Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-09-12

ご近所めんライフ

そろそろ溜まってきたので、ひさびさのめんライフ。

まずは天神橋筋界隈の老舗中の老舗。

関西ラーメンブームの発端の店の一つ「洛二神」さんへ

ひさしぶりにお邪魔。

この日は裏メニューいただきました。

日本酒を使っているからか芳醇な香りと甘みが広がるスープは

あと口もさっぱりと。さすがです。


↓洛二神

f:id:arkibito:20170904142422j:image:w360


↓発見

f:id:arkibito:20170904141502j:image:w360


↓裏

f:id:arkibito:20170904141556j:image:w360


つづいて、お久しぶりの中津は讃州うどんさんへ。

今年は、ひやかけも天中も食べそびれた@@@

ベーシックなカレーチーズ釜玉をいただきました。

安定の味わい。


↓讃州うどんカレーチーズ釜玉

f:id:arkibito:20170909184900j:image:w360


続いては西中島の光龍益へ。

やっぱりここの鶏白湯は苦手だ。

変な甘みがべたつき、ただでさえこってりな感じを増長させてる。

トッピングのネギが妙に苦みが強く、スープとミスマッチ

ちょっと胸焼け。


光龍益のつけ麺

f:id:arkibito:20170911122516j:image:w360


ラストは神戸ラーメンといえばこちら「もっこす

ネーミングからは相当こってり感がありますが、

さっぱりと昔懐かしい醤油味。

うまいねえ。

最近はこだわりの強い専門店だったり、

個性を出そう出そうとするラーメンが多いけど、

こういう素朴な街の中華そば屋さんのが、

めぐりめぐって一番おいしいとわかる今日この頃。


もっこす

f:id:arkibito:20170903203925j:image:w360


↓ついでシューマイ

f:id:arkibito:20170903203838j:image:w360

2017-06-30

ご近所めんライフ

久々のご近所めんライフです。


まず1軒目はおなじみの「三ツ星」さん。

なにやら新メニューが増えてます。

開店以来ずっとおなじラインナップでしたが、

新しい試みでしょうか。

ならばということで注文したのがカレーつけ麺です。

大盛(無料)でいただきます。

カレーは結構アダルトなビター風味の味で

それほど辛みは感じず、コクで勝負のようです。

確かにおいしいのだが、やはり予想通り、

カレーの味が全部勝っちゃってしまいます。

せっかくの麺の味も負けるし、

出汁の風味も隠れてしまっているし、

途中でレモンで味変してもカレーカレー

美味しくないというわけではなく、

どの店でも、結局カレーに支配されてしまって、

やっぱりカレー味で勝負するというのは、

ラーメンつけ麺では一番難しいと思います。

結局カップヌードルカレーに勝てないという現実。

ちなみに何気に材料高騰のため全商品50円アップしてました…


三ツ星製麺所 カレーつけ麺

f:id:arkibito:20170627122739j:image:w360


続いて近所にできたうどん屋さん「繋」。

初めて訪れた時はちょうど、肉中島南方のイベント中で、

その特別メニューの「黒毛和牛ぶっかけうどん」をいただきました。

ちょっと甘めの味付けは美味しいが、当然というかコスパ悪し。

そして一番困るのが、麺の硬さ。

これじゃあ文字通り全く歯が立たないというくらいの硬さ。

これはコシじゃない!

全然噛めません。こんな硬いの讃岐ではありません!

今まで食べた中で一番硬いかも。

冷やしなので余計そうなのかもしれませんが、

結構苦痛レベル。


手打ちうどん繋 肉中島南方2メニューの黒毛和牛ぶっかけうどん(980円)

f:id:arkibito:20170601122055j:image:w360


しょっぱなの感想がそれだったので、

それ以来しばらく敬遠していたのですが、

今一度と訪れて、今度は温かいうどんを注文。

日替わりは選べる小鉢が1つついて680円となかなかお値打ち

この日のうどんは梅わかめ、小鉢は牛スジ煮込みをチョイス。

さて、うどんですが、出汁で温められて

冷やのときよりはほぐれて食べやすい。

それでもちょっと硬めですが、何より出汁がウマイ!

芳醇な香りと風味が口いっぱい広がり、

これはなかなかのおいしさ。

麺の硬さのバランスさえ取れれば、

なかなかよいと思います。


手打ちうどん繋 日替わり680円

f:id:arkibito:20170623121757j:image:w360

2017-06-07

味な店

土曜日の詳細はおいおい書くとして、日曜日。

午前中いっぱいはバタンQ。

でも、お天気がいいし、

娘たちもどこか行きたくてウズウズしてるし、

ということで扇町公園へ。

長女とキャッチボールしたり、

次女とポッポ追いかけまわしたり。

2人とも外遊びが大好きで元気いっぱい。


遅めのお昼ご飯に、力餅へ。

力餅グループと言えば関西一縁にありますが、

フランチャイズというより暖簾分けに近く、

屋号と商標ロゴマークが統一されている以外は

メニューも味も各店舗によって全然バラバラです。

中崎商店街のこのお店には、もうずいぶん若い頃、

全く食えなかった時代からとてもお世話になっております。

いかにも大衆食堂な店構えと、

気さくなお父さんお母さんが迎えてくれて、

本当に居心地が良い。


↓味な店

f:id:arkibito:20170607120102j:image:w360


ここでのメニューは

うどんとおいなりさんで決まっている。

前日の激闘で衰弱しきった体に、お出汁が染み渡る@@@

あんまりおいしいからか下の娘の「うどんくれ!」が止まらず、

半分くらい持っていかれました(泣)

恐るべし食欲の1歳。


中崎店は、お父さんの趣味なのか、

なかなかトリッキーなメニューが開発されていて、

オリジナルのカレー麺やコーヒーざる、

その2つの麺がコラボした虎ざるなど、

時々テレビでも取り上げられます。

長女が注文した、力(ちから)ラーメンも、

あんまりよそでは見たことない。


↓肉うどん

f:id:arkibito:20170607120112j:image:w640


↓力ラーメン

f:id:arkibito:20170607120108j:image:w360


お父さんもお母さんもまだまだ元気そうだし、

まだまだお世話になります!

2016-12-06

ご近所めんライフ 「えびす丸」「大阪にぼ二朗 加藤屋」「シロマルベース」「塩元帥」「そば処祐」

最近グルメ記事が停滞気味なので一気に。

どうも最近、会社の近くでよく利用している

三ツ星製麺所の営業が安定せず、ひょっとして閉店したのかなあ?

経営移譲してなにかあったのか?

その影響は少なからずあって、ほかのお店が混んで大変。


さて、今回の1軒目は、

ニューフェイスながらすでに行列の絶えないお店「えびす丸」。

味は丁寧なつくりとわかる旨みなのだが

いつものことながらオペレーションが悪すぎ。


↓えびす丸 濃厚鶏白湯

f:id:arkibito:20161025123751j:image:w360


つづいては、珍しく二郎系、「大阪にぼ二朗 加藤屋」。

ここも周辺に専門学校が多いので常に混雑。

がっつり、野菜マシマシ、タレマシマシ、脂マシマシがウリだけど

野菜の高騰の影響か、かなりショボくなってしまった。


↓加藤屋 醤油

f:id:arkibito:20161027122253j:image:w360


時々ムショーに食べたくなるのが、

東通り商店街にある「シロマルベース」限定のスタミナベース。

濃厚なとんこつスープに、バリカタ細麺、

がっつり豚生姜焼きをインして、生卵がドボン。

素晴らしすぎるコンビネーション。

ウマシ!


↓シロマルベースのスタミナ

f:id:arkibito:20161104193417j:image:w360


いつもの塩元帥さんで、あえての味噌。

お味噌は大阪天満宮前にある老舗のとりゐ味噌さんのもの。

滋味深く、優しい甘みが広がりウマシ!


↓塩元帥の味噌ラーメン

f:id:arkibito:20161110122637j:image:w360


続いても味噌。

えびす丸の横にある蕎麦屋さん「そば処祐」の味噌煮込みうどん

鍋グッツグツでサーブされるので注意して食べないとやけど必至だけど、

とにかく体が温まるし、うまいのです。


↓そば処祐の味噌煮込みうどん

f:id:arkibito:20161114122909j:image:w360

2016-10-26

ご近所めんライフ 「すなおや」「はな」「和歌山ラーメン たかし」

おひさしぶりのめんライフ。

最近は新規発掘したり食べ歩きすることがどうもおっくう。

もうすでに近所においしい常店ができてしまうと、

よっぽどそこよりおいしいか、

そこまで行かないと食べられないようなものがないと、

わざわざ交通費を使って、足を延ばしてする甲斐がないので。


ということで今回もご近所ばかり。

まず1軒目は西中島の一大グループの「すなおや」さんの本店。

この近辺は専門学校などがたくさんあるので、学生さんも多く、

ボリューム満点の定食が魅力。

ここのコロッケうどんは、

さっくさくのコロッケとダシのベストマッチでうまし。


↓すなおやのコロッケうどん

f:id:arkibito:20160831122742j:image:w360


お次は、ここも10年来通っている天五中崎商店街の「はな」さん。

相変わらずピッカピカに磨き上げられた鉄板が美しい。

下の娘が生まれてから外食から遠のいていたのですが、久々に。

小さいころから長女のことをかわいらしい、かわいらしいと

慕ってくれいるお母さんは、今日も健在。

ここはソースのブレンドが絶妙で、ベタつかないけど味わい深く、

品のある甘味が広がります。

長女の大好物のはなそばはあっという間に鉄板から消えてしまいました。


↓はなそば

f:id:arkibito:20160830191919j:image:w360



お次も久々に、桜ノ宮の端にある「和歌山ラーメン たかし」へお邪魔。

昔、造幣局の手前辺りに住んでいたころに、

ここの全粒粉つけ麺が大好きでよく通っていました。

ということで思い出の品を注文。

麺の風味を損なわない、ちょっと酸味のある自分好みのつけ麺は健在でした。


↓たかし

f:id:arkibito:20160916204819j:image:w360


↓全粒粉つけ麺

f:id:arkibito:20160916205645j:image:w360