Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-08-02

ご近所めんライフ

暑い…

でもラーメン

ラーメンなのだ。


ということでまず1軒目は

オープン以来何度か訪れているえびす丸。

メニューの幅が広いので、コンプするにはまだまだ時間がかかりそう。

今回は醤油。

どことなくほんのりとジンジャーな風味がするスープは優しい舌触り。

もう少しパンチがあってもいいかなあ。

ここは具材が非常にボリューミーで、チャーシューが2種類をふんだんに。

しなちくもよく炊けていて旨し。

ラーメンとしては今のところ濃厚鶏白湯が一番かなあ。


↓えびす丸 醤油

f:id:arkibito:20160722122743j:image:w360


続きましては地元で話題の新店がオープンということで行ってきました。

その名も「サバ6製麺所」。

実はここの店主さんは、

福島で旗揚げして今や屈指の名店となった三ツ星製麺所の創業者さんなのです。

あれだけ不動のポジションを獲得しながらも、

三ツ星ではできない新しいラーメンにチャレンジすべく、

経営を某企業にすべて譲渡し、イチから再出発を果たしたのがこのお店。

得たものに満足せず、常に上を追及するチャレンジ精神が素晴らしいですね。

しかもラーメン激戦区にいきなりの殴り込み。

自分に自信がなければできないことです。


↓サバ6製麺所

f:id:arkibito:20160729191907j:image:w360


店名の通り、売りはサバ節を使ったサバ醤油&鶏サバ油の

旨みと香りが最大限に発揮されたサバ醤油ラーメン

なるほどサバで来るか!

せっかくなのでセットにして、ミニ天津飯もお願いします。

注文してそれほど待つこともなく、アツアツの丼がサーブされます。

濃厚そうな鼈甲色の醤油スープに、レアなチャーシューが二枚、

シナチクと白ネギに彩りのカイワレ。まったく隙のない見た目です。

では早速!

んんんんんん〜なんだこの濃厚な醤油の風味は!

塩辛さとか、魚臭さはみじんもなく、とにかく旨み旨みのオンパレード。

サバ恐るべし。

しかも絶妙な配分の背脂が、スープを冷めさせないので、熱々で、

スープはべたつくこともなく喉を通る。

そして思わずスープにばかり目が行きがちだが、

この圧倒的な存在感のスープに対して麺が全然負けてない!

むしろ、麺がうまい!

中太ストレートの麺は、表面はいわゆるチュルチュル系(人類とか)なのだが、

それはあくまで麺の一番外側の部分で、中はガシッと芯が通り、

麺を食べているぞと実感させてくれる素晴らしい食感。

これがクタクタで頼りなかったり、ハリガネ的に主張しすぎる麺だったら、

スープと喧嘩してしまうのだが、

絶妙の太さ・硬さに仕上げられた麺がしっかりスープとシンクロしている!

んん〜流石である。

ついでセットの天津飯もいただく。

焼き飯はセットとして定番だが、天津飯オプションに持ってくるというのが

また遊び心があっていいではないか。

早速いただくと、あんのとろみ具合が絶妙で、

しかも濃厚なラーメンとの相性を考慮して、薄味に仕上げられていて、

箸休めにピッタリでございました。

まだオープンして間もないのに、聞きつけてくるお客さんがすでに多数。

これはそう遠くないうちに大行列店になること必至なので、

行ける時に行っとかなきゃ。


↓サバ醤油そば

f:id:arkibito:20160729190609j:image:w360


天津飯セット900円

f:id:arkibito:20160729190627j:image:w360

2016-01-27

初ライド 抜き打ち襲撃練

日曜日。

金・土曜のダメージを引きずりつつ、昼前に起床。

この日は5年10年に一度の寒波が来ると予報でやっていて

それなら六甲有馬側にでも行って、氷瀑でもと思っていたのだが、

雪は降らなそうだし、

もう昼になってしまったから

朝凍ったものも溶けて期待外れも考えられる。

ん〜ん〜どうしようと思っていたら、

昼過ぎから娘の同級生が遊びに来るということで

巻き込まれる前に退散を余儀なくされる。

この時間から行けるお山は限られてしまうし、

ならばいっそチャリンコでも乗るかと珍しくイソイソ準備。

お久しぶりすぎて、レイアリングが全く分からないし、

装備も不確かで手間取る。

どこに行くという目的もないのだが、寒いし、

復帰一発目に余りしんどいことしたくないので山間部にはいかない。

となれば、とりあえず淀川CRを北上することにする。

ならば、キリよいところでは京都かな。

じゃあ先日の新年会に来れなかったおトメさんでも抜き打ち検査。

彼の家はドア・トゥ・ドアでジャスト50kmなので、

ちょうどいい足慣らしになろう。


13:20に出発し、最初は試運転ということで、いろいろ確認しつつ、

毛馬閘門から淀川CRに入る。

そこそこ風が舞っていて、向かい風5割、横風3割、追い風2割といった具合。

寒いから回して暖を取りたいのと、

果たして本格的だった時期に比べてどれくらい落ちているかを確認するため、

とりあえず全力ペースでいけるところまで行くことにする。

大体35km巡航でひたひたと進む。

ほとんど2年ぶりだったが、

柵の場所も、道の具合も、抜け道の場所も鮮明に覚えていた。

ゲートを抜けるところで足止め喰らう以外は、全然ペースも落ちず、

疲労することもなく、あっという間に枚方を通過。

特に足がタレたり、姿勢を維持するのに肩や腰に来ることもないし、

止まると寒いので休憩なしで先へ進む。

樟葉の高速区間では、いよいよ向かい風がひどくて

低姿勢になり粘りつつもやっぱりちょっとペースが落ちた。

それでも御幸橋までは約70分で来れたのだから、

ほぼほぼ今まで通りのペースだった。

水泳を始めたのがよいのかな?

一応久しぶりの記念に一枚。


↓お久し御幸橋

f:id:arkibito:20160124142953j:image:w320


そこから桂川CRに入る。

ロングの時は大体夜中にこの辺りは通過していたなあ。

道幅が狭く往来があるので少しペースを落として進む。

久我橋のところでCRを外れて、おなじみの御前通で北上。

西大路JR群をくぐり、

そのままあえて交通量の多い西大路通を進んで、

トラフィックに慣れる練習。

三条で右折して、そのまま三条会商店街へ。

それからごにょごにょ路地を進んで、おトメさん宅着。

二条城あたりまで家からジャスト2時間なら、

全然ええペースじゃないか!


自宅で完全に油断してたおトメさんに

娘からの果たし状のマヨネーズを進呈したら、

三条商店街のカフェでまったりコーヒー

帰りがけにおみやを購入して30分ほどで帰路に着きます。


↓おトメさん襲撃

f:id:arkibito:20160124155001j:image:w320


↓さらさ御供焼菓子工房

f:id:arkibito:20160124161420j:image:w320


17時に三条商店街を出発し、まずは四条大宮に出る。

そこから大宮通を南下。

京都水族館のところでJRをくぐり東寺

ちょっと厚い雲が張り出して日差しを遮り始め、寒くなってきた。

日もそろそろ弱弱しく、せめて日没までに枚方くらいまでには届いていたい。

帰りもちょっと急ぎ目のペースで参ります。


東寺

f:id:arkibito:20160124163124j:image:w320


大宮通をしばらく南下し、久世橋通にスイッチして御前通に戻ってきました。

いつもなら行きと帰りで違う道を使うのだけど、

試運転だし、だんだん寒さが厳しくて家路を急ぐので、

同じルートで帰ります。

桂川CRに入ると、向かい風がかなりきつく吹いていて、押し戻される感じ。

御幸橋の手前で夕日は天王山の向こう側へと沈んでいきます。


↓夕暮れ

f:id:arkibito:20160124165909j:image:w320


御幸橋からはさらに向かい風がきついのだけれど、

CRをいっそうペースを上げて進む。

幸いまだ明るいうちに、樟葉の高速区間を切り抜けることができました。

関西医大のトイレで一服と思ったら、トイレ閉鎖されていて、

慌てていつものファミマへ移動したらそこも閉店してた…

まあええかと、そのままリスタート。

街道沿いに進み、県道13号へ。

スカイはいつから再び淀川CRに入ると、もう真っ暗です。

まだ試運転なので気分的に交通量の多いR1をブッ飛ばすより、

交通量ゼロのCRでこの日は帰ります。

すさまじく冷たい向かい風がビッシビシ顔を叩き、

必死になって回して暖を取りますが、

あまりの寒さのせいか、左目がぼわっと視力が弱くなるような感じにさえなる。

ボロッボロのシューズカバーは機能せず、つま先が恐ろしく冷たく感覚がない。

ああ、この感覚久々だなあ。

鳥飼大橋の手前で土手に上がると、きれいなお月様。

R1に立っている電光板を見ると、なんとマイナス3度の表示。

マジかっ!!!


↓お月様

f:id:arkibito:20160124182222j:image:w320


鳥飼大橋からは土手の上をひたすら進み、豊里大橋まで。

そこからようやくブリザードの淀川CRから脱出し、

阪神高速の下を伝って19時前に帰宅。

帰路も帰路で京都から2時間かからず。


復帰初日にしてはかなりのバッドコンディションだったけど、

逆にサバイバルな方が燃えるタチなのかもしれないなあ。

もちろん今回はド平坦コースなので、

登坂力はどうかわからないけれど(きっとヤヴァイ)、

ペース的にも極端に低下しているようでもないので、一安心。

本格的に復帰なるかはまだちょっとわからないけど、

少なくともお山に行けない場合のオプションとしてはありだなと。


走行距離:101.25km

TOTAL:101.25km

2015-05-27

カレーなる日々

最近は家でのカレー率が高く、外での食べ歩きが滞り気味ですが、

参りましょう。


まず1軒目はルクアイーレのB2F「バルチカ」にできた

「旧ヤム鐡道」さん。

言わずと知れた谷六の名店ヤムカレーさんの第3弾ですね。

ここはプレートの真ん中にライスがあって2種類のあいがけが選べます。

カレーは「菜の花マスタードのせぎゅうとんキーマ」と

「粗挽き鶏キーマ温玉のせ」をチョイスし、

ライスはターメリックライスにして大盛りオプション

見た目にも楽しいカレーが早速運ばれてきましたね。

まずはひと味ずつ食べます。ん〜ウマウマ。

途中から2つのカレーが混ざり合いさらにウマウマ。

ラストに、ポットで出されるシャバ系のヤムカレーをかけて。

味の三段活用でごちそうさん!


↓旧ヤム鐡道

f:id:arkibito:20150413153850j:image:left


お次は、毎度のカンティプール。

奥さんと一緒だとほぼほぼここに決まります。

スペシャルランチで、フィッシュティカとタンドリーチキン付。

カレーは日替わりのトマトとチキンのカレー

辛さより酸っぱさが先行する濃厚なカレーで、かなり好きな味です。


↓カンティプール

f:id:arkibito:20150501123821j:image:left


〆はやっぱりインディー大玉

芸がなくてすみませんネ。でもウマイんだもの。


大玉

f:id:arkibito:20150511180812j:image:left

2012-10-02

カレーなる日々

グルメ行脚もこつこつと継続中。


1軒目は中崎町で月曜日だけお店を開いている「谷口カレー」。

何度かチャレンジしたものの振られ続けてようやく。

メニューはカレーのみです。

マスターはおしゃべり好きのようで、色々話しかけてきてくれます。

月曜日以外は某Kンテでバイトがてらカレーの探究をして、

その成果を出す場にしているとのこと。

ちなみに昼はチキンカレーのみ、夜は今のところ野菜カレーのみ。

大盛り、辛さUPはオプションあり。

しばらく待っていると、なんともかわいらしい盛りつけのカレーが出てきました。

動物系の油を一切使わず、豆を炊いて作った自信作なんだそうです。

そのためか結構サラサラな感じ。

なかなか意欲的なカレーでしたが、

本人も認めるようにまだまだ発展途上といった感じでしょうか。

辛い感じがほとんどなかったので辛くすればよかったかなあ。

あとピクルスがうまい。みょうがときゅうりをマスタードで和えたのかな?


↓月曜限定の谷口カレー

f:id:arkibito:20120903195138j:image:left


↓夜は野菜カレーのみ(700円)

f:id:arkibito:20120903194036j:image:left


2軒目は空堀にあるアララギさん。

ここはカレー以外にも、ベトナム料理やタイ料理のメニューも豊富で非常に悩む。

初心貫徹でカレーと言うことで、豚ミンチのキーマ。

なかなかやんちゃそうなアニキ2人が切り盛りしているのでさぞかしスパイシーかと思いきや

めちゃめちゃ優し〜お味でびっくり。これなら子供でも食べられます。

でも味気ないというわけではなく、

色々と試行錯誤したうえでたどり着いたんだろうなという感じ。

ひよこ豆と、クラッシュナッツが食感にアクセントを与えてくれてそれがまたよい。

付け合わせにはピクルスとともにドライバナナチップ。

これを途中で噛み噛みしつつカレーを食べると、味が変わってフルーティーになり、

それもなかなかおいしい。

カレーだけでも7,8種類あるし、ガッパオやパッタイなど気になるメニューがたくさんあるので

また足を運ぶことになるでしょう。


↓アララギ

f:id:arkibito:20120918210946j:image:left


↓ひよこ豆入り豚ミンチのキーマカレー大盛り(850円+100円)

f:id:arkibito:20120918205859j:image:left


今回トリを飾るのは、南森町の3モリのラスト、「辛口飯屋 森元」さんです。

裁判所裏の雑居ビルの奥にひっそりと怪しく佇むお店です。

ドアを開けると、ママが迎えてくれます。

なんか場末のスナックのような雰囲気がたまりませんな。

メニューはチキンとビーフのみでどちらも800円。

ですが、ここはルーのお代り自由でしかもチキン・ビーフどちらでもOKなので

メニューはあってないようなものです。

どちらから攻めようか、まず辛いの行っておいて後からマイルドな方がよいかと思って

ビーフを注文すると、ママがチキンから入った方がよろしいワヨというので

アドバイスに従ってやっぱりチキンにしておきます。


↓辛口飯屋 森元

f:id:arkibito:20121001185719j:image:left


↓ママのアドバイスに従ってまずはチキン

f:id:arkibito:20121001184030j:image:left


で、出てきたのがこれです。

2本のチキンのお肉がのったかなりシャバシャバなカレーです。

ママいわくキチンの方は全然辛味がないらしく、

辛そうな薬味を渡されてこれを混ぜながら

ビーフに向けてなじんでいけばいいワヨとのこと。

食べてみると確かにほとんど辛味がなく、ちょっと変わっています。

大量の玉ねぎを使用しているのかマイルドな甘みが広がります。

少し物足りないので、例の辛味UPのものをどばっと入れる。

おおう、ホットホットネ〜。

少しずつルーに混ぜ混ぜしながら楽しみます。

そろそろルーが足りなくなってきたかなあという頃に、

ママがおかわりはいかがデスノ?とジャストタイミングでお伺い。

ではでは、激辛と言われるビーフをいただきましょう!


↓ルーお代わりでビーフにシフト

f:id:arkibito:20121001184526j:image:left


お皿を手渡し、ビーフのルーがよそわれます。

これまたお肉や玉ねぎが原形をとどめないほどに煮込まれた少し赤みがかったルーです。

味が凝縮されたルーは確かにかなり辛いが、でも耐えられないほどのもではなく、

なかなかウマ〜です。

モリモリ食べていると、ママがビーフにはもっとおいしい食べ方があるのだけれど、

オススメしてもよろしいかしら?と言ってくるので

それは何でしょうと尋ねると、おもむろに冷蔵庫から白いソースのようなものを出して

ルーの上にド〜ンと盛り付けてくれました。

その正体はタルタル!

本当はトッピングに50円かかるのだが、お兄さんにサービスしておきますわと言ってくれました。

タルタルをルーに混ぜながら食べるというのは、かの「宝石」でしか体験したことがありません。


↓タルタル投入〜

f:id:arkibito:20121001184745j:image:left


早速ルーに混ぜ混ぜして実食……んっ!

最初にほのかな甘みが広がって実に食べやすくなる。

が、辛さがそれで軽減されるのではなく、逆に辛さが際立って後味がヒーハー!

ママを見るとうれしそうな顔で、「ねえ。おもしろいでしょう〜」。

確かにこれは食べてみないことには何とも説明がしづらいのだが、

確かに病みつきになる旨さだ。

ノーマルで食べた時はそうでもなかったのに

タルタル投入後は辛さのあまり汗びっしょり。

それでもおいしくてあっという間に完食。

「またいらして。」というママの声を聞きながら店を後にするのだった。