Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-01-20

コンクール

日曜日。

朝、神戸から取って返して帰宅し、

そのままシャワーを浴びたら、コンクールへ。

会場は弁天町にあるオークホールで、

関西フィルハーモニー管弦楽団が本拠地としているコンサートホール。

前回の反省を踏まえて、早めに到着する。

前回と比べるとなかなかの広さで、これは自分だったら緊張するなあ。

娘のクラスからはもう一人クラスメイトの子が選ばれていて、

開場前に合流。


↓コンクール

f:id:arkibito:20160117112740j:image:w360


↓オークホール

f:id:arkibito:20160117122241j:image:w360


開場してベスポジを確保。

娘はさすがにちょっと緊張の面持ち。

出番は5人目と早く、舞台袖へと早々に連れられて行きました。

あとでスタッフのお姉さんに聞いたら、ずっと真顔で相当緊張していたらしい。

さっそく演奏がスタート。

クラスメイトの子が一番手で無事に演奏を終える。

今回のコンクールは、自分で作曲したものを披露するという趣旨なのだが、

エキスパートクラスの子らなどは、もうアレンジも演奏テクニック

本当に小学校低学年!?と思うほどスゴイ。

傾向として、女子は比較的オーソドックスなクラシック調で、

花や木や星、動物をモチーフに世界観を表現していて、

男子はというと、鉄道とか怪獣とか趣味丸出しのテーマが多い。

さすが選ばれた子らだけあってみんなすごい。

もちろん娘も自分のもつイメージとか好きな音を提案して、

そこから自分や先生がアレンジを手伝ったりして仕上げた作品で、

いっぱい練習して頑張ってきました。

その成果をしっかり出せればそれでいいのです。


で、いよいよ出番です。

担当の先生に連れられ、エレクトーンの前へ。

合図と同時に演奏スタート。

集中した顔で2分間演奏し、ほとんど大きなミスもすることなく、

楽しいリズムを刻むことができました。

よく頑張った!


↓くるまときょうそう


演奏後、おじぎをするのだが、

おじぎして!と合図を送る先生の方にお辞儀をして帰ってきたので

思わず爆笑してしまいました。

演奏を終え一気に緊張が解けたようで満面の笑み。

えらいえらい!

そのあとは他の演奏者の曲を聞いて、

終了後はクラスメイトの子らとお昼ご飯。

よく頑張りました。

2014-03-26

発表会

水曜日。

いよいよ音楽教室の発表会。

朝から衣装を着つけたりドタバタ。

行きの電車でコンビニで買ったお昼を済ませ会場へ。

続々と参加者が集まり、同じクラスの人たちと落ち合う。

子供たちはイベントモードで大はしゃぎで、

親の方が大丈夫かなあと心配モード。

リハの時間となり、娘を送り出します。

その間に、こちらはベスポジゲットに奮走。

で、いよいよ出番。

ちょっと緊張気味でしたが、無事にダンスもエレクトーンもやりきった!

お疲れ様〜。


f:id:arkibito:20140325152931j:image:left


発表会の後はクラスのみんなと天王寺で打ち上げ。

毎度ながら子供たちのおもちゃにされてグデングデン。

みんなよく頑張った!


f:id:arkibito:20140325173453j:image:left


f:id:arkibito:20140325175033j:image:left