニュース。

個人の所管・管理では、

一般の人の利用に制限をかけざるを得ず利用価値が低下すること、

また、そもそも維持管理に限界があり、

貴重な資料として永劫保存しやすい環境が必要という観点で

遺族が信頼して、図書館に寄贈したものを、

無断で廃棄するなんて言語道断。

知への冒涜だ。

まして、それを専門に管理し、利用を促すべき立場の人間が、

自らがその価値を十分に理解していない、

無知であるというだけで、

それをしてしまったというのは、全くプロ失格。

置き場がなく、目録で対応できると思ったというが、

それって知りたい人は本じゃなくネットで調べたらと言っているのと同じで

そんなこと言い出したら、そもそも図書館の存在意義は何なの?

オリジナルのアーカイブであるということすら放棄するの?

市民からの問い合わせもほとんどなく影響はないと判断したそうだが、

一般企業なら、第一目的である営利に鑑みて、

在庫を処理するということもありえるだろうが、

公共の機関において、利用頻度だけを尺度に、

その歴史的価値をないがしろにするという行為はありえない。

じゃあ流行の本や雑誌だけ置くの?

他では見つけ出せないような

郷土の資料や古い歴史の資料はいらないの?

それじゃTSUTAYAと一緒じゃん。

全く本の中身の価値を考慮せず、

単に在庫の1つとしてしか扱っていなかったということになる。

本当に「仕事」をせず、

ただ単に賃金をもらって「労働」しているからこうなる。

機能や効率や利便性だけを追求して、

クオリティや味わいや歴史を軽んじるからこうなる。

無知っておそろしい。

2017-04-19

『複製技術時代の芸術』 by ヴァルター・ベンヤミン

ベンヤミンの著作の中で最も重要な地点に位置する文献。

複製技術の向上により、大量生産が可能となった現代において、

場と儀式の体験であった芸術は

「いま、ここにしかない」1回性(アウラ)を喪失し、

モノそのもの価値を推し量る大衆の視線にさらされるようになる。

19世紀中頃の写真そして映画の登場は、

まさに芸術の本質を変える決定的な出来事であった。

そしてそれは芸術の分野だけにとどまらず

封建的・ブルジョワ的な権力構造をも揺るがしてゆく。

単なる芸術論にとどまらず

社会学、CSへと続いてゆく極めて重要な評論。


複製技術時代の芸術 (晶文社クラシックス)

複製技術時代の芸術 (晶文社クラシックス)


大友さんのイベントでちょうど思い出したので、

ベンヤミンの名著を紹介。

大学生の頃、何度も読みました。

ヴァルター・ベンヤミンは、ドイツの芸術批評家・社会学者で、

本誌はもちろん、『写真小史』『パサージュ論』など、

急速に変化する現代社会の一側面を鋭く考察し、

そのまなざしは今なお重要な視点を与えています。

第2次世界大戦のさなか、ユダヤ人迫害を恐れて逃亡しますが

スペイン国境の町ポルボウで自死しました。

『音楽と美術のあいだ』刊行記念トークイベント 大友良英×小崎哲哉

時計の針を少し巻き戻して、金曜日の晩。

恵文社一乗寺店に本当に数年ぶりにお邪魔します。

学生時代からだからもう20年近く通っていますが、

昔はこういった本屋がここしかなかったんだけど、

今は身近にも増えてきて、

どうしても距離があるので足が遠のいてしまっていました。

前訪れた時は、店の西側に拡張していましたが

今回は東側も拡張されて、あたらしくイベントブースまで。

相変わらず本のラインナップも素晴らしく、品ぞろえ抜群です。


↓恵文社一乗寺店

f:id:arkibito:20170413193540j:image:w360


で、今回お邪魔したのは、

去年秋に参加させていただいた

「アンサンブルズ東京」の主催者であり、

音楽家・ギタリストの大友良英さんが新しい本を出版する

記念のトークショーに参加するためです。

単に音楽活動を行うだけではなく、

日本はもちろん世界各地で「アンサブルズ」プロジェクトを行い、

老若男女問わず、また音楽や芸術の垣根を越えて、

ムーブメントを起こしているすごい人です。

お相手は数々の芸術系雑誌の編集長を務め、

芸術プロデューサーとしても活躍の小崎哲哉さん。


↓『音楽と美術のあいだ』刊行記念トークイベント 大友良英×小崎哲哉

f:id:arkibito:20170413193557j:image:w360


トークスタート

f:id:arkibito:20170413200316j:image:w360


とにかくもう最初から最後まで大切なことだらけでした。

そこまでしっかり考えているということ、

そしてそれらを単に頭でっかちな理屈で終わらせるのではなくて

それらを実践することの偉大さをまざまざと実感しました。

色々多岐にわたる話題で、

なかなかうまく順序立ててまとめることができないけど、

ポイントだけおさらい。


結局、音楽や美術作品を作り出すということではなく

現象を作り出す、場を演出するということが大事で、

そういう意味では美術も音楽も科学も料理も根っこは同じ。

デジタルの時代では、それらを録音したりアーカイブ化して、

いつでもどこでも再生可能な技術が発達してしまったがために、

それらの現象的な側面、ライブ感という、

本来の醍醐味が軽んじられ、

単純に娯楽対象、消費対象として用いられてしまう。


音楽でいえば、PA技術の発達やオーディオ設備の充実で、

日々たくさんの音が溢れているけれど、

ほとんどは音の主要な部分を拾っているだけで、

実は細かな音を再現できていない。

それでは作り手の本当のこだわりだったり、

核心部分が正しく伝わらないのだけど

今の人たちはスマホのイヤホンの音しか知らないから

それで十分満足してしまう。

というより、それしか知らないから、

はじめからそういうものだとして認識されてしまう。

むしろ、そういうことにこだわるのは

一部のマニアの世界の話でしょと切り捨てられてしまう。

すると聴く側のクオリティが下がるのは当然で、

そうすると今度は作り手側のハードルも下がる、

その負のスパイラルが繰り返されてしまうのは

ホンモノを知らない、無知であるということに尽きる。

それは芸術の世界でもテレビの世界でも、なんでもそう。

大量消費、大量生産、デジタル技術が便利さを加速させる一方で、

簡略化により省かれた部分がそっくりそのまま衰退してしまう。

でもその省かれた部分が実は大切なものだったりする。

つまり、何に重きを置くのか。

効率やコストなのか、クオリティなのか、

価値観の問題にぶちあたる。


芸術家や音楽家は

そもそも社会の通底にある価値観や常識を一変させたり、

別の角度からの視点を示唆したり、

あるいは全く新たな価値観を創造する類の

アクションやモーションを起こす人たちなので

そういった傾向や時流に対して、

彼らが起こそうとしているのは

ヴァルター・ベンヤミンが提示した

「アウラ=一回性」の復権なんじゃないかと思いました。

つまり、今や何もかにもが大量にコピーされ、均一化され、

時代の早すぎる流れのなかで、

すぐに別のものに簡単に置き換えられてしまうような

モノやコトではなく、

その日その場所でたった一度しか体感できない

”経験”こそがホンモノであり、

それに気づかせるための1つの方法として、ということでしょうか。

そのもっとも有効的な方法の一つが、

ハレとケの交わる”祭り”であり、

大友さんが手がける「アンサンブルズ」プロジェクトなのでしょう。


また本のタイトルの意義について述べられている部分も

なかなか興味深かった。

「音楽と美術のあいだ」ということですが、

その「あいだ」というのは

2つの中間に属する何かを指し示しているのではなくて、

音楽と美術とのつながり、間柄という意味で、

この2つは長らく交わりそうで交わらないような

明確な境界が存在してしまっていたのだけど、

それらを越境したり、

行き来したりするような動きがどんどん出てきている。

これはこのお題にかかわることだけじゃなくて、

その世界・業界の中だけで成立するような評価体系の中だけでは

そのものの真価は図ることができないし、

一側面的な偏った見方に陥りかねない。

常に大事なのは、他者の存在、他者の視線。

これは、とても大事な投げかけです。


そもそも自分がどんなジャンルものか、

どういった系統に属するかなんて言うことは

本来どうでもよくて、むしろそれは評論家や歴史家の仕事。

ただ、世間を知らない若者が知らずにパクッている場合に、

大人がきちんと怒る必要があり、

その根拠としての体系化の作業とその教示は大切なことであるという

小崎さんのキュレーター然としたコメントはなかなかうなずけました。


色々な話を伺って、ナルホドと思わせることだらけでした。

つまり”型”ではなく”型破り”なんだと。

自分も音楽をやっている端くれの端くれですが、

コードがあったり、AメロBメロサビといったフォーマットがあったり、

ある型に従って構成されていて、

それらを忠実に演奏する、上手に間違わずに弾くということだけに

どうしても頭が行きがち。つまり型にばかりこだわってしまう。

でも人の心を動かしたり、

世代や時代を越えたムーブメントを起こす本当の要素というのは、

そういったものを越えたところにあるもの、

つまり”型破り”なんだと気付かされました。

これは音楽に限らず、美術でも、スポーツでも何でもそうかもしれません。

もちろん、それをはっきりと口にできるのは、

何よりもまず”型”を知っていることが大前提で、

”型”もできない者がそう主張したとて、

何の説得力も持ちえないということは言うまでもない。

文字通り、型があってこその型破りであって、

それもまた他者の存在の話につながってくる。

うーん、納得。


とにかく、何事も自分で考える、

よく考えるということの大切さ。

ホンモノっていうは決して偶然の産物ではなく、

すべて必然であって、

そしてホンモノはえてして面白い。

本当にこの夜はとても素晴らしい勉強になりました。

そして先日の本屋トークの話ともやっぱり繋がる話で、

とても収穫の多かった。

(これを何か形にできればいいんだけど…)


↓すごい大事なことしゃべってます

f:id:arkibito:20170413202114j:image:w640


トークショーの後はサイン会。

アンサンブルズ東京で●●駅から参加しましたというと、

覚えていていただけてました。

しかし、これほどの方と一緒の舞台で歌って踊ったというのが

今になって本当に奇跡というか、ありえないことだなあと改めて。

娘にとっても一生の財産になったろうし、

本当に大友さんには感謝しかありません。


↓大友さんと記念撮影

f:id:arkibito:20170413213617j:image:w640


↓サインいただきました

f:id:arkibito:20170413234016j:image:w360


この日のトークショーの内容を

ぎゅっと凝縮したのがこの一冊なので

これから読み込もうと思います。

バイブル必至だな。


↓必読!

2017-04-18

はっぴーばーすでー

奥さんが●●歳のお誕生日。

今年は何をプレゼントしようかと

直前まで迷っていたんだけど、

ちょうどこの間、京都へ行ったときに、

誠光社さんへ立ち寄ったら、

以前、本の出版記念でお会いした行司千絵さんの展示会が!

以前のイベントで、とても素敵な服たちを見て、

奥さんもいつか着てみたいなあ、と言っていたのを思い出し、

コレしかない!と。

誠光社の堀部さんに素敵なラッピングもしていただいて、

見事バースデー作戦成功しました。


↓リバティプリントのコンビネゾン

f:id:arkibito:20170417090617j:image:w360


↓行司さんからのお手紙

f:id:arkibito:20170417091023j:image:w360


行司さんは某新聞社で新聞記者をする傍ら、

趣味で、身近な人たちの服を作ってこられた方。

普段はお知り合いの方に、

その人をイメージした服を作られている行司さんなのですが、

今回は「まだ見ぬあなたに作った服」ということで、

誰に届く人がわからない状態で、

しかも販売をするという初めての挑戦をされています。

普段は、特定の人しか作ってもらえないものだし、

タイミングとしてもまさにドンピシャで、

もうこれは巡り合わせだったのだなあと。

本当に特別な贈り物ができました。


↓お似合いです

f:id:arkibito:20170417122808j:image:w360


その日は夕食もふるまい。

リクエストはいつものおいしいコンソメスープだったので

メインはハンバーグ。

娘にもコネコネ手伝ってもらって、おいしくできました。


↓ささやかながらのディナー

f:id:arkibito:20170417200228j:image:w360


おうちのふく―世界で1着の服

おうちのふく―世界で1着の服