Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-03-22

ジョナス・メカス×いしいしんじ 『幸せな人生からの拾遺集』 / 『フローズン・フィルム・フレームズ―静止した映画 』

日曜日のメインイベントは、毎度おなじみの誠光社さん。

映像作家のジョナス・メカスの2012年の作品

『幸せな人生からの拾遺集(Outtakes from the life of a happy man)』の上映に合わせて

作家のいしいしんじさんが”その場小説”を乗せていき、

しかもそれをほぼ同時通訳という形で並べて投影し、

ブルックリンに住むボニー・エリオットさんが”その場翻訳”。

それをyoutubeで同時世界配信するというライブイベント。


↓誠光社

f:id:arkibito:20170312194843j:image:w360


ジョナス・メカスリトアニア出身の詩人でしたが、

ナチスロシアの迫害を恐れてアメリへと亡命

たどり着いたニューヨークで16mmのゼンマイフィルムカメラを手に入れ、

そこに詩的かつ私的な日常の風景を撮り始め、

インディペンデントムービーの父と称される映像作家です。

自分が映画製作サークルで映画を撮りまくっていた頃に

とても刺激を受けたアーティストの1人。

今回はそこにおなじみのいしいさんが絡んでどんな化学反応が起こるのか、

とても興味があって参加しました。


↓その場小説中

f:id:arkibito:20170312201713j:image:w360


小さなスペースにぎっしりのギャラリー

そこに手製のスクリーンを張って、なんともインディペンデントな雰囲気。

いしいさんとも久しぶりにご挨拶。

時間となり、スクリーンに、メカスの映像、

そしていしいさんのタイプスクリーン、

それからエリオットさんの通訳スクリーンを重ね合わせる。

なんとも不思議な感覚でした。


↓いしいさん

f:id:arkibito:20170312222319j:image:w640


コトバにしても、歌にしても、映像にしても写真にしても、

不可逆的に流れる時間の流れの中で、

その瞬間をFIXして切り取るという行為自体が、

すでに高尚な芸術活動であると信じているが、

ジョナス・メカスの記録映画に映し出される映像の素晴らしさは、

その1シーン1シーンが

彼自身の極めて個人的な日常を切り取ったもので、

彼自身の経験から零れ落ちたものであるはずなのに、

この映像に接した人たち(人種や国や性別を問わない)の

誰もの遠い思い出の中に共通して浮かび上がるような、

記憶とかイメージにおける原始的な”何か”を、

フィルムの中にはっきりと封じ込めているからである。

それはあの日の風であったり、まばゆい光だったり、

子どもたちの甲高い無垢な笑い声だったり、

浜辺に打ち寄せられる波だったり。


何かの機会に、昔を振り返りながら古いアルバムをめくる時、

運動会や誕生日など、特別な行事やイベントの記録のために

撮られた写真たちよりも、

フィルムの余りを使い切るためにだけに

何気なくシャッターを押したショットに偶然に映し出された、

当時のただの日常の風景が切り取られたものに、

強烈なエモーションが湧き上がってくるという経験は誰しもあると思う。

その感覚に近いような映像体験


いしいさんは事前に映像を見ていなかったらしいのだけど、

ちょうど映画のキーワードとなる”波”というフレーズが、

シンクロするように浮かび上がってきて、

ちょっとした奇蹟のような夜でした。


↓翻訳をいただく

f:id:arkibito:20170312223942j:image:w360



2017-01-24

なんだかなあ

トランプさん就任しましたが、

なんだか、バットマンシリーズでジョーカーゴッサムシティを牛耳っている様子や、

スターウォーズダースベーダが宇宙を支配しているのが、

リアルの世界で起こってしまったというような印象を受けます。

映画の中で、彼らカリスマ的なヒールに支配された世界の人々は

どういう扱いを受けていたでしょうかねえ。


結局、大衆というのは愚かなもので、

わかりやすさや勢いに簡単に流されますが、

そのツケを支払わされるのはいつの時代でも弱者だということを

いつまでも学習しない。

そもそも既得権益を破壊すると息巻いているトランプ自体、

既得権益でのし上がった成功者だという矛盾。

本当に倒すべきはこういう私利私欲にまみれた成金なんじゃないの?

若者が古いしきたりや常識をぶっ潰すと革命を起こすならまだしも、

親の金やコネでのし上がった老害が、

末端の弱者に手を差し伸べるなんて発想をするはずもないのに。


自分たちの”外”に敵を作って、

そこに意識を集中させて、大衆を取り込んでコントロールするというのは、

中国韓国のやってることとなんら変わらない。

自分の息のかかった内輪の人間だけで、

発信したいことを自分たちのツールだけを用いて拡散するというやり方で、

多様性と透明性が果たしてちゃんと担保されるのでしょうかねえ。

まあ、そんなリーダーを選んだのもアメリ国民ですから。

2016-12-12

Kansas City Band ザ・行商2016〜今年も終わりカァ! at 難波屋

金曜日。

待ちに待った夜がやってきた!

もうずっとずっと好きなカンザス・シティ・バンドのライブに初潜入です。

カントリーやブルース、ジャズ、スイング、ブギといった

アメリ中西部のルーツ音楽と、

日本の昭和歌謡をごった煮にしたようなゴキゲンなバンドなんだぜい!

長い間、一度はぜひ生でと思い続けながら、ようやく念願かなって。


ということで、やってまいりましたのは、

大阪の最深部、西成にある名物立呑み屋、難波屋さん。

久々にこの界隈に足を踏み入れたけど、

やはり夜はちょっとドキドキ。


↓西成 難波屋

f:id:arkibito:20161209184813j:image:w360


↓カンザス・シティ・バンドだぜぃ!

f:id:arkibito:20161209184914j:image:w360


激渋の店構えに圧倒されながら

予約内容を伝え、ごった返すカウンターをかき分けて奥へ進むと、

全面黒塗りのでっかいスペースがあり、

ステージがしつらえてありました。

イスを確保したら、早速ガソリン投入して、開演を待つ。

今夜のお題は投げ銭なり。


↓立呑みカウンターの奥にセット

f:id:arkibito:20161209185459j:image:w360


↓ガソリン用意

f:id:arkibito:20161209185206j:image:w360


そしていよいよライブスタート!

のっけからノリノリのナンバーが炸裂し、

開場のボルテージが一気に上がる。

お客さんも合いの手というより、もう絶叫してハッスルし、

バンドも負けじと大音量でで迎え撃つ。

これぞ生の醍醐味!

チキチキ、ドン、スパッっとオールドアメリンな小気味良いリズムと、

跳んで弾ける鍵盤の銃弾の嵐、

かき鳴らされるスリリングなギターソロ、

はらわた目がけて直接ぶち込まれるベースの音、

そして時折哀愁を多々酔わせるトランペットの響きと、

圧倒的すぎる下田卓アニキのしゃがれたブルースボイス!

スゲーや!


↓来たぁぁぁ〜!

f:id:arkibito:20161209190234j:image:w360


↓ノリノリ

f:id:arkibito:20161209190841j:image:w640


↓西成の手練れたオッチャン相手でも軽快にトーク♪

f:id:arkibito:20161209200232j:image:w360


↓最高すぐる!!!

f:id:arkibito:20161209201527j:image:w640


このところ色々なライブを観に行ってその度に素晴らしかったけれど、

今までこんなに剥き出して生々しすぎるライブは初めてで、

音楽の渦に飲み込まれたのもの初めて。

とにかくスゲースゲー!

音楽サイコー!カンザスサイコー!

もうあっという間の2時間でした。

衝撃的。


↓下田アニキだぜぃ!

f:id:arkibito:20161209210610j:image:w360

2016-11-28

カストロ死す

キューバ革命を起こしたフィデル・カストロ議長が亡くなりました。

それにしても、トランプという21世紀の”革命家”の到来によって

時代がまさに大きく変わろうというその只中で、

なんというタイミングだろう。

まさに一つの時代の終焉と、新たな時代の始まりを告げる象徴的な死です。

合掌。


f:id:arkibito:20161128115032p:image


20世紀は良くも悪くも、アメリが世界の覇権を握り、

アメリスタンダードによって政治・文化・経済が回っていた時代。

しかしそこにはもちろん明と暗の側面が存在しています。

ソ連共産主義とのし烈な争いは、

世界各国で代理戦争を引き起こすわけですが、

その度にあの手この手で親米派の傀儡政権を樹立させては、

手のひらを返したり、利権を吸い取ったり、

米帝はある意味、強者の理屈を強引に押し付け、

国家として安定を欠く国々からひどい搾取をしてきました。

特に、中南米政策はチリクーデター、グレナダ侵攻、パナマ侵攻etc、

やりたい放題をしてきて、

それらが結果的に反米意識を高めることになるのですが、

そういうアメリンスタンダードの世界に対して真っ向から立ち向かい、

独自路線で半世紀以上国家を運営してきたのがキューバという国であり、

フィデル・カストロという革命家なのです。

もちろん彼自身の独裁にも明と暗はありますが、

アメリ、そしてソ連いう絶対的な大国を相手に

堂々と渡り合ってきた器量というものは計り知れないもので、

間違いなく中南米のアイデンティティを体現するカリスマだったと思います。

2016-11-10

ポスト冷戦レジームの終焉と谷間の時代の始まり

トランプさん大統領になりますねえ。

目の前にぶら下げられたニンジンに容易にぶら下がるというのは

どこの国でも同じことで、ある程度予想できた結果です。

でも、この結果で一番のはずれくじを引いたのは、

ヒラリーさんではなく、実はトランプさんご本人ではないだろうか?

正直、トランプさんにとって一番旨みがあったのは、

責任を取る立場にならず、いいたことだけ言いまくって、

国民の期待と希望だけを十分に吸って、

接戦で敗北することだったんじゃないだろうか。

そうすれば、半永久的に期待の人物としての偶像を獲得することができたのに、

これからはそれを実像として実践していかなくてはならなくなった。


これまでは、とにかく野望をむき出しに、

今の政治に言いたい放題言える立場であったし、

暴言をはこうが、スキャンダルを起こそうが、ブーイングを浴びようが、

全く立場的に痛くも痒くもなかった。

単純に言えばあの手この手で人気取りをして、

票を集めるというミッションを遂行していればよかったし、

大統領になるという明確なゴールがあって、

そこに邁進しさえすればよかった。

しかし、ここからはそういうわけにはいかない。

国民に対して常に成功と結果を与え続ける義務が生じる。

しかも、自ら国民を焚き付けた結果、

センセーショナルな形で大統領になったという経緯からしても、

国民が抱く期待値(それも明確なビジョンに担保されたものではない)は

いまだかつてないほどに膨れ上がっている。

そのバブルが崩壊した時に、破壊度は計り知れないものだ。

これからはその恐怖に常におびえる日々を送ることになるのだ。

そんななかで、明確な答えもゴールもない職務を全うして、

その期待に応えるだけの結果を残せるのか。

最大の懸念材料は本人が全く政治活動の経験がないということ。

確かに、自らの力でビジネスの世界で王国を築いたかもしれないが、

それは所詮自分のテリトリーの中で君臨してきただけのこと。

自らが王で、自らがルールという”ど”ホームでやってきたことが

これからは国内外問わず、完全アウェイの状況で通用するのか。

アメリ国内ではまだ多少やれるかもしれないが、

グローバルネットワークの中で、

いまだ世界の覇者としての役割を担うアメリの舵取りは

正直荷が重すぎるような気がしてならない。


なかにはトランプ勝利を民主主義の終焉ととらえる人も

いるようだが、自分はそうは思わない。

もちろんアメリの選挙メカニズムの問題は多々あるかもしれないが、

選挙という形で国民の声をダイレクトに反映した形で当選しているわけだし、

民主主義でもなければ、政治の世界(密室)のつながりも希薄で、

ただただたたき上げでビジネスの世界でのし上がってきた人間が

大統領になれるわけがない。

(もちろんナチス党だって選挙で選ばれているわけだから安心はできないが)


これは民主主義の終焉ということではなく、

むしろ1989年のベルリンの壁崩壊、1991年のソ連崩壊以降に構築された

”ポスト冷戦レジーム”が破綻した

決定的な瞬間だったと捉えるのが正確ではないだろうか。

つまりそれは、この30年近くの間、

比較的安定的に先進国によって運用されていた世界秩序が、

もはや構造的な疲弊によって音を立てて崩れ去り、

次の新たなレジームが構築されるまでの谷間の時代が始まりを告げたのである。

世界はますます内向的排他的思考と分断によって

激動の時代を迎えることになるだろうと懸念せざるを得ない。

イギリスのEU離脱、スコットランドの独立問題、

ISISというこれまでの国家という概念を無視した勢力の登場、

人民元の国際通貨化とAIIBの設立など中国の台頭、

フィリピンのドゥテルテ大統領の親米から嫌米へのシフト…

これまでの常識(ポスト冷戦レジームの観点)からすれば

全くあり得なかったような事態が世界同時多発的に起こっているのは

決して偶然ではなく、これと同じベクトルの力が

今回アメリでも起こったということだろう。


歴史的に見て、世界がある一定の共通認識を構築し、

それを安定的に保てるのはせいぜい100年程度だろう。

今の時代、IT技術の発達やグローバルなネットワークの複雑化によって

世界のスピードは速くなっているから、

その間隔はそれよりもさらに短く30年単位としても不思議ではない。

永久不変のパーフェクトな体制などあり得ないし、

ある体制下で、誰かが富や名声を得る陰には、必ず泣く者が生まれ、

その格差は時間を追うごとに少しずつ広がり、

いつしかその不満が明確に大きなうねりとなって爆発し、

その体制が倒されて新しい秩序が再構築される。

人類の歴史は常にその繰り返しなのだ。

だから、トランプだのヒラリーだの騒いでも正直仕方がない。

世界秩序が大きく変わろうとしているこの激動の時代のただなかで、

どうやって生き抜いていくか。

潮目を注意深く見極め、しぶとくやっていくしかない。